福島が時崎悠HCの監督就任を発表! 「思い出深い福島に恩返しができるように」

2021.01.04 12:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
福島ユナイテッドFCは4日、時崎悠氏(41)の監督就任を発表した。福島市出身の時崎氏は現役時代に福島でのプレー歴を持ち、2020年からヘッドコーチに就任。チームが東北1部リーグを戦った2012〜2013年以来の指揮となる。

2020シーズン限りで退任した松田岳夫前監督に代わり、新シーズンから率いる時崎氏はクラブを通じて、次のように意気込みを語っている。


「この度、2021年シーズン福島ユナイテッドFCの監督に就任することになりました時崎悠です」

「自分の事を信頼し、8年ぶりに再びチームを指揮する機会を与えていただいたチーム関係者の皆様に感謝いたします。ここ福島は自分が生まれ育った故郷であり、フットボールに出会った場所でもあり、現役を終えて指導者として新たな道を歩み始めた場所でもあります。その思い出深い福島に恩返しができるように、選手、スタッフと共に全力を尽くして毎試合戦っていきます」

「ユナイテッド=団結。チームの名前でも示している通り、福島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様と「団結」し、最後まで諦めない不屈の精神で、相手のゴールに向かい続けるアグレッシブなフットボールを追求していきます。東日本大震災から10年。クラブ設立10周年の節目の年に、新たな進化を目指す福島ユナイテッドFCへのご支援、ご声援を宜しくお願い致します」
関連ニュース
thumb

元福島DF阪田章裕がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに加入、背番号は“サンキュー”の「39」に

福島ユナイテッドFCは6日、昨シーズン限りで退団していたDF阪田章裕(36)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに完全移籍することを発表した。 阪田は京都府出身で、平安高校から立命館大学を経て2007年にセレッソ大阪に入団。1年目にデビュー果たすも2009年には湘南ベルマーレへ移籍。2011年からは大分トリニータでプレーした。 大分では主力として5シーズンプレー。2016年にAC長野パルセイロへと移籍すると、2018年から福島でプレーしていた。 阪田は福島では62試合に出場も2020シーズンは明治安田生命J3リーグで4試合の出場に終わっていた。 阪田は鈴鹿を通じてコメントしている。 「鈴鹿ポイントゲッターズに加入することになりました、阪田章裕です。サカちゃんと呼んでください!」 「チームでダントツの最年長ですが、若い選手達に負けないようにミラ監督のもとで選手として、まだまだ成長したいと思っています」 「自分の持つ経験をチームに伝えながら、僕も若い選手達のパワーや勢いを吸収して、最高の成績を残せるように全力で戦いたいと思います。僕自身も、もう一度Jリーグの舞台でプレーすることを諦めていないので、鈴鹿ポイントゲッターズの一員としてJを目指して頑張ります!」 「シーズン途中に僕を拾ってくれた鈴鹿ポイントゲッターズや、所属が決まらない間もずっと応援してくださった方々への感謝の気持ちを込めて、今年の背番号は39“サンキュー”を選びました。サンキュー阪田の応援、よろしくお願いします!」 2021.05.06 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

クラスター発生の福島、新たに選手1名が新型コロナ陽性判定で合計6名に

福島ユナイテッドFCは23日、トップチームの選手1名が新たに新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 福島では、19日に選手2名が陽性判定。19日にPCR検査を実施した結果、20日、21日に合わせて3名が陽性判定を受け、22日にクラスターと認定されたとのことだ。 クラブは福島市保健所より18日(日)から5月1日(土)までの活動自粛が要請され、トップチームの全員が試合エントリー要件を満たさないこととなった。 22日に福島市保健所によるPCR検査の結果、さらに1名が陽性判定となった。 当該選手は発熱の症状はないものの、21日から咳の症状があるとのことだ。 福島にとってはこれで選手6人目の感染者となった。 ■当該選手の経過および症状 4月17日(土) チーム活動参加(体温36.5度)症状なし 4月18日(日) チーム活動オフ(体温36.4度)症状なし 抗原定量検査陰性、JリーグPCR検査陰性 4月19日(月) チーム活動オフ(体温36.5度)症状なし 4月20日(火) チーム活動オフ(体温36.5度)症状なし 4月21日(水) チーム活動オフ(体温36.6度)咳症状あり、倦怠感あり 4月22日(木) チーム活動オフ(体温36.4度)咳症状あり 福島市保健所PCR検査実施 4月23日(金) 福島市保健所PCR検査の陽性判定。療養へ 2021.04.23 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

J3の福島でクラスター発生…5月1日まで活動停止、25日の岩手戦は中止に

福島ユナイテッドFCは21日、トップチームの3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 なお、これまでに2名が陽性判定を受けており、合計5名の陽性者が出たことでクラスターとなった。 福島では、19日に選手2名が陽性判定。19日にPCR検査を実施した結果、20日、21日に合わせて3名が陽性判定を受けたとのことだ。 また、当該選手は無症状や軽度な自覚症状であり保健所の指導のもと隔離のうえ体調回復に務めているとのこと。その他選手につきましては陰性となっている。その他、アカデミーコーチならびにフロントスタッフについても、19日(月)に実施したPCR検査において全員が陰性と確認されたとのことだ なお、クラスター発生により福島市保健所より18日(日)から5月1日(土)までの活動自粛が要請され、トップチームの全員が試合エントリー要件を満たさないこととなった。 この結果、25日(日)の明治安田J3第6節のいわてグルージャ盛岡戦は中止となる。 福島の鈴木勇人 代表取締役社長が今回のクラスター発生についてコメントしている。 「この度の新型コロナウイルス感染者集団発生事案について、ファン・サポーターをはじめ応援頂いている皆様に多大なるご心配をおかけしておりますことに、心よりお詫び申し上げます」 「トップチームに関しては、感染拡大防止の観点から保健所の指導のもと今後の活動について決定してまいります。また、これまで取り組んできた感染症対策をより強化した行動規範を作成の上、再度感染防止策の徹底をはかってまいります」 「なお、4月25日(日)の試合中止につきましてご理解賜りました「いわてグルージャ盛岡」の皆様にお礼申し上げます」 「試合を楽しみにしていたファン・サポーターの皆様には、また笑顔でお会いできるよう環境整備につとめてまいります」 ■当該選手 C の経過および症状 4月16日(金) チーム活動参加(体温36.5度)症状なし、JリーグPCR検査実施 4月17日(土) チーム活動参加(体温36.4度)症状なし 4月18日(日) チーム活動休止(体温36.5度)自宅待機、症状なし 抗原定量検査陰性、JリーグPCR検査陰性 4月19日(月) チーム活動休止(体温36.6度)自宅待機、咽喉痛、倦怠感あり 保健所によるPCR検査実施 4月20日(火) 保健所によるPCR検査結果の陽性判定。療養へ ■当該選手 D の経過および症状 4月16日(金) チーム活動参加(体温36.3度)症状なし、JリーグPCR検査実施 4月17日(土) チーム活動参加(体温36.5度)症状なし 4月18日(日) チーム活動休止(体温36.1度)自宅待機、症状なし 抗原定量検査陰性、JリーグPCR検査陰性 4月19日(月) チーム活動休止(体温36.3度)自宅待機、症状なし クラブ指定機関によるPCR検査実施 4月21日(水) クラブ指定機関によるPCR検査結果の陽性判定。療養へ ■当該選手 E の経過および症状 4月16日(金) チーム活動参加(体温36.4度)症状なし、JリーグPCR検査実施 4月17日(土) チーム活動参加(体温36.8度)症状なし 4月18日(日) チーム活動休止(体温36.6度)自宅待機、症状なし 抗原定量検査陰性、JリーグPCR検査陰性 4月19日(月) チーム活動休止(体温36.5度)自宅待機、症状なし クラブ指定機関によるPCR検査実施 4月21日(水) クラブ指定機関によるPCR検査結果の陽性判定。療養へ 2021.04.21 20:23 Wed
twitterfacebook
thumb

福島が選手2名の新型コロナ陽性を報告

福島ユナイテッドFCは19日、トップチーム所属選手2名の新型コロナウイルス陽性判定を報告した。 当該選手Aは17日に37.4度の発熱症状があり、医療機関で抗原検査を受けたところ、陽性を確認。18日に受けたJリーグ公式PCR検査でも陽性判定が下ったという。当該選手Bは症状なしの状況が続くが、18日のJリーグ公式PCR検査と抗原検査でいずれも陽性判定を受けたようだ。 両選手は自覚症状も軽度であり、保健所指導のもとで隔離、体調回復に専念。18日から全カテゴリーの選手およびスタッフ全員に自宅隔離措置を敷き、保健所指導のもとで今後の活動再開を検討している。 なお、福島は25日にホームで予定する明治安田生命J3リーグ第6節でいわてグルージャ盛岡と対戦。その試合の開催可否については決まり次第、知らせるとしている。 2021.04.19 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

福島から福井へ、2年目のFW賀澤陽友が育成型期限付き移籍

福島ユナイテッドFCは7日、FW賀澤陽友(19)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2022年1月31日までとなる。 賀澤は横浜F・マリノスのジュニアユース出身で、市立船橋高校から2020年に福島へと入団した。 入団1年目は公式戦の出場はなく、今シーズンもここまで出場はなかった。 福井へと育成型期限付き移籍する賀澤はクラブを通じてコメントしている。 ◆福島ユナイテッドFC 「福島の皆さん、この度、福井ユナイテッドFCに期限付き移籍する事になりました」 「また福島でプレーができるように、福井で頑張ってきます! 福島からは離れますが今後とも応援よろしくお願いします!」 ◆福井ユナイテッドF 「この度、福井ユナイテッドFCに期限付き移籍する事になりました。JFL昇格に貢献できるように頑張ります!よろしくお願いします!」 2021.04.07 11:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly