札幌で2カ月プレーしたウーゴ・ヴィエイラ、来季もJリーグでプレーの可能性

2021.01.20 12:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌を退団したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(32)が、再び日本でプレーする可能性があるようだ。ウーゴ・ヴィエイラは、2017年1月にツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスへ加入。2シーズンを横浜FMで過ごし、明治安田J1通算59試合23ゴールを記録し、チームの得点源として活躍した。


しかし、2019年1月にシヴァススポルへと移籍すると、2020年1月にはジル・ヴィセンテに加入。10月に退団すると、札幌へと加入していた。

2020シーズンの終盤に加入したウーゴ・ヴィエイラは、明治安田J1で3試合の出場に終わり、ゴールはなく、シーズン終了後の契約満了が伝えられていた。

ポルトガル『Sic Noticias』によると、札幌を退団したウーゴ・ヴィエイラだが、代理人は日本からのオファーがあり、それを伝えているとのこと。一方で、ウーゴ・ヴィエイラはヨーロッパでのプレーを考えているとされ、どちらになるのか注目が集まる。
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.65】対人の強さに絶対的自信を持つ19歳のCB。冨安や板倉ら欧州組の間に割って入れるか?/西尾隆矢(セレッソ大阪/DF)

「中学の時からつねに上には瀬古(歩夢)がいて『超えないといけない』と周りからは言われてましたけど、どうしても瀬古に勝たないといけない。瀬古に勝ってセレッソで試合に出るのが1つの目標です。 自分に足りないものはまだまだ沢山ありますけど、それを吸収して、自分のストロングである対人の強さに生かしていければ、チャンスは全然あると思ってる。試合に絡めるように頑張っていきたいです」 2020年10月のU-19日本代表合宿の際、西尾隆矢(C大阪)はJ1出場に闘志を燃やしていた。その時点ではプロ1年目。セレッソU-23の一員としてJ3の試合に出るのがやっとだった。そんな中でも、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(現清水)の信頼を勝ち取り、最終ラインの一角に名を連ねている1つ年上の瀬古に肩を並べたいという野心は少なからず抱いていた。 それから半年が経過した2021年3月。西尾はレヴィー・クルピ監督率いる新生セレッソのセンターバックとして堂々たるパフォーマンスを見せている。2月27日の開幕・柏レイソル戦で先発に抜擢されると、J1未経験とは思えない堂々たる守備を披露。そこから3月3日の川崎フロンターレ戦、6日のFC東京戦と3戦連続フル出場を果たしているのだ。 FC東京戦では厳しい局面で体を張ったセーブを連発。後半38分にレアンドロの左足シュートを顔面ブロックしたシーンは「魂のブロック」「(キャプテン翼の)リアル石崎君」などとファンから賞賛された。 惜しくも試合は2-3で逆転負けを喫したが、90分フル出場した西尾の一挙手一投足には安定感があった。イエローカードを1枚もらって途中で進藤亮佑と交代させられた瀬古よりも、現時点では厚い信頼を寄せられているという見方もできるだろう。 「僕自身の技量がまだまだ足りないところはありますし、ディフェンスラインのリーダーシップをもっと自分が取れていればと感じることは多い。ビルドアップのシンプルなミスも多いし、コーチングも足りない。自分がいかに周りを守りやすくさせるかを考えてやっていく必要があると思います」と責任感の強い西尾は反省の弁を口にしたが、19歳という若さを考えれば、伸びしろは大いにあるはずだ。 今季のセレッソは新加入の進藤と鳥海晃司がケガで出遅れ、新外国人DFチアゴがコロナ禍の入国規制で合流が叶わず、急きょ補強したダンクレーもフィットしていない。まさにセンターバック(CB)が非常事態に陥っており、若く荒削りの西尾に出番が与えられた形だが、彼は彼なりにそれを生かそうとしている。 クルピ監督はご存じの通り、若かりし日の香川真司(PAOK)、乾貴士(エイバル)、南野拓実(サウサンプトン)らを抜擢し、大きく育て上げた実績があるが、今は西尾がその系譜に名を連ねるチャンスなのだ。20歳・瀬古との若手CBコンビがJ1の舞台でインパクトを残せば、日本サッカー界全体にとって朗報になりそうだ。 とはいえ、西尾が超えるべきハードルは高い。というのも、同じ東京五輪世代には、すでにA代表のレギュラーを勝ち取っている3つ上の冨安健洋(ボローニャ)、欧州で実績を積み重ねている4つ上の中山雄太(ズウォレ)、板倉滉(フローニンゲン)らがいるからだ。右サイドバック(SB)もこなすマルチ型の橋岡大樹(シントトロイデン)もベルギーデビューを果たし、出番を増やしつつある。「松田直樹二世」の異名を取る瀬古でさえも、東京五輪メンバー入りはギリギリと言われているだけに、西尾はより実戦経験を積み重ね、評価を引き上げていく必要があるのだ。 「主導権を握って相手をはがすのが僕自身の課題。そこはもっと練習していかないとダメだと思います。U-19代表では(ロールモデルコーチの)内田篤人さんからボールの持ち方だったり、SBがCBからどうボールを受けたらやりやすいかを細かく教えてもらったんで、僕自身もやりやすくなったし、最終ラインでのコミュニケーションも取れるようになりました」と本人は貪欲に前へ前へと進もうとしている。それを勝利という結果で示すことが、高い領域へと駆け上がる早道だ。 得点に結びつくフィードやパス出しはもちろんのこと、やはりCBとして安定感ある守備組織を構築することが西尾に課されたタスクだ。今季のセレッソはJ1・3試合ですでに6失点を喫している。2020年はシーズン通算37失点だったのだから、この失点ペースは早すぎる。今は大久保嘉人が絶好調で点を取れているからまだ戦えているが、勝ち点を積み重ねようと思うならやはり失点をゼロに近づけることが肝要なのだ。 その重責を19歳のCBに託すのは負担が大きいかもしれないが、真面目でコツコツと努力できるタイプの彼なら不可能ではないはず。かつて香川が2009年J2で得点王に輝き、南野拓実も19歳で日本代表候補入りしたように、20歳前後の選手は何らかのきっかけでブレイクすることがあり得る。セレッソのいい伝統を西尾が受け継ぎ、この機を逃さず急成長を遂げてほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.03.07 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

3試合連続フル出場、2試合連続ゴールのオナイウ阿道、ゴールシーンは「シュートを選択したことが正しかった」

横浜F・マリノスのFWオナイウ阿道が、サンフレッチェ広島戦を振り返った。 7日、明治安田生命J1リーグ第2節の横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島が日産スタジアムで行われ、3-3の引き分けに終わった。 前半、アウェイの広島が13分にPKで先制すると、27分にも追加点を奪いリードを広げる。34分に前田大然が相手との競り合いから抜け出して1点を返すが、前半終了間際にVARの結果ハンドをとられ1-3で試合を折り返す。 2点ビハインドで迎えた後半だったが54分に右サイドから途中出場のMF渡辺皓太がグラウンダーのクロス。これが流れると、ボックス中央でオナイウ阿道がキープ。DFを背負いながらもシュートを叩き込み、1点差に迫る。 その後前田がもう1点を追加すると、最後は横浜FMが猛攻を見せるが、そのまま3-3のドローに終わった。 前半は最前線でボールが収まらず攻撃の形が作れなかった横浜FM。オナイウは前半のプレーに関して「前半は自分のミスで相手のボールになることも多くて、そこは反省しないといけないと思います」とコメント。「チームとしても不運な形で失点してしまって、そこは前半で切り替えて、自分がやることを明確にやろうと意識してやりました」と後半はしっかりを切り替えてプレーができたと語った。 後半については「2点差だったので、まずは1つゴールを取るということ、チームとして1つ返すということで流れも持ってこれると思っていたので、FWとしてシュートを打つ。攻撃の点で起点となってボールを失わないことを意識しました」と語り、前半とは違い、より起点になるプレーとシュートの意識を高めたと語った。 オナイウはミッドウィークのYBCルヴァンカップに続いて2試合連続でのゴールをなったが、ゴールシーンについては「何回か皓太のところでボールが来そうなタイミングがあって、その中であのタイミングで上がってきました」とそれまでも可能性を感じていたとコメント。「少しマイナス気味にボールはきましたが上手く反応できました」とグラウンダーのクロスに対応できたと語った。 DFを背負ってボールを受けてからの反転シュートとなったが「後ろ向きでしたがゴール前でしたし、ボールも良いところに置けていたので、シュートを選択したことが正しかったと思います」とし、後半意識したことがしっかりと結果につながったようだ。 今シーズンは2トップや1トップなどシステムが試合ごとに違うがそれによるプレーの差については「試合が進んでいく中で、そういったことを自分で感じながらやっていかないといけないと思いますし、そうなった時に自分たちで流動性を持って、こうした方が良いよねというのを、プレーが切れた時ややりながらでもしっかりできれば、もう少し前半から修正できたかなと思います」とコメント。試合中からもっと修正していきたいと課題を挙げた。 それでも「自分たちはアグレッシブに攻守ともにボールを奪うサッカーをしているので、前に行くということを常に意識してやれればもっと良いと思いますし、そこの質という部分で自分が起点になるという意味でも、もっと質を上げていかないといけないと思います」と語り、自身がもっとチャンスを作る上でポイントになるべきだと語った。 オナイウは前述の通り2試合連続ゴールを記録している。結果については「結果という部分では2つ取れているのはいいですが、それ以外の部分はクオリティを上げないといけないと試合をやっていて感じます」とまだまだ満足をしていないと振り返った。 また「1つ1つの試合を振り返ると、この場面で判断が遅れて、ボールを触りすぎているシーンもあるので、判断の質を上げていければより良くなると思います」とし、判断力をもっと挙げていきたいと意気込みも明かした。 今シーズンはここまでの3試合で、DFチアゴ・マルチンスとともにフル出場を果たしているオナイウ。監督からの信頼については「信頼は自分で掴まないといけないと思いますし、そこの信頼を勝ち取る部分ではまだまだ全然足りないと思います」とまだまだ満足はできない様子。それでも、「今の時点では3試合フルで出ていますが、ゴールを奪ったりチームを勝たせるという意味では、ルヴァンの1試合しか勝てていないので、勝つことにもっと執着してみんなで勝ち点3を取れるようにしたいと思います」とさらなる得点とチームの勝利へ貢献することを誓った。 2021.03.07 19:19 Sun
twitterfacebook
thumb

2ゴールで横浜FMを救った前田大然「自分のやりやすいようにやろうと思った」

横浜F・マリノスのFW前田大然が、2ゴールを記録したサンフレッチェ広島戦を振り返った。 7日、明治安田生命J1リーグ第2節の横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島が日産スタジアムで行われ、3-3の引き分けに終わった。 前半、アウェイの広島が13分にPKで先制すると、27分にも追加点を奪いリードを広げる。しかし、34分に前田が相手との競り合いから抜け出して1点を返すと、2-3で迎えた67分には左サイドからのクロスを頭で合わせて同点ゴールを記録。2ゴールの活躍でチームに勝ち点1をもたらせた。 横浜FMに加入してた昨シーズンから1試合で2ゴールを記録したのは初となった前田。1点目は野上結貴を背負いながらも振り切ってのゴールとなったが「1点目は相手とイーブンなボールをコントロールできて落ち着いて決められたと思います」とコメント。同点弾となった2点目は「2点目は中の状況を見ずに突っ込んで行ったので、良いボールが来てよかったなという感じです」と語り、異なるマインドで決めた2ゴールだと明かした。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=afp5h5y9r1xw1erk5oubx06tz" async></script></div> 昨シーズンはなかなかチームにフィットできず、結果もあまり残せなかった前田。今シーズンはウイングだけでなく、トップでもプレーしているが「今年はトップとワイドの両方でおそらくやると思うので、どっちで出ても良いように準備していました。結果に繋がってよかったかなと思います」とコメント。キャンプから積み上げてきたものが結果に繋がったとかたった。 この試合では広島の右サイドバックに入ったDF野上結貴とのマッチアップで何度も左サイドを突破していた一方で、カットインから中央でプレーする時間も多かった前田。 そのあたりの工夫については「ウイングはどちらかというとマリノスは張るんですけど、僕はあまり張るのが得意ではないので、中に入ってどんどん自分のやりやすいようにやろうと思っていて、それが結果に繋がったと思います」とコメント。状況を判断して中に入っていくことがプラスだったと語った。 また「今シーズン最初はトップをやっていたので、中央での駆け引きだったりをしていました」とコメント。トップでのイメージができていると語り「今回は左サイドをやることになって、去年のようにやっていたら自分でも上手くいかないと思っていたので、上手く中に入りながら、自分の良さを出そうかなと思ってやっていました」と、昨シーズンの反省を生かしながらしっかりとプレーできている実感があるようだ。 この試合でのスプリント回数は43回を記録した前田。2位の22回(広島の川辺駿、藤井智也)の倍を記録していた。この点については「意識はしていないです」とスプリント回数を増やそうとしているわけではないとコメント。それでも「チームが勝つためには何が必要かというところで守備もしています。無意識にできていると思います」と語り、最善を尽くした結果だと語った。 今シーズンは東京オリンピックも予定されており、Jリーグのシーズンが大事になる前田だが「オリンピックのことはあまり考えていないです」とコメント。「チームでしっかりと結果を残すこと、チームが勝つことを重点的にやっていて、オリンピックのことは考えずにチームに集中しています」と語り、横浜FMで結果を残すことを優先していると語った。 2021.03.07 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FM戦で今季初ゴールの広島MF東、VAR介入の心境を語る

サンフレッチェ広島のMF東俊希が、3-3の引き分けに終わった横浜F・マリノス戦を振り返った。 広島は7日、明治安田生命J1リーグ第2節でアウェイで横浜FMと対戦した。13分にPKを獲得し、古巣戦となったFWジュニオール・サントスのゴールで幸先よく先制すると、迎えた27分、セットプレーの流れでボックス左からDF佐々木翔が上げたクロスのこぼれ球をFWドウグラス・ヴィエイラがボレーシュート。これは相手GKに止められてしまうものの、ゴール前の東が押し込んで追加点を挙げた。 その後、さらに1点ずつ取り合って後半に突入。その立ち上がりに再び点差を縮められると、67分についに同点にされてしまう。どうにか加点したいところだったが、その後は劣勢を強いられ、終わってみれば辛うじて引き分けという内容だった。 東のゴールの際には、オフサイド確認のために今季から本格導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が使われた。しばらくゴールが認められるまで時間がかかったが、ゴールを振り返った同選手は、その間の心境も語っている。 「翔君(佐々木)が折り返したところもですけど、ドグ(ドウグラス・ヴィエイラ)のところでも(シュートのこぼれ球を)狙ってたから生まれたゴールだと思います。目の前に転がってきて嬉しかったです」 「ゴール決めた瞬間にしっかりラインを見ていたので、オフサイドだったらしょうがないという気持ちで、どっちにしても準備はしてました」 また、左サイドバックとしての守備の面や攻撃の面について、この開幕2試合は課題の残るものだったと話した。 「全部の失点が自分たちの守備の課題が出たものだったと思いますし、もっと自分たちがボールを持つことで、守備の時間を減らして有利に進めることもできたのかなと思います」 「毎試合点に絡むことは意識していますが、開幕戦はビッグチャンスを外して引き分けに終わってしまって。今日は良い形で点を取れたんですけど、すぐに失点しちゃったのが問題だったかなと思います」 2021.03.07 18:27 Sun
twitterfacebook
thumb

好セーブもあった広島GK大迫敬介、横浜FM戦のドローに「あそこで搔き出せていれば」

サンフレッチェ広島のGK大迫敬介が、3-3の引き分けに終わった横浜F・マリノス戦を振り返った。 広島は7日、明治安田生命J1リーグ第2節でアウェイで横浜FMと対戦した。13分にPKを獲得し、古巣戦となったFWジュニオール・サントスのゴールで幸先よく先制すると、27分にもセットプレーの流れからMF東俊希が追加点を挙げて2点差に広げた。 その後、1点差に詰め寄られるものの、前半終了間際に再びPKを獲得し、今度はFWドウグラス・ヴィエイラが決めて、1-3で試合を折り返した。 ところが後半、立ち上がりに再び点差を縮められると、67分についに同点にされてしまう。どうにか加点したいところだったが、その後は劣勢を強いられ、終わってみれば辛うじて引き分けという内容だった。 前半にビッグセーブのあった大迫だが、結果的に3失点。各々の対応や自身のコーチングに改善の余地があるとしつつ、2失点目に関しては、片手でシュートに触っていた分、悔しさの残るものだったようだ。 「前半は良い形で先制して、良い流れで2点目を取れた場面で、辛抱しなければいけなかったところを、隙を突かれて失点して。そこからもう一度突き放すことができて、後半に気を入れ直した中で、相手にボールを握られて勢いに押された部分もあったかなと思います」 「相手はスピードが速い選手が多いですし、カウンターを警戒してた部分に関しては対応できたところもありましたし、隙を突かれるところもあったりはしましたけど。失点のところで言えば、クロスから失点してしまったので、各々の対応もそうですし、自分のコーチングも、もっともっと改善の余地はあると思います」 「自分の感覚では、防ぐべき失点が多かったので少し責任を感じています。特に2失点目に関しては触れていた分、何としてでも搔き出したかったです。後半だけで言うと、相手に2点取られて苦しい流れだったんですけど、後ろは(失点を)引きずらずに耐えたと思います。もちろん勝ちきりたかったですけど」 開幕から2試合連続の追い付かれた末のドローという結果には不満を示しながらも、次の試合に繋げたいと、前向きな言葉で括った。 「感覚的には2試合とも勝ち点3を取らないといけないゲームだったと思っているので、そういう意味では悔しさもありますが、勝ち点1をしっかり拾っているので、この2試合の勝ち点2をしっかりと次の試合に繋げながら修正していければと」 2021.03.07 18:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly