金沢が柳下正明監督の続投を発表、来季は5年目「覚悟を持って指導していきます」

2020.12.11 12:12 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ツエーゲン金沢は11日、柳下正明監督(60)が来シーズンも続投することを発表した。

柳下監督は、ジュビロ磐田やコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、アルビレックス新潟で監督を務め、2017年に金沢の監督に就任した。

就任1年目は前年に入れ替え戦でなんとか勝利して残留を果たしたチームをJ2で17位に引き上げると、2年目は13位、3年目は11位と年々順位を上げ、結果を残していた。今シーズンは残り3節の時点で14位に位置している。

柳下監督はクラブを通じてコメントしている。

「来シーズンも、ツエーゲン金沢の指揮を執らせていただくことになりました。来シーズンは昇格2チーム、降格4チームと厳しい闘いになるので、覚悟を持って指導していきます」


関連ニュース
thumb

金沢、ホドルフォの退団発表…母国クラブから2020年にレンタル加入

ツエーゲン金沢は6日、MFホドルフォ(24)の期限付き移籍期間満了を発表した。 ホドルフォは2019年に母国ブラジルのCAメトロポリターノからモンテディオ山形にレンタル加入して初来日。2020年から再びの期限付き移籍で金沢入りした。 その初年度に明治安田生命J2リーグ25試合3得点という数字を残して、金沢とのレンタル契約を延長。だが、今季は10試合の出場にとどまり、無得点に終わった。 2021.12.06 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

金沢、プロ2年目のMF本塚聖也と契約満了

ツエーゲン金沢は6日、MF本塚聖也(24)との契約満了を発表した。 本塚は北海道コンサドーレ札幌の下部組織出身。U-15、U-18と昇格すると、金沢星稜大学へ進学。2020年に金沢へ入団した。 2シーズン在籍した本塚は、明治安田生命J2リーグで36試合に出場し1得点。今シーズンは7試合の出場に終わっていた。 2021.12.06 12:16 Mon
twitterfacebook
thumb

試合のなかったJ3宮崎は3位で1年目フィニッシュ、J3降格圏の相模原は救われず1年でJ3降格

5日、2021シーズンのJリーグの全日程が終了した。 13時に11試合が同時キックオフを迎えた明治安田生命J2リーグは、ザスパクサツ群馬、ツエーゲン金沢、大宮アルディージャ、SC相模原の4クラブが残留を争った。 残り1つとなっていた降格圏のクラブ。群馬と大宮は大宮のホームNACK5スタジアム大宮で行われた。 群馬は7分に加藤潤也のゴールで幸先良く先制する中、勝てば自力で残留を決められる大宮が反撃。16分に菊地俊介が同点ゴールを決めると、35分には三門雄大の鮮やかなミドルシュートが決まり前半で逆転する。 後半に入ると群馬が押し込む展開が続くが、ピンチを凌いだ大宮が67分にロングフィード1発から河田篤秀がネットを揺らして3点目。3-1で勝利し、自力で残留を決めるとともに、16位でフィニッシュした。 敗れた群馬は他会場の結果次第では降格のピンチに。東京ヴェルディと対戦した降格圏の相模原だったが、17分に新井瑞希にゴールを奪われ失点。その後猛攻を見せるも、ネットを揺らした2度はオフサイドで認められず。後半には、佐藤凌我、深澤大輝とゴールを奪われ、3-0で完敗。降格圏を脱せないまま最終節を終えた。 なお、金沢は京都サンガF.C.と0-0のゴールレスドローに終わり、大宮、金沢、群馬が残留を決めていた。 相模原は明治安田生命J3リーグの2位以内に首位のテゲバジャーロ宮崎が入れば残留できる可能性があった。 しかし、ロアッソ熊本が2-0でFC岐阜を下してJ3優勝が決定。2位のいわてグルージャ盛岡はアスルクラロ沼津と対戦し、後半に猛攻を受けたが1-1のドロー。この結果、試合がなかった宮崎と勝ち点で並んだが、得失点差で上周り岩手がJ2に昇格。宮崎は3位に転落してシーズンが終了し、相模原はJ3へ1年で降格することが決定した。 ◆J2最終順位 16位:42pt #大宮アルディージャ/-5 17位:41pt #ツエーゲン金沢/-21 18位:41pt #ザスパクサツ群馬/-21 ーー残留ライン 19位:38pt #SC相模原/-21 ◆J3最終順位 1位:54pt ロアッソ熊本/+19 2位:53pt いわてグルージャ盛岡/+15 ーー昇格ライン 3位:53pt テゲバジャーロ宮崎/+13 2021.12.05 16:29 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢が残留争いから生還! J1昇格決めた京都の凱旋試合を0-0ドロー【明治安田J2最終節】

ツエーゲン金沢が明治安田生命J2リーグの残留争いから生還した。 41試合を消化して、勝ち点40で17位につける金沢。16位のザスパクサツ群馬、18位の大宮アルディージャ、19位のSC相模原と残留を争うなか、5日に敵地で行われた最終節では2位フィニッシュでのJ1昇格が決めた京都サンガF.C.と対戦した。 勝てば自力残留の金沢はJ1昇格決定後の凱旋試合でもある京都の圧を序盤から受けたが、粘りある守りで対抗。後数少ない攻撃シーンでも、27分に獲得した左CKのチャンスから庄司が惜しいヘディングシュートを放つなど、決定機も作り出す。 後半に入り、前がかった金沢だが、京都も今季退団の庄司らを投入して、より攻勢に。勝利で締めようと残る交代枠で李、荒木も立て続けに投入した京都が迫力ある攻撃を展開するが、1ポイントが残留の行方を左右する金沢も集中を切らさない。 結局、京都の攻撃を無失点で切り抜けた金沢は敵地で勝ち点1を上積み、41ポイントに。他力となったが、相模原の敗戦を受け、17位フィニッシュによる残留が決定している。 京都サンガF.C. 0-0 ツエーゲン金沢 2021.12.05 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢、金子昌広と来季契約結ばず…2014年途中からプレー

ツエーゲン金沢は4日、MF金子昌広(30)の来季契約非更新を発表した。 埼玉県出身の金子は2013年に国士舘大学からヴァンフォーレ甲府に入団後、2014年夏に金沢へレンタル移籍。翌シーズンから完全移籍に移行した。 その初年度こそ明治安田生命J2リーグで7試合の出場に終わったが、その後はコンスタントにプレー。だが、今季は13試合と出場数を減らしている。 2021.12.04 12:59 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly