中国スーパーリーグが年俸上限を設定、外国人の年俸は3億8000万円

2020.12.16 13:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国スーパーリーグが、2021シーズンからのサラリーキャップ制度導入を発表した。

かつては“爆買い”が大きな話題となり、ヨーロッパで活躍するトッププレーヤーを資金力に任せて大量に獲得していた中国スーパーリーグのクラブたち。しかし、近年は中国サッカー協会(CFA)の方針転換などもあり、給与面などが改善されている。

また、クラブの給与未払い問題や、クラブの消滅などを繰り返した中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて変則的なシーズンを過ごしていた。
その中国スーパーリーグは、2021シーズンからサラリーキャップを導入することを発表。外国人選手の年俸は300万ユーロ(約3億8000万円)を上限、国内選手は500万元(約8000万円)を上限とすることになった。

なお、この制限を超えたチームに関しては、最大で勝ち点24が剥奪されることとなる。また、選手はCFA主催の試合への出場停止措置を受ける可能性もあるとのことだ。

中国スーパーリーグではチェルシーなどでプレーした元ブラジル代表MFオスカルが6000万ユーロ(約75億5000万円)で上海上港で加入。年俸は2300万ユーロ(約29億円)であり、今回も受けられる上限のおよそ8倍をもらっていた。

CFAがサラリーキャップ制度を導入する理由は「マネーフットボール」の抑制と中国代表への「投資バブル」をもたらしたいとのことだ。

CFAの陳戌源会長は、「中国スーパーリーグのクラブの支出は、韓国のKリーグの約10倍、日本のJリーグの3倍となっている。しかし、我々の代表チームははるかに遅れをとっている」とコメントしている。

FIFAランキングで見れば、中国は75位に対し、韓国は38位、日本は27位となっており、会長の言葉通りコストに対して代表強化が進んでいないのが現状だ。

なお、1月1日から有効となり、2部と3部でもサラリーキャップ制度が導入されるとのことだ。


関連ニュース
thumb

【足球日記】苦しい時代の今、中国でのチーム選び

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の血を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第11回 苦しい時代の今、中国でのチーム選び ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 今回のコラムは、こんな時代だからこそより慎重にならなければいけない中国でのチーム選びについて自分の経験をもとに書いてみました。 <span class="paragraph-subtitle">報告</span> 今シーズン四川九牛FCと契約更新したことをご報告します! (すでに今シーズンは終盤で、遅めの報告になります、、) コロナ禍の影響で日中の行き来が難しい状況での契約満了だったため、昨シーズン終了前から大きな不安がありました。 今の時代トライアウトのために日本から中国に戻る事を考えると、何とかしてトライアウト免除での契約を取りたいと考えていました。 シーズン終了後日本で待つ家族のもとに帰り、夢のような時間を過ごしながらも来シーズンどうするかまだ決まってはいませんでした。 所属クラブから契約更新の話を頂いてはいましたが、契約内容の交渉などは日本から電話でやりとりをしていました。 有難いことに別クラブからもオファーをもらっていましたが、四川九牛FCとの契約更新を選びました。 僕自身、サッカー選手としての道のりは決して順調ではなく、常に大きなリスクと隣り合わせです。 もちろん僕自身がシーズンを通して結果を出し、資金力もあるビッグクラブに引き抜かれるような選手であれば、ここまで危ない道のりではなかったと思います。 間違いなくうまく行かないことの方が多かったですが、それ故に色々な経験ができ、サッカー選手として、人として、より成長に繋がっていると感じています。 <span class="paragraph-title">波瀾万丈のプロ一年目</span> 2019年に中国3部リーグでプロとしてデビューを果たしました。そこで本当に色々な経験をさせてもらい、中でも2度と経験したくないのは給与の未払いと所属クラブの解散です。 当時、シーズンが始まり4ヶ月目には給料が滞り始め、チーム全体で大きなストレスを抱えることになりました。 まだ1年目だったので“これも経験、そんなことよりここで結果を出してステップアップしていかなければいけない”と自分を鼓舞しながらリーグ最後まで戦いました。 何とか残留を決め、オフシーズンに入り日本に帰ってクラブの今後についての連絡を待っていましたが 結果は“解散”。 事前に解散の可能性もあると聞いていたので、早めに次の準備はしていました。しかし、ここでコロナウィルスが猛威を奮い始めます。 それでも行くしかないと心に決めトライアウトを受けるために中国に戻り始めての14日間隔離生活を経験しました。 <span class="paragraph-subtitle">選択</span> 隔離生活を終え、深センという街の3部リーグのチームのトライアウトを受けることになっていました。 元々2018年に深センのセミプロのチームに所属していたこともあり、その3部のチームへの加入はほぼ決まっていました。 コロナの影響でチームの活動が延期し、ホテルで待っていると知り合いのコーチからいきなり連絡が来ました。 「あるクラブがFWを探している、そのクラブは今シーズンから繰り上げで2部昇格の可能性もある」という内容でした。 しかも、たまたま当時泊まっていたホテルからタクシーで行ける距離でキャンプを行なっていて、早速次の日にトライアウトを受けにいきました。 クラブは僕に対して関心を持ってくれて、このままトライアウト生として帯同してほしいと言われました。 確実に契約書をもらえる方に行くか、2部昇格の可能性をもつクラブでトライアウトを続けるか、かなり葛藤しました。 結果、チャレンジすることを決めて深センのチームにはちゃんと説明をして理解を得ることができました。 そして、トライアウトに合格し加入が決まったのが現所属の四川九牛でした。さらにその年から繰り上げで2部に昇格することも決まり、チャレンジして本当に良かったと思うことができました。 <span class="paragraph-title">運命を分けたチャレンジ</span> 四川九牛での一年目シーズンは全く思い通りにはいかず、精神的にもかなり苦しいシーズンを過ごすことになりました。 しかし、そのシーズン3部リーグの深センのチームは給料未払いの挙句リーグ終了後にチームは解散となっていました。 あの時深センに残っていたら2年連続同じ経験をすることになり、おそらくサッカーをやめていたでしょう。 ゾッとする反面、自分にチャンスをくれた四川九牛には感謝しかありません。 結果論ではありますが、自分自身つくづく運が良いと感じました。 これまでの経験から、まずサッカーに集中できる環境が整っているクラブに行くことが今後ステップアップするために最低限必要な条件だという答えに辿り着きました。 もちろん、何が起こるかわからない世界なので、必ずしも理想通りにいくかはわかりません。 <span class="paragraph-title">2022年シーズン</span> 今シーズンも昨シーズンと同様集中開催となっています。試合日程を4段階に分け、3都市(大連・唐山・南京)を拠点とし、各都市に6チームずつ振り分けられて試合を行います。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/natsu221026_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span style="font-size:0.8em;">[唐山の宿泊施設にあるトレーニングジム]</span><hr> 練習と試合以外で宿泊施設からの外出はできません。3シーズン目となると大変ですが流石に慣れてきます。少しでも早く正常に戻ることを祈っています。 現時点(2022/9/22)で22節が終わり、個人としてはリーグ・カップ戦合わせて3ゴールと理想的ではないですが、限られた出場時間の中で奮闘しています。 今シーズン悔しさを感じることの方が多いですが、最後まで全力で走り切ります! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/natsu221026_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) <div id="cws_ad">Twitterアカウント:<a href="https://twitter.com/TatsuryuX" target="_blank">@TatsuryuX</a><br/>Instagramアカウント:<a href=https://www.instagram.com/natsu_dalong/" target="_blank">@natsu_dalong</a></div> 2022.10.26 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

かつては“アザール”とも称された、エスパニョールのアルゼンチン代表FWバルガスが上海海港へ完全移籍

エスパニョールは25日、アルゼンチン代表FWマティアス・バルガス(25)が中国スーパーリーグの上海海港に完全移籍で加入することを発表した。 バルガスはべレス・サルスフィエルドから2019年7月にエスパニョールへと完全移籍で加入。2021-22シーズンはトルコのアダナ・デミルスポルへとレンタル移籍していた。 エスパニョールでは公式戦57試合で5ゴール8アシストを記録。昨シーズンはスュペル・リグで36試合に出場し5ゴール13アシストを記録していた。 かつてはアルゼンチンの“エデン・アザール”とも称され、逸材として大きな期待が寄せられていた。 アルゼンチン代表としても2試合プレーしているバルガス。U-23アルゼンチン代表として、東京オリンピック前にU-23日本代表とのフレンドリーマッチで来日し10番を背負っていたが、本大会のメンバーからは外れていた。 上海海港には、チェルシーなどでプレーした元ブラジル代表MFオスカルやポルトなどでプレーしたブラジル人MFパウリーニョなどが所属している。 今シーズンは中国スーパリーグで13試合を終えて7位と中位に位置している。 2022.08.25 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、アーセナルの下部組織育ち…かつて大きな期待を寄せられたフラン・メリダが中国スーパーリーグの天津津門虎に加入

中国スーパーリーグの天津津門虎は5日、スペイン人MFフラン・メリダ(32)が完全移籍で加入することを発表した。 メリダはバルセロナのカンテラ育ちで、2005年7月にアーセナルのU-18へと加入。元スペイン代表MFフランセスク・ファブレガスの再来として大きな注目を集める。 2007年7月にアーセナルのファーストチームに昇格。レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験するが、その後はアーセナルでも出番がほとんどなく、2010年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍する。 しかし、アトレティコでも期待された活躍はできず。ブラガへのレンタル移籍を経験すると、2012年8月にエルクレスへ完全移籍。その後は、アトレチコ・パラナエンセやウエスカ、オサスナと渡り歩き、2020年8月からエスパニョールでプレーしていた。 2021-22シーズンはラ・リーガで10試合、コパ・デル・レイで3試合に出場も退団。中国へと活躍の場を移した。 天津津門虎は、かつて天津泰達というチーム名で活動していた中。2021年に中国スーパーリーグのルールでチーム名を変更。その後、天津泰達グループがクラブを手放していた。 2022.08.06 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉のFWサウダーニャが中国の成都銭宝へ期限付き移籍「この決断に後悔はありません」

ジェフユナイテッド千葉は4日、ブラジル人FWサウダーニャ(22)が中国スーパーリーグの成都銭宝足球倶楽部へ期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2022年12月31日までとなる。 サウダーニャはブラジルのバイーアから2021年に期限付き移籍加入。明治安田生命J2リーグ31試合出場で3得点という数字を収めていた。 今シーズンもJ2で16試合に出場し1得点を記録。しかし、シーズン途中での中国移籍を決断した。 サウダーニャはクラブを通じてコメントしている。 「まずこの場を借りて、クラブに関わるスタッフを始め仲間である選手達や千葉で出来た友達、そして何よりもサポーターの皆様に心からの感謝を伝えたいです」 「ここで経験した事は、他では経験が出来ない素晴らしいものでした。これらの経験はプロ選手としてはもちろん、1人の人間としても自分を成長させてくれました。もちろん、その過程において失敗もしましたが常に“進化をする為に”自分のベストを尽くしたつもりです」 「人生を歩んでいく上で、全てに意味がありそこで起こる事全ては自分の成長に繋がるものだと思う。なのでこの決断に後悔はありません。そしてサポーターの一つ一つの手拍子や私に対しての愛情、心の中で出してた声援全てに感謝します」 「残念ながら私たちが共に歩む物語はここで“一旦ストップ”します。またね。またお会いしましょう。本当にありがとうございました」 2022.08.04 15:48 Thu
twitterfacebook
thumb

【足球日記】中国2部リーグ、2シーズン目を振り返って

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の血を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第10回 中国2部リーグ、2シーズン目を振り返って ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/natsu220314_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 中国2部リーグでの2シーズン目もイレギュラーな環境の下、多くの人達のおかげで無事に全ての試合を行うことができました。200日以上の隔離生活はなかなかできない体験で、最後の方は精神的にも疲弊しきっていました。 もちろん僕個人だけの挑戦であれば途中で諦めていたでしょう。日本から応援してくれている家族や四川九牛クラブに関わる全ての人のおかげで乗り越えることができたと思っています。 ■四川九牛クラブとしての2021シーズン結果 ・リーグ戦成績18チーム中8位 ・カップ戦ベスト8(2部所属チーム内トップの成績) ■個人としての2021シーズン ・出場数:(リーグ)25試合/先発9(カップ戦)5試合/先発2 ・ゴール数:4 ・アシスト数:3 ・リーグ第16節 ベストイレブン選出 ・カップ戦ベスト16 MOM選出 シーズン序盤での外国人選手の負傷や過密スケジュールの中、この成績を残せた事はクラブや選手にとって次に繋がる良いシーズンとなりました。 個人としては、シーズン序盤は結果が出ませんでしたが、その後の限られた出場時間の中で結果を出すことができ、選手として大きく成長できたシーズンとなりました。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/natsu220314_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 今シーズンは控えスタートが多く、なかなか先発で出られない状況が続いていましたがそれでもいつも通り自分のプレーをすること、その大切さに気付かされました。監督としてもプレーの調子に波がある選手は使いずらく、もっと言えばプレースタイルや特徴がはっきりしている選手の方が使われやすいと思います。その為、今シーズンは徹底的にポストプレーとヘディングを意識してプレーし、何とか自分の形を作ることができました。 スタメン起用されない状況は中学高校と何度も経験してきましたが、プロになってからでは悔しさだけではなく危機感や不安などまた別の感覚に襲われます。その状況を打破するにはやはり結果しかありません。結果を出すためにはどんな状況、環境であろうとも自分を強く持ってチャレンジし続けることが大切だと思っています。来シーズンもまたどんな状況で中国リーグが行われるかはわかりませんが、常に自分らしくチームに貢献し、1点でも多くゴールを取れるように頑張ります。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/natsu220314_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021年シーズン終了後、1年ぶりに家族に会いました。コロナの影響でシーズン中一度も日本に帰れず、日本からも家族は来られず、生まれたばかりだった息子は1歳になり、久しぶりの再会も僕のことを全く誰かわかっていませんでした。ほぼ毎日ビデオ通話してはいましたが、やはりちゃんと認識するのは難しいようです(そもそも生後4日間しか一緒にいられなかった。。。 1年間慣れない子育てを一生懸命してくれた妻には感謝しかありません。帰国後実際に子育てをしてみてやっと妻の苦労を身をもって感じることができました。改めて海外でサッカー選手として生活している反面、パンデミックによる規制で会えない家族との大切な時間を犠牲にしていたと強く感じました。 それでは、来シーズンも結果が残せるよう良い準備をしていきます!今後とも応援よろしくお願いします。来シーズンに関しては次回ご報告させていただきます! <hr>◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) <div id="cws_ad">Twitterアカウント:<a href="https://twitter.com/TatsuryuX" target="_blank">@TatsuryuX</a><br/>Instagramアカウント:<a href=https://www.instagram.com/natsu_dalong/" target="_blank">@natsu_dalong</a></div> 2022.03.14 22:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly