鎌田が先制点演出もレバークーゼンがディアビの2発などで逆転勝利《DFBポカール》

2021.01.13 06:43 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DFBポカール2回戦、レバークーゼンvsフランクフルトが12日に行われ、4-1でレバークーゼンが逆転勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は70分までプレーし、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。

3日前に行われたブンデスリーガでブレーメン相手に低調ドローとなったレバークーゼンは、ブレーメン戦のスタメンから3選手を変更。シックらに代えてアラリオらを起用した。

一方、マインツに快勝としてリーグ戦3連勝としたフランクフルトは、マインツ戦のスタメンから4選手を変更。鎌田は[3-4-2-1]のシャドーで引き続きスタメンとなり、長谷部はベンチスタートとなった。

ハイプレスをかける入りを見せたフランクフルトが6分に先制する。ボックス右の鎌田のグラウンダークロスをアンドレ・シウバがワンタッチで流し、ボックス中央に走り込んだユネスがダイレクトで蹴り込んだ。

失点したレバークーゼンは10分にアラリオがヘディングシュートで、12分にアミリが枠内シュートで同点ゴールに迫ると、26分にPKを獲得した。ベイリーの左クロスがボックス内のドゥルムのハンドを誘った。このPKをアラリオが決めてレバークーゼンが同点に追いつく。

前半半ば以降はレバークーゼンが攻め込む展開が続き、41分にはヴェンデウのミドルシュートがGKトラップを強襲。1-1で前半を終えた。

迎えた後半、開始4分にレバークーゼンが逆転する。左サイド低い位置からのデミルバイのFKをボックス右のタプソバがヘディングで押し込んだ。

その後も攻め立てるレバークーゼンは55分にCKの流れからディアビが強烈なミドルシュートでGKを強襲すると、67分に決定的な3点目を奪った。アミリが左サイドからカットインしながらDFを外してスルーパス。ボックス右でフリーのディアビが確実にシュートを決めきった。

その後、70分に鎌田がピッチを後にしたフランクフルトに対し、73分にターが一発退場となったレバークーゼンだったが、終盤にかけてもカウンターで牽制し続けると、87分にディアビが独走からこの試合2点目を決めて4-1と突き放し、3回戦へ進出している。


コメント
関連ニュース
thumb

前回王者バイエルン、2部のキールにPK戦負けでまさかの敗退《DFBポカール》

バイエルンは13日、DFBポカール2回戦でホルシュタイン・キールとのアウェイ戦に臨み、2-2で120分を終えた後のPK戦で5-6とされ敗退が決まった。 2部で3位に付けるホルシュタイン・キールに対し、レヴァンドフスキやアラバをベンチスタートとしたバイエルンはミュラーを最前線に、右にサネ、左にニャブリを配した。 そのバイエルンが立ち上がりから圧力をかけると、14分に先制する。ミュラーのヘッドでの落としに反応したゴールエリア右のニャブリがネットを揺らした。 その後も一方的に押し込んだバイエルンは26分、ニャブリのコントロールシュートで追加点に迫るも、37分にワンチャンスで同点とされる。ロングボールに抜け出したバルテルスにGKとの一対一を制された。 追いつかれたバイエルンはミュラーのミドルシュートやミュージアラの枠内シュートで勝ち越しを目指すも、1-1で前半を終えた。 それでも迎えた後半開始3分、ボックス手前右で得たFKをサネが直接狙うと、見事ゴール右に吸い込まれ、バイエルンが勝ち越しに成功する。 その後もバイエルンが主導権を握る中、74分にはレヴァンドフスキを投入。後半終盤にかけては流し気味にプレーし、そのまま勝ち切るかと思われた。 しかし後半終了間際の追加タイム5分、左クロスからウォールにヘディングシュートを決められ、土壇場で同点とされて延長戦にもつれ込んでしまった。 その延長戦では決定機を生み出しきれずPK戦にもつれ込んでしまう。するとそのPK戦では6番手のキッカーを務めたロカがGKグリオスにシュートを止められた中、キールは6人全員が成功。前回王者バイエルンが2回戦で姿を消すことになった。 2021.01.14 07:33 Thu
twitterfacebook
thumb

DFBポカール3回戦の組み合わせが決定!遠藤航のシュツットガルトがボルシアMGと激突

DFBポカール3回戦の組み合わせ抽選会が3日に行われ、全8カードの対戦カードが決定した。 2回戦を勝ち上がった16チームで行われる3回戦では、遠藤航の所属するシュツットガルトが、エルフェアスベルク(4部)を撃破したボルシアMGとのブンデス1部対決となった。 また、2回戦でブラウンシュバイク(2部)に2-0で勝利したドルトムントは、2回戦で遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンを下したパーダーボルン(2部)とホームで対戦。王者バイエルンは、延期となっている2回戦でホルシュタイン・キール(2部)に勝利した場合、ホームでダルムシュタット(2部)と対戦する。 その他、大迫勇也所属のブレーメンはグロイター・フェルト(2部)とホームで対戦。MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは、バイエルン同様に延期となっている2回戦でレバークーゼンに勝利した場合、アウェイでエッセン(4部)と対戦する。 なお、DFBポカール3回戦は2月2~3日に行われる予定となっている。 ◆DFBポカール3回戦組み合わせ エッセン(4部) vs レバークーゼンorフランクフルト ヴォルフスブルク vs シャルケ ホルシュタイン・キール(2部)orバイエルン vs ダルムシュタット(2部) レーゲンスブルク(2部) vs ケルン シュツットガルト vs ボルシアMG ブレーメン vs グロイター・フュルト(2部) ライプツィヒ vs ボーフム(2部) ドルトムント vs パーダーボルン(2部) 2021.01.04 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトが1部対決を制し3回戦進出!大迫のブレーメンは原口&室屋のハノーファーに快勝《DFBポカール》

遠藤航の所属するシュツットガルトは23日、DFBポカール2回戦でフライブルクと対戦し1-0で勝利した。遠藤はフル出場している。 1回戦で3. リーガ(ドイツ3部)のハンザ・ロストックを下したシュツットガルトは、直近のヴォルフスブルク戦からスタメンを5人変更。遠藤が[3-5-2]のボランチで公式戦15試合連続のスタメンとなった。 立ち上がりから攻勢に出るシュツットガルトは15分、カストロのパスでDFの裏に抜け出したカラジッチがGKとの一対一を難なく制し、右足のシュートを流し込んだ。 その後も主導権を握るシュツットガルトは、何度もフライブルク陣内に攻め込むもアタッキングサードまでボールを運ぶもアタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。結局、前半の枠内シュートはゴールとなった1本にとどまった。 後半もやや押し気味な入りを見せたシュツットガルトだったが、60分にピンチを迎える。ボックス左から侵入したギュンターの折り返しがDFに当たると、こぼれ球に反応したGKブレドウがファンブル。これをデミロビッチに詰められたが、シュートはGKブレドウが弾き出す。 さらに81分にもクォン・チャンフンのパスをペナルティアーク左で受けたデミロビッチにカットインから強烈なシュートを許したが、これもGKブレドウの好セーブで難を逃れた。 守護神の好守に応えたいシュツットガルトは、83分にボックス右でボールを受けたディダヴィの落としからボックス右手前に走り込んだ遠藤がダイレクトシュートで狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 その後も一進一退の展開が続いたが、最終的にこれ以上スコアは動かず。シュツットガルトが、カラジッチのゴールで逃げ切り3回戦進出を決めた。 また、日本人所属クラブ同士の対戦となったDFBポカール2回戦のハノーファーvsブレーメンは、0-3でブレーメンが勝利した。 ハノーファーのMF原口元気は右MFで先発しフル出場、DF室屋成は右サイドバックで先発し68分までプレー。一方、ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ブレーメンが30分に先制する。味方のパスで左サイドを駆け上がったアウグスティンションがダイレクトクロスを供給するとゴール前に走り込んだゲブレ・セラシェが右足でゴール左にシュートを突き刺した。 先手を取ったブレーメンは、32分にもモイサンデルのパスで抜け出したサージェントがゴールネットを揺らし、2点のリードで前半を終えた。 後半に入っても主導権を握るブレーメンは、61分にボックス右でパスを受けたチョンが縦への仕掛けから折り返すと、最後はゴール前のエンボムが流し込み、試合を決定づける3点目を決めた。 結局、試合はそのまま0-3で終了。アウェイで3ゴールを奪ったブレーメンが快勝で3回戦に駒を進めた。 ◆DFBポカール2回戦 結果 ▽12/23(水) ヴォルフスブルク 4-0 ザントハウゼン ロートヴァイス・エッセン 3-2 デュッセルドルフ シュツットガルト 1-0 フライブルク ハノーファー 0-3 ブレーメン マインツ 2-2(PK:0-3) ボーフム ヴェーエン・ヴィースバーデン 0-0(PK:2-4) ヤーン・レーゲンスブルク ▽1/12(火) レバークーゼン vs フランクフルト ▽1/13(水) ホルシュタイン・キール vs バイエルン ▽12/22(火) アウグスブルク 0-3 RBライプツィヒ ケルン 1-0 オスナブルック ホッフェンハイム 2-2(PK:6-7) グロイターフェルト SSVウルム1846 1-3 シャルケ ブラウンシュヴァイク 0-2 ドルトムント ウニオン・ベルリン 2-3 パーダーボルン エルヴェルスベルク 0-5 ボルシアMG ディナモ・ドレスデン 0-3 ダルムシュタット 2020.12.24 07:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが年内最終戦を勝利で飾り3回戦進出! 遠藤先発のウニオン・ベルリンはパーター・ボルンに敗戦《DFBポカール》

ドルトムントは22日、DFBポカール2回戦でブンデス2部に所属するブラウンシュヴァイクとアウェイで対戦し2-0で勝利した。 1回戦で3. リーガ(ドイツ3部)に所属するデュイスブルクを下したドルトムントは、直近のウニオン・ベルリン戦から先発を7人変更。ロイスやムココ、ヴィツェル、GKビュルキらに代えてブラントやベリンガム、デラネイ、GKヒッツらが先発で起用された。 サンチョ、ティッゲス、レイナを3トップに並べた[4-3-3]で試合に臨んだドルトムントは12分、左サイドで獲得したFKからサンチョがクロスを供給すると、後方からのボールをニアサイドのデラネイがボレーシュート。これは相手DFがブロックするも、こぼれ球をフンメルスがゴールに流し込んだ。 先制したドルトムントは、22分にも相手GKのパスをティッゲスがカットしたこぼれ球に反応したブラントが決定機を迎えたが、シュートはゴール上に外れる。さらに34分には、ラファエウ・ゲレイロの左FKをファーサイドで受けたベリンガムが巧みなトラップからのターンでシュートを放ったが、これは右ポストを直撃した。 1点のリードで後半を迎えたドルトムントは、56分にピンチ。アブドゥラヒのスルーパスでボックス左に侵入したマルセル・バーにシュートを許したが、これはクロスバーを直撃し難を逃れた。 主導権を握りながらも追加点が遠いドルトムントは、63分にロイス、76分にヴィツェル、83分にT・アザールと主力を投入。すると試合終了間際に92分、自陣からのクリアを左サイドで受けたロイスがワンタッチで前線に送ると、このパスで相手DFの裏に抜け出したサンチョが飛び出したGKをかわし、無人のゴールにシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。年内最終戦を白星で飾ったドルトムントが、3回戦進出を決めた。 また、遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンは、DFBポカール2回戦でブンデス2部のパーダーボルンと対戦し1-3で敗戦した。7試合ぶりの先発となった遠藤は58分までプレーした。 ◆DFBポカール2回戦 結果 ▽12/22(火) アウグスブルク 0-3 RBライプツィヒ ケルン 1-0 オスナブルック ホッフェンハイム 2-2(PK:6-7) グロイターフェルト SSVウルム1846 1-3 シャルケ ブラウンシュヴァイク 0-2 ドルトムント ウニオン・ベルリン 2-3 パーダーボルン エルヴェルスベルク 0-5 ボルシアMG ディナモ・ドレスデン 0-3 ダルムシュタット ▽12/23(水) ヴォルフスブルク vs ザントハウゼン ロートヴァイス・エッセン vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs フライブルク ハノーファー vs ブレーメン マインツ vs ボーフム ヴェーエン・ヴィースバーデン vs ヤーン・レーゲンスブルク ▽1/12(火) レバークーゼン vs フランクフルト ▽1/13(水) ホルシュタイン・キール vs バイエルン 2020.12.23 07:32 Wed
twitterfacebook
thumb

2回戦組み合わせが決定!大迫vs原口&室屋の日本人対決が実現《DFBポカール》

8日にDFBポカール2回戦の組み合わせ抽選会が行われた。 2回戦では、2連覇中の大会王者であり、ブンデスリーガ王者でもあるバイエルンが2部のホルシュタイン・キールと対戦。また、日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンが、日本代表MF原口元気とDF室屋成の所属するハノーファーと激突することとなった。 また、元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトは、強豪レバークーゼンと、日本代表MF遠藤航の所属するシュツットガルトはフライブルクと、MF遠藤渓太に所属するウニオン・ベルリンは2部のパーダーボルンと対戦する。 その他、4大会ぶりの優勝を目指すドルトムントは、2部のブラウンシュヴァイクと対戦。昨季ファイナリストのライプツィヒは、アウグスブルクとの1部対決が決定した。DFBポカール2回戦は12月22、23日に行われる。 ◆DFBポカール2回戦 ウルム(4部) vs シャルケ エッセン(4部) vs デュッセルドルフ(2部) エルフェアスベルク(4部) vs ボルシアMG ヴィースバーデン(3部) vs レーゲンスブルク(2部) ディナモ・ドレスデン(3部) vs ダルムシュタット(2部) ウニオン・ベルリン vs パーダーボルン(2部) シュツットガルト vs フライブルク ブラウンシュヴァイク(2部) vs ドルトムント レバークーゼン vs フランクフルト ハノーファー(2部) vs ブレーメン ケルン vs オスナブリュック(2部) マインツ vs ボーフム(2部) ホルシュタイン・キール(2部) vs バイエルン アウグスブルク vs ライプツィヒ ホッフェンハイム vs グロイター・フュルト(2部) ヴォルフスブルク vs ザントハウゼン(2部) 2020.11.10 02:20 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly