中国スーパーリーグが年俸上限を設定、外国人の年俸は3億8000万円

2020.12.16 13:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国スーパーリーグが、2021シーズンからのサラリーキャップ制度導入を発表した。かつては“爆買い”が大きな話題となり、ヨーロッパで活躍するトッププレーヤーを資金力に任せて大量に獲得していた中国スーパーリーグのクラブたち。しかし、近年は中国サッカー協会(CFA)の方針転換などもあり、給与面などが改善されている。


また、クラブの給与未払い問題や、クラブの消滅などを繰り返した中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて変則的なシーズンを過ごしていた。

その中国スーパーリーグは、2021シーズンからサラリーキャップを導入することを発表。外国人選手の年俸は300万ユーロ(約3億8000万円)を上限、国内選手は500万元(約8000万円)を上限とすることになった。

なお、この制限を超えたチームに関しては、最大で勝ち点24が剥奪されることとなる。また、選手はCFA主催の試合への出場停止措置を受ける可能性もあるとのことだ。

中国スーパーリーグではチェルシーなどでプレーした元ブラジル代表MFオスカルが6000万ユーロ(約75億5000万円)で上海上港で加入。年俸は2300万ユーロ(約29億円)であり、今回も受けられる上限のおよそ8倍をもらっていた。

CFAがサラリーキャップ制度を導入する理由は「マネーフットボール」の抑制と中国代表への「投資バブル」をもたらしたいとのことだ。

CFAの陳戌源会長は、「中国スーパーリーグのクラブの支出は、韓国のKリーグの約10倍、日本のJリーグの3倍となっている。しかし、我々の代表チームははるかに遅れをとっている」とコメントしている。

FIFAランキングで見れば、中国は75位に対し、韓国は38位、日本は27位となっており、会長の言葉通りコストに対して代表強化が進んでいないのが現状だ。

なお、1月1日から有効となり、2部と3部でもサラリーキャップ制度が導入されるとのことだ。
関連ニュース
thumb

ロシアW杯の日本戦でゴールの元コロンビア代表MFキンテーロが中国の深センへ完全移籍

中国スーパーリーグの深センは1日、リーベル・プレートの元コロンビア代表MFフアン・キンテーロ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キンテーロは母国のエンビガードでキャリアをスタート。その後は、アトレティコ・ナシオナルへと移籍すると、2012年7月にペスカーラへとレンタル移籍。2013年7月に完全移籍を果たしていた。 その後、2015年8月にポルトへと完全移籍。ポルト加入後もレンタル移籍を繰り返し、スタッド・レンヌやインデペンディエンテ・メデリン、リーベル・プレートでプレー。2019年1月にリーベル・プレートへと完全移籍していた。 リーベル・プレートでは公式戦60試合に出場し10ゴール7アシストを記録していた。 優れたボールテクニックとドリブル、精度の高いキックやパスのアイデアが特徴のキンテーロはトップ下を中心に、中盤の様々なポジションでプレーが可能な攻撃的な選手だ。 また、コロンビア代表としても22試合に出場し3ゴールを記録。2014年、2018年とワールドカップに2度出場し、ロシア・ワールドカップでは日本代表戦で壁の下を抜く絶妙なFKからゴールを記録していた。 2021.03.02 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「彼らは皆ウソつき」活動停止発表の江蘇に所属する元イタリア代表FWエデルが不満爆発「移籍を妨げた」

江蘇に所属していた元イタリア代表FWエデルが、突然のクラブの活動停止を受けて怒りをぶちまけた。 エデルは、エンポリやフロジノーネでプレーしたあと、サンプドリアで飛躍。2016年1月にインテルへとレンタル移籍を経験すると、同年7月には完全移籍。2018年7月から江蘇でプレーしていた。 イタリア代表にまで上り詰めたエデルは、インテルも保有する蘇寧グループの江蘇へと移籍。2020シーズンはクラブ史上初となる中国スーパーリーグ優勝を果たしていた。 しかし、クラブは2月28日に突如活動停止を発表。中国スーパーリーグの新シーズン開幕直前の発表は、大きな話題となった。 そのエデルは、今回の騒動に対してイタリア『スポーツ・イタリア』で内情を激白。クラブに騙されていたと怒りを露わにし、不満を打ち明けていた。 「蘇寧はサッカーへの投資を続けない。彼らは全てのスタッフと選手を軽蔑し、給与なしで我々を切り捨て、他のクラブでプレーすることを妨げた」 「彼らは皆ウソつきだった。僕たちは蘇寧グループのために素晴らしいことをし、中国のリーグ戦を制したけど、僕たちにふさわしい待遇とリスペクトを得ることはできなかった」 「蘇寧グループが破産した場合、僕はそれを理解する。でも彼らが僕たちに対する扱いは理解できない」 「僕たちはホテルに数カ月間閉じ込められた状態で、蘇寧の名前を世界中に広めた。でも、このような扱いを受けたんだ」 「スポーツ・ディレクターは常にウソつきであることを証明した。彼が僕たちに約束したことなど、決して尊重されない」 2021.03.01 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

中国激震!かつて“爆買い”で話題をさらった中国王者の江蘇が活動停止、ACLでは名古屋と同居

かつては“爆買い”によりサッカー界でも大きな注目を集めた中国スーパーリーグの江蘇(元江蘇蘇寧)が、活動停止を発表した。 元チェルシーのMFラミレスや元シャフタール・ドネツクのMFアレックス・テイシェイラ、元名古屋グランパスのFWジョーを始め、一時はヨーロッパのトップクラブでプレーした選手たちを高額な移籍金で獲得する“爆買い”で大きな話題を呼んだ江蘇蘇寧。中国の大手家電グループである蘇寧電器が親会社となっていた。 蘇寧電器はセリエAのインテルのオーナーも務めている有力企業だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて業績が悪化。インテルも身売りしようと画策していることが何度も報じられて来た。 そんな中、中国スーパーリーグの開幕を目前に控えた2月28日に江蘇がWeibo(中国版ツイッター)の公式アカウントで声明を発表。活動停止の理由を説明した。 「2015年12月以来、江蘇足球倶楽部はプロサッカー部門で積極的に投資し、中国サッカーの発展を強力にサポートして来ました」 「国際基準を備えたプロのサッカートレーニング施設を迅速に構築し、世界の高度なサッカークラブの管理システムを立ち上げました」 「ワールドクラスのコーチングチームとプロ選手のグループを作り、クラブのマネジメントクオリティと競争力を大幅に向上。同時に、ヨーロッパサッカーのユーストレーニング指導者の紹介や、国内のクオリティの高い文化的、教育的リソーの移植、サッカースキル、健康面やメンタリティなどのユーストレーニングシステムを構築しました」 「過去5年間、クラブのすべての監督、選手、スタッフのプロフェッショナルかつ献身的な努力とファンの熱心なサポートにより、江蘇足球倶楽部は目覚しい成果をあげました」 江蘇は爆買いをスタートさせた2015年に国内カップで優勝。2020シーズンの中国スーパーリーグでは初優勝を遂げ、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する予定。名古屋グランパスと同じグループに入っていた。 しかし、財政面での大きな問題があり、今後の活動が保証できないため、シーズン前のこの段階で活動停止を発表したという。 「制御できないさまざまな要素が重なっているため、江蘇足球倶楽部はスーパーリーグとAFC(アジアサッカー連盟)での継続的な戦いを効果的に保証することはできません。過去6カ月間、クラブは後継者を求めて全力を尽くし、クラブの株式を誠意を持って譲渡し、江蘇足球倶楽部の相続のチャンスをあきらめませんでした」 「2021年シーズンを戦う上で、クラブの最高の栄誉を勝ち取った選手やクラブをクラブと共有するファンをあきらめることには消極的ですが、残念な発表をしなればなりません。今後、江蘇足球倶楽部は停止します」 現在のチームにはアトレティコ・マドリーやインテルでプレーした元ブラジル代表DFミランダやサンプドリアやインテルでプレーした元イタリア代表FWエデルらが在籍していた。 2021.03.01 13:06 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季まで横浜FMでプレーしたFWエリキが中国の長春亜泰に加入、背番号「11」

中国スーパーリーグの長春亜泰は、昨シーズンまで横浜F・マリノスでプレーしたFWエリキ(26)をパウメイラスから獲得したことを発表した。 エリキはゴイアスやパウメイラス、アトレチコ・ミネイロ、ボタフォゴでプレー。2019年8月にパウメイラスから横浜FMへ期限付き移籍で加入していた。 横浜FMでは、J1通算41試合21得点、リーグカップ通算2試合出場、天皇杯通算1試合1得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で3試合1得点を記録していた。 2020シーズンは明治安田J1で29試合に出場しチーム最多タイの13得点を記録。パウメイラスと横浜FMは完全移籍に向けて年内から交渉を進めており、横浜FMの年末年始休暇を経てまとまるものだと報じられていたが、1月13日に退団していた。 なお、2021シーズンは背番号「11」をつけるとのことだ。 また、長春亜泰は元デンマーク代表DFヨレス・オコレ(28)をデンマークのオールボーから獲得していた。 2021.02.27 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

元ガンバ大阪のFWアデミウソンが中国移籍へ、2部昇格の武漢三鎮の加入迫る

昨シーズン途中にガンバ大阪との契約が解除されたFWアデミウソン(27)が、中国でプレーすることになるようだ。中国『新浪』が報じた。 アンダー世代のブラジル代表としてもプレーし、Jリーグでは横浜F・マリノス、ガンバ大阪でプレーしたアデミウソン。Jリーグで6シーズンプレーし、154試合42得点を記録していた。 しかし、10月末に道路交通法違反(酒気帯び運転、報告義務違反)を犯し書類送検。その後は被害者との示談が成立。クラブは12月28日にアデミウソンと契約を解除していた。 自らの過ちでクラブを去ることとなったアデミウソンだが、新天地は中国になるようだ。 報道によると、アデミウソンの獲得に動いているのは武漢三鎮という中国2部のクラブになるようだ。 一方で、代理人は山東泰山(かつて山東魯能)への移籍をアデミウソンに勧めたとのことだが、クラブが浦和レッズのFWレオナルドの獲得を選んだとのこと。その際に、武漢三鎮が獲得に動いたようだ。 クラブとアデミウソンは1月に基本合意に達していたとのこと。3部から昇格した武漢三鎮にとっては、実績ある選手の獲得は大きな補強となる。 2021.02.20 13:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly