大宮、昨季27試合で5ゴールのFW佐相壱明の復帰を発表!「全力で楽しんで頑張ります」

2021.01.13 17:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大宮アルディージャは13日、AC長野パルセイロに育成型期限付き移籍していたFW佐相壱明(21)の復帰を発表した。2018年に昌平高校から大宮へ入団した佐相は、1年目にプロデビューを果たすも、2019年はリーグ戦での出場機会はなし。昨季は育成型期限付き移籍で長野に加わり、明治安田生命J3リーグ27試合で5ゴールの成績を収めていた。

大宮への復帰が決まった佐相は、両クラブ公式サイトを通じて次のように心境を述べている。

◆大宮アルディージャ
「もう一度、大宮で戦うチャンスを得ることができました!昨シーズン、AC長野パルセイロで学んだことを生かして、全力で楽しんで頑張ります!応援よろしくお願いします!」

◆AC長野パルセイ
「AC長野パルセイロに関わる全ての皆様、1年という短い期間ではありましたが本当にありがとうございました! この1年間、自分にとって非常に充実したものになりました」

「ただ、掴みかけていたJ2昇格を逃した悔しさは今後絶対忘れることはありません。この悔しさをバネに、大宮アルディージャで魂込めて死ぬ気で闘います! 1年間本当にありがとうございました!!」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定、家族が陽性になりPCR検査受診

FC東京は21日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手の家族が陽性判定を受けたとのこと。選手もPCR検査を実施したところ、陽性判定を受けたとのことだ。 選手は発熱はなかったものの喉に違和感があったとのこと。16日には発熱はないものの、味覚と嗅覚に異常があり、同日に家族が発熱。喉の痛みもあり病院で受診した。 選手はその後も発熱などはなかったが、20日に家族がPCR検査で陽性判定を受け、選手は21日に陽性判定を受けたとのことだ。 なお、この期間チームはオフであり、管轄保健所による濃厚接触者の特定の結果、クラブ内の濃厚接触者は「無し」と判定されたとのことだ。 2021.01.21 20:27 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪がブラジル1部から191cmの長身DFチアゴが完全移籍で獲得、背番号「6」

セレッソ大阪は21日、ブラジルのセアラーからDFチアゴ(30)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「6」となる。 チアゴは191cm、89kgの大型センターバック。ブラジルのクリシューマやグアラニ、アトレチコ・ミネイロ、バイーアなどでプレーしていた。 チアゴはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで90試合に出場し8ゴール、セリエBで21試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンは22試合に出場し1ゴールを記録していた。 チアゴは、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約の予定となっている。 2021.01.21 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表のコーチに浦和HCの上野優作氏が就任、森保一監督とは現役時代にチームメイト

日本サッカー協会(JFA)は21日、日本代表のコーチングスタッフに上野優作氏(47)が就任したことを発表した。 上野氏は真岡高校から筑波大学へえと進学し、1996年にアビスパ福岡に入団してプロキャリアをスタートした。 2000年にはサンフレッチェ広島に移籍。森保一監督ともチームメイトとしてプレー。2001年には京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に移籍すると、アルビレックス新潟、広島、栃木SCでプレーし、2008年に現役を引退した。 2010年に引退した栃木でアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタート。2012年にはヘッドコーチ、2013年にはアカデミーダイレクター兼ユース監督、2015年にはヘッドコーチに就任した。 2015年10月には浦和の育成部門のコーチに就任すると、2018年4月にトップチームコーチに就任。2019年5月からトップチームのヘッドコーチを務めていた。 日本代表は、コーチを務める横内昭展氏が東京オリンピックの本大会でU-23日本代表の監督に就任することが決定。そのため、上野氏が就任することとなった。 2021.01.21 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪の守備を支えたDFヨニッチが上海申花へ電撃移籍「セレッソを第二の家として一生忘れません」

セレッソ大阪は21日、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ(29)が中国スーパーリーグの上海申花へ完全移籍することを発表した。 ハイデュク・スプリトなどクロアチア国内クラブでプレーしたのち、韓国の仁川ユナイテッドでプレーしていたヨニッチ。Kリーグでもベストイレブンに2年連続で選ばれると、2017年にC大阪へ完全移籍していた。 C大阪ではヨニッチはディフェンスの軸としてプレー。4シーズン在籍しJ1通算135試合に出場し11得点を記録。出場しなかったのはわずか1試合とC大阪を支え続けていた。 2017年にはリーグカップと天皇杯で優勝。個人でも2020年に優秀選手賞を受賞していた。 「親愛なるセレッソ大阪とファンの皆様、突然のことで皆様を驚かせてしまい申し訳ありません。私のサッカー人生の中でセレッソの一員になれた事は最高な出来事でした」 「皆様が自分を必要としている事は誰よりも分かっていますが、家族と相談し、年齢的にもこれが最後のチャンスと思い、新しい環境で自分を試したい、という決意に至りました。私を必要とし熱心に話をしてくれたセレッソには本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」 「私はセレッソを第二の家として一生忘れません。今までサポートして下さった選手、スタッフ、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。桜の戦士はいつまでも僕の心に居続けます」 2021.01.21 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

最強王者・川崎Fが鬼木達監督との契約合意を発表

川崎フロンターレは21日、鬼木達監督(46)との契約更新を発表した。 鬼木監督は現役時代に鹿島アントラーズと川崎Fとプレー。2017年に風間八宏監督の後任として川崎Fの監督に就任した。 就任1年目に明治安田J1で初優勝を果たすと、2018年は連覇を達成。2019年はリーグ3連覇を逃すものの、YBCルヴァンカップで初優勝していた。 2020シーズンはリーグ12連勝を達成した他、最速優勝や最多勝ち点、最多得点数と歴史に名を残すチームを作り、3度目のJ1優勝を達成。さらに、天皇杯も初優勝するなどした。 2021.01.21 17:44 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly