新潟DF堀米悠斗が来季契約を締結 「大好きな新潟の街を笑顔に溢れさせる結果を」

2020.12.31 12:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は31日、DF堀米悠斗(26)との来季契約更新を発表した。

堀米は2017年に北海道コンサドーレ札幌から完全移籍加入。在籍4年目の今季は明治安田生命J2リーグ33試合3得点を記録した。契約更新に際して、次のようにコメントしている。

「2021シーズンもアルビレックス新潟と契約更新できました。今シーズンは新型ウイルスの影響で世界中の人々が苦しい思いをしてる中、サッカー選手としての存在意義や立ち振る舞い、どうあるべきかを考えさせられる一年でした。そして、アルビに残りたくても残れなかった選手、アルビに限らずサッカーを続けたくても辞めざるを得なかった選手が例年以上に多かった中で、来シーズンもプレーさせて貰えることに本当に感謝しています」

「2021年は新潟に来て5年目となります。札幌からの移籍は自分の思い描いたものとは少し違います。しかし、素晴らしい監督、スタッフ、選手、サポーターの皆さんとの出会いは予想以上のものでした。自分の決断が本当に正しかったと胸を張って言えるようにするには、あとは結果だけです。本当に大好きな新潟の街を笑顔に溢れさせる結果を出せるように頭を使い、身体を張って闘います。それでは皆様、良いお年をお迎えください!」


関連ニュース
thumb

新潟、大分から期限付き移籍中のFW髙澤優也の満了を発表

アルビレックス新潟は4日、大分トリニータから加入していたFW髙澤優也(24)の期限付き移籍期間の満了を発表した。 流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学し、2019年に当時明治安田生命J3リーグに所属していたザスパクサツ群馬に入団した髙澤。ルーキーながらリーグ戦27試合に出場し17得点を記録し、翌年に大分へと完全移籍した。 大分では1年半でリーグ戦39試合に出場して6ゴールを挙げ、今年の8月に新潟へ期限付き移籍で加入。公式戦12試合に出場し1得点を記録した。 新潟を退団することが決まった髙澤はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、アルビレックス新潟を離れることになりました」 「とても強い志と気持ちを持って新潟に来ましたが、目標を達成できず、監督、スタッフ、チームメイト、そしてアルビレックス新潟を応援してくださるすべての方々に、申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「なかなか結果が出せていない中でも、諦めずに応援してくれたサポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「来年はアルビレックス新潟のサッカーを思い切り表現して、クラブの目標を達成してくれることを心から祈っています!」 「半年間という短い間でしたが、アルビレックス新潟というチームでプレーできたことを心から誇りに思います。そして、新潟が大好きです! アイシテルニイガタ!!」 2021.12.04 16:27 Sat
twitterfacebook
thumb

「夢のような素晴らしい時間」…新潟、元日本代表FW田中達也が現役引退 「自分は本当に幸せ者」

アルビレックス新潟は4日、元日本代表FW田中達也(39)の現役引退を発表した。 山口県生まれの田中は帝京高校を卒業後の2001年に浦和レッズでプロ入りすると、プロ3年目の2003年にJ1リーグ11得点を挙げてブレイク。同年に優勝したJリーグカップでMVP&ニューヒーロー賞をダブルで獲得するなど、5つのチームタイトル獲得にも貢献した。 2005年から日本代表にも呼ばれるようになり、16試合3得点のキャップ数を記録したが、2013年に新潟移籍を決断。近年は出番が減り、今季も出場機会がない状況だが、J1リーグ333試合66得点、J2リーグ55試合3得点の通算成績を収めている。 21年間の選手生活にピリオドを打つ田中はクラブを通じて、これまでを「夢のような素晴らしい時間」だったと振り返りながら、別れの挨拶をした。 「山口県の周陽スポーツ少年団でサッカーを始め、周陽中学校、帝京高等学校と進む中で指導してくださった指導者の方々や、日々切磋琢磨しながらトレーニングをしてくれた仲間たちのおかげで、プロサッカー選手になることができました」 「浦和レッズで12年、アルビレックス新潟で9年。この21年間で自分を成長させてくれた、たくさんの監督のおかげで、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました」 「時には大きな困難にぶつかり、挫けそうな時もありましたが、共に戦ってくれたチームメイトやスタッフ、そして、声援を送り続けてくれたサポーターの皆さんの存在が、自分を何度も奮い立たせてくれました」 「そして、自分を育ててくれた両親や自分をサッカーに導いてくれた兄、一番近くで一緒に戦ってくれた妻、パワーの源の子どもたちにも、とても感謝しています」 「多くの方々のサポートのおかげで、とことんサッカーをやり続けることができた自分は本当に幸せ者です。何よりも、アルビレックス新潟のオレンジ色のユニホームを着て引退できることを、誇らしく思っています! 皆さん、本当にありがとうございました」 2021.12.04 12:24 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟MFゴンサロ・ゴンザレスが今季退団へ 「ウルグアイから家族みんなでクラブもサポーターも応援」

アルビレックス新潟は3日、MFゴンサロ・ゴンザレス(28)の今季契約満了を発表した。 ウルグアイ出身のゴンサロ・ゴンザレスは母国やアルゼンチン、ギリシャ でのプレーを経て、2020年に新潟入り。初年度こそ明治安田生命J2リーグ12試合に出場したが、今季はここまで7試合と出番を減らしている。 今週末の最終節を前に今季限りでの退団が決定したゴンサロ・ゴンザレスはクラブを通じて、2年間にわたるサポートに感謝しつつ、別れの挨拶をした。 「アルビレックス新潟を支えてくださる皆さん、今シーズンにチームが掲げた目標を達成できなかったことをお詫びいたします。そして、いつも温かくサポートしてくださったことに、本当に感謝しています」 「皆さんは、最初にお会いしたときから、私に安心感を与え、困難なときはいつも励ましの言葉をかけてくれたので、とても助けられていました。また、選手やチームスタッフをはじめ、フロントスタッフの皆さんが、常に最適な方法で私を支えてくれたことにも、感謝しています」 このたび、私はアルビレックス新潟を離れることになりますが、クラブをサポートしてくださる皆さんは、J1にふさわしい方々だと誇らしく思っています。これから私は皆さんと新潟を応援しますし、選手たちと共に目標達成する皆さんを見て、幸せを感じるだろうと思っています」 「ウルグアイから、家族みんなでクラブもサポーターも応援しています。Vamos Albirex」 2021.12.03 15:13 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟のルーキーMF三戸舜介がプロA契約に変更

アルビレックス新潟は2日、MF三戸舜介(19)がプロA契約に変更となったことを発表した。 三戸は山口県出身で、JFAアカデミー福島で育ち、世代別の代表を経験。今シーズンから新潟へ入団した。 開幕戦のギラヴァンツ北九州戦の終盤に途中出場しプロデビューを果たすと、徐々に出場時間を増やしていき、10月31日の第36節ファジアーノ岡山戦で、プロA契約締結条件の900分を超過していた。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで24試合に出場し2得点を記録していた。 2021.12.02 20:52 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格争った新潟がDF大本祐槻、MFロメロ・フランクの契約満了を発表

アルビレックス新潟は2日、DF大本祐槻(27)、MFロメロ・フランク(34)との契約満了を発表した。 大本はFC岐阜や徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎でプレーし2020年に新潟へと加入。2シーズンでJ2通算26試合に出場し1得点を記録。今シーズンはJ2で3試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 ロメロ・フランクは、水戸ホーリーホックやモンテディオ山形でプレーしたのち、2017年に新潟に加入。その後FC町田ゼルビアでプレーしたが、2020年に復帰していた。 新潟ではJ1通算11試合、リーグカップ通算3試合、J2通算56試合に出場し11得点を記録した。今シーズンもリーグ戦27試合に出場し6得点を記録したが、退団となった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF大本祐槻 「2年間のサポート、本当にありがとうございました。J1昇格に向けて闘うチームに貢献できなかったことを、本当に申し訳なく思っています。特に今シーズンは、個人として本当に苦しい一年となってしまいましたが、サッカーはもちろん、人としても大きく成長することができました。常に自分へ矢印を向け続け、毎日努力を重ねられたのは、ファン・サポーターの皆様が背中を押し続けてくれたからです」 「これまで積み上げた経験を無駄にすることなく、また、支えてくださる方々への感謝の気持ちも忘れずに、これからも前を向いて頑張っていきます」 「アルビレックス新潟に加入した昨年、リーグ開幕戦での新潟サポーターの応援の凄さに、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えていますし、クラブにとってリーグ通算500ゴール目という歴史的なゴールを決められたことを、本当に嬉しく思っています」 「改めまして、2年間の温かい応援に心から感謝しています。アルビの選手として、皆様と共に闘えたことを誇りに思っています。本当にありがとうございました」 ◆MFロメロ・フランク 「まずは、アルビレックス新潟の一員として2度もプレーする機会を与えていただいたことに感謝しています!」 「2017シーズンに所属していたとき、プロになって初めて無得点でシーズン終えてしまい、自分の力を発揮できなかったこと、そして、アルビレックス新潟をJ2に降格させてしまったことに責任を感じていました」 「その2年後に、再びオファーをいただいたときには迷いや不安もありましたが、新潟をJ1昇格させるという強い想いでもう一度チャレンジしようと決心しました。そして、この2年間はアルビをJ1へ昇格させるために、すべての力を注いできましたが、皆様の期待に応えられずに、本当に申し訳なく思っています」 「もっと長くここでプレーしたかったのですが、最高のチームメイト、スタッフ、サポーターと共に新潟で戦えたことを心から誇りに思いますし、最高の2年間となりました。僕は新潟を離れますが、来シーズンは新潟に残る選手たちが、今度こそJ1昇格を勝ち取ってくれることを願っていますし、これからも応援したいと思います」 「僕の次の挑戦がどのようになるかは分かりませんが、いつかまた、皆さんに会えることを願ってます。2年間、本当にありがとうございました」 2021.12.02 15:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly