J3王者秋田、J2参戦の来季も吉田謙監督が指揮! 続投決定を発表

2020.12.29 09:10 Tue
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は29日、吉田謙監督(50)の続投決定を発表した。

昨季までアスルクラロ沼津を率いた吉田は今季から秋田の監督に就任。明治安田生命J3リーグを開幕から28戦無敗の歩みで3年ぶり2度目の優勝で飾り、チームを悲願のJ2初昇格に導いた。
来季も引き続き秋田の指揮を執る吉田監督は続投決定に際して、ファンに感謝の言葉を送り、来季に向けての意気込みを語った。

「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、クラブ、選手への多大なるご支援、ご声援をいただき、本当にありがとうございます。皆様の支えがあったからこそ、チーム一体でひたむきに走る事ができました。感謝申し上げます。この度、来シーズンも監督を務めさせていただくことになりました。秋田一体となって志を立て、ひたむきに前へ向かって走りたいと思います。よろしくお願い致します」

吉田謙の関連記事

ブラウブリッツ秋田は8日、2024シーズンの選手背番号を発表した。 2023シーズンは明治安田生命J2リーグで13位。2024シーズンも吉田謙監督がチームを率いることとなる。 新シーズンに向けては多くの選手が入れ替わることに。経験豊富なDF蜂須賀孝治(←ベガルタ仙台)、DF岡﨑亮平(←栃木SC)、MF栗本広輝(←大宮アルディージャ)を補強。また、2023シーズンの明治安田生命J3リーグ得点王のFW小松蓮を松本山雅FCから完全移籍で獲得している。 その他、期限付き移籍で加入していたFW梶谷政仁、FW丹羽詩温をそれぞれサガン鳥栖、ツエーゲン金沢から完全移籍で獲得した。 新加入選手では蜂須賀が「4」、岡﨑が「2」、栗本が「20」、小松が「10」を着用。梶谷は「17」から「11」に変更、加賀健一は「50」から「88」へと変更した。 ◆2024シーズン選手背番号 GK 1.山田元気 23.矢田貝壮貴←AC長野パルセイロ/完全 31.圍謙太朗 DF 2.岡﨑亮平←栃木SC/完全 3.小柳達司 4.蜂須賀孝治←ベガルタ仙台/完全 5.河野貴志 13.才藤龍治 16.村松航太←ギラヴァンツ北九州/完全 27.喜岡佳太←モンテディオ山形/期限付き 39.星キョーワァン 88.加賀健一※背番号変更「50」 MF 6.諸岡裕人 7.水谷拓磨 9.中村亮太 20.栗本広輝←大宮アルディージャ/完全 25.藤山智史 45.鈴木陽成 80.小野原和哉←ツエーゲン金沢/期限付き FW 8.畑潤基 10.小松蓮←松本山雅FC/完全 11.梶谷政仁←サガン鳥栖/期限付き→完全 15.丹羽詩温←ツエーゲン金沢/期限付き→完全 17.半田航也←ヴェルスパ大分/期限付き移籍満了 18.吉田伊吹 29.佐藤大樹←Y.S.C.C.横浜/期限付き 40.青木翔大 42.松本ケンチザンガ←駒澤大学/新加入 2024.01.08 22:40 Mon
7日、2023J2リーグアウォーズが開催。2023シーズンの明治安田生命J2リーグの各賞が発表された。 2023シーズンのJ2では、FC町田ゼルビアが見事に初優勝。J1初昇格を掴んだ。 自動昇格の2位にはジュビロ磐田が入ると、J1昇格プレーオフは3位の東京ヴェルディが制して3クラブが昇格。2位を守り続けていた清水エスパルスは最終節で4位に転落し、プレーオフでも決勝で敗れてJ2を来季も戦うこととなった。 一方で、下位に目を向ければ最下位はツエーゲン金沢、21位は大宮アルディージャとなり2チームはJ3降格が決定していた。 最優秀選手賞(MVP)は町田のFWエリキが初受賞。シーズン途中に重傷を喫したが、30試合で18得点を記録して優勝と昇格に貢献していた。 ベストイレブンにはエリキの他、清水から4選手、東京Vとジェフユナイテッド千葉から2名ずつが選出。その他、磐田、V・ファーレン長崎、ロアッソ熊本から選ばれている。 またJ2得点王はベストイレブンにも選ばれたFWフアンマ・デルガドでキャリアハイの26得点を記録した。 最優秀ゴールには、清水のMF乾貴士が7月9日の明治安田第25節の大分トリニータ戦で決めたゴールに。1-1で迎えた63分、大分の攻撃を止めてからのカウンター。自陣のハーフウェイライン付近でボールを持った乾は周りを窺いながらもドリブルで中央を持ち上がると、そのままボックス手前で右足一閃。ゴール右上に大きく曲がったミドルシュートがクロスバーを掠めて決まったものになった。 その他、優秀監督賞には監督初挑戦となり、それまではサンフレッチェ広島や日本代表で森保一監督の右腕として従事してきた横内昭展監督が受賞。磐田を見事にJ1復帰させたことが評価された。なお優秀監督賞の得票数も公開されており、大宮の原崎政人監督のみ票が入らなかった。 フェアプレー賞はザスパクサツ群馬、ヴァンフォーレ甲府、ツエーゲン金沢の3クラブが受賞。フェアプレー個人賞は全てGKで櫛引政敏(ザスパクサツ群馬)、マテウス(東京V)、権田修一(清水)、波多野豪(長崎)が受賞した。今回から新設されている。 <span class="paragraph-subtitle">◆最優秀選手賞</span> FWエリキ(FC町田ゼルビア)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆J2ベストイレブン</span> GK 権田修一(清水エスパルス)/初受賞 DF 宮原和也(東京ヴェルディ)/初受賞 鈴木義宜(清水エスパルス)/初受賞 リカルド・グラッサ(ジュビロ磐田)/初受賞 MF 田口泰士(ジェフユナイテッド千葉)/初受賞 森田晃樹(東京ヴェルディ)/初受賞 乾貴士(清水エスパルス)/初受賞 平川怜(ロアッソ熊本)/初受賞 FW 小森飛絢(ジェフユナイテッド千葉)/初受賞 エリキ(FC町田ゼルビア)/初受賞 フアンマ・デルガド(V・ファーレン長崎)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆得点王</span> FWフアンマ・デルガド(V・ファーレン長崎)/初受賞 26得点 <span class="paragraph-subtitle">◆最優秀ゴール賞</span> MF乾貴士(清水エスパルス)/初受賞 明治安田生命J2リーグ第25節 7月9日(日) 大分トリニータ vs 清水エスパルス(63分) <span class="paragraph-subtitle">◆優勝監督賞</span> 黒田剛監督(FC町田ゼルビア)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆優秀監督賞</span> 横内昭展監督(ジュビロ磐田)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆フェアプレー賞</span> ザスパクサツ群馬 ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 ※反則ポイントが少ない順 <span class="paragraph-subtitle">◆フェアプレー個人賞</span> GK櫛引政敏(ザスパクサツ群馬)/初受賞 GKマテウス(東京ヴェルディ)/初受賞 GK権田修一(清水エスパルス)/初受賞 GK波多野豪(V・ファーレン長崎)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆優秀監督賞(得票順)</span> 1位:107票/横内昭展(ジュビロ磐田)リーグ順位:2位 2位:63票/秋葉忠宏(清水エスパルス)リーグ順位:4位 3位:39票/城福浩(東京ヴェルディ)リーグ順位:3位 4位:37票/小林慶行(ジェフユナイテッド千葉)リーグ順位:6位 5位:27票/大槻毅(ザスパクサツ群馬)リーグ順位:11位 6位:24票/大木武(ロアッソ熊本)リーグ順位:14位 7位:15票/渡邉晋(モンテディオ山形)リーグ順位:5位 8位:10票/須藤大輔(藤枝MYFC)リーグ順位:12位 9位:9票/篠田善之(ヴァンフォーレ甲府)リーグ順位:8位 10位:8票/下平隆宏(大分トリニータ)リーグ順位:9位 11位:5票/吉田謙(ブラウブリッツ秋田)リーグ順位:13位 11位:5票/濱崎芳己(水戸ホーリーホック)リーグ順位:17位 13位:4票/田村雄三(いわきFC)リーグ順位:18位 14位:3票/吉田達磨(徳島ヴォルティス)リーグ順位:15位 14位:3票/時崎悠(栃木SC)リーグ順位:19位 16位:2票/木山隆之(ファジアーノ岡山)リーグ順位:10位 16位:2票/堀孝史(ベガルタ仙台)リーグ順位:16位 16位:2票/柳下正明(ツエーゲン金沢)リーグ順位:22位 19位:1票/ファビオ・カリーレ(V・ファーレン長崎)リーグ順位:7位 19位:1票/フアン・エスナイデル(レノファ山口FC)リーグ順位:20位 ※優勝した黒田 剛監督(FC町田ゼルビア)以外の監督から投票 ※原崎政人監督(大宮アルディージャ)は得票がなかった <span class="paragraph-title">【動画】J2のベストゴールは乾貴士の圧巻カーブミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SRAvHVCdwqA";var video_start = 380;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.08 06:45 Fri
ブラウブリッツ秋田は16日、吉田謙監督(53)が来季も指揮を執ると発表した。 かつてアスルクラロ沼津を率いた吉田監督は2020年から秋田を指揮。1年目にJ3リーグを制してクラブ初のJ2リーグに導くと、13位、12位ときて、今季は13位でフィニッシュした。 続投の吉田監督は「ブラウブリッツ秋田を信じて支えてくださる皆様、どんな時も選手、クラブに愛情をいただきありがとうございます」と感謝の言葉を送り、決意を新たにした。 「来季も監督を務めさせていただく事に感謝いたします。泥臭く、粘り強く。選手、チームを信じて全員で走りたいと思います。よろしくお願い致します」 2023.11.16 14:50 Thu
ブラウブリッツ秋田は25日、吉田謙監督(52)の続投を発表した。 吉田監督は、アスルクラロ沼津で2015年から2019年まで監督を務めた後、2020年に秋田の監督に就任。同シーズンに明治安田生命J3リーグで優勝し、J2初昇格に導くと、昨シーズンも安定した戦いで13位フィニッシュを果たし、残留に成功した。 今シーズンは12試合未勝利に陥るなど苦しい時期もあったが、最終的には15勝11分け16敗の成績を収め、昨季を超える12位でシーズンを終えた。 秋田で4シーズン目の指揮を執ることが決定した吉田監督は、クラブを通じて来季への意気込みを語っている。 「秋田の皆様、日頃より選手、クラブを支えていただき本当にありがとうございます。来季も監督を務めさせていただく事に感謝しております。日常を大切にして、粘り強く積み上げて行きたいと思います。よろしくお願い致します」 2022.10.25 18:05 Tue
ブラウブリッツ秋田は、2022シーズンで着用するユニフォームならびにユニフォームスポンサーが決定したと発表した。 デザインはドイツ語で青い稲妻を意味するチーム名にちなみ、疾風迅雷の如く、速く、激しく、勢いを持ってピッチを躍動する様を稲妻模様で表現。さらに、モチーフを連ねる事で連続性や粘り強さも現し、脇の濃青ラインで誠実さとゴールに向かう力強い推進力を表している。 1stユニフォームのベースカラーは上下ともにこれまでと同様、水色を採用。2ndユニフォームのシャツは昨季の薄グレー調から白寄りとなり、柄が目立つ色味に。ショーツとソックスは変わらずグレーが基調となる。また、GK用の1stユニフォームは赤を、2ndユニフォームは黄緑を基調としている。 サプライヤーは引き続き「ATHLETA(アスレタ)」。胸スポンサーの「TDK」、背中スポンサーの「細谷病院」などは変わらず、パンツスポンサーとして「医療法人ALCY あきたレディースクリニック安田」が新たに加わった。 J2初挑戦となった昨シーズンは11勝14分け17敗の13位と健闘を見せた秋田。吉田謙監督体制3年目を迎える今季は、さらなる躍進が期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】稲妻モチーフが映える、秋田の2022シーズンユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2022シーズン<br>公式ユニフォーム決定<br>\<br>疾風迅雷の如く、速く、激しく、勢いを持ってピッチを躍動する様を稲妻モチーフで表現<br>今シーズンは8社よりユニフォームスポンサーとしてご支援いただきます<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E7%A7%8B%E7%94%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブラウブリッツ秋田</a><br><br>詳細はこちら<a href="https://t.co/7pn20jZ8TO">https://t.co/7pn20jZ8TO</a> <a href="https://t.co/9z9bLZAPyH">pic.twitter.com/9z9bLZAPyH</a></p>&mdash; ブラウブリッツ秋田(公式) (@blaublitz_akita) <a href="https://twitter.com/blaublitz_akita/status/1479681851757588482?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.09 19:15 Sun

ブラウブリッツ秋田の人気記事ランキング

1

京都が秋田の守護神GK圍謙太朗を完全移籍で獲得!「京都の為に全力で闘います」

京都サンガF.C.は16日、ブラウブリッツ秋田よりGK圍謙太朗(33)が完全移籍で加入すると発表した。背番号は「88」を着用する。 長崎県出身の圍は桃山学院大学からFC東京に加入してプロキャリアをスタートさせると、セレッソ大阪、松本山雅FC、SC相模原を経て2023年に秋田へ加入。加入初年度から正守護神の座を掴むと、明治安田生命J2リーグで41試合に出場した。 今シーズンも引き続きチームの守護神としてプレー。ここまでJ2リーグで24試合に出場しており、チームの守備を支えていた。 京都へステップアップすることになった圍は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「ブラウブリッツ秋田から移籍してきました。圍謙太朗です。京都の為に全力で闘います。京都サンガF.C.と共に成長し、最後はみんなで笑えるように行動していきます。これからよろしくお願いします!!」 ◆ブラウブリッツ秋田 「この度、京都サンガF.C.へ移籍することになりました。一年半という短い間でしたが、信じられないぐらい濃い時間を過ごすことができました。ピッチで躍動し、チームを勝たせることで、秋田県へエネルギーを届けたいという一心で、全力で取り組んできました」 「ブラウブリッツ秋田と共にJ1へ昇るという道半ばでチームを離れることは、簡単な決断ではなかったです。京都サンガF.C.からオファーをいただいた時、有難いことにチームから全力で引き留めていただきました」 「なので、この移籍は自分のわがままです。秋田で磨いた武器を引っ提げて、次の道でも躍動し続けたいと思います。年齢は関係なく挑戦し続ける姿、成長し続ける姿をみせたいと思います」 「秋田がJ1へ昇ることを心から信じています。そして、京都を必ずJ1に残留させます。来シーズンはJ1の舞台で闘いましょう。本当に秋田が大好きです!!秋田のゴールを守れて幸せでした!!また会いましょう!!ありがとうございました!!」 2024.07.16 10:15 Tue
2

秋田DF星キョーワァンが重傷で離脱…右前十字じん帯断裂で全治9カ月

ブラウブリッツ秋田は14日、DF星キョーワァンの戦線離脱を報告した。 横浜FCでのプロ入りから、松本山雅FC、いわきFCでのプレーを挟み、2023年から秋田入りの星。トレーニングマッチ中に負傷し、右前十字じん帯断裂の診断結果を受けた。 全治は9カ月。今季の明治安田J2リーグではここまで1試合に出場していた。 2024.07.14 16:20 Sun
3

「ドストライク」「クソかっこいい」秋田の新ユニフォームが称賛の嵐、稲妻、なまはげ、荒波を表したデザインが好評「これは欲しい」

ブラウブリッツ秋田は9日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグを戦った秋田。吉田謙監督が率いて3年目のシーズンもJ2に定着。12位でフィニッシュしていた。 2023シーズンに向けては「ATHLETA(アスレタ)」がユニフォームを提供。デザインのコンセプトは「秋田の自然と秋田スタイル」となった。 FPの1st、2nd、GKの1st、2ndと全てデザインは同じ。右上から下まで一気に走るラインは稲妻を、青とゴールドの文様はなまはげのミノとVICTORYを意味。カミナリウオと呼ばれる「県魚ハタハタ」のように、冬の稲妻とどろく季節に泳ぐ姿が如く、進む先が厳しくても最後まで諦めずに荒波を突破していく力強さを表現している。 FP1stは前身のTDKサッカー部のTDKブルーから引き継いだフラッシュサックス、2ndはグレーからホワイトにベースカラーを変更。GK1stは熱い炎でチーム鼓舞するという意味で赤に、2ndは相手チームに畏怖の念をいだかせるよう、深い海を想起させる黒を新たに取り入れた。 ファンは「かっこいいな」、「めちゃくちゃかっこいい」、「ドストライク」、「これは欲しい」、「クソかっこいい」と称賛の声。特に黒のGK2ndユニフォームのかっこよさに注目が集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】秋田の新ユニフォームは稲妻となまはげ、荒波を意味するものに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズンの公式ユニフォーム&amp;ユニフォームスポンサーが決定しましたので、お知らせいたします。<br>このユニフォームを纏い、1年間を戦います<a href="https://t.co/RU6Cw4vDXF">https://t.co/RU6Cw4vDXF</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E7%A7%8B%E7%94%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブラウブリッツ秋田</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E7%A7%8B%E7%94%B0%E4%B8%80%E4%BD%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シン・秋田一体</a> <a href="https://t.co/WShvidZWMl">pic.twitter.com/WShvidZWMl</a></p>&mdash; ブラウブリッツ秋田(公式) (@blaublitz_akita) <a href="https://twitter.com/blaublitz_akita/status/1611920879385993218?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.09 11:40 Mon
4

秋田FW丹羽詩温が讃岐へ…今季終了までの期限付き移籍、「一つでも多くの勝利とゴールを」

カマタマーレ讃岐は12日、ブラウブリッツ秋田からFW丹羽詩温(30)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2025年1月31日までで、秋田との公式戦は出場できず。背番号「30」をつける。 大阪桐蔭高校から明治大学に進学した丹羽は愛媛FCでプロ入りし、2021年にツエーゲン金沢へ完全移籍。2023年から秋田に期限付き移籍し、今季から完全移籍に切り替わった。 その今季だが、ここまでのJ2リーグでは7試合に出場して無得点。両クラブの公式サイトを通じて、それぞれコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「初めまして。この度、ブラウブリッツ秋田から期限付き移籍で加入することになりました丹羽詩温です。残りのシーズン、一つでも多くの勝利とゴールを皆さんに届けたいと思います。共に熱く戦いましょう!! よろしくお願いします」 ◆ブラウブリッツ秋田 「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、一年半ありがとうございました。この度、カマタマーレ讃岐に期限付き移籍することに決めました。一年半前、自分を信じて、チームに迎え入れてくださり、一年半の間、どんな時も熱くサポートをしていただいたこと、心から感謝しています」 「一年半、結果を出せず、悔しい気持ちでいっぱいですが、素晴らしい仲間達と出会えたことは何よりの財産になりました。また、試合に出られない中でもトレーニングに付き合ってくださったコーチングスタッフの皆様、本当にありがとうございました」 「この一年半を糧に次のチャレンジに進みたいと思います。そして、ブラウブリッツ秋田と、一緒に戦った仲間達の益々の活躍を心から願っています。秋田ありがとう みんな大好きです。お互いに頑張りましょう!!」 2024.07.12 12:35 Fri
thumb
5

カルリーニョス・ジュニオ2得点の清水が岡山との上位対決制す! 逆転勝利の千葉は6位浮上【明治安田J2第22節】

30日、明治安田J2リーグの3試合が各地で行われた。 2連敗中と調子を落としている3位清水エスパルス(勝ち点43)は、2連勝中と対照的な4位ファジアーノ岡山(勝ち点37)をホームに迎えてのシックスポインター。清水は20分に先手を奪う。カルリーニョス・ジュニオがボックス左でボールを持つと、クロスではなく直接ゴール右上にシュートを突き刺した。 一方の岡山は42分に反撃。右ポケットへのスルーパスに抜け出した岩渕弘人がゴール左隅に流し込み、追いついてから後半へ。しかし、49分には清水が再び勝ち越しに成功。左CKからの波状攻撃でカルリーニョス・ジュニオがこの日2点目を記録した。 79分には右サイドの攻撃から矢島慎也が決めてホームチームが追加点。その後も北川航也のクロスバー直撃のシュートなどで追加点に迫った清水は、3-1で上位対決を制し、3試合ぶりの白星を手にした。 7位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点33)は、2連勝中と好調の16位鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点22)とホームで対戦。先制したのは鹿児島。16分、左クロスがファーまで流れると、折り返しを福田望久斗が決めきった。 それでも37分、左サイドから崩した千葉は、味方のシュートを田口泰士がバックヒールでコースを変え、同点で折り返し。さらに67分には、右CKからメンデスがヘディングで叩き込みホームチームが逆転。そのまま逃げ切った千葉が2試合ぶりの勝利を掴み、6位に順位を上げた。 10位ブラウブリッツ秋田(勝ち点28)vs15位モンテディオ山形(勝ち点23)の“奥羽本戦“は、國分伸太郎のループ気味の狙いすましたシュートで山形が14分に先制。70分には、最終ラインの裏に抜け出した坂本亘基が落ち着いてGKとの一対一を制し、その3分後には再び坂本。0-3でアウェイの山形がダービーマッチを制し、12位に浮上している。 ◆明治安田J2第22節 ▽6/30(日) ブラウブリッツ秋田 0-3 モンテディオ山形 清水エスパルス 3-1 ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 2-1 鹿児島ユナイテッドFC ▽6/29(土) いわきFC 0-4 横浜FC ロアッソ熊本 4-0 愛媛FC 水戸ホーリーホック 1-1 レノファ山口FC 徳島ヴォルティス 2-2 V・ファーレン長崎 ザスパ群馬 1-2 藤枝MYFC ベガルタ仙台 3-2 栃木SC 大分トリニータ 0-0 ヴァンフォーレ甲府 <span class="paragraph-title">【動画】清水FWカルリーニョス・ジュニオが2得点! 先制点はゴール右上を射抜いた鋭い一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ホームの大声援にさっそく応えた<br>\<br><br>角度のないところから<br>カルリーニョス ジュニオが先制ゴール<br><br>明治安田J2リーグ第22節<br>清水×岡山<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%B2%A1%E5%B1%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#清水岡山</a> <a href="https://t.co/n3wmqNBhTz">pic.twitter.com/n3wmqNBhTz</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1807345891478524107?ref_src=twsrc%5Etfw">June 30, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.30 21:12 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly