J2昇格の秋田、昨季6ゴールの長野FW吉田伊吹を完全移籍で獲得「1日も早く貢献できるよう」

2021.01.07 13:56 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は7日、AC長野パルセイロ からFW吉田伊吹(23)の完全移籍加入を発表した。ベガルタ仙台下部組織出身の吉田は産業能率大学を経て、2020年に長野入り。ルーキーイヤーの昨シーズンは明治安田生命J3リーグ27試合で6ゴールの成績を収めていた。

J2へ昇格した秋田へ活躍の場を移すことを受けて、吉田は両クラブ公式サイトを通じて以下のように心境を語っている。

◆ブラウブリッツ秋田
「AC長野パルセイロから加入しました吉田伊吹です。ブラウブリッツ秋田の一員として新シーズンを戦えることをたいへん嬉しく、光栄に思います。感謝の気持ちを忘れず、1日も早く貢献できるよう全力を尽くします! 応援よろしくお願いします!」

◆AC長野パルセイロ
「この度、ブラウブリッツ秋田に移籍することを決めました。昨年はあと一歩のところで昇格を逃し、皆様の期待に応えることができませんでした。申し訳ない気持ちと、悔しさと、自分の力不足を痛感していた中で様々な想いがあり、簡単な決断ではありませんでしたが、最後は厳しい環境でチャレンジしたいという気持ちが勝りました」

「プロサッカー選手としてのキャリアをスタートする機会を与えてくれたAC長野パルセイロには感謝しかありません。横山監督、コーチ、トレーナー、チームメイト、クラブスタッフ、スポンサー様、そして多くのファン・サポーターの皆様、どんなときも未熟な私を支えて頂きありがとうございました。ともに戦えたことを誇りに思います」

「チームは変わりますが、皆様に自分の成長した姿を届けられるよう、来シーズンも頑張っていきます!1年間本当にありがとうございました!」
関連ニュース
thumb

J3今治が山形のMF小松駿太を期限付き移籍で獲得「もう一度必要とされるように精一杯頑張ります」

FC今治は3日、モンテディオ山形のMF小松駿太(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「44」となる。 小松は東京都出身で、横河武蔵野FCの下部組織出身。ジュニア、ジュニアユースと所属すると、その後は横浜F・マリノスユースへと入団。順天堂大学へと進学し、2017年にY.S.C.C.横浜へと入団した。 2018年にはFC琉球へと完全移籍すると、2020年から山形でプレーしている。 これまでJ2通算37試合、J3通算57試合3得点を記録。今シーズンは山形で明治安田生命J2リーグで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 小松は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「FC今治に関わる全ての皆さま」 「はじめまして!モンテディオ山形から来ました、小松駿太です!現状厳しい順位かもしれませんが、後半戦必ず巻き返せる力を持っているチームだと思います」 「そして自分がその原動力になれることを、ピッチで示します!スタジアムで会いましょう!」 ◆モンテディオ山形 「この度、FC今治に期限付き移籍することになりました。山形に来てから一年半、何ひとつ結果を出せずに、移籍をすることになってしまい、非常に悔しいです」 「自分と向き合い、もう一度必要とされるように精一杯頑張ります。ありがとうございました!」 2021.08.03 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す新潟が大分FW髙澤優也を期限付きで獲得「昇格のために全力を尽くします」

アルビレックス新潟は3日、大分トリニータのFW髙澤優也(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「11」をつける。 髙澤は東京都出身で、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2019年に当時J3のザスパクサツ群馬へと入団した。 群馬ではルーキーながら明治安田生命J3リーグで27試合に出場し17得点を記録。2020年に大分へと完全移籍すると、大分では明治安田生命J1リーグで24試合に出場し6得点を記録していた。 今シーズンはJ1で15試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していたが、FW呉屋大翔の加入もあり、ポジション争いが激化していた。 髙澤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「大分トリニータから期限付き移籍してきました髙澤優也です。J1昇格のために全力を尽くしますので、必ず皆さんで昇格しましょう!よろしくお願いします」 ◆大分トリニータ 「この度、アルビレックス新潟へ期限付き移籍することになりました。今年はなかなか結果が出せず、申し訳なく思います」 「新潟で必ず結果を出して成長したいと思います。大分ファミリー大好きです。引き続き応援をよろしくお願いします」 2021.08.03 10:22 Tue
twitterfacebook
thumb

岩手がFC東京のGK野澤大志ブランドンを育成型期限付き移籍で獲得「岩手のために全力を尽くします」

いわてグルージャ盛岡は2日、FC東京のGK野澤大志ブランドン(18)が育成型期限付き移籍にて加入することを発表した。 契約期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「41」となる。 野澤は沖縄県出身で、FC琉球の下部組織からFC東京の下部組織へと移籍。2020年にトップチームへと昇格した。 FC東京では、今シーズンのYBCルヴァンカップでデビューを果たしていた。 野澤はクラブを通じて両コメントしている。 ◆いわてグルージャ盛岡 「はじめまして。FC東京より育成型期限付き移籍で加入することになりました、野澤大志ブランドンです」 「シーズン途中での加入となりますが、少しでも早くチームに馴染んで、J2リーグへ昇格してみんなで喜べるように頑張りたいと思います」 「岩手のために全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「この度、いわてグルージャ盛岡に育成型期限付き移籍をすることになりました」 「東京に残ってチームの勝利に貢献したいという想いもあるなか、今回は自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強く、この決断をしました。岩手で活躍し、その経験を活かしてまた東京に戻ってきたいと思います」 「精一杯頑張ってきます。ありがとうござました」 2021.08.02 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖MF松岡大起、清水に完全移籍 「新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが…」

清水エスパルスは2日、サガン鳥栖からMF松岡大起(20)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」を着用する。 パリ五輪世代の松岡は鳥栖下部組織出身で、高校2年時の2018年にトップチームデビュー。2019年6月にプロ契約を結び、世代別代表にも呼ばれてきた鳥栖の有望株だ。 昨季は明治安田生命J1リーグ32試合に出場と不動の主力として活躍。チームがJ1リーグで上位躍進を続ける今季もボランチを主戦場にここまで21試合でプレーした。 今季の鳥栖に反して、残留争いの真っ只中にいる清水行きを決断した松岡はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「こんにちは。清水エスパルスのファン、サポーターの皆様、サガン鳥栖から来ました松岡大起です。このタイミングでの加入になりましたが、やってきたことや学んだことを自分らしく全力で表現します。これから清水エスパルスの為に戦います! また多くの方々に感動を与えます! 応援よろしくお願いします!」 一方、鳥栖を通じては移籍決断までの経緯に触れるなど、長文のメッセージを発信した。 「こんにちは。松岡大起です。いつも温かく、心強いご声援ありがとうございます。毎試合、選手1人1人の心の支えとなっています。急ではありますが、私、松岡大起は清水エスパルスに移籍する事を報告させて頂きます」 「この移籍を考え、決断に至るまで、生きてきた中で一番悩みました。評価されているはずのポジティブな悩みなのに、毎日のルーティンをする中で、勝手に涙が出てきたり、口の中にたくさん口内炎ができたり、寝ているはずなのに、寝た気がしなかったり、目を動かす度に眼球が痛くなったりもしました。正直、今のサガン鳥栖なら、リーグ優勝を狙う事も出来るし、ACLを目指す事も出来ます。シーズンが終わってからでも遅くは無いのでは?と何度も自分自身に問いかけました」 「しかし、海外で活躍する為、自分の夢を叶える為、更に自分自身を奮い立たせ、新たな環境でプレーしたいという強い想いが、常に頭の中にあり続けました。選手、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、スポンサー、ファンサポーター、サガン鳥栖に関わる全ての皆様と共に、Jリーグ優勝やACLを目指したかった想いはすごく強いです。それでも自分自身の夢や目標を1番に考えた時、新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが抑えられず、今回の移籍の決断に至りました」 「今の自分があるのは、12年間もの長い間、成長を見守ってくれた「ソレッソ熊本」の皆様。そして、サッカー選手として、1人の人間として、ユースを合わせ5年間、大きく成長の機会を与えて頂いた、サガン鳥栖関係者の皆様へは感謝しかありません。そして、どんな時でもサポートしてくれた両親にも感謝してます。本来であれば選手、スタッフ、トレーナー、ファンサポーター、自分の成長に関わって頂いた方、応援してくれてる全ての方に想いや御礼を1人1人に伝えたい所ですが、それは難しいので、この場を借りて伝えさせて頂きました」 「正直、この文を読んで頂き、気持ちを理解してもらいたいのですが、すべての方に理解してもらえない事もわかります。将来、この決断を理解して頂けるよう、1人の人間として、行動、言動で示し、またプロサッカー選手として結果で表現していきます。チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。また、スタジアムで会いましょう」 「最後に明輝さんへ。明輝さんが居たから、今の自分があります。どんな時も明輝さんは常に声をかけてくれました。プレーがうまく行かず、悩んでいる時に声をかけてくださいました。プレーにおごりがあった時も強く声をかけてくださいました。どんな事も僕の為を思って言って頂いた言葉で、すべてが僕にとって最高の思い出です。明輝さんは僕にとって最高の監督です。また必ず、成長した姿で会いに行きます。本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2021.08.02 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉DF溝渕雄志が栃木に再びレンタル! 再開前の移籍で「申し訳ない」

栃木SCは2日、ジェフユナイテッド千葉からDF溝渕雄志(27)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日までで、同期間中における千葉との全公式戦出場不可。背番号「49」を着用する。 溝渕は慶應義塾大学から2017年に千葉入団を果たすと、松本山雅FCや栃木へのレンタルを経験。今季から千葉に戻ったが、明治安田生命J2リーグ3試合、天皇杯1試合の出番にとどまった。 昨季を過ごした栃木に復帰となる溝渕はクラブを通じて「この度、期限付き移籍にて栃木SCに加入することになりました、溝渕雄志です」と加入を報告するとともに、意気込みを語った。 「またこうして栃木SCのユニフォームを身に纏い、サポーターの皆さんと共に闘えることを嬉しく思います。常に向上心を忘れず、クラブの目標達成に向けて力の限りを尽くします。よろしくお願いします」 一方、千葉を通じては「リーグ戦再開に向け、全員が一丸となって取り組んでいるタイミングでの移籍になり、申し訳ないです」と侘びの言葉とともに、新天地での活躍を誓った。 「今シーズン、ジェフ千葉の力になるという強い意志を持って復帰しましたが、ピッチの上でそれを示す機会は多くはありませんでした。それでも心が折れたことは一度もありません。自分の置かれた立場で、チームのために何ができるかを考え、実行し続ける毎日でした」 「だからこそ成長できた面も多々あります。どのような状況でも向上心を持ち続けられたのは、日頃から応援してくださるサポーターの皆さんのおかげです。更には、チームを支えてくださるスポンサーの皆さん、クラブスタッフの皆さんのおかげです」 「そして何より、共にプレーしたチームメイトのおかげです。心から感謝しています。本当にありがとうございます。ここから先、まだまだ成長したいという僕の決断を後押ししてくださる皆さんに、少しでも恩返しができるよう、精一杯頑張ります。これからもよろしくお願いします」 2021.08.02 12:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly