ジエゴ・コスタ獲得断念のマルセイユ、ミリクを巡ってナポリとの交渉が進む

2021.01.19 18:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユとナポリによる、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の去就に関する交渉が進んでいるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。今冬の移籍市場でストライカーの補強を目指すマルセイユ。一時はアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWジエゴ・コスタ獲得の噂も流れたが、最近アンドレ・ビラス=ボアス監督が高額なサラリーを理由に獲得の可能性を否定した。


一方で、しばらく補強候補に上がっていたミリクの方は交渉が進んでいるようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』をはじめ、『スカイ』や『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』も報道。また、ポーランドメディアも移籍間近と伝えている。

ミリクは昨夏にも移籍の可能性はあったものの、ローマやフィオレンティーナとの交渉はいずれも破談に。それに加え、残留を望んでいたナポリは移籍を目論んだミリクを戦力外扱いとし、セリエAとヨーロッパリーグの登録メンバーから排除。プレーする機会を与えないことを決定していた。

飼い殺し状態のミリクも今年6月に契約満了を迎えるため、ナポリは少しでも移籍金が手に入る今冬に手放すことを優先しており、マルセイユとは800万ユーロ(約10億円)の基本移籍金と、ボーナス最大500万ユーロ(約6億3000万円)という条件で合意に近づいているという。

ただ、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、ミリクがマルセイユからセリエAクラブに移籍できないようにする条項を含めることを企てているようだ。
関連ニュース
thumb

マルセイユ、ホルヘ・サンパオリ氏の新監督就任を正式発表!

マルセイユは26日、アルゼンチン指揮官のホルヘ・サンパオリ氏(60)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 同クラブでは2日、アンドレ・ビラス=ボアス監督がフロントとの確執により辞任を表明。昨季は近年のリーグ・アン最高位の2位でフィニッシュしたが、今季はリーグ・アン21試合を消化した時点でわずか9勝と低迷。CL出場圏内の3位リールとは暫定で13ポイント差を付けられていた。 後任に据えられたのは、これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ氏。 2020年3月からアトレチコ・ミネイロの新指揮官に就任した同氏は、カンピオナート・ミネイロ制覇に加えて、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを3位でフィニッシュさせ、コパ・リベルタ・ドーレス出場権獲得に導いていた。 なお、サンパオリ氏とアトレチコ・ミネイロの契約は2021年末までとなっていたが、フランス行きに向けて契約解消の話し合いを行っており、今シーズン終了後の22日に合意に至っていた。 2021.02.27 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンパオリ監督がアトレチコ・ミネイロと契約解消! マルセイユ行きが決定的に

アトレチコ・ミネイロは22日、ホルヘ・サンパオリ監督(60)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ監督はサントスの指揮官を経て、今シーズンからアトレチコ・ミネイロの新指揮官に就任。 カンピオナート・ミネイロ制覇に加えて、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを3位でフィニッシュさせ、コパ・リベルタ・ドーレス出場権獲得に導いた。 クラブとの契約は2021年末となっていたが、予てよりマルセイユの新指揮官候補に挙がっていた同監督は、フランス行きに向けて契約解消の話し合いを行っており、シーズン終了後のこのタイミングでの合意に至った。 これにより、アンドレ・ビラス=ボアス前監督(44)の後任として、DF酒井宏樹、DF長友佑都を指導することが決定的となった。 2021.02.23 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

絶妙パスで相手を翻弄!マルセイユ酒井が見せた技ありアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマルセイユの日本代表DF酒井宏樹が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆酒井の技ありパスで相手を翻弄<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXVlV3djZNUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2012年にドイツへ渡り、海外挑戦を開始した酒井は、2016年夏にフランスの名門マルセイユに加入。安定感のあるパフォーマンスを見せ、定位置を掴んでいる。 対人戦の強さに加え、高いクロス精度を活かして味方のゴールをお膳立てすることも多いが、2017年11月29日に行われたリーグ・アン第15節のメス戦では、絶妙なアシストを記録している。 2-0とマルセイユリードの71分、守りを固めてきた相手に対し、攻撃参加していた酒井が相手陣内中央やや右でボールを受ける。FWフロリアン・トヴァンとのパス交換からボックス内に抜け出した酒井は、相手を引き付けた絶好のタイミングで、ゴール前のFWルーカス・オカンポスに横パス。完全にフリーとなったオカンポスが落ち着いてシュートを沈め、試合を決定づける3点目を挙げた。 試合はそのままマルセイユが3-0と完勝している。 <span data-sg-movie-id="819" data-sg-movie-title="【絶妙パスで相手を翻弄!】マルセイユ酒井が見せた技ありアシスト"></span> 2021.02.21 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、サンパオリ氏招へいに向けて交渉順調! 3月上旬にも交渉成立か

マルセイユはホルヘ・サンパオリ氏(60)の新指揮官招へいに向けて交渉を順調に進めているようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 マルセイユでは今月初めにアンドレ・ビラス=ボアス監督(44)が辞任を表明。さらに、公式会見の場でクラブ幹部を公に批判したことが問題視され、職務停止を言い渡されている。そして、実質解任となっているポルトガル人指揮官に代わって、現在はナセル・ラルゲ氏が暫定指揮官としてチームを率いている状態だ。 そういった中、クラブは先日からブラジルのアトレチコ・ミネイロを率いているサンパオリ氏の新指揮官招へいに向けて動き始めている。 『RMC Sport』が伝えるところによれば、マルセイユ行きを望むサンパオリ氏とクラブの交渉は順調に進んでおり、幾つかの契約条件を詰める必要はあるものの、両者は契約成立を確信しているとのことだ。 なお、アトレチコ・ミネイロとの現行契約は2021年末までとなっているが、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAが終了する2月末を持って退団し、3月上旬のマルセイユ行きを目指しているようだ。 これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ氏は直近、ブラジル屈指の名門サントス、アトレチコ・ミネイロを率いている。今季はリーグ戦で首位のインテルナシオナウと7ポイント差の3位に位置している。 2021.02.17 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

密集地帯を切り裂く鮮やかなワンツー!元フランス代表の背番号「10」が決めた美しいカーブショット【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はメキシコリーグのティグレスに所属する元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックがマルセイユで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆密集地帯を崩す鮮やかなワンツー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtVWhWdWZBMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2010年から2015年までフランスの名門マルセイユで活躍したジニャック。公式戦188試合で77ゴールを記録し、母国開催となったユーロ2016では代表チームの背番号「10」を背負っていた。 現在は活躍の場をメキシコに移しているジニャックだが、マルセイユ時代の2011年1月19日に行われたクゥープ・ドゥ・ラ・リーグ準決勝のオセール戦では、美しいゴールを決めている。 1-0とマルセイユがリードして前半を折り返し、迎えた68分、相手陣内左サイドでボールを受けたジニャックは、中央にドリブルで侵入する。ボックス前に人数をかけて守りを固める相手に対し、前線のMFルチョ・ゴンサレスと鮮やかな縦ワンツーを決めて、密集地帯を潜り抜けると、ペナルティーアーク手前左からミドルシュート。落ち着いて狙いすましたシュートは、ゴール右上へ吸い込まれ、見事な追加点となった。 このゴールで試合を決めたマルセイユが、2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="792" data-sg-movie-title="【鮮やかワンツー】元フランス代表の背番号「10」が決めた美しいカーブショット"></span> 2021.02.17 08:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly