ウエスカが昨季エルチェを1部昇格に導いたパチェタ氏を新指揮官に招へい

2021.01.13 02:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FW岡崎慎司の所属するウエスカは12日、新指揮官にパチェタ氏(52)を招へいしたことを発表した。ウエスカでは同日、ラ・リーガ18試合を消化して1勝9分け8敗の最下位に沈んでいたことを受け、ミチェル前監督(45)を解任していた。

パチェタ氏はこれまでオビエドやエルクレスの監督を歴任。2018年2月より指揮を執ったエルチェでは昨季、昇格プレーオフを勝ち抜いて1部昇格に導いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

リーガ最下位ウエスカが3連敗後に大ナタ…ミチェル監督らコーチ陣を一斉解任

ウエスカが11日、ミチェル監督(45)の解任を発表した。コーチングスタッフも解任され、総退陣となる。 ミチェル監督は2019-20シーズン当時、セグンダ・ディビシオンに属したウエスカを率いると、チーム最多12得点の元日本代表FW岡崎慎司を得点源に優勝。就任1年目でチームをラ・リーガ昇格に導いた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=onx1ii2ozh4b1c286fy0qvkss" async></script></div> しかし、今季はスペイントップリーグの洗礼を浴び、開幕から18試合を消化した時点で1勝9分8敗の最下位。3日に行われた第17節のバルセロナ戦で今季7敗目を喫した段階で解任の怯えを吐露していた。 そして、11日に行われた第18節のベティス戦も0-2で敗れ、今季初の3連敗。ここ5試合で白星から遠ざかる結果も受け、クラブはミチェル監督を含むコーチング陣の一斉解任を決断した格好だ。 なお、後任については現時点で未定。ミチェル監督の解任は岡崎の立ち位置にも影響を及ぼすかもしれない。 2021.01.12 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティスに完敗のウエスカが3連敗… 途中出場の岡崎も決定機を決められず《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは11日、ラ・リーガ第18節でベティスと対戦し0-2で敗戦した。岡崎は80分からプレーした。 今季リーグ戦1勝で最下位に沈むウエスカ(勝ち点12)が、12位のベティス(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。今季2勝目を目指すウエスカは、前節のバルセロナ戦から先発を3人変更。ミッドウィークのコパ・デル・レイ2回戦でフル出場した岡崎は、リーグ戦2試合連続のベンチスタートとなった。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。一進一退の展開が続く中、ベティスは78分にフェキルのパスで右サイド深くまで侵入したエメルソンのクロスをニアでマンディが合わせ、ゴールネットを揺らした。 先制を許したウエスカは、80分にモスケラを下げて岡崎を投入。すると82分、インターセプトを狙ったアコクが後方からのタックルで岡崎を倒すと、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的優位となったウエスカは、後半アディショナルタイム1分に決定機。バイタルエリア手前からオンティベロスがゴール前に浮き球のパスを送ると、飛び出した岡崎が後方からのボールに左足で合わせたが、しっかりミートできず、シュートは惜しくもGKブラボにキャッチされた。 すると逆にベティスは93分、自陣からロングカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったサナブリアが右サイドへ展開。これを受けたフェキルのクロスをゴール前に駆け上がったサナブリアがダイビングヘッドでゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。ウエスカは3連敗。一方、勝利したベティスは3試合ぶりの白星となった。 2021.01.12 07:40 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎フル出場のウエスカ、3部に低調敗戦で敗退《コパ・デル・レイ》

ウエスカは7日、コパ・デル・レイ2回戦でアルコヤーノとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ウエスカのFW岡崎慎司はフル出場している。 岡崎がベンチ外だった中、初戦のマルチャマロ(4部)戦を延長戦の末に勝利したウエスカは、3部のアルコヤーノに対し、岡崎がスタメンとなった。 凸凹のピッチでキックオフとなった中、ウエスカは16分にミドルシュートを叩き込まれて先制される。 その後もポゼッションしていたウエスカだったが攻めあぐね、3部相手に苦戦を強いられた。それでも38分、左サイドからのクロスが混戦を生んだ流れからセオアネが押し込んで同点として後半へ折り返した。 迎えた後半、押し込まれる展開となったウエスカは65分にPKを献上する。ガストン・シルバがボックス内で相手選手を倒してしまった。しかしキッカーが枠の上にシュートを外して助かった。 だが、攻め手なく迎えた終盤の85分、ウエスカは勝ち越される。ボックス右からシュートを打たれ、GKの股間を抜かれた。このまま1-2で敗戦。2回戦敗退となった。 2021.01.08 06:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ウエスカ監督がバルサ戦敗北後に率直な思いを打ち明ける 「仕事を失うのが怖い」

ウエスカのミチェル監督が解任の怯えを吐露した。スペイン『マルカ』が報じている。 今季からラ・リーガに参戦する最下位のウエスカは新年初戦の3日に行われた第17節で6位のバルセロナと対戦して、0-1の敗北。日本代表FW岡崎慎司の途中出場も奏功せず、今季7敗目(1勝9分け)となり、4試合で白星から遠ざかる結果に終わっている。 進退を危ぶむ声も強まるミチェル監督は試合後、スペイン『Movistar+』で自身の進退を問われ、苦しい胸の内を明かした。 「チームが自信を失い、私が仕事を失うのを恐れている。ここにいるのが愛おしく、ここで熱意を持って仕事するのが大好きで、周りから尊敬の念を抱かれているからだ」 「(動揺?) 当然だ。17試合で1勝しかできず、7敗している。負け数は少ない方だが、勝てていないから最下位にいる。それでも、チームが死んでおらず、生きていると思っている」 「ここから落ち込んでしまうのが怖い。(勝利まで)あと一歩のところまで来ている。今日まで(クラブから)信頼を伝えられてきた。明日、どうなるのかを見てみよう」 2021.01.04 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナがメッシのリーグ通算500試合目を勝利で飾る! 岡崎途中出場のウエスカは今季2度目の連敗…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第17節、ウエスカvsバルセロナが3日に行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は72分から途中出場した。   その中でFW岡崎慎司を擁する最下位のウエスカ(勝ち点12)と、6位のバルセロナ(勝ち点25)の一戦に注目したい。   最下位のウエスカは前節、岡崎がフル出場を果たしたものの、敵地でセルタに1-2で競り負けて2020年のラ・リーガをわずか1勝のみで終えることになった。その敗戦から中2日で臨んだ新年初戦では4戦ぶりとなる今季2勝目を目指す中、岡崎は5戦ぶりにベンチスタートとなった。   一方、バルセロナは前節のエイバル戦ではブラースヴァイトのPK失敗、アラウホの個人的なミスが響きホームで1-1のドロー。2020年を期待外れの6位で終えた。2021年の巻き返しを狙うチームは負傷明けのメッシ、出場停止明けのジョルディ・アルバをブスケッツ、デンベレと共に先発に戻し、原点回帰の[4-3-3]を採用した。   今季ここまでボール保持にこだわる戦い方を貫いてきたウエスカだが、この試合ではボールの握り合いを放棄し、自陣深くに構えてカウンターを狙う戦い方を採用。そのため、立ち上がりから圧倒的にボールを保持したアウェイチームが押し込んでいく。   開始7分にアルバの左クロスをニアのブラースヴァイトがわずかにコースを変えて後ろから飛び込んできたペドリがワンタッチで押し込みにいくが、ここはGKの好守に遭う。以降は右ウイングから中央に絞るメッシを起点にアルバの攻撃参加、デンベレの鋭い仕掛けを軸に左サイドの攻撃が機能。   19分にはデンベレの中央突破をキッカケとした攻撃からボックス右のペドリが折り返したボールをデンベレが右足ダイレクトで合わすが、これは相手DFのブロックに遭う。直後の21分にはデンベレの左クロスをゴール前にするすると抜け出してきたペドリが頭で合わすが、枠に飛ばせない。   先制点まであと少しという攻めを続けるバルセロナは27分、この試合がラ・リーガ通算500試合目となったエースの左足からゴールをこじ開ける。ボックス手前左でボールを持ったメッシが絶妙なクロスをゴール前のスペースに落とすと、ここに走り込んだデ・ヨングが右足ワンタッチで流し込んだ。   相手が守り慣れる前にリードを手にしたバルセロナは、その後もウエスカが大きく戦い方を変えてこなかったため、以降も相手陣内でボールを動かして守備のリスクを減らしつつ課題の追加点を奪いに行く。前半終了間際の41分にはボックス手前左の好位置で得たFKをメッシが直接狙うが、壁を越えて枠の左隅へ向かったシュートはGKアルバロ・フェルナンデスのファインセーブに阻まれた。   後半も試合展開に大きな変化はなし。57分にはラングレのフィードに反応したデンベレがボックス左に飛び出したGKより先にボールを触ってループ気味のシュートを放つが、ここは相手DFのゴールカバーに阻まれる。   以降は徐々にウエスカが盛り返したことで、試合はこう着状態に陥る。互いに決定機を作りあうが、なかなかスコアが動かない。この流れの中でウエスカは72分、一気に3枚替えを敢行。岡崎、ファン・カルロス、フェレイロとフレッシュなアタッカーをピッチに送り込んで勝負に出る。対するバルセロナはブスケッツ、デスト、ブラースヴァイトを下げてピャニッチ、ミンゲサ、グリーズマンと同じポジションのメンバー交代を行った。   85分には左サイドのガランが入れたアーリークロスに反応した岡崎がヘディングシュートを枠に飛ばすが、これはGKテア・シュテーゲンの正面を突く。さらに、岡崎は相手最終ラインと駆け引きを繰り返しながら味方の上げるクロスに反応するが、テア・シュテーゲンの冷静な対応に阻まれる。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2点目こそ奪えなかったものの、敵地で勝ち切ったバルセロナが新年初戦を白星で飾った。一方、敗れたウエスカは今季2度目の連敗となった。 2021.01.04 06:51 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly