【スーパーゴール図鑑/インテル編】“怪物”ロナウドはFKまで蹴れる! 同胞ロベカルを彷彿とさせる長距離弾丸シュート

2021.01.10 20:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ロナウド(当時21歳)
国籍:ブラジル
所属:インテル
ポジション:FW
身長:183cm圧倒的なパワー、スピード、テクニックに傑出した得点感覚を兼ね備え、史上最高のストライカーの1人として知られるロナウド氏。PSVでのヨーロピアンデビューを経て、インテルへ移籍し、圧巻のパフォーマンスで大ブレイクを果たした。

【試合詳細】
日程:1997年9月27日
大会:セリエA第4節
対戦相手:レッチェ
時間:後半36分(3-1)

◆ロナウドが決めた圧巻のFK

ゴールまで30m近くある位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのロナウドは、FKの名手ロベルトカルロスを彷彿とさせるような長い助走を取る。思い切り走りこんだロナウドは勢いのまま弾丸シュートを放つと、ボールはゴールまで一直線。あまりの威力に相手GKファブリツィオ・ロリエリも防ぎきれず、ゴールへ吸い込まれた。

ロナウド氏はインテルでは在籍5年で98試合に出場し59ゴール11アシストを記録。2度の靭帯断裂という大怪我もあったものの、インテリスタの記憶に強く刻まれていることだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

レスター指揮官、移籍取り沙汰されるエリクセンの獲得を否定「現実性がなければ」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(28)の獲得を否定した。『フットボール・イタリア』が伝えた。 昨年1月にトッテナムから推定2000万ユーロ(現レートで約25億円)の移籍金でインテル入りしたエリクセン。ネッラズーリの新たな司令塔としての活躍が期待されたが、今季も公式戦14試合の出場にとどまり、今冬の移籍が頻繁に取りざたされている。 そのエリクセンの新天地として、古巣のトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドの他に浮上しているのが、プレミアリーグで3位に位置するレスターだ。 だが、ブレンダン・ロジャーズ監督は攻撃的MFの獲得に動いていることを示唆しつつも、「我々は常に楽観的だが、現実性がなければいけない」とエリクセンの獲得は否定した。 「このウインドウで攻撃的MFを獲得できれば、それは素晴らしいことだ。我々はデニス・プラートという攻撃的MFをケガで失い、4月まで欠場する。それは大きな痛手だ」 「より攻撃的な選手を獲得することが理想だが、とても困難だ。予算から外れている選手は無理だ。この時期に我々を救ってくれる選手がいるのであれば、その人を探したい」 「クラブの予算に見合った移籍市場でなければならない。だからと言って素晴らしい選手を獲得しないわけではない」 2021.01.23 20:49 Sat
twitterfacebook
thumb

首位ミランを追走する2位インテル…コンテ監督、ウディネーゼを警戒「組織が整ったチーム」

セリエAで前節のユベントス戦に勝利したインテルだが、アントニオ・コンテ監督はウディネーゼ戦に向けて気を引き締め直した。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエAで2試合未勝利だった2位インテルは、17日に行われた第18節のユベントス戦で2-0の完勝を収め、3試合ぶり勝利。昨季王者との大一番を制し、首位ミランとの勝ち点差を「3」に留めた。 23日の第19節では敵地でウディネーゼと対戦する。相手は15位に沈み、直近8試合勝ちなしの現状だが、コンテ監督はカウンター攻撃を警戒しつつ、難しい試合になると予想した。 「どんな相手に対しても我々は表面的にアプローチしてはいけない。特にウディネーゼはフィジカルが強く、組織が整ったチームで、カウンターに優れた質の高い選手が揃っている」 「ウディネーゼはどのチームにとっても困難をもたらす可能性を持ったチームだ。過小評価せず、可能な限り最高の準備をする必要がある。どの観点からみても難しい挑戦になるだろう」 インテルは直近リーグ戦3試合でダブルエースのFWロメル・ルカクとFWラウタロ・マルティネスにゴールなし。DFとMFがゴールを決めている状況だが、コンテ監督は心配していないようだ。 「FWの得点だけではないのは、私のチームが非常にまとまっているからだ。昨季も多くの選手が攻撃に参加した結果、得点者がもっとも多いチームの1つだった。2人のFWは全チャンスのフィニッシュ面を担っている分、得点するチャンスは多いが、このチームの特徴は、全ての選手が関与することで生まれる変幻自在の攻撃だと私は思っている」 2021.01.23 20:08 Sat
twitterfacebook
thumb

アルバレスがゴール前の密集を切り裂くクロスで長友のインテル最後のゴールをアシスト!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアルゼンチンのベレス・サルスフィエルドに所属する元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレスがインテル時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アルバレスが長友をアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1UlhRekEwTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2011年夏にベレス・サルスフィエルドからインテルに移籍したアルバレス。公式戦90試合に出場し、14ゴール17アシストを記録した。 恵まれた体格と優れたテクニックを武器に活躍したアルバレスだが、2014年1月13日に行われたセリエA第19節のキエーボ戦では、見事なアシストを記録している。 試合開始早々にキエーボに先制を許して迎えた12分、インテルが反撃に出る。右サイドのスペースでアルバレスがパスを受けると、ドリブルでボックス内に仕掛けていく。縦への急加速で相手のマークを一瞬引きはがしたアルバレスは、中央にマイナスのクロスを上げる。 グラウンダーのクロスは、ゴール前の密集を上手く抜けていくと、ファーポストから中に入ってきたDF長友佑都が見事に合わせ、すぐに同点に追いついてみせた。 試合はそのまま1-1で終了。ちなみに長友のこのゴールは、インテルでの最後のゴールとなっている。 2021.01.22 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 冷静すぎるレコバの驚愕50m級ロングシュート!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月22日にご紹介するのは、今から23年前に元ウルグアイ代表MFアルバロ・レコバ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆レコバの驚愕50m級ロングシュート!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWY3I2cnRGcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 1点ビハインドで迎えた試合終盤、ハーフウェイライン付近でボールを持った時に相手GKが少し前に出ていたら、臆せずゴールを狙うことができるでしょうか。レコバ氏は迷いなく左足を振り切りました。 ◆“左足の独奏者” その左足から予測不可能なプレーを連発したレコバ氏は“左足の独奏者”と評され、卓越したテクニックと強烈な左足のシュートで名を馳せました。1998年1月25日に行われたセリエA第17節のエンポリ戦でのゴールもその一つです。 インテルが1点ビハインドという展開の中で、レコバは70分から途中出場を果たします。死に物狂いで同点を目指す中、82分、インテルは最後尾からボールをつないでいきます。 一度は相手のタックルでルーズボールとなるものの、そのこぼれ球はハーフウェイライン付近のレコバの元へと転がると、相手GKの位置を確認したレコバは助走もなく左足を一閃。相手GKが前に出ているのを見逃さずに、ゴールまで約50メートルの位置から驚愕のゴールを叩き込みました。 シュートはもちろん、驚くべきはレコバ氏の冷静さ。焦ってもおかしくない場面でしっかりと自信をコントロールしてゴールを決めるレコバ氏に驚きです。 2021.01.22 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルの若きエース、ラウタロ・マルティネスが決めたストライカーらしいインテル初ハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ラウタロがインテルで初めて決めたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJueDA5QmxFbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2018年夏にインテルに加入したラウタロは、2019-20シーズンに公式戦21得点の活躍を見せ、チームのエースへと成長。今シーズンも好調ぶりを維持し、得点を重ねている。 抜群の裏抜けの巧さや決定力の高さを持つラウタロだが、2021年1月3日に行われたセリエA第15節のクロトーネ戦では、インテル加入以来初のハットトリックを記録している。 まずは0-1とインテルビハインドの20分、前線で体を張ってボールを収めたFWロメル・ルカクからのスルーパスにラウタロが抜け出すと、ゴール正面から鋭いシュートをゴール左に突き刺し、同点ゴールを決める。 続いて2-2で迎えた57分、またしてもルカクが作った溜めから、ボックス手前でヒールパスを受けたMFマルセロ・ブロゾビッチがボックス内に走り込むマルティネスにパス。このパスを受けたマルティネスが、飛び出してきたGKの頭上を抜くシュートを沈め、勝ち越しゴールを決めた。 最後は4-2とインテルがリードを広げて迎えた78分、ボックス左手前でボールを持ったFWイバン・ペリシッチがドリブルでボックス内に切り込み、強烈なシュートを放つ。このシュートはGKにセーブされるも、ゴール前にポジション取りをしていたラウタロが、こぼれ球をすかさず頭で合わせ、あっさりとハットトリックを決めてみせた。 試合は大量6ゴールでクロトーネを圧倒したインテルが、6-2で勝利している。 2021.01.21 14:00 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly