横浜FCが千葉FWクレーベを完全移籍で獲得、2シーズンで65試合24得点「チームの目標達成へと向かっていきましょう」

2020.12.22 12:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは22日、ジェフユナイテッド千葉のブラジル人FWクレーベ(30)が完全移籍で加入したことを発表した。

クレーべは、アトレチコ・ミネイロやマリティモ、ポルト、パウメイラス、北京国安などでプレー、2019年にエストリルから期限付き移籍で加入すると、今シーズンは完全移籍となり千葉でプレーしていた。

1年目の2019シーズンは明治安田J2で38試合に出場し17得点。今シーズンは27試合に出場し7得点だった。

クレーべはクラブを通じてコメントしている。

◆横浜FC
「私のキャリアの中で、大きな意味を持つ瞬間を迎えることができ、とても嬉しく思います。横浜FCの選手としてプレーすることは、私にとって間違いなく素晴らしい経験になるでしょう。横浜FCのユニフォームに袖を通し、三ツ沢のピッチでサポーターの皆さんと共に戦える日を楽しみにしています」

「1日でも早くチームや横浜の街、新しい生活に慣れ、皆さんと共に大きな成果をあげられるようにベストを尽くします。どんな時も選手、サポーターが一丸となり、チームの目標達成へと向かっていきましょう。応援よろしくお願いいたします」

◆ジェフユナイテッド千葉
「サッカーは刺激的だ。だからこそ全ての瞬間を楽しまなくてはいけないと思う。サッカー界の大先輩達は言う“サッカー選手は短命だ” と。サッカーは愛に溢れていて、尚且つダイナミック」

「もし誰かが、『彼は、着ているこのクラブのユニフォームに対して愛がない』と言っていたら、声を大にして否定したい。私は、集中力・献身と決意を持つ事によって、その愛情が育まれ、そして確固たるものになると肌で感じました。ただ我々選手には、始まりと終わり。というサイクルが常に付きまといます。なので、少しばかり早いですが、このクラブに最大限の感謝の意を伝えたいです」

「二年ではありましたが、沢山の思い出とゴールを作る事が出来ました。それは、沢山のプロフェッショナルな方々が自分の周りにいたおかげだと思っています」

「信じられない程の素晴らしい経験や感動的な事が沢山ありました。悲しい事も。悲しい事とは?それはクラブの目標である、クラブがいるべき場所へ、返り咲かせる事が出来なかった事」

「ただ、私は胸を張ってここを出ていきます。この場を借りて、このクラブに関わる全てのスタッフに感謝申し上げます。貴方達がいたおかげで、色々な事を成し遂げる事が出来ました。心の底から感謝しています」

「サポーターの皆様と市原・千葉市民の皆様へ。私達家族にとって暮らしやすく、そして温かいこの町の虜になりました。私の家族と仲良くしてくれて本当に有難うございました。ご懇情は一生忘れません」

「そしてサポーターの皆様。みなさんが私に与えてくれた愛、私のチャントを歌うみなさんの声やリズムは間違いなく苦しい時の“燃料”になりました。一生忘れません。きっと、思い出す度に哀愁を感じる事でしょう」

「すぐまた会えるよ。これで私は間違いなく、ジェフのサポーターの一員です。ずっと応援しています。アリガトウ。ジャ、マタネ」


関連ニュース
thumb

「試行錯誤する日々」横浜FCの上尾和大社長が退任、最下位でのJ2降格に「日々の小さな積み重ねの差だと痛感」

横浜FCは4日、クラブの代表取締役社長COOの上尾和大氏(36)が退任することを発表した。後任は決定次第発表されるとのことだ。 上尾氏は、山口県岩国市出身。株式会社LEOCの営業部や事業部/支店長、人材採用部の中途採用/担当部長、外食事業部/執行役員を経て、2018年に株式会社横浜フリエスポーツクラブの代表取締役社長COOに就任していた。 2018年はJ2で昇格争いをするも、参入プレーオフで敗れ昇格ならず。しかし、2019年は2位で自動昇格を掴んだ。 2020年は久々のJ1の舞台で15位フィニッシュ。J1で2年目の2021シーズンは17選手が退団するなど大きな選手の入れ替えが起こると、シーズン開幕直後から結果が出ずに最下位転落。下平隆宏監督を解任し、早川知伸氏を監督に据え、夏には外国人を5名補強するなどテコ入れを図ったが、最後まで立て直せずに最下位でJ2へ降格していた。 上尾氏はクラブを通じてコメントしている。 「日頃より横浜FCの活動に多大なるご支援、ご協力をいただいておりますパートナー企業の皆様、地域・行政を始めとするホームタウンの皆様、本日スタジアムにお越しいただけていないファン・サポーターの皆様、2021シーズンは非常に厳しいシーズンとなりましたが、横浜FCへの応援・サポート誠にありがとうございました。また本日も多くのファン・サポーターの皆様に三ツ沢までご来場をいただき、選手への熱い応援をいただきましてありがとうございました。様々な制限がある中、こうして多くのお客様にお越しいただけるだけで非常に大きな力をいただいておりました」 「皆様には横浜FCの勝利を信じ、最後までその想いを込めていただきましたが、本日の結果も含め、J1残留を果たせなかったこと、共に戦っていただいております皆様のご期待に応えられなかったことを非常に重く受け止め責任を強く感じております」 「今シーズンは最後まで「なぜ結果が出ないのか」「その要因は何なのか」「どう改善するのか」と試行錯誤する日々でした」 「試合の結果自体は皆様の目の前で起こる90分の出来事ですが、その結果を左右するのは、日々の小さな積み重ねの差だと痛感しております。選手やチームスタッフだけではなく、クラブスタッフの日々の業務の積み重ねも含めて、一つ一つが今シーズンの結果に繋がっていたのだと思います。今シーズン味わったこの悔しさをひとり一人が胸に刻み、必ずこの舞台に戻ってくるために日々全力で取り組んでくれると信じています」 「私自身の悔しい想いは残るスタッフに託します。次の横浜FCの未来を築くための体制、皆様が期待をもって応援いただけるような体制を整え、引き継いでいくために、最後の1分1秒まで全力を尽くして参ります。約4年間本当にありがとうございました」 2021.12.04 20:43 Sat
twitterfacebook
thumb

「最後まで力が及ばなかった」横浜FCがJ2降格を受けて声明「最後の最後まで全力で戦い抜く」

横浜FCは21日、J2降格を受けて声明を発表した。 横浜FCは20日、明治安田生命J1リーグ第36節でヴィッセル神戸と対戦。勝たなければJ2への降格が決定する可能性のあった試合だったが、0-2で敗れていた。 同じく残留を争っていた清水エスパルスがサンフレッチェ広島に1-0で勝利。この結果、勝ち点差が残り2試合で「9」に広がり、J2への降格が決定していた。 今シーズンは開幕当初から結果が出ず、下平隆宏監督を解任し、早川知伸監督がシーズン途中から指揮。夏には5名の外国人選手を補強し巻き返しを目指したが、降格が決定してしまった。 横浜FCは一夜明け、株式会社横浜フリエスポーツクラブの上尾和大 代表取締役社長COOの名義で「横浜FCを応援していただいている皆様へ」と題して、声明を発表した。 「いつも横浜FCを応援いただき、ありがとうございます」 「昨日の2021明治安田生命J1リーグ第36節ヴィッセル神戸戦の結果を以て、来季はJ2での戦いとなることが決定しました」 「J1残留を果たせなかったこと、共に戦っていただいております皆様のご期待に応えられなかったことを非常に重く受け止め、責任を感じております」 「チームは開幕から勝ち星なく、監督を交代するも苦戦を強いられ前半戦を終えました」 「J1残留するために複数の外国籍選手を獲得し、その活躍もあり中断明け以降は勝点を伸ばすことはできましたが、最後まで力が及ばなかった結果となりました」 「しかし今シーズンはまだ2試合残っていますし、最後の最後まで全力で戦い抜くことに変わりはありません」 「2019年に13年ぶりのJ1昇格を決め、この2年間で皆様とともにこれまでとは違う景色を見ることができ、横浜FCはJ1の舞台にいなければならない存在であると確信しています。必ず1年でJ1に戻るために今日からその準備が始まっています」 「改めて、皆様からの引き続きの応援を宜しくお願い致します」 2021.11.21 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台、クラブ史上2度目の降格が決定…来季は13年ぶりにJ2を戦うことに

ベガルタ仙台のJ2降格が決定した。 20日、明治安田生命J1リーグ第36節でホームに湘南ベルマーレを迎えた仙台は勝たなければ他会場の結果次第で降格が決まるという状況の中、10分に先制点を奪われる苦しい展開に。ビハインドで折り返した後半は相手ゴールに迫るも、逆に一瞬の隙を突かれて2点差に引き離され、湘南の牙城を最後まで崩し切ることはできずにタイムアップを迎えた。 湘南はこれで勝ち点を「36」まで伸ばし、敗れた仙台は「27」にとどまった。一方、15時キックオフの清水エスパルスvsサンフレッチェ広島では清水が1-0でゲームを制し、勝ち点36まで上積み。この結果、仙台は残り2試合で16位清水の勝ち点36を上回ることができなくなり、2試合を残してJ2降格が決定した。 仙台は2003年シーズン以来、2度目のJ2降格。J2に戦いの舞台を移すのは2009年ぶりとなる。なお、今節の結果を受け、18位大分トリニータ(勝ち点29)、20位横浜FC(勝ち点27)のJ2降格も決定している。 2021.11.20 18:23 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫とイニエスタのゴールで神戸に敗れた横浜FC、J2降格が確定【明治安田J1第36節】

明治安田生命J1リーグ第36節横浜FCvsヴィッセル神戸が20日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で神戸が勝利を収めた。この結果、横浜FCの降格が決定した。 ホームの横浜FCは現在勝ち点27で最下位。残留圏との勝ち点差は「6」で残りは3試合のため、今節の結果次第で来季のJ2降格が確定する。一方の神戸は2連勝中で現在3位。こちらは来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に向けて3ポイント必須だ。 試合はいきなり神戸が先制する。9分、ハーフライン付近で受けたイニエスタが左サイドを駆け上がる大迫にスルーパス。大迫はボックス左に侵入。転びながらも右足でシュートを放つと、ゴール左に吸い込まれていった。 幸先の良いスタートを切ったアウェイチームは31分に追加点を挙げる。自陣でのボール奪取から武藤が左サイドを持ち上がり、ペナルティアーク付近の大迫へ。そこからボックス右へ侵攻した大迫は、岩武のファウルを受けPKを獲得。イニエスタがこれをゴール左下に落ち着いて決め、リードを広げた。 その後も試合は神戸ペースで進む。攻撃時はサイドバックと中盤の選手を中心にテンポ良くポゼッションし、守備では高い位置からプレッシングしながら常に主導権を握った。 すると36分、右サイドでボールを持った中坂がクロスを上げると、ニアサイドの大迫がダイレクトシュート。これはGKブローダーセンに弾かれたが、ゴール前でこぼれ球を菊池が押し込んでネットを揺らした。しかし、大迫の位置がオフサイドの判定となり、3点目とはならず。 後半、まずは1点を返したい横浜FCがチャンスを迎える。49分、ガブリエウが相手のライン間に絶妙な縦パスを差し込むと、これを後ろ向きで受けたマギーニョが反転してボックス前からミドルシュート。しかしこれはGK飯倉の正面に。 その4分後にも横浜FCがゴールチャンスを迎える。左サイドでパスを受けた武田がクロス。その先で完全フリーの渡邉が待っていたが、ジャンプのタイミングを上手く合わせられず、ヘディングシュートは枠の右に飛んでいった。 57分、今度は神戸が決定機を迎える。相手のバックパスを敵陣でカットした大迫がそのまま右サイドをドリブルで駆け上がると、対面したDFをかわしてボックス右に侵入し、ファーサイドの武藤へクロスを上げる。しかし、ここはガブリエウにクリアされてしまい、フリーの武藤には届かず。 その後は横浜FCがボールを保持する時間が続く。しかし、選手交代を駆使して守備の強度を保ち続ける神戸に対してチャンスをなかなか作れない。敵陣中央で獲得したFKも、名手中村俊輔のゴール右上を狙ったシュートはGK飯倉に読まれてキャッチされてしまう。 以降もロングボールを多用して相手ゴールに迫り続けた横浜FCだが、最後までネットを揺らすことはできず。一方、残留を争う湘南ベルマーレと清水エスパルスが共に勝利を収めたため、無念にもJ2降格が確定した。 横浜FC 0-2 ヴィッセル神戸 【神戸】 大迫勇也(前9) アンドレス・イニエスタ(前31) 2021.11.20 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:横浜FCvs神戸】残留へ、アジアへ、互いに欲しい勝ち点3を掴み取るのは

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 15:00キックオフ 横浜FC(20位/27pt) vs ヴィッセル神戸(3位/67pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆勝たなければほぼ終戦【横浜FC】 残り3節で最下位に位置する横浜FCにとっては、ここが正念場。残留ラインとの勝ち点差は現時点で「6」。この試合で勝っても、その道がほぼ絶たれる可能性が高い。 勝ち点差自体は可能性を残すものの、得失点差が「-40」となっており、この差を埋めることは現実的ではない。つまり、この試合では勝つしかないという状況だ。 とはいえ、可能性がないわけではない。戦わずしてJ1の舞台を去ることはせず、僅かな可能性に懸けて戦い続けるだろう。 ポイントは神戸の強力な攻撃陣をどう封じるか。アウェイでは5-0で敗れているが、今の横浜FCには武器がある。サウロ・ミネイロを中心としたカウンターは破壊力があり、ガブリエル、スヴェンド・ブローダーセンの守備も一定のパフォーマンスだ。 さらに、プレスを掛けてボールを奪うという守備は、ポゼッションをしてくる神戸にはハマる可能性が高い。デュエルで勝利をしつつ、仕留めることができれば、勝機は見える。 一方で、先制を許すと非常に苦しくなるだろう。プレス回避をされて大量失点もあり得るだけに、試合をいかにコントロールして勝利を目指すか。難しいタスクが課される。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:スベンド・ブローダーゼン DF:韓浩康、高橋秀人、岩武克弥 MF:マギーニョ、アルトゥール・シルバ、瀬古樹、武田英二郎 MF:ジャーメイン良、松尾佑介 FW:サウロ・ミネイロ 監督:早川知伸 ◆目標のアジアへ【ヴィッセル神戸】 対する神戸は5戦無敗。2連勝中と調子は悪くなく、3位を守り続けている。 今節の勝利でも3位確定の可能性があるが、とにかく勝利が必要だ。熾烈な争いをリードしたまま、最後を迎えたい。 ドウグラス、ボージャン・クルキッチと助っ人FWが相次いでケガのために帰国したが、日本代表で結果を残せなかった大迫勇也に期待がかかる。武藤嘉紀も結果を残しており、アンドレス・イニエスタが司る攻撃の威力は衰えていない。 2年ぶりのアジアの舞台に立てるかどうか。菊池流帆が引っ張る守備陣も安定感を見せており、磐石の戦いで3位確保を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、大迫勇也 監督:三浦淳寛 2021.11.20 11:46 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly