岡山、DF廣木雄磨とFW武田拓真の手術を報告 それぞれ全治3カ月に…

2020.08.29 14:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山は29日、DF廣木雄磨とFW武田拓真が手術を受けたことを報告した。クラブの発表によると、右足関節遊離体を負っていた廣木は27日に、右膝外側半月板損傷を負っていた武田は28日に手術を受けたとのこと。それぞれ全治は3カ月と伝えている。

廣木と武田は共に今シーズンの明治安田生命J2リーグでここまで出場機会はない。
コメント
関連ニュース
thumb

元日本代表MF今野泰幸が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治6週間、磐田3バックの中心で復活

ジュビロ磐田は28日、元日本代表MF今野泰幸の負傷を発表した。 クラブの発表によると、今野は21日に行われた東京ヴェルディ戦で負傷。浜松市内の医療機関にて検査を受け、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。 2019年途中にガンバ大阪から加入した今野は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで6試合に出場していた。 今野は、フェルナンド・フベロ監督の下では全くと言っていいほど出場機会がなかったものの、鈴木政一新監督の下、G大阪時代の盟友であるMF遠藤保仁が加入し、3バックシステムが採用されると5試合連続で先発出場していた。 2020.10.28 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーガーの相次ぐ不祥事について村井満チェアマン「社会の一員として、断じて許されるものではない」

Jリーグは26日、選手による相次ぐ不祥事に関して、村井満チェアマンが声明を発表した。 19日にはアルビレックス新潟が、酒気帯び運転で書類送検されたブラジル人FWファビオ、スペイン人FWペドロ・マンジーとの契約解除を発表。クラブはJリーグへの報告義務を怠っていたとして、調査が入っている。 また、ベガルタ仙台では、交際女性への暴行が発覚したMF道渕諒平(26)が契約解除となっており、こちらも週刊誌報道で大きな話題となっていた。 そんな最中、25日にはガンバ大阪でブラジル人FWアデミウソンが酒気帯び運転の疑いで任意捜査される事案が発生。現在も捜査中とのことだが、この1週間で3件もの不祥事が発覚した。 村井チェアマンはJリーグを通じてこの件についてコメント。「信頼を裏切る行為」と苦言を呈した。 「度重なるJリーグの選手による不祥事が発生していることに対し、Jリーグ全体を統括する立場として、心よりお詫び申し上げます」 「これらは、コロナ禍で非常に困難な状況が続く中でもJリーグ、Jクラブを支えてくださるファン・サポーター、パートナー各社、ホームタウンの皆さま、そして社会全体の信頼を裏切る行為であり、プロサッカー選手である前に社会の一員として、断じて許されるものではありません」 「Jリーグにとって、サッカーでの勝ち負け以前に一番大事なことは、地域に貢献し必要だと思って頂くことです。ですから、我々が地域の皆さまに迷惑をかけるような存在だとしたら、それは地域における我々の存在意義を失うことに繋がります」 「改めて再発防止に関する指導を行い、クラブ・リーグスタッフ、選手、関係者一人ひとりの意識向上に向け尽力する所存です。 2020.10.26 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田が遠藤初ゴールの直接FK弾を皮切りに逆転勝利! 首位福岡は2位徳島と3pt差に《J2》

明治安田生命J2リーグ第28節の9試合が25日に各地で行われた。 11位のジュビロ磐田はヤマハスタジアムで18位のザスパクサツ群馬と対戦。4試合連続無失点中の磐田だったが、立ち上がりの2分にCKの流れから先制を許したが、前半のうちに同点に。29分、バイタルエリア中央の位置で獲得したFKのチャンスから遠藤が直接狙うと、ゴール右を突いたボールがネットを揺らした。 遠藤の加入後初ゴール&プロ23年連続弾で追いついた磐田は76分に勝ち越し。遠藤から横パスを受けた小川大貴が左足シュートを放つと、相手GKの弾いたボールを三木が左足で押し込んだ。さらに、その3分後には遠藤の縦パスを受けた山本康裕がボックス内でファウルを受けて、PKを獲得。これをルキアンが決め、リードを広げた。 その後、落ち着いて試合をコントロールして試合を終わらせにかかった磐田が2試合ぶりの勝利。遠藤の3得点に絡む活躍で9試合ぶりの複数得点という内容も手に5試合無敗を継続して、8位に浮上した。 そのほか、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた2位・徳島ヴォルティスと5位・アルビレックス新潟の上位対決は0-0の引き分けに終わった。首位のアビスパ福岡はベスト電器スタジアムで16位のジェフユナイテッド千葉と対戦し、松本のJリーグ初ゴールで1-0の勝利。15試合負けなしを成し遂げ、徳島との勝ち点差を「3」に広げた。 ◆明治安田生命J2リーグ第29節 ▽10/25(日) 大宮アルディージャ 0-0 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 FC町田ゼルビア 徳島ヴォルティス 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 3</span>-1 ザスパクサツ群馬 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 水戸ホーリーホック</span> ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">琉球FC 2</span>-1 京都サンガF.C. ▽10/24(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-0 東京ヴェルディ ツエーゲン金沢 0-0 ファジアーノ岡山 2020.10.25 20:35 Sun
twitterfacebook
thumb

山形が4得点で東京Vに圧勝! 暫定で6位へ《J2》

明治安田生命J2リーグ第29節の2試合が24日に各地で行われた。 9位vs8位という対決となったモンテディオ山形(勝ち点39)と東京ヴェルディ(勝ち点40)による一戦は、ホームの山形が圧倒する。立ち上がりの6分、最後尾からパスをつなぎ、東京Vのプレッシャーを掻い潜った山形は、自陣右サイドの山田のロングボールを収めた渡邊が飛び出してきたGKマテウスを見て、ボックス手前右から無人のゴールにシュートを流し込んで先制に成功した。 幸先よく先制した山形は、その後もシュートを重ねる中迎えた32分に加藤が敵陣でボールを奪い速攻へ。パスを受けた渡邊がドリブルでボックス中央に切り込み放ったシュートはブロックに遭うものの、こぼれ球をペナルティアーク付近の中村がダイレクトで蹴り込んで追加点を奪った。 東京Vは41分に澤井を下げて小池を投入しテコ入れを図ったが、前半アディショナルタイムに自陣でボールを奪われた流れからヴィニシウス・アラウージョのゴールを許し、前半だけで3失点を喫してしまった。 ハーフタイムにかけてさらに3人の入れ替えを敢行したが、なかなかチャンスを演出することができない。小池は59分と72分にシュートに持ち込むが、いずれも枠の右へ外れてしまう。 ポゼッションだけが上がる中、80分に三度ボールロストから失点する。山形は敵陣右サイドで途中出場の大槻がボールを奪い、味方の上がりを待って中央に展開。今度は左から攻撃を仕掛け、南の縦パスを受けた松本がボックス左から丁寧に折り返すと、最後の仕上げは起点を作った大槻。右からゴール前に絞っていた。 結局、試合は4-0で山形が快勝。ここ5試合は4勝1分けの成績で暫定ながら順位を6位に上げている。一方の東京Vは4試合ぶり黒星となった。 悪天候の影響でキックオフが30分遅れとなった12位のツエーゲン金沢(勝ち点38)と15位ファジアーノ岡山(勝ち点36)の一戦は、互いに譲らずゴールレスドローとなっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第29節 ▽10/24(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-0 東京ヴェルディ ツエーゲン金沢 0-0 ファジアーノ岡山 ▽10/25(日) 《14:00》 大宮アルディージャ vs V・ファーレン長崎 ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア 徳島ヴォルティス vs アルビレックス新潟 アビスパ福岡 vs ジェフユナイテッド千葉 《15:00》 ジュビロ磐田 vs ザスパクサツ群馬 レノファ山口 vs 水戸ホーリーホック ギラヴァンツ北九州 vs 松本山雅FC 《16:00》 愛媛FC vs 栃木SC 《18:30》 琉球FC vs 京都サンガF.C. 2020.10.24 16:58 Sat
twitterfacebook
thumb

京都FW服部航平がテゲバジャーロ宮崎に武者修行 「成長してきます!」

京都サンガF.C.は23日、FW服部航平(20)が日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎に育成型期限付き移籍で加わると発表した。期間は2021年1月31日までとなる。 京都下部組織出身の服部は2019年にトップチーム昇格を果たすと、同年3月にブラジルのロンドリーナECに期限付き移籍。今季から復帰したが、ここまで出番がなかった。 移籍を受け、京都の公式サイトを通じて「チームの目標である、J2優勝&J1昇格の為に力になれず本当に悔しい気持ちでいっぱいです。この悔しさをテゲバジャーロ宮崎で爆発させて、成長してきます! ありがとうございました」とコメントしている。 2020.10.23 13:05 Fri
twitterfacebook