英2部QPR、“元エース”オースティンをWBAからレンタル 「色々な思い出が蘇ってきた」

2021.01.10 11:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のQPRは9日、WBAに所属するイングランド人FWチャーリー・オースティン(31)のレンタル加入を発表した。期間は今季終了まで。背番号は「45」を着用する。レンガ積み職人として働く傍ら、イングランドの下部リーグを渡り歩くなかで、着実にステップアップを図ってきたオースティン。2019年夏にサウサンプトンから当時チャンピオンシップのWBAに加わり、プレミアリーグ昇格に貢献したが、今季はここまで公式戦7試合の出場で無得点だった。


2013〜2016年までを過ごした古巣への復帰を決断したオースティンはクラブ公式サイトで「嬉しいよ。そのチャンスがあると聞いたとき、両手で掴みにいったぐらいだ。今日、グラウンドに足を踏み入れると、色々な思い出が蘇ってきた。僕にとっても、家族にとっても特別なことさ」と話した。

なお、かつて89試合の出場で47得点をマークした元エースを連れ戻したQPRはチャンピオンシップ22試合を消化した現時点で、4勝9分け9敗の20位に位置。オースティンは12日に敵地で行われるルートン・タウン戦から出場できる見通しのようだ。
関連ニュース
thumb

C・パレス、QPRから逸材MFエゼを獲得! 英2部屈指のテクニシャン

クリスタル・パレスは28日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRからU-21イングランド代表MFエベレチ・エゼ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、移籍金は1600万ポンド+ボーナス400万ポンドの総額2000万ポンド(約28億1000万円)前後になるという。 ナイジェリアにルーツを持つイングランド生まれのエゼは、ミルウォールの下部組織を経て2017年1月にQPRでトップチームデビュー。4部のウィコム・ワンダラーズでの1年の武者修行から復帰した2017-18シーズンからQPR不動の主力に定着した。 迎えた2019-20シーズンは攻撃的MFを主戦場にリーグ戦全46試合に出場し、14ゴール8アシストを記録。175cm前後と上背こそないものの、屈強な守備者が揃うチャンピオンシップでも当たり負けしない体幹の強さ、レンジが広いシュートと身体能力に優れる。 また、ドリブル時には背筋をピンと伸ばした姿勢の良さが際立ち、独特の間合いから繰り出す相手の逆を取る仕掛け。きっちり視野を保てていることで意外性のあるラストパスを得意とするなど、チャンピオンシップでも異才を放っていた。 今夏の移籍市場においては昇格組フルアムやニューカッスル、ウェストハムといったプレミアリーグの中堅クラブがこぞって関心を寄せていたが、パレスを新天地に選択した。 2020.08.28 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

QPR、監督を含む全スタッフが給与カットを申し入れ! 「連帯の証明」

チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRが1日、全スタッフの給与カット同意を報告した。 世界中で感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVID-19)。イギリスでも感染者が急増しており、プレミアリーグは4月30日までの開催自粛を決定しているが、世界的に終息の目途が立っていない状況を鑑みて、さらなる延期の見方も強まっているところだ。 そうなれば、財政的な打撃を受けるクラブがより出てきそうだが、QPRはマーク・ワーバートン監督を含むスタッフたちが任意で給与削減に同意。1日から少なくとも2カ月の活動停止に入るという。この決定を受けて、クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるリー・ホース氏は以下のように説明している。 「これは軽い決断ではない。クラブと素晴らしいスタッフの真の利益のために決定された。現在は4月30日まですべてのフットボールの試合が中断となっている。そして、これがさらに延長されると仮定することは正当なことだ。クラブが直面する財政の圧迫に対応しなければいけない」 「自分の役割を実行できないスタッフもたくさんいる。我々は政府が新しく発表した給与支援システム(給与の最大8割補償)を利用することにした。クラブとして、この数字を補填して、スタッフへの経済的な福利影響を最小限に抑える。この不確実な時期を迎えたときに出た失業者を減らせる」 「我々スタッフ全員が落ち着いているかどうかにかかわらず、この決定に至った理由を理解してくれた。現時点でクラブをとても支持してくれている。これは単なるビジネス上での決定ではない。全スタッフが信じられないほどの連帯をしてくれることを証明した」 また、選手を代表して主将を務めるイングランド人DFグラント・ホールは「5年近くQPRに在籍しているから、クラブで働いている人々がどれだけ特別であるかを知っている。僕たちが直面している状況は独特だが、選手としてこの困難時期を通じて、QPRを支援するうえで重要な役割を果たすと認識している。僕らはクラブと協力している。リーグとPFAの間で会談は行われている」とコメントしている。 2020.04.02 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、QPRの逸材アタッカー獲得レースをリード?

トッテナムがチャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRに所属するU-21イングランド代表MFエベレチ・エゼ(21)の獲得レースをリードしているようだ。イギリス『サン』が報じている。 ナイジェリアにルーツを持つイングランド生まれのエゼは、ミルウォールの下部組織を経て2017年1月にQPRでトップチームデビュー。4部のウィコム・ワンダラーズでの1年の武者修行から復帰した昨シーズンからQPR不動の主力に定着した。 迎えた今シーズンはここまで攻撃的MFを主戦場にリーグ戦37試合12ゴール8アシストを記録。175cm前後と上背こそないものの、屈強な守備者が揃うチャンピオンシップでも当たり負けしない体幹の強さレンジが広いシュートと身体能力に優れる。 また、ドリブル時には背筋をピンと伸ばした姿勢の良さが際立ち、独特の間合いから繰り出す相手の逆を取る仕掛け。きっちり視野を保てていることで意外性のあるラストパスを得意とするなど、今季のチャンピオンシップで異才を放っている。 『サン』が伝えるところによれば、トッテナムのトップスカウトを務めるブライアン・キャリー氏は、QPRが3-1で勝利した今月8日のプレストン戦を現地視察し、エゼのプレーを直接チェックしていたという。 また、エゼに関してはトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ前監督が獲得に熱心だったこともあって、依然として獲得候補のリストに入っており、ジョゼ・モウリーニョ監督も獲得の可能性を検討しているようだ。 なお、QPRはエゼの移籍金を2000万ポンド(約26億2000万円)に設定しており、過去に関心を示していたシェフィールド・ユナイテッドやクリスタル・パレスはその金額に二の足を踏み、獲得を見送っていたという。 そのため、現時点ではトッテナムがエゼ獲得レースをリードしているようだ。 2020.03.16 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組シェフィールド・Uが、アーセナルにも所属したMFフリーマンをQPRから獲得

プレミアリーグに昇格したシェフィールド・ユナイテッドは4日、QPRのイングランド人MFルーク・フリーマン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。3年契約となる。 フリーマンは、ジリンガムやアーセナルの下部組織で育ち、アーセナルではセカンドチームで長らくプレー。 アーセナルではトップチームでの出場はないものの、U-23チームで29試合に出場し8ゴール5アシストを記録し、ヨービル・タウンやスティーブネイジへとレンタル移籍を繰り返した。 2012年1月にスティーブネイジへと完全移籍すると、その後はブリストル・シティ、QPRでプレーしていた。 2018-19シーズンはチャンピオンシップで43試合に出場し8ゴール6アシストを記録。FAカップでも4試合に出場し2アシスト、EFLカップで1試合に出場し1ゴールを記録していた。 2019.07.04 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、昨季トップチームデビューのMFエイモスがQPRにレンタル移籍

トッテナムは1日、イングランド人MFルーク・エイモス(22)が2019-20シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRにレンタル移籍することを発表した。 トッテナムのアカデミー出身の守備的MFのエイモスは2016年にトップチームに昇格。以降サウスエンド、スティブネイジに武者修行に出されていたが、昨夏のプレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でアピールを果たすと、2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節のニューカッスル戦で待望のトップチームデビューを飾っていた。 しかし、昨年9月末にヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられていた。 2019.07.01 20:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly