熊本退団のGK山本海人が福島に完全移籍「福島の団結力を全国に発信したい」

2021.01.14 10:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
福島ユナイテッドFCは14日、ロアッソ熊本のGK山本海人(35)が完全移籍で加入することを発表した。

山本は清水エスパルスの下部組織出身で、2004年にトップチーム昇格。2013年にヴィッセル神戸へ完全移籍すると、ジェフユナイテッド千葉、横浜FCを経て、2019年に熊本に加入した。

2019シーズンは明治安田J3で34試合に出場するも、2020シーズンは出場機会がなく、シーズン終了後に退団していた。

山本はクラブを通じてコメントしている。

「この度、福島に移籍してきました山本海人です。いろんな選択肢の中で、自分は今年福島の力になりたいと思い決断させてもらいました」

「決断した理由は、地域密着型で地域を大事にしている福島のサッカーを盛り上げたい、そして震災から10年になる今だからこそ福島の団結力を全国に発信したいと思ったからです」

「しかし自分一人では何も出来ません!だからこそチームとして一丸となり戦えるよう、自分も努力し、そしてチームへの協力を全力でさせていただきます」

「福島のサポーターの皆さん一緒に戦いましょう!よろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

「フェニックス」をモチーフにした福島の新ユニフォームが発表! 「明るい未来に生まれ変わらせたい」というクラブの決意も表現

福島ユナイテッドFCは25日、2022シーズンのユニフォームを発表した。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグを戦い、上位を争い続ける中、チームはJ2ライセンスを取得できずに昇格が絶たれると、最終的には5位でフィニッシュ。それでも上位を争い続けた充実のシーズンとなった。 改めて昇格を目指す2022シーズンも『hummel(ヒュンメル)』のユニフォームを着用することが決定。デザインのコンセプトには、エンブレムの中心でもある「フェニックス(不死鳥)」が掲げられている。 クラブカラーでもある赤を基調としたホームユニフォーム。フェニックスは、未来に続いてクラブが活動していき、“未来永劫”地域に根を張って活動していく象徴。炎の中から蘇るフェニックスの羽と火のゆらめきをカラーの濃淡で表現し、伸びやかに全身にデザインし、選手たちがスピーディーに躍動し、熱いプレーを披露する姿をフェニックスの翼と炎のグラフィックデザインでイメージした。 また、新型コロナウイルス感染症の脅威に沈む世の中をフェニックス伝説のように、明るい未来に生まれ変わらせたいとのクラブの決意も表現している。 GKの1stユニフォームは黄色、2ndは緑となる。 <span class="paragraph-title">【写真】福島の新ユニフォームは「フェニックス」をモチーフに</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220125_11_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220125_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220125_11_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220125_11_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.01.25 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田退団の大武峻、福島入りが決定 「強い覚悟を持ってきました」

福島ユナイテッドFCは23日、ジュビロ磐田からDF大武峻(29)の完全移籍加入を発表した。 大武は福岡大学在学中の2014年に特別指定選手として名古屋グランパスでプロデビューすると、翌年に正式入団。2017年途中からアルビレックス新潟に移り、2020年から磐田に加入した。 昨季も磐田でスタートしたが、シーズン途中の7月から出場機会を求めて、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍。だが、保有元の磐田と群馬からそれぞれ契約満了が発表されていた。 福島の公式サイトを通じて、「まず、このクラブでプレーする機会をいただけたことに感謝しています」と感謝の言葉を述べ、意気込みを語っている。 「今年30歳になる年ということもあり本当に強い覚悟を持ってきました。チームの目標達成のために自分の持てる全てを捧げたいと思っています! 応援よろしくお願いします!」 2022.01.23 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

福島のFW賀澤陽友が今季も北信越1部の福井ユナイテッドFCへ期限付き移籍「成長した姿を見せられるように」

福島ユナイテッドFCは19日、福井ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍していたFW賀澤陽友(20)の期間延長を発表した。 新たな期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなる。 賀澤は横浜F・マリノスのジュニアユース出身で、市立船橋高校から2020年に福島へと入団。1年目は公式戦の出場はなく、2021シーズンも出番はなかった。 福井ユナイテッドFCでは北信越フットボールリーグ1部で13試合に出場し4得点、天皇杯で3試合に出場し1得点を記録していた。 賀澤はクラブを通じてコメントしている。 「明けましておめでとうございます!今シーズンも福井ユナイテッドFCでプレーすることになりました。成長した姿を見せられるよう、頑張ります!」 2022.01.19 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

福島が藤枝退団のGK大杉啓の加入を発表「感謝の気持ちを持ってがんばります」

福島ユナイテッドFCは19日、藤枝MYFCを退団したGK大杉啓(25)の完全移籍加入を発表した。 大杉は静岡学園高校から日本体育大学を経て、卒業後にオーストラリアへ渡り下部リーグでプレー。2020年に神奈川県社会人サッカーリーグ1部の品川CCへと加入し、2021シーズンから藤枝に加入した。 明治安田生命J3リーグでは2試合の出場に終わっていた。 大杉はクラブを通じてコメントしている。 「この度、福島ユナイテッドに完全移籍することになりました、GK大杉啓と申します」 「少しでも早く試合に出て、応援していただく方々に活力を与えられるプレーを、スタジアムに来ていただく方々に「また見に来たい!」と思ってもらえるプレーを、そして福島の子どもたちに夢を与えるプレーをしたいと思います!」 「自分らしく、感謝の気持ちを持ってがんばりますので、よろしくお願いいたします」 2022.01.19 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

福島が北村椋太&サイモンと契約更新

福島ユナイテッドFCは14日、DF北村椋太(23)とFWサイモン(21)の契約更新を発表した。 北村は湘南ベルマーレ下部組織出身で、関東学院大学を経て、2021年3月に福島入り。明治安田生命J3リーグ3試合に出場した。 一方、ナイジェリア出身のサイモンは母国でのプレーを経て、昨年10月に加入。それを機に初来日を果たして、1試合でプレーした。 2022.01.14 18:01 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly