オックスレイド=チェンバレンの復帰を喜ぶヘンダーソン「チームにとって大きな存在」

2020.12.22 12:36 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールでキャプテンを務めるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、チームメイトである同代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの復帰を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。

リバプールは19日に行われたプレミアリーグ第14節で、クリスタル・パレスと対戦。前節トッテナムとの首位攻防戦を制し勢いに乗るチームは、この日も攻撃力が爆発する。日本代表FW南野拓実の先制ゴールを皮切りに、ゴールを量産。ヘンダーソンにも今季初ゴールが生まれ、7得点の大勝を飾った。

また、この試合ではリーグ開幕前のキャンプでヒザを負傷し、長期離脱となっていたオックスレイド=チェンバレンが75分に投入され、今季初出場を記録。1アシストをマークしている。

リバプールでこれまで公式戦88試合に出場し、13ゴール11アシストを記録しているオックスレイド=チェンバレンの復帰について、ヘンダーソンもクリスタル・パレス戦後のインタビューで「オックス(オックスレイド=チェンバレン)の復帰は嬉しいよ」と喜んだ。

「彼は復帰するため非常に懸命に働いていた。(試合でのプレーは)シャープに見えたし、よくやってくれたと思う。彼がもっと多くの出場時間を得られるといいね。僕らのチームにとって大きな存在だ」

また、ヘンダーソンはインタビューの中で、これから始まる過密日程を乗り越えていくため、オックスレイド=チェンバレン以外にも数人のケガ人の復帰を期待していると語った。

「次の試合までの間で少し休息をとれるが、その後は試合に次ぐ試合になる。そのための準備が必要だ」

「だから、選手の何人かが負傷から復帰したり、フィットネスレベルを向上させたりすることを期待しているよ。これからの数週間は、僕らにとって重要な時期になるね」

関連ニュース
thumb

アーセナルから38億円で獲得も…MFウィロックがまさかの地面を蹴り負傷離脱

ニューカッスルのMFジョー・ウィロックが、なんとも残念なケガをしてしまった。 今夏自身が育ったアーセナルを旅立ち、2940万ユーロ(約38億円)でニューカッスルへと完全移籍したウィロック。昨シーズン後半戦をレンタル移籍で過ごしたニューカッスルでは、出場したシーズンのラスト7試合連続でゴールを決めるなどの活躍を見せていた。 アーセナルはチームに留めようとしたものの、その活躍もありスティーブ・ブルース監督が獲得を熱望。ウィロックもレギュラーポジションが取りやすいニューカッスルへと移籍を決断していた。 しかし、今シーズンのウィロックは試合にこそ出場するものの、昨季の輝きはここまで発揮できず。プレミアリーグ4試合でゴールもアシストも記録していない状況だった。 移籍金を支払ってまで獲得するも、なかなか輝けないウィロック。チームとしても結果が出ていない中、週末のワトフォード戦にはまた問題を抱えることとなった。 ブルース監督は試合に向けた記者会見に出席。ウィロックが負傷したことを明かしたが、なんとも残念な結果だった。 「ジョーは全くの偶然だ。不運なことに、地面を蹴ってしまい、足の指を負傷した」 試合中のケガでもトレーニング中の味方との接触でもなく、まさかの自爆という状況。離脱期間などは明かされていないが、まさに踏んだり蹴ったりだろう。 なお、ニューカッスルは、DFジャマール・ラッセルズが太ももを痛めて離脱。FWカラム・ウィルソン、MFジョンジョ・シェルヴェイ、DFポール・ダメットも離脱している状況と、苦しい台所事情となっている。 2021.09.24 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「赤でなければ黄」故意か否か真偽は?マティッチのヒザが相手の股間を捉える「ボールを蹴っただけ」

マンチェスター・ユナイテッドのセルビア代表MFネマニャ・マティッチに金的疑惑が掛けられている。 ユナイテッドは22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウェストハムをホームに迎えた。同一カードとなっていた3日前のプレミアリーグ第5節アウェイでの一戦からスタメンを全選手変更して臨んだ。 マティッチはこの試合に先発出場。ビハインドで迎えた60分に差し掛かるあたりでウェストハムのチェコ代表DFヴラディミール・ツォウファルと交錯するが、そのシーンが一部ファンの間で取り沙汰されている。 マティッチはツォウファルのパスを左足でブロック。その勢いのまま、ワンテンポ遅れて左ヒザでツォウファルの股間を蹴り上げているようにも見えるのだ。 意図的なのかそうではないのか、非常にデリケートな解釈となりそうな場面。SNS上には「ボールを蹴っただけなのでファウルはないよ」、「彼が座っていたらチェックしたかも」、「赤でなければ、少なくとも黄」などのコメントが寄せられた。 この日のユナイテッドは立ち上がり早々に失点を喫すると、最後まで相手ゴールを割れずに0-1で敗戦。3日前のリーグ戦では2-1で勝利していたが、リベンジを成された恰好だ。 <span class="paragraph-title">【動画】ワンテンポ遅れている?マティッチは相手の股間にヒザを入れているようにも…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">How did Matic get away with this <a href="https://t.co/ZhvVhgnsV0">pic.twitter.com/ZhvVhgnsV0</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1441032102573707267?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェルナー、バイエルン前会長とアドバイザーに無理やり契約を結ばされていた?

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに関して、驚きの情報が舞い込んできた。ドイツ『Der Spiegel』が報じている。 2020年夏にライプツィヒからチェルシーに移籍したヴェルナー。だが、2018-19シーズンにバイエルンとの間で2020年夏の加入という内容にサインしていたようだ。情報では、ヴェルナーのアドバイザーを務めていたというカールハインツ・フェルスター氏が、当時の同クラブの会長であったウリ・ヘーネス氏と結託して交渉を進めていたという。 しかし、ヴェルナー本人にバイエルンへ移籍するつもりはなかった。それは、2020年のドイツ『キッカー』のインタビューで「いつか移籍について考えるのであれば、バイエルンへの移籍よりも海外を考えるよ」とコメントしたことからも明らかとなっている。 不本意ながら契約を完了させたというヴェルナーは、後々になって当時のバイエルン指揮官ニコ・コバチとスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏が移籍に反対していたことを知り、フェルスター氏に契約解除を猛烈に迫ったそう。 そして、ヴェルナーは晴れてチェルシー行きを果たすこととなった。ところが現在、そのフェルスター氏と、同選手のチェルシー移籍を主導したムラト・ロクル氏が裁判で争っているようだ。 『Der Spiegel』によると、バイエルン移籍が破談となった後、フェルスター氏はリバプールと交渉していた模様。年俸1200万ユーロという好条件だったが、こちらも契約はまとまらず最終的にチェルシーへ。 フェルスター氏はこの時にロクル氏が違法な手段を取っていたとして、数百万ドル規模の裁判をおこしているという。 2021.09.24 20:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが公開したベッカムの“29年前デビューショット”に本人も反応「とっても若い」

元イングランド代表デイビッド・ベッカム氏(46)がマンチェスター・ユナイテッドでデビューしてから29年が経った。 ユナイテッドの下部組織育ちのベッカム氏は、1992年の9月23日に行われたブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でトップチームデビュー。徐々に出場機会を増やしていくと、ベッカム氏とともに1992年にデビューした、ライアン・ギグス、ポール・スコールズ、ギャリーとフィルのネビル兄弟、ニッキー・バットら「92年組」とともに、サー・アレックス・ファーガソン監督のもとでクラブの黄金期を築いた。 ユナイテッドの公式インスタグラムは23日、ベッカム氏がトップチームデビューを果たした17歳当時の写真を含め、5枚の写真を投稿。17歳のベッカム氏は右手にくしを持ってブロンドの髪を整えているが、その表情はとても幼く、好青年だ。 これには、ベッカム氏本人も「とっても若い」と思わず反応。ファンからも「かっこいい」「美しすぎる」「ハンサム」といった当時から際立っていた端正な容姿を絶賛する声や、「体つきが全然違う」とユナイテッド在籍中にフィジカル面で変化している様子に驚く声もあった。 ユナイテッドでは、エリック・カントナの現役引退以降栄光の背番号「7」を着用し、在籍11シーズンで、6度のタイトルを獲得したベッカム氏。クラブとの絆は今なお固く結ばれているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】まだ幼い!29年前のベッカム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/OnThisDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnThisDay</a> in 1992, David Beckham made his debut for the club <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PhotoOfTheDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PhotoOfTheDay</a> <a href="https://t.co/PdR3335BG9">pic.twitter.com/PdR3335BG9</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1441026807344635908?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

破産のダービー、ルーニー監督は未だ会長と連絡付かず「失望している」

先日に破産が決定したダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督が、メル・モリス会長への失望感を露わにしている。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 2015年のメル・モリス氏のクラブ買収以降、クラブ運営において2億ポンド(約298億円)もの損失を被っているダービー。さらに、新型コロナウイルスの影響により、昨シーズンは2000万ポンド(約29億8000万円)もの収入減となり、今月17日に破産申請の手続きを開始した。 そして、20日に管財人としてビジネス・アドバイザリー会社『Quantuma』のマネージング・ディレクターを務めるアンドリュー・ホスキング氏、カール・ジャクソン氏、アンドリュー・アンドロニコウ氏が任命され、破産申請が受理された。 先日にクラブが破産手続きを開始したことをTVで知ったというルーニー監督は、『ガーディアン』の取材で未だメル・モリス会長と連絡がつかないことを明かした。 「8月9日以降、メルとは話をしていない。クラブドクターの電話を使って連絡を取ったことがある」 「その電話に出たため、彼はクラブドクターからの電話には出られても、監督からの電話には出られないのだと私は悟った。それは理想的な関係ではなかった」 「22日にメルは選手とスタッフに向けてグループミーティングを行った。私もそのミーティングに参加したが、一対一では電話もメッセージもなく、まだ何も聞いていない状況だ」 「また、ミーティングに関しても、私の意見では、あれは誠実や正直さに欠け、十分に心のこもったものではなかった」 「だが、彼は明らかに前に進んでおり、我々もメル・モリスのことは頭の片隅に置いて前を向いていかなければならない。私はこの仕事を非常に真剣に受け止めており、最高の準備をしたいと思っているよ」 なお、ダービーは破産申請が受理されたことで、イングランド・フットボールリーグ(EFL)の規定により勝ち点12がはく奪され、勝ち点-2の最下位に転落。また、EFLの利益と持続可能性に関する規則違反で、さらに勝ち点9を失う可能性も残っている。 2021.09.24 17:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly