スパーズ、2部ストークに一時追いつかれるも伏兵デイビスの約3年ぶりのゴールで4強進出!《EFLカップ》

2020.12.24 04:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオ・カップ)準々決勝、ストーク・シティvsトッテナムが23日にBet365スタジアムで行われ、1-3で勝利したトッテナムが準決勝進出を決めた。

ラウンド16でチェルシーとのダービーを制したトッテナムが、チャンピオンシップ(イングランド2部)のストークと対峙した準々決勝。

直近のプレミアリーグで今季初の連敗を喫したアウェイチームは、週末にウォルバーハンプトンとの重要な一戦を控える中、守護神ロリス、ケイン、ホイビュルク、ダイアーら一部主力を起用した。

立ち上がりからボールを握って押し込むトッテナムだが、引いた相手をなかなか崩し切れず、フィニッシュまで持ち込めない。

それでも、14分にはドハーティのパスに抜け出したケインがボックス右から際どいシュートを放つと、22分にはボックス手前左のウィンクスが浮き球で入れたクロスをゴール前の密集の中でうまく頭に当てたベイルのシュートがゴール右隅に決まった。

敵地で早い時間帯に先制したトッテナムは、より相手を押し込んで良いリズムで攻撃を続ける。セカンドボールもホイビュルクら中盤できっちり回収し、相手にカウンターチャンスを与えない。

35分にはケインのスルーパスに抜け出したデレ・アリがボックス左でGKと一対一の好機を得るが、左足のシュートはGKガンの好守に阻まれる。さらに43分、ルーカス・モウラへのロングフィードを起点にペナルティアーク付近でパスを受けたデレ・アリに再びチャンスも、枠の右隅を捉えたシュートはガンの横っ飛びセーブに阻止された。

結局、1点リードで試合を折り返したトッテナムはベイルに代えてソン・フンミンを後半頭から投入。だが、立ち上がりの53分には自陣でルーズボールの競り合いに敗れてカウンターを許す。そして、フレッチャーのスルーパスに抜け出したブラウンの右クロスをファーに走り込んだトンプソンにワンタッチで流し込まれ、相手のこの試合最初のシュートを同点ゴールに繋げられた。

この失点によってバタつき始めたアウェイチームはなかなか攻め手を見いだせず、イーブンの展開に持ち込まれる。これを受けてモウリーニョ監督は66分、ルーカスとデレ・アリを下げてラメラ、ムサ・シソコを同時投入。

この交代でやや流れを引き寄せると、思わぬ伏兵が勝ち越しゴールをもたらす。70分、ボックス手前中央でクリアボールに反応したベン・デイビスが左足を一閃。地を這う弾道のシュートがゴール右下隅の完璧なコースに決まった。

ベン・デイビスの2017年9月のハダースフィールド戦以来となる鮮烈なゴールで勝ち越したトッテナムは直後の76分にも裏へ抜け出したソン・フンミンが冷静にゴールネットを揺らすが、ここは微妙なオフサイド判定でゴールは認められない。それでも、81分には相手のパスを引っかけたムサ・シソコのスルーパスに抜け出したケインがきっちりシュートを流し込み、試合を決定づける3点目とした。

そして、格下相手に1度は追い付かれるも最後は地力の差を見せ付けたトッテナムが順当にベスト4進出を決めた。

関連ニュース
thumb

PK戦で勝利のトッテナム、古巣に苦戦のヌーノ監督はPK戦を評価「PKは運ではない」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、古巣のウォルバーハンプトン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウォルバーハンプトンと対戦。ヌーノ監督にとっては、今シーズン2度目の古巣対決となった。 リーグ戦では第2節で対戦し、0-1で勝利したトッテナム。同じアウェイゲームとなったが、14分にタンギ・エンドンベレのゴールで先制すると、23分にはハリー・ケインがネットを揺らし、0-2とリードを広げる。 しかし、38分にレアンデル・デンドンケルのゴールで1点諭されると、ダニエウ・ポデンセにもゴールを許し2-2の同点に。そのままPK戦へと突入したが、2-3で勝利を収め4回戦へと駒を進めた。 ヌーノ監督は難しい試合となったなか、PK戦でしっかりと勝てたことに満足。しっかりと選手たちがトレーニングしていたと語り、GKピエルルイジ・ゴッリーニも評価した。 「PKは運ではない。PKは我々が取り組む必要のあるものであり、選手たちは本当に練習している。彼らはとても上手くやり、ゴリーニはよかった」 「これは試合の一部だから、取り組む必要がある。もちろん、PKについてはGKコーチの(ルイ・)バルボサの意見を聞き、ゴリーニに情報を与えた。それも役立った」 「良い試合で、よくプレーしていた。我々はとてもよくスタートし、本当に上手くプレーし、2つの美しいゴールを決め、明確なチャンスを作った」 「またこのような状況では、セットプレーの問題を解決し、改善しなければいけない。同じミスを繰り返してはいけない」 「学び、成長するためには、このようなミスを避け、最小限に抑える必要がある。なぜなら、それが試合を難しくするからだ」 「正直なところ、我々が試合をコントロールしていたため、失点するまでは何も許さなかった。その後、また少しコントロールを失ってしまった」 「後半は好調にスタートし、得点のチャンスもあったが、ホームのウルブスはタフなので、守りに徹し、最後にはPKとなってしまった」 「ジョン・ラディはハリー(・ケイン)のヘディングを見事にセーブした。我々はチャンスを作ったが、彼らは粘り強く戦った。モリノーではいつも厳しい戦いになる」 <span class="paragraph-title">【動画】白熱の一戦! トッテナムvsウルブス 試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpaVpudFd0OSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハムにリベンジ許したユナイテッド、スールシャール監督は選手の出場機会をプラスに捉える「準備ができ、より強くなる」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、ウェストハム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ユナイテッドは22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウェストハムと対戦。開始9分にマヌエル・ランシーニにゴールを許し、0-1で敗れた。 19日に行われたプレミアリーグでも対戦した両者。その試合でもユナイテッドは終盤まで勝ち越せず、土壇場でリードを奪うと、アディショナルタイムでPKを与えてしまうも、GKダビド・デ・ヘアの活躍で見事に勝利を収めていた。 ウェストハムにリベンジを果たされ、カップ戦から敗退することとなったユナイテッド。スールシャール監督は、試合出場機会を与える必要もあったとし、今後に生きてくるだろうと語った。 「過去2シーズンは我々は準決勝に勝ち進んでいた。この大会では全体像を見れば、選手に出場時間を与えることが伝統となっている」 「今日、我々はそういった決断をしたが、何人かの選手が90分間を経験したことで、リーグ戦やチャンピオンズリーグ、FAカップが始まってからの準備ができ、より強くなるだろう」 試合全体については、攻撃面でシュートを多く放ったものの決め切れなかったと振り返った。 「序盤はうまくいかず、その後は良いところもあったが、終盤になって気合を入れた時に隙を突かれてしまった。もっと彼らは得点できたと思う」 「ただ、選手たちは本当によく頑張ってくれたし、一生懸命プレーした。結局、27本のシュートを放ったことは素晴らしいと思う。何人かの選手には出場時間が必要だったが、それは当然のことだ」 また、ミッドウィーク開催でスタジアムに集まったファンに感謝。雰囲気作りを称賛した。 「素晴らしい。全くもって素晴らしかった。新しいコーチが何人かきて、彼らは今朝「ファンはどれぐらいいるだろうか? 4、5万人は集まるかな?」といっていた」 「私は満員に近い数字になるだろうと思っていた。我々のファンは間違いなく素晴らしい。雰囲気も素晴らしかった」 <span class="paragraph-title">【動画】ウェストハム戦を振り返るスールシャール監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0a1FkaFFWQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

PK戦で再びケパ躍動、トゥヘル監督は守護神を称賛「集中してベストを尽くしていた」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、PK戦までもつれ込んだ試合での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のチェルシーvsアストン・ビラが行われ、1-1で90分間が終了。PK戦にもつれ込んだなか、4-3でチェルシーが勝利した。 11日にはプレミアリーグ第4節で対戦していた両者。3-0でチェルシーが勝利していたが、この試合は難しい展開となる。 それでも54分にティモ・ヴェルナーが今季初ゴールを記録。しかし65分にキャメロン・アーチャーがゴールを決め同点に。その後PK戦にもつれ込んだ。 そのPK戦では得意とするGKケパ・アリサバラガが活躍。アストン・ビラは2選手が失敗し4-3でチェルシーが勝利した。 試合を振り返ったトゥヘル監督は素晴らしい戦いだったとコメント。観ている人にとっても良い試合だったとコメント。また、チームが新たなシステムで戦ったと明かした。 「全てを勝ち取ろうとした2つのチーム間で、エネルギーに満ちた、互いにチャンスのあった良いゲームだった」 「アストン・ビラは10日前も今日も、とても力強くプレーした。我々もとても良かった」 「観ているのも、スタジアムにいるのも良い試合だった。これも我々の仕事の一部であり、エンターテインメントだ。難しい試合だったが、勝ったことは嬉しいし、これで多くの選手が試合に出られるようになった」 「我々は多くの変更を行ったが、チームはこのシステムでプレーしたことがなかった」 「まだピッチ上で少し時間が必要だが、チャンスの作り方についてはあまり期待しすぎないことが大事だ。エネルギーとチームワークを期待したが、その通りになった。1分ごとに自信がついていった」 PK戦ではビジャレアルとのUEFAスーパーカップに続いて活躍したケパを評価した。 「ケパはPKにとても強い。彼はPK戦の経験が豊富であり、集中してベストを尽くしていた」 「選手たちが冷静さを保ってくれたことは嬉しい。タフな試合、ハードなカップ戦だったので、勝てて良かったし、嬉しい」 2021.09.23 12:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド撃破のウェストハム、PK失敗で敗戦から中2日での勝利にコーチが言及「この試合で何かを証明できたかも」

ウェストハムでコーチを務めるスチュアート・ピアース氏が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。 両者は19日に行われたプレミアリーグ第5節でも対戦。ウェストハムのホームで行われた試合は、1-2でユナイテッドが勝利していた。 その試合では1-1で試合が推移すると89分に昨季はレンタル移籍でプレーしていたジェシー・リンガードがゴールを決めユナイテッドが勝ち越し。しかし、ウェストハムは後半ラストプレーでPKを獲得する。 このシーンで生え抜きのレジェンドでありPKキッカーでもあるマーク・ノーブルを投入。しかし、そのPKはGKダビド・デ・ヘアが見事にセーブし、1-2でユナイテッドが勝利していた。 その試合から中2日、カップ戦で相見えた両者だがウェストハムが9分にマヌエル・ランシーニのゴールで先制。その後ユナイテッドに押し込まれる展開も逃げ切り、リーグ戦での借りを返した。 デイビッド・モイーズ監督に代わって試合後に取材対応したピアース監督は、悔しい思いをした3日前のリーグ戦から立ち直れたことを喜んだ。 「週末に何も得られなかったのは本当に残念だった。少なくとも勝ち点1を得るには十分なプレーができていたと思うので、この試合で何かを証明できたかもしれない」 「その前のサウサンプトン戦もそうだったが、週末のファンのみんなは本当に素晴らしかった」 「今日の勝利には価値があったと思う。試合の終盤にいくつかチャンスがあれば、もっと差が開いていたかもしれない」 また、先制点を決めたシーンも評価。チャンスをもっと生かすべきだったとしながらも、リバウンドメンタリティを見せた選手たちを称えた。 「ライアン・フレデリックスがゴールの場面で素晴らしい働きをしてくれた。彼が相手を抜き、皿の上にボールを置いた。マヌ(エル・ランシーニ)がそこにいて、綺麗にゴールを決めた」 「他にもいくつかチャンスがあった。ジャロッド(・ボーエン)も良いチャンスがあったと思う。このようなチャンスをいくつか決められれば、今よりももう少し楽な試合になるかもしれない」 「心が折れそうになった時もあったが、今夜の選手たちが示したキャラクターは素晴らしかった。ウェストハムのスタッフは皆、この結果と彼らの活躍を誇りに思っている。監督は土曜日のリーズ戦に向けて、再び集中力を高めるだろう」 2021.09.23 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初の複数得点で勝利のアーセナル、アルテタ監督はファンに感謝「一緒に美しい1日を楽しみたい」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、EFLカップ(カラバオカップ)のウィンブルドン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは22日、EFLカップ3回戦でウィンブルドンと対戦した。 日本代表DF冨安健洋らリーグ戦での主力を務める大半の選手を温存した試合。久々の起用となったアレクサンドル・ラカゼットが11分にPKを決めて先制する。 その後なかなかゴールを奪えない苦しい展開となったアーセナル。プレミアリーグでも連勝しながら1ゴールずつしか奪えていない状況だったが、77分にエミール・スミス・ロウが追加点を奪うと、80分にはエディ・エンケティアも続き、3-0で勝利を収めた。 アルテタ監督は勝ち上がりを果たしたものの、苦しい試合だったと振り返った。 「我々が1-0でリードしている間は、相手もまだ試合を続けていた。セットプレーなどの状況では、ゴールを許す可能性があり、試合を終わらせに行かなければいけなかった」 「最後にはそれができ、良い形に見えたが、とてもタフなゲームだった」 今夏は移籍の噂も浮上し、ここまで1試合しか起用していなかったラカゼットについてもコメント。チーム事情でこれまで起用できなかったと明かした。 「彼は我々のリーダーであり、年長の選手の1人であるため、キャプテンを任せた。彼をあまりプレーさせることができていなかった」 「先週は彼をプレーさせた買ったが、試合中にケガ人が出たので、起用できなかった。今日彼はゴールを決め、再び頑張ってくれた」 また平日夜にスタジアムに集まったファンについても言及。3試合勝利を届けられているが、週末の試合でのさらなるサポートを求めた。 「もちろんのことだが、サッカーでは試合に勝つことが連帯感と信念を生み、ファンを幸せにする。彼らはチームをサポートするためにここにいて、チームが勝つことを望んでいる。それは自然なことだ」 「彼らはいつもチームと一緒にいたが、今は別のレベルにある。日曜日にはさらに高いレベルが必要となる。彼らも必要となるので、一緒に美しい1日を楽しみたいと思う」 そのアーセナルは4回戦でリーズ・ユナイテッドと対戦することが決定。アルテタ監督は「ちょうど知ったが、我々は彼らとの試合を経験しているので、どれほど厳しい試合になるかは知っている。ビッグマッチだ」と語り、気を引き締めた。 <span class="paragraph-title">【動画】アルテタ監督がウィンブルドン戦後にコメント</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxbVJIREt0dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 10:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly