「フィニッシュは本当に素晴らしかった」ロジャーズ監督、暫定2位浮上に導いたマディソンを称賛

2021.01.17 11:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、決勝点を記録したイングランド代表MFジェームズ・マディソンを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。

レスターは16日に行われたプレミアリーグ第19節でサウサンプトンと対戦。38分にマディソンが先制ゴールを奪うと、試合終了間際にMFハーヴェイ・バーンズが追加点を記録して2-0の勝利を収めた。


5試合無敗を含む2連勝で暫定2位に浮上したレスター。ロジャーズ監督は立ち上がりの内容を反省しながらも、修正に成功した試合中盤からのパフォーマンスを評価した。

「非常に厳しい戦いでの勝利だった。勝利に値していたが、試合に入るのが遅すぎた」

「最初の20分から25分はアグレッシブでFWにボールを集めるチームに対して少し受け身になってしまったよ」

「セカンドボールを回収できず、十分なプレスもかけられていなかった。前半の最後の15分から20分は我々の方が良かったね」

「我々は攻撃をより良く持続し、セカンドボールの対応が良くなった。後半はるかに優れたチームになっていた」

また、角度のないところから右足を振り抜いて先制点を記録したマディソンの一連の動きを称賛。アシストを記録したMFユーリ・ティーレマンスも評価している。

「ジェームズのフィニッシュは素晴らしかったが、その5分から10分くらい本当に良いプレーをしていたからこそ、相手のボックスに入ってカウンターするためのプレスをかけていた」

「ユーリは素晴らしいパスを出し、ジェームズは本当にそれが得意だ。18ヤード離れたボックス付近でディフェンダーをいなして、あのような難しい角度からのフィニッシュは本当に素晴らしいと思ったよ」

関連ニュース
thumb

負傷交代バーンズも最低1カ月半アウト? レスター故障者多数

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がイングランド代表MFハーヴェイ・バーンズの離脱を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターの育成組織出身で、2018-19シーズンから頭角を表していき、2019-20シーズンからロジャーズ監督の信頼を完全に勝ち取ったバーンズ。今季もトップ4争いを演じるチームの原動力として、抜群の存在感を誇るサイドアタッカーだ。 しかし、1キャップのイングランド代表歴も持つバーンズは2月28日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のアーセナル戦に先発すると、後半開始早々に左ヒザを負傷。ピッチで治療を受けたが、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデルと交代した。 試合もアーセナルに1-3の逆転負けを喫して、公式戦連敗のロジャーズ監督はバーンズの状態について「良い知らせなんてない」と話し始め、1カ月半程度の離脱を示唆している。 「手術が必要に感じる。(復帰までに)最低でも6週間ほどかかるだろう。数週間前に痛めたヒザを悪化させてしまったんだ。我々からすれば、大きな痛手だ。詳細は月曜日にわかってくるだろう」 レスターは現在、DFウェズ・モーガン、DFジェームズ・ジャスティン、DFヴェスレイ・フォファナ、MFジェームズ・マディソン、MFデニス・プラート、FWアジョセ・ペレスが戦線離脱。マンチェスター勢を追う3位に位置しているが、苦しい台所事情のなかでその座を守れるか。 2021.03.01 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがレスターに敵地で4試合ぶり白星!ダビド・ルイス、ラカゼット、ペペの3発で逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、レスター・シティvsアーセナルが28日に行われ、1-3でアウェイのアーセナルが勝利した。 リーグ戦直近12試合で7勝4分け1敗と好調のレスター。その中にはトッテナムやチェルシー、そしてリバプールを敗った試合もあり、堂々の3位につけている。しかしながら、ヨーロッパリーグ(EL)ではその限りではなく、25日の一戦はスラビア・プラハに0-2で敗れ、ラウンド32で敗退を喫した。 一方のアーセナルは、リーグ戦ではここ4試合で3敗と苦しんでいるが、ヨーロッパリーグでは強豪ベンフィカを下してベスト16へ進出。3連敗中のキングパワー・スタジアムにこの勢いを持ち込みたい。 しかし、試合は早々にレスターが動かす。6分、敵陣右サイドで味方との連係でティーレマンスがボールを奪取。ショートカウンターで開けたサイドからボックス右へ侵入すると、そのまま迷わず右足を振り抜きネットを揺らした。 前節のマンチェスター・シティ戦に続いてキックオフ直後での失点となったアーセナル。徐々にポゼッションを高めてリズムを作る中、12分にボックス右付近でペペがティーレマンスに倒されて笛が吹かれる。主審はペナルティスポットを指したが、VARで確認した結果、わずかにエリアの外。このFKは活かすことはできなかった。 それでも7割の支配率を誇るアーセナルは、27分にジャカの縦パスを受けたウィリアンが惜しいシュートを放つなど攻撃の形を作っていく。すると39分、右サイドのボックス付近で得たFKでウィリアンがクロスを上げると、相手の死角から飛び込んだダビド・ルイスが頭で流し込み同点に追いついた。 良い時間に取り返したアーセナルだが、前半の内に逆転に成功する。アディショナルタイム、ペペがボックス手前右から上げたクロスがエンディディの手に当たりPKを獲得。この正真正銘のPKをラカゼットが決め切り、アウェイチームがリードを得て試合を折り返した。 レスターは後半からケガの疑いのあるトーマスを下げてオルブライトンを投入。直ちに立て直したいところだったが、51分にはバーンズも足を痛めてしまい、ここで2枚目の交代カードを切ることになってしまった。 嫌な雰囲気が漂うレスターを尻目に、アーセナルが追撃に出る。52分、ピッチ中央でボールを奪いカウンターへ移行。右からペペが持ち上がり、ボックス手前で、前半にスミス・ロウの負傷交代でピッチに出ていたウーデゴールに預ける。ウーデゴールはこれをさらに左斜め前へ送ると、最後はウィリアンの折り返しをゴール前に詰めていたペペが押し込んで3点目を決めた。 その後は、より丁寧にパスを回しながら守備に重きを置いたアーセナルに対し、レスターがなかなか攻勢に出られない時間が続く。72分にオルブライトンがシュートを放つが、味方に当たって枠の外へ。 試合を締めにかかるアーセナルは、エルネニーやラカゼットを下げてパルティ、オーバメヤンを投入。オーバメヤンは投入直後の87分にボックスの外からシュートを狙うなど、積極的に決定的なゴールを奪いにいく。 後半アディショナルタイムは7分と長めに取られた中で、レスターはイヘアナチョが立て続けにシュートを放ったが、DFにブロックに遭い万事休す。試合は1-3でアーセナルが逆転勝利を収めた。 2021.02.28 23:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ビッグ6キラーのレスターがアーセナル戦へ R・ペレイラ「一瞬で試合を変えられる選手がいる」

レスター・シティのポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが、アーセナル戦に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 28日にプレミアリーグ第26節でアーセナルと対戦するレスター。リーグ戦では直近12試合で7勝4分け1敗と好調で、その中でトッテナムやチェルシー、そしてリバプールといったビッグクラブ相手にも白星を挙げてきた。 リカルド・ペレイラは、アーセナルも強力な選手が揃ったチームであると警戒しながらも、好調を維持できれば勝利につながると自信をのぞかせた。 「この調子を続けて、これから戦う手強い相手からも勝ち点を得たい。難しい試合になるだろう。でもベストを尽くせば3ポイントに手が届くはずだ」 「素晴らしい試合になると感じている。彼らは良いチームで、良い選手が揃っている。ボールを持つことを好み、一瞬で試合の流れを変えられる選手たちがいる」 「僕たちはその点に注意しなければならない。同時に最高のクオリティを示す必要もある。ホーム戦でもあるから、勝利の重要度はより高いよ」 リカルド・ペレイラはまた、前節のアストン・ビラ戦で本職のサイドバックよりも一列高い位置でプレーしたことにも言及。 「新しいことではないよ!若い頃はよくそこでプレーしていたからね。昔に戻っただけさ」 「後ろでプレーする時はポジションに気を付けながら危険なエリアを守って、何も考えず攻め上がっていた」 「前でプレーする時は少し異なっていて、より自由度が増すんだ。ゴールにも近くなるし、そのチャンスも増えるだろうね」 2021.02.28 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

EL敗退のレスター、指揮官は完敗認める…「今夜は最高のチームが勝った」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がヨーロッパリーグ(EL)敗退を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは25日に行われたELラウンド32・2ndレグでスラビア・プラハと対戦。アウェイでの1stレグはゴールレスドローに終わり、ホームで勝利する必要があったが、後半に2失点を喫して、そのまま0-2のスコアで敗れた。 この結果、レスターは2戦合計0-2のスコアでEL敗退が決定。ロジャーズ監督は完敗を認め、今大会で良い経験が得られたとも語っている。 「今夜は最高のチームが勝ったと思う。2ndレグを評価するなら、我々は十分なチャンスを作れず、守備もうまく機能しなかった。彼らは我々よりアグレッシブであり、ゴールを決めるための質の高いプレーを見せていた」 「試合のスタートは良かったと思う。何回か良い場所まで運ぶことはできたが、パスの精度が足りず、ボックス内のクオリティも不足していた。後半開始直後に失点して0-1となったが、そこから試合にうまく戻れるかと期待した。しかし、そうならなかったね」 「素晴らしい経験だったと思う。多くの試合をこなしたいと思っている我々はここから学び、来年はまた欧州カップ戦に出場して、もっと良くなることを期待しているんだ。数日後にはアーセナル戦がある。我々にとって、より大きな試合になるだろう」 また、ロジャーズ監督はチームに疲労が蓄積していたことにも言及。これを教訓として、残るプレミアリーグとFAカップに全力を尽くしたいと強調した。 「相手はより高い強度を持っていた。我々は明らかに選手が足りず、何人もの選手がこれまで多くの試合に出ている。だから、今日は何人かの選手に休息を与えたが、その責任は私にある。この試合に勝つためのチームを選んだつもりだが、良い結果にはならなかった」 「ここまでは本当に良い流れだった。欧州カップへの出場権を得て、グループステージを勝ち抜けたのは重要なことだったと思う。我々は非常に若いチームで、常に進化しているんだ。今回の結果からも、このレベルでは激しくいく必要があると学べた。我々は残りの2つの大会に向けて、全てを手に入れたと思う」 2021.02.26 11:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスはレスターとの契約延長に前向き! 「最高の環境を提供してくれるクラブ」

ベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(23)はレスター・シティとの契約延長に前向きな姿勢を見せている。イギリス『Leicester Mercury』が伝えている。 2019年冬にモナコからレンタル加入した後、同年夏に4年契約を結び、正式にレスターの一員となったティーレマンス。智将ブレンダン・ロジャーズ監督の下、攻守両面で成長著しい万能型MFは、同世代のイングランド代表MFジェームズ・マディソンと共にフォクシーズの中盤を支えている。 その印象的な活躍を受けて、国内外のビッグクラブへのステップアップが予想されているが、ティーレマンス自身は2023年までとなっている現行契約を延長することに前向きなようだ。 25日に行われるヨーロッパリーグ(EL)のスラビア・プラハ戦に向けた公式会見に出席した23歳のベルギー代表MFは、今後もレスターで長くプレーする意思があることを示唆している。 「(去就に関して落ち着いているか?)もちろんだよ」 「ここは最高の環境を提供してくれるクラブだよ。とりわけ、この新しいトレーニンググラウンドは素晴らしいよ。多くの人は自分にとって最高のモノを望むものでしょ」 「ここに居られることは素晴らしいことだし、 僕はこのクラブが本当に好きなんだ」 「もちろん今後、 何が起こるかを見守る必要はある。だけど、ここはトロフィーを獲得するのに最適な環境だと思っているよ。将来を予測することはできないけど、クラブ内外のすべてがタイトルを獲得するために構成されていると思っているよ」 なお、先日にイギリス『デイリー・メール』が伝えたところによると、レスターは同選手に対して、マディソンと同等の週給10万ポンド(約1400万円)の条件を掲示しているようだ。 2021.02.25 22:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly