C大阪が鳥海晃司&為田大貴を千葉からW獲り! 「タイトル獲得の為に全力でプレー」

2020.12.29 12:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は29日、ジェフユナイテッド千葉からDF鳥海晃司(25)、MF為田大貴(27)をそれぞれ完全移籍で獲得したと発表した。

センターバックが主戦場の鳥海は2018年に明治大学から入団。今季は明治安田生命J2リーグ31試合に出場して1ゴールを記録した。

技巧派攻撃的MFの為田は大分トリニータ、アビスパ福岡を経て、2017年途中から千葉でプレー。今季は30試合でプレーした。

両選手はC大阪移籍を受け、両クラブを通じて次のようにコメントしている。

◆鳥海晃司
・セレッソ大阪
「はじめまして。ジェフユナイテッド市原・千葉から移籍する事になりました鳥海晃司です。セレッソ大阪のタイトル獲得の為に全力でプレーして、1日1日を大切にしていきたいと思います。よろしくお願いします!」

・ジェフユナイテッド千葉
「2020シーズンをもちまして、ジェフユナイテッド市原・千葉から離れる決断をしました。僕とジェフの出会いを遡ると、サッカーを始めた頃からジェフのスクールにお世話になり、ここまでジェフと共にサッカー人生を歩んできたと思っています」

「小学生の頃は市原臨海競技場に何度も応援をしに行きましたし、ジェフ対レアル・マドリードの試合の応援にも行きました。ナビスコ2連覇した時は僕も国立に足を運び、ゴール裏でサポーターとして応援していましたし、本当にジェフが大好きでした」

「憧れのジェフに入る為にジュニアユースの入団試験を受けましたが、1度目は落選してしまいました。どうしてもジェフに入りたくて母に頼み、2度目の入団試験を受けさせてもらい、最後の1枠で拾ってもらったことを今でも鮮明に覚えています」

「念願のユースからのトップ昇格は出来ませんでしたが、明治大学へ進学しジェフからオファーをいただいた時、即答したのを覚えています。僕はジェフとサポーターの皆さんが心の底から大好きです。間違いなく黄色の血が流れていると思いますし、誇りに思っています」

◆為田大貴
・セレッソ大阪
「セレッソ大阪のみなさんこんにちは。ジェフユナイテッド千葉から移籍してきました為田です。まだ僕のプレーをよく知らない人も多いと思います。いち早く皆さんに知っていただけるように、ピッチで躍動したいと思います! チームのタイトル奪取に向けて全力で頑張ります! 宜しくお願いします」

・ジェフユナイテッド千葉
「みなさんこんにちは。この度セレッソ大阪に移籍する事が決まりました。沢山話したい事や伝えたいことがあります。でも全ては話せないので1つだけ。ほんとにジェフが大好きです。感謝しかありません。また自分の居場所をくれて本当にありがとうございました。僕に関わってくれた全ての人にこの場を借りてお礼を言わせてください。本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

「トラブルが頻発」57回目の“大阪ダービー”に向けG大阪が注意喚起の声明「厳しい罰則を実施・検討」

ガンバ大阪は19日、“大阪ダービー”における問題行動について声明を発表した。 セレッソ大阪との“大阪ダービー”は多くの盛り上がりを見せる中、今シーズンはYBCルヴァンカップで同じグループに入ったことから、すでに2度開催されている。 今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、21日に行われる今節が“大阪ダービー”となるが、過去2試合では問題行動が報告されている。 サポーター同士のトラブルが頻発し、試合日には生卵の投げつけや待機列のテープ剥がしを始め、様々なトラブルがSNS上で報告されていた。 そんな中、週末の“大阪ダービー”に向けて小野忠史社長の名義でG大阪が声明を発表。「フェアでクリーンな大阪ダービー開催に向けて」と題して注意喚起を行った。 「さて、今週末5月21日に開催されます大阪ダービーは、1995年5月3日の対戦から数え57回目となります」 「過去、両クラブはお互いをリスペクトしつつ、勝負に対して拘りを持って戦ってまいりました。その思いは両クラブのファン、サポーターの皆様も同じであると存じます」 「しかしながら、以前より大阪ダービーにおけるスタジアム内外での両サポーターによるトラブルが頻発しており、これらは試合を楽しみにご来場された全てのお客様に対し多大な迷惑行為となっております」 「この現状をクラブは重く受け止め、改めて多くのご来場頂くお客様が安心・安全にご観戦頂ける、トラブル・暴力の無い試合運営を行っていく所存です」 「今後、試合開催におけるスタジアム内外での危険かつ悪質な行為が確認された場合、個人・グループに対して厳しい罰則を実施・検討致します」 「是非今一度、Jリーグ観戦ルール及び両クラブ観戦ルールを遵守いただき、スタジアム内外でのクリーンな応援で大阪ダービーを盛り上げ、チームを後押しして頂きたく存じます」 「ファン・サポーターの皆様にはご理解・ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます」 21日の試合は、C大阪の本拠地であるヨドコウ桜スタジアムで開催。サポーター同士が熱く盛り上がるのもダービーだが、節度ある行動が求められる。 2022.05.19 14:52 Thu
twitterfacebook
thumb

卵投げ付けやテープ剥がし…“大阪ダービー”でのサポーター同士の迷惑行為を受けC大阪が声明「フェアでクリーンに」

セレッソ大阪は19日、“大阪ダービー”における問題行動について声明を発表した。 ガンバ大阪との“大阪ダービー”は多くの盛り上がりを見せる中、今シーズンはYBCルヴァンカップで同じグループに入ったことから、すでに2度開催されている。 今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、21日に行われる今節が“大阪ダービー”となるが、過去2試合では生卵の投げつけや、待機列のテープはがしなど問題行動が報告されている。 互いのサポーターが、相手サポーターに対して迷惑行為を行ったことは試合日にも数多く報告されていた中、リーグ戦での“大阪ダービー”を前に、声明を発表。「フェアでクリーンな大阪ダービー開催に向けて」と題して、森島寛晃社長の名義で、注意喚起を行った。 「さて、本年2/23・4/23のJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージのガンバ大阪との試合において、スタジアム場外にて両クラブサポーター同士のトラブルが発生しました」 「こうした事象は試合を楽しみにご来場された全てのお客様へ多大な迷惑となる行為です。今後の大阪ダービーを含むホームゲームの有観客での運営可否にも関わる重大な事象であると認識しております」 「5/21の明治安田生命J1リーグ第14節のホームゲームにご来場の皆さまにおかれましては、スタジアム内外・長居公園周辺におきましても節度のある行動を改めてお願い申し上げます」 「また、観戦の際はフェアプレー精神に則った応援をお願いするとともに、試合運営管理規定を遵守くださいますようお願いいたします」 「禁止行為やセキュリティ上問題となる行為が生じた場合、スタジアムからの退場や入場禁止の処分に従っていただく可能性がございます」 「今後、安心安全、そして両クラブのリスペクト精神を前提として、フェアで白熱する大阪ダービーの伝統を作り上げていくために、皆さま全員のご理解とご協力が不可欠となります」 「そして観戦・応援スタイルのさらなる緩和を目指していく上で、引き続きご協力のほど宜しくお願い申し上げます」 21日の試合は、C大阪の本拠地であるヨドコウ桜スタジアムで開催。サポーター同士が熱く盛り上がるのもダービーだが、節度ある行動が求められる。 2022.05.19 14:46 Thu
twitterfacebook
thumb

PO進出の8チームが決定! 前回王者の名古屋も突破、京都と対戦《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。 Aグループでは、第5節終了時点で鹿島とC大阪の突破が決定していた。最終節の注目は首位と2位の行方に絞られていたが、鹿島がG大阪に3発快勝を収めた一方、C大阪は大分と点の取り合いとなり、追いつかれる形で3-3のドロー決着。首位通過は鹿島となった。 ◆Aグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 Bグループは第5節までに4勝を挙げた広島が一抜けした状況で最終節を迎えた。勝てば自力での突破が決まる名古屋は、アウェイで徳島と対戦。立ち上がりの10分に吉田温紀のヘディングシュートで先制すると、前半のアディショナルタイムには敵陣でのボール奪取から阿部にゴールが生まれ追加点。 このまま逃げ切った名古屋の2位通過が決定。3位で突破の可能性を残していた清水は無念にも敗退が決まったが、ホームで広島相手に2-1で勝利を収め、日本平に今季初白星を飾った。 ◆Bグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島 12pt/+8 2:名古屋グランパス 10pt/+2 3:清水エスパルス 8pt/-2 4:徳島ヴォルティス 4pt/-8 全チームに突破の可能性が残されていたCグループは、京都と札幌がそれぞれ首位と2位で通過した。第5節終了時点で3位につけていた京都は、アウェイで柏と対戦。互いに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えたこともあり、前半は見どころの少ない内容となったが、京都は後半から積極的に選手を入れ替える作戦に出る。 すると73分に荒木のアシストから大前のゴールが決まり、京都が先制。後半の途中投入された2人が活躍する見事な采配ぶりを見せたチョウ・キジェ監督の京都が、首位通過となった。また、札幌はホームで鳥栖と引き分けたものの、2位をキープする形でプレーオフへ進むこととなった。 ◆Cグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C. 10pt/-3 2:北海道コンサドーレ札幌 8pt/+2 3:柏レイソル 8pt/+1 4:サガン鳥栖 6pt/0 Dグループでは、引き分け以上で突破が決まる湘南がホームに磐田を迎え、池田のゴールで1-0の勝利。一方、首位で最終節を迎えた福岡が、敗退が決定済みのFC東京とゴールレスドローに終わったため、湘南が首位、福岡が2位という最終順位となった。 ◆Dグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 そして、準々決勝進出をかけたプレーオフの組み合わせは以下の通りに。ホーム&アウェー方式で6月4日と11日に行われる。 ★プレーオフステージ 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 京都サンガF.C. vs 名古屋グランパス 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪 2022.05.18 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島が上田弾&土居2発で首位突破! C大阪は3-3ドローで2位通過【ルヴァンカップ・グループA第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、A組も2試合が開催された。 前節に突破を決めた首位の鹿島アントラーズは敗退が決定済みの3位につけるガンバ大阪とアウェイで対戦。首位通過がかかる鹿島が序盤から攻撃のイニシアチブを握る。 すると、16分にキム・ミンテのパスカットから鹿島がカウンターに転じて先制。ファン・アラーノのパスとともに裏を抜けた上田がボックス右から右足でネットを揺らす。 守勢のG大阪は後半頭から出場の中村が中心となり、攻撃に迫力が増すが、鹿島が追加点。58分、ボックス左の安西が出したマイナスの折り返しを土居が左足でねじ込んだ。 劣勢のG大阪は78分に右CKから三浦のヘッドで1点を返すが、鹿島はその2分後にボックス左で相手のバックパスを奪った土居がダメ押しゴール。鹿島が3-1で勝利した。 ガンバ大阪 1-3 鹿島アントラーズ 【G大阪】 三浦弦太(後33) 【鹿島】 上田綺世(前16) 土居聖真(後13、後35) こちらも前節に突破を果たした2位のセレッソ大阪は敗退が決まる最下位の大分トリニータとの敵地戦に臨み、開始4分に敵陣中央でボールを奪った加藤が右足ロングシュート。C大阪が先制する。 だが、大分は22分に左サイドからのクロスにサムエルが頭で合わせて追いつくと、前半アディショナルタイム2分に右CKからの混戦で渡邉が右足シュートでネットを揺らして、一気に逆転する。 嫌な形で後半に入ったC大阪だが、46分にバイタルエリア左でこぼれ球を拾った為田が右足コントロールショットをねじ込むと、60分に北野が右からの折り返しを押し込み、試合をひっくり返す。 ところが、77分にバイタルエリア中央でクリアボールを拾った渡邉が右足つま先でのシュートでこの試合2ゴール目を決めて、大分が粘りの同点。計6ゴールが生まれた試合は3-3にドロー終わった。 大分トリニータ 3-3 セレッソ大阪 【大分】 サムエル(前22) 渡邉新太(前45+2、後32) 【C大阪】 加藤陸次樹(前4) 為田大貴(後1) 北野颯太(後15) この結果、快勝締めの鹿島がグループAを首位突破。最終節で勝ち点1どまりのC大阪は2位でのプレーオフステージ進出が決まっている。 ◆順位表 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 2022.05.18 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋、仙頭がキム・ジンヒョンの牙城を崩し7試合ぶりの勝利! C大阪は交代策で流れ掴むも無得点【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、名古屋グランパスvsセレッソ大阪が14日に 豊田スタジアムで行われ、1-0でホームの名古屋が逃げ切った。 名古屋は3試合連続で先制中だが白星が遠く、現在6戦勝利なしと不振にあえいでいる。前節の横浜F・マリノスで判定に苦言を呈した長谷川監督は、スタメンの変更を吉田豊から相馬の1人にとどめた。 対するC大阪は、前節はジュビロ磐田戦で毎熊が起用に応える2ゴールを挙げ、3試合ぶりの3ポイントを獲得した。終盤の接触により、脳震とうや肩の負傷の影響が心配されたGKキム・ジンヒョンも先発に名を連ねた。 試合は早々に名古屋が先手を取った。中盤、ハーフウェーライン付近で森下のスローインを受けたマテウス・カストロが前を向くと、仙頭が一気に加速してスルーパスを引き出す。中央を抜け出してボックス内まで持ち運び、GKとの一対一を落ち着いて制した。 C大阪は一定のラインからプレッシングを掛けるが、効果があるとは言い難い。縦はコンパクトだが横に若干のスペースがあり、ポゼッション力を備えた名古屋はファーストプレスをいなせば中盤やサイドのスペースを使うことができた。 対照的に名古屋はボールを失った直後の守備強度が高く、奪えなかった場合でもセットアップするには十分な圧に。リードも加味してプレスとブロックを使い分け、C大阪はボールを保持しても、構えた名古屋の守備に手を焼くことに。その中で29分、山中の横パスを受けて清武がゴール正面からフリーで狙うも、GKランゲラックの手中に収まった。 名古屋は33分、左サイドでのパス交換から酒井が深い位置を取ると、グラウンダーのクロスにマテウスがすべり込みながら合わせてネットを揺らすも、酒井のタイミングがオフサイドと判定された。 攻撃の糸口がつかめぬまま前半を終えたC大阪はハーフタイムにアダム・タガートと北野を投入し、清武をトップ下からボランチへ落とすと、これが奏功。前半とは打って変わって攻撃にテンポが出始める。 後半開始直後には縦パス2本で裏を取り、ジェアン・パトリッキのクロスがGKを抜け、空いたゴール前へ。走り込んだアダム・タガートのもとへ到達するが、GKランゲラックが指先で若干触れていたために、歩幅と合わず打ち切れなかった。 攻勢を強めるC大阪は、直後にも敵陣中央から毎熊が左足のミドルを放ち、さらには中央の狭いエリアを割ってタガートがシュート。松田も積極的なフィニッシュを見せた。 守勢に回った名古屋も、復帰後初出場となった石田が見せ場を作る。65分、森下の縦パス1本で裏を取り、右の深い位置まで運んで折り返すと、マテイ・ヨニッチのクリアがマテウスに当たってゴールの中へ。ただ、ここもオフサイドディレイにより、ゴールは認められなかった。 とはいえ、以降もC大阪が主導権を握って攻め込み続け、名古屋は耐える時間が長くなる。劣勢のホームチームはボールを持った際にはリードを生かしてのらりくらりと時間を使い、個の突破でけん制する。90分、右サイドを突破した相馬の折り返しをボックス右で稲垣が収めてラストパスを石田がフリーで狙うも、強烈なシュートはバーの上を越えた。 最終盤には交代カードも駆使して時計の針を進め、C大阪の猛攻をシャットアウト。序盤の先制点を守り抜き、名古屋が7試合ぶりの勝利を手にした。 名古屋グランパス 1-0 セレッソ大阪 【名古屋】 仙頭啓矢(前6) 2022.05.14 16:09 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly