岩手、岡山退団のMF武田拓真を完全移籍で獲得!

2021.01.13 19:51 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
いわてグルージャ盛岡は13日、ファジアーノ岡山を退団したMF武田拓真(25)の完全移籍加入を発表した。2018年に東海学園大学から岡山へ入団した武田は在籍3年間で明治安田生命J2リーグ6試合に出場。しかし、プロ3年目の昨季は負傷の影響で出場機会がなく、昨年12月に岡山からの契約満了が発表されていた。

岩手へ活躍の場を移す武田は、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆いわてグルージャ盛岡
「初めまして!武田拓真です。J2昇格に向けて、チームのために全力で闘います。よろしくお願いします!」

◆ファジアーノ岡山
「次のチームでも、自分を信じて楽しんでプレーしている姿を岡山の皆さまに届けられるように頑張ります!3年間、ありがとうございました!」
コメント
関連ニュース
thumb

【Jリーグ移籍情報まとめ/1月22日】昨季15ゴールのFWレアンドロ・ペレイラがガンバ大阪へ完全移籍!

Jリーグ移籍情報まとめ。1月22日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 【J1】 ◆ガンバ大阪 [IN] 《完全移籍》 FWレアンドロ・ペレイラ(29)←松本山雅FC 【J2】 ◆SC相模原 《契約更新》 三浦文丈監督(50) [OUT] 《完全移籍》 FW三島康平(33)→FCマルヤス岡崎(JFL) ◆ザスパクサツ群馬 [OUT] 《完全移籍》 FW岡田翔平(31)→南葛SC(関東2部) ◆アルビレックス新潟 [OUT] 《完全移籍》 MF森俊介(26)→奈良クラブ(JFL) ◆松本山雅FC [OUT] FWレアンドロ・ペレイラ(29)→ガンバ大阪 ◆V・ファーレン長崎 《契約更新》 MF名倉巧(22) 【J3】 ◆テゲバジャーロ宮崎 《契約更新》 FWサミュエル(29) ◆鹿児島ユナイテッドFC [OUT] 《現役引退》 DF青山直晃(34) 2021.01.23 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎がナイジェリア人FWサミュエルと契約更新「わずか数年ですっかり日本人みたいになりました」

テゲバジャーロ宮崎は22日、ナイジェリア人FWサミュエル(29)との契約更新を発表した。 サミュエルはナイジェリアやエチオピアのクラブでプレー。2018年に宮崎に加入した。 宮崎ではJFLで3シーズンプレー。2018年は10試合で2得点、2019年は24試合で6得点、2020年は14試合で3得点を記録していた。 初めてJリーグでプレーすることとなるサミュエルは、クラブを通じてコメントしている。 「まずはじめに、良い時も悪い時も、私に計り知れないほどの愛を示してくれ、支え続けてくれているファン、サポーターの皆様へ特別な感謝を伝えたいです」 「私は最初は外国人選手としてチームに加わりましたが、宮崎は私を笑顔にさせてくれる素敵な場所で、みなさんが大きな大きな愛を注いでくれたおかげで、わずか数年ですっかり日本人みたいになりました」 「新型コロナウイルスの影響で穏やかな状況ではないにもかかわらず、私たちを支え続けてくれた宮崎の皆さん本当に本当にありがとう」 「今シーズンは昨年よりも更にチームのために献身的な働きをしてJ2の舞台へ上がっていきたいと思っていますし、J3への昇格はクラブのスタッフたちの素晴らしいハードワークが礎になっていたことを証明したいと思います。今シーズンも応援よろしくお願いします」 2021.01.22 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季広島で15ゴールのレアンドロ・ペレイラがG大阪に加入!

ガンバ大阪は22日、ブラジル人FWレアンドロ・ペレイラ(29)が松本山雅FCから完全移籍で加入することを発表した。 2019年に松本に加入し、ブラジルから地球の反対側からやってきたレアンドロ・ペレイラ。同年8月に期限付き移籍でサンフレッチェ広島に加入すると、移籍後のJ1リーグ9試合で4ゴールを記録。97分に1ゴールという得点力の高さを見せつけた。 昨シーズンは期限付き移籍を延長し広島に残留。チームは8位という結果だったが、個人としては得点ランキング3位の15ゴールを挙げる活躍を披露した。それでも完全移籍には至らず、松本に復帰していた。 そしてこの度、昨季2位のガンバ大阪への移籍が決定。クラブ公式サイトで「ガンバに加入できる事になってグループの一員になれて嬉しいです。そして全ての皆さんの期待に応えられるように頑張ります。早くチームメイトのみんなに会える事を楽しみにわくわくしています」とコメントを残した。 一方で、松本のサポーターに向けては別れの挨拶を残すとともに、J1で戦えることを今の夢だと語った。 「松本山雅で僕の日本でのキャリアをスタートできたことを感謝してます。温かく迎え入れてていただき嬉しく思いましたし、アルウィンのサポーターの熱量は一生忘れません!僕の今の夢は、J1の舞台で松本山雅とアルウィンで対戦することです。また会いましょう!」 2021.01.22 19:48 Fri
twitterfacebook
thumb

J2昇格の相模原、三浦文丈監督との契約更新を発表

SC相模原は22日、三浦文丈監督(50)との契約更新を発表した。 FC東京や横浜F・マリノスなどでヘッドコーチを務めた三浦監督は、AC長野パルセイロやアルビレックス新潟の監督を歴任した後、2019年から相模原の監督に就任した。 1年目はJ3で18チーム中15位という成績だったものの、就任2年目の昨季は16勝13分け5敗の成績を収め、クラブ初のJ2昇格に導いた。 なお、新潟時代にJ1で指揮を執った経歴のある三浦監督だが、J2はクラブ同様初挑戦となる。 2021.01.22 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎、昨季5ゴールのMF名倉巧と契約更新 「選んだ道を自分の力で正解にできるように」

V・ファーレン長崎は22日、MF名倉巧(22)との契約更新を発表した。 2017年にFC琉球でプロキャリアをスタートさせた名倉は2018年に長崎入り。在籍3年目の昨季は明治安田生命J2リーグ27試合で5ゴールを記録していた。 今季も長崎でプレーする名倉はクラブ公式サイトを通じて、移籍を模索していたことを告白。しかし、契約更新を受けて、長崎のために全力を尽くすと誓った。 「応援してくださる皆様へ。契約更新のリリースが遅くなってしまい申し訳ありません。今年も長崎でプレーすることになりました。正直、プロサッカー選手である以上高いレベルでプレーしたいという気持ちが強くありました」 「プロとして限られた時間を1秒も無駄にできない中で、日本を代表する選手になるため、世界で戦える選手になるためにはどうしたらいいのか、自分はどうしたいのか、この決断は正しいのか、本当に悩みました。ただ、社長をはじめ、強化スタッフ、そして吉田監督が僕を必要としてくれていることが本当に嬉しかったです」 「吉田監督を信じて一緒に戦いたいという想いが強く今回の決断に至りました。契約がまとまるのに時間をかけてしまい申し訳ない気持ちもありますが、この決断をした以上、腹を括って長崎のために全力で戦いたいと思います」 「昨年あれほど悔しい想いをした分、今年は僕たちが最高のシーズンにするんだという強い気持ちを持って戦っていきます。監督、スタッフ、チームメイト、サポーターと共に最高の結果を掴み取れるように頑張ります」 「選んだ道を自分の力で正解にできるように、自分を信じて頑張っていきたいと思います。僕は優しすぎる長崎のサポーターが大好きです。スタジアムで背中を押してくれる心強いサポーターがいるからこそ僕は力強く戦えます。試合に出られない時も、怪我をした時も、見捨てずに応援し続けてくれた皆さんに恩返しができるように頑張ります。今年もよろしくお願いします!サッカーには夢がある!」 2021.01.22 15:50 Fri
twitterfacebook