町田、ランコ・ポポヴィッチ監督続投を発表 来季は「成果をしっかりと見せていきたい」

2020.12.12 18:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©FCMZ
FC町田ゼルビアは12日、ランコ・ポポヴィッチ監督(53)の続投を発表した。

かつて大分トリニータやFC東京、セレッソ大阪も指揮した経歴を持つランコ・ポポヴィッチ監督は今季、2011年にも率いた町田の監督に復帰。初年度の今季は明治安田生命J2リーグ残り3節の現時点で10勝13分け16敗の19位に位置している。

来季も指揮を執ることで合意に至ったランコ・ポポヴィッチ監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。
「クラブのビジョンに共感し、来シーズンも指揮を執ることになりました。今シーズンは若手を育てながらチームの土台を作るということに取り組んできました。来シーズンは選手たちのさらなる成長を期待しています。チームとして良い準備をし、その成果をしっかりと見せていきたいと思います」

「ファン・サポーターの皆さんに喜んでもらえるような試合を見せるために、私が約束できるのは我々の力をすべて出しきってクラブとしての成功を勝ち取るシーズンにするということです。引き続き我々と一緒に戦ってください。よろしくお願い致します」


関連ニュース
thumb

町田が秋田MF稲葉修土を完全移籍で獲得「新たな歴史を共に創りましょう」

FC町田ゼルビアは25日、ブラウブリッツ秋田からMF稲葉修土(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 稲葉は立正大淞南高校、福岡大学からアルビレックス新潟シンガポールを経て、2018年にカターレ富山に加入、2020年から秋田でプレーしていた。 富山ではJ3で通算54試合出場、秋田ではJ2で通算73試合に出場していた。 稲葉はクラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。ブラウブリッツ秋田より加入することになりました稲葉修土です。イナと呼んで下さい!」 「クラブの勝利の為に全身全霊を懸けて戦います。新たな歴史を共に創りましょう。よろしくお願いします!」 ◆ブラウブリッツ秋田 「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様。この度、FC町田ゼルビアに移籍することになりました」 「J3を圧倒的な力で優勝し、J2初年度となるクラブに加わり、誰も経験したことがない世界へ挑戦をする一員になれることに胸を踊らせた2年前。チームメイトがとても暖かく迎え入れてくれ、「こんなチームあるのか」と感動したのを鮮明に覚えています」 「そして加入後2年間、どんなときもスタジアムが秋田一体となり、選手の後押しをしてくださったファンサポーターの皆様。雪の日も、強風が吹く日も皆さんの拍手・声援がもう1m、あと1歩と僕を突き動かしました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「また、男鹿の大自然・美しい田沢湖・小安峡の大噴湯など秋田に来なければ一生体験できなかっただろう景色も巡ることができました。秋田で過ごした1日1日が僕の人生の宝物です。将来、必ず何らかの形で秋田県に恩返しをします」 「また会いましょう!本当にありがとうございました」 2022.11.25 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

改革中のJ2町田、ユニフォームサプライヤー「SVOLME」とJFL時代から14年間にわたる契約が満了「心より感謝を申し上げます」

改革が進んでいるFC町田ゼルビアが、ユニフォームサプライヤーの「SVOLME」との契約満了を発表した。新シーズンからは別のユニフォームを着用する。 町田と「SVOLME」はJFL時代の2009年に関係がスタート。2012年に初のJリーグ参入を果たすが、1年でJFLに降格。しかし、2014年にJ3ができたことで再び昇格。2016年からはJ2で戦い続けている。 新シーズンからは社長が交代となり、指揮官も青森山田高校を長年率いた黒田剛監督が就任。大きくチームが変化していく中、ユニフォームサプライヤーも変更となる。 紆余曲折あるクラブの歴史を見届けてきた「SVOLME」と14年の歳月を経て別れ。クラブは感謝の動画と共に、メッセージを送った。 「たくさんの喜び、悔しさを分かち合い「14シーズン」を共に戦い、クラブを支えていただきました」 「株式会社SVOLME様、たくさんのサポートを誠にありがとうございました。心より感謝を申し上げます」 なお、12月3日、4日にぽっぽ町田 催事場ではSVOLMEアイテムの販売会を実施するとのこと。過去のユニフォームなども対面販売されるという。 <span class="paragraph-title">【動画】町田とSVOLMEが歩んできた14年間のヒストリームービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NDSCvseRsx4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.15 11:11 Tue
twitterfacebook
thumb

黒田体制の町田、元鳥栖監督の金明輝氏をヘッドコーチに招へい

FC町田ゼルビアは14日、ヘッドコーチにサガン鳥栖の元監督である金明輝氏(41)の就任を発表した。 金明輝氏は、兵庫県伊丹市出身で、初芝橋本高校からジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド千葉)に入団。ヴァンフォーレ甲府や韓国の城南一和(現:城南FC)、佐川急便大阪SC、バンディオンセ神戸(現:Cento Cuore HARIMA)、アローズ北陸(カターレ富山の前身)、カターレ富山、鳥栖でプレーした。 引退後、鳥栖の下部組織でコーチや監督を歴任。2018年10月にトップチームの監督に就任すると、2019年からはコーチに戻るも、2019年5月に再び監督となり、2021年12月まで指揮を執った。 しかし、鳥栖U-18の監督を務めていた2016年から2018年にかけて、U-18の選手やトップチームの選手、チームスタッフに対する暴力行為、暴言によるパワーハラスメントを行っていたとされ、2021年6月にはトレーニング中に選手を掴んで足払いをして倒すなどの問題行為も発覚。S級コーチングライセンスからA級ジェネラルコーチングライセンスへの降級処分を受けていた。 黒田剛監督を迎え、新たな体制で戦う町田。金明輝氏はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ヘッドコーチとして加入する事になりました金明輝です。『サッカーどころ町田』に、まさに当てはまる最高のサポーター。そしてFC町田ゼルビアという素晴らしいクラブで、共にJ1昇格に向けて戦えることを心から嬉しく思います」 「チームが掲げるJ1昇格という目標を勝ち得るため監督・選手・スタッフと共に戦っていきます。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様、よろしくお願いいたします」 2022.11.14 10:23 Mon
twitterfacebook
thumb

町田MF長谷川アーリアジャスール、恩師に続いて退団…在籍2年間で「濃い時間を過ごさせていただき感謝」

FC町田ゼルビアは3日、MF長谷川アーリアジャスール(34)との来季契約非更新を発表した。 長谷川は2021年に町田入り。FC東京やセレッソ大阪、レアル・サラゴサでも共闘したランコ・ポポヴィッチ前監督の下、主力として重宝され、今季も明治安田生命J2リーグ38試合に出場して4得点の数字を残したが、恩師とともに退団が決まった。 町田が来季から黒田剛監督の下でスタートを切るなか、今季限りでチームを離れる長谷川はクラブを通じて別れの挨拶をしている。 「2年間熱い応援ありがとうございました。FC町田ゼルビアに来た当初に掲げたJ1昇格と言う目標に向け、僕なりに様々なところでチームに貢献できるよう努力したつもりですが、サポーターの皆さんにJ1の景色を見せることができず悔しい思いです」 「ただ、その中でもこの2年間は僕自身にとってとても濃い時間を過ごさせていただき感謝しています。これからもサッカー選手として、ゼルビアに関わる皆さんに恥じぬよう努力を続けていくので応援していただけると嬉しいです。またお会いできる日を楽しみにしています」 2022.11.03 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

町田、中島裕希がJ2最終節で全治6~8週間のケガ

FC町田ゼルビアは3日、FW中島裕希の負傷を報告した。 中島は10月23日に行われた明治安田生命J2リーグ最終節のアルビレックス新潟戦で右ヒザ内側側副じん帯を損傷。全治まで受傷日から約6~8週間を要する見込みだ。 38歳のベテランアタッカーで、2016年から町田でプレーする中島。今季は明治安田生命J2リーグ23試合に出場して1得点だった。 2022.11.03 09:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly