ロジャーズ、戦列復帰を目指すR・ペレイラに「シーズン後半戦で我々にとって重要な選手になる」

2021.01.19 15:56 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、長期離脱からの戦列復帰に奮闘しているポルトガル代表DFリカルド・ペレイラについてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。19日に行われるプレミアリーグ第18節でチェルシーとのビッグマッチが控えるレスター。ロジャーズ監督はMFデニス・プラートとMFナンパリイズ・メンディが、それぞれハムストリングと首部に抱える問題で欠場を明らかにした中、長期離脱から復帰したリカルド・ペレイラにも言及した。

同選手は昨年3月に前十字じん帯(ACL)を損傷。当初は半年の離脱と見込まれていたが、予定よりも長引き同年12月3日に行われたヨーロッパリーグのゾリャ戦で復帰するまでおよそ9カ月かかった。


その後、今月16日のサウサンプトン戦でプレミアリーグでは今季初めてベンチ入り。チェルシー戦では初出場の可能性もあるが、指揮官は慎重な姿勢を示している。それでも主力の復帰には素直に喜びをあらわにしている。

「長いシーズンだ。彼が10カ月程度で起用できるようになったことは本当に素晴らしい。あとはタイミングの問題だ」

「彼はシーズン後半戦で重要な選手になるだろう。だがすでに準備はできている。一歩ずつ進んでいくだろう」

最後にロジャーズ監督は、前節のサウサンプトン戦を「肉体的にも精神的にもタフな試合だったが、素晴らしい結果を得ることができた」と振り返るとともに、それから中3日でのチェルシー戦に向けて「選手が回復できるよう、我々はできることを全てやっている。彼らの準備は整っているよ」と、自信を覗かせた。
関連ニュース
thumb

「理解するのが難しい」80分間10人で戦いドローのサウサンプトン、選手を絶賛もVARの判定に苦言

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 サウサンプトンは4月30日、プレミアリーグ第34節でレスターをホームに迎えての一戦。トップ4を相手に残留を決めたいサウサンプトンが臨んだ。 ケガ人も出ている中で、日本代表MF南野拓実も先発出場。しかし、試合開始10分でDFヤニク・ヴェステルゴーアが退場。ボールコントロールを誤り、ルーズボールをバックパスすると、そこに飛び込んだジェイミー・ヴァーディを倒す形となり一発退場となった。 試合のほとんどを数的不利で戦ったサウサンプトンだが、後半にPKをジェームズ・ウォード=プラウズが決めて先制。しかし、68分に失点し1-1の引き分けに終わった。 試合後ハッセンヒュッテル監督は、数的不利で80分間戦った選手たちを称賛。一方で、退場処分のシーンについては、判定に納得がいかず、VARの意味がわからないと苦言を呈した。 「選手たちが今日やったこと、特に守備において、とても大変な仕事だった。しかし、このようなプレーを見せたときは、何かを手に入れるに値する」 「レッドカードに関しては、実際はそうでないと思う。VARの決定でこういった罰を与えられた場合、レッドカードを与える必要があるかどうかはわからない」 「最も重要なこそ、そしてこれは我々が話すべきことだが、それは“努力”だ」 「しかし、私にとってはヴァーディがボールをコントロールできていなかったので、明確なゴールチャンスを与えたとは言えないと思っている。彼は決してボールには触っていないし、GKへのバックパスだった。私にとっては理解するのが難しい」 「私はすぐに交代させ、センターバックを投入しなければいけなかった。前回のように長々と待つわけにはいかなかった。このとき、我々はより素早く行動し、センターバックを投入してチームとして守ることを学んだ」 「良い形で行えていたと思う。そして80分間プレッシャーにさらされた中で、良いプレーをしたのは明らかだ。ピッチでもよく組織されていた。そして、得点した後にもさらにチャンスがあったが、それは欲張りすぎた」 「今日はサッカーでは時々起こることが起き、その時に強くなる必要があった。彼らは全てヤニク(・ヴェステルゴーア)のために戦ったとお思う。これはチームとしてあるべき姿だ」 「今日、私はピッチでプレーした全ての選手を誇りに思ったと言わなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】開始10分で不可解な退場、サウサンプトンvsレスター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ulvyih21abt1qrralbn1ikoz" async></script> 2021.05.01 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

エイブラハム獲得レースにレスターも参戦か

チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)を巡る争いにレスター・シティも参戦しているようだ。 昨季にフランク・ランパード前監督の下で飛躍を遂げ、今季もここまで公式戦31試合の出場で12得点6アシストの数字を残すエイブラハム。しかし、今年1月下旬からトーマス・トゥヘル監督が率いるようになってから出番を減らして、将来が疑問視され始めている。 直近のプレミアリーグ8試合に限ってもわずか1試合の途中出場で、しかも3分間のプレータイムにとどまるなか、ウォルバーハンプトンやアストン・ビラから視線が注がれているが、イギリス『Football Insider』によれば、レスターも獲得に注力しているという。 レスターは今季、元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョの2トップで戦うスタイルを確立。ブレンダン・ロジャーズ監督は上述した2選手のバックアップ、競争相手になり得るストライカーの獲得を求めている模様だ。 一方、今夏の動向が注目される選手であるエイブラハムの契約は2023年まで。以前から取り沙汰された延長交渉も決裂したとみられるチェルシーだが、見合ったオファーが届かなければ、条件面を改めた内容で再び交渉の席につく可能性もあるようだ。 なお、『ESPN』によれば、ウェストハムやニューカッスルも関心を示しており、チェルシーは希望売値として移籍金4000万ポンド(約60億3000万円)を求めているという。 2021.05.01 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

足踏みの3位レスター、落胆の指揮官ロジャーズ「いつもの我々なら…」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が悔しさを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターは4月30日に行われたプレミアリーグ第34節でサウサンプトンと対戦。日本代表MF南野拓実も4試合ぶりに先発起用した15位のサウサンプトンが開始10分に退場者を出すが、61分に先制する。 そこから68分にDFジョニー・エバンスのゴールで追いついたレスターだが、勝ち越せず、1-1のドローで終了。3位レスターは連勝が「2」で止まり、勝ち点2を落とした感の強い結果に終わっている。 2位マンチェスター・ユナイテッドを追いかけるなかで下位相手に手痛い足踏みを強いられ、4位チェルシーにも詰め寄る隙を許したロジャーズ監督は試合後、「少し悔しいね。勝つために十分なことができなかった」と述べた。 「いつもの我々なら、こういった類の試合で非常に良いのだが、失点するまでテンポが上がってこなかったんだ。サウサンプトンを褒めよう。深くで10人のコンパクトな守備に徹して、我々を苦しめた。ただ、我々はがっかりしている」 「相手に退場者が出たのは我々を推し進めるものだったが、試合自体が遅すぎた。ゲームスピードもボールを動かしたくなるようなテンポじゃなかったね。何度か良いポジションに辿り着いたが、最後のパス精度やタイミングが悪かった」 2021.05.01 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

南野先発の10人セインツ、逃げ切り失敗も3位レスター相手に貴重なドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、サウサンプトンvsレスター・シティが4月30日に行われ、1-1で引き分けた。サウサンプトンのMF南野拓実は78分までプレーしている。 残留争いに巻き込まれかけている15位サウサンプトン(勝ち点36)と、チャンピオンズリーグ出場権を争う3位レスター(勝ち点62)の一戦。 ここ5試合で4敗を喫しているサウサンプトンは南野がリーグ戦4試合ぶりにスタメンとなった。 一方、2連勝中で3位を死守しているレスターは前節同様のスタメンで臨み、ヴァーディとイヘアナチョの2トップに、マディソンがトップ下に構える[3-5-2]で挑んだ。 南野が[5-3-2]の右インサイドMFでスタートとなった中、サウサンプトンは開始2分、ディフェンスライン裏を取ったウォーカー=ピータースがネットを揺らすもわずかにオフサイドに阻まれる。 良い入りを見せたサウサンプトンだったが10分、退場者を出してしまう。ヴェステルゴーアのトラップが流れたところをヴァーディに引っかけられ、独走を阻むためにヴェステルゴーアが敢行したスライディングタックルが足首に入ってしまった。 ヴェステルゴーアが一発退場となった中、[5-3-1]で構えるサウサンプトンに対し、レスターが一方的に押し込む展開で推移するも、スペースを埋めるサウサンプトン相手に決定機を生み出すことはできない。 ゴールレスで迎えた後半、DFのフォファナを削ってアタッカーのアジョセ・ペレスを投入したレスターだったが、59分にサウサンプトンがPKを獲得する。 CKの流れからアームストロングの放ったシュートがボックス内のイヘアナチョの手に当たった。このPKをウォード=プラウズが決めて10人のサウサンプトンが先制した。 しかし67分、アジョセ・ペレスのコントロールシュートでゴールに迫ったレスターは、このプレーで得たCKの流れから追いつく。ボックス右角付近からのイヘアナチョのクロスを攻め残っていたエバンスがヘッドで叩き込んだ。 追い付かれたサウサンプトンは南野がピッチを後にした中、83分にピンチ。しかし、ボックス左からヴァーディの放った決定的なシュートは再三の好守を見せていたGKマッカーシーが阻み、1-1でタイムアップ。 サウサンプトンが貴重な勝ち点1を手にした一方、レスターは数的優位を生かしきれず1ポイントを積み上げるに留まった。 2021.05.01 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官ロジャーズ、スパーズ行きの噂も「今の私は人生のなかでも本当に幸せ」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督(48)がトッテナム行きの可能性を否定した。イギリス『レスター・マーキュリー』が報じた。 トッテナムは今月19日、ジョゼ・モウリーニョ監督を更迭。後任としてクラブOBであり、コーチのライアン・メイソン氏がトップチームの指導にあたっているが、あくまで今季残りの暫定的な指揮であり、来季からの監督が誰になるのか注目されているところだ。 そんな候補の1人に目されるのがかつてリバプールやセルティックも率いたロジャーズ監督だ。だが、「私は毎日、心と魂を捧ぐ選手たちがいてくれるから、ここで幸せだ。上層部とも非常に強い関係もある。極めて密に協力し合っているんだ」と噂を一蹴した。 「ここに来て以来、チームを良くするための課題を常に考えてきた。ここ2、3年で構築した勝利のための行動や考え方は簡単なことじゃなく、根付くのに数年もかかってしまった」 「今や勝利欲や願望に溢れるメンタリティを見て取れるほどだ。今後数年でどれだけ発展を遂げられるのかを見てみようじゃないか」 「トッテナムは素晴らしいクラブで、イングランドでも有数のビッグクラブ。しかし、今の私は人生のなかでも本当に幸せなときを過ごしている」 2021.04.30 18:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly