上海上港に敗戦も次戦に意気込む横浜FMの和田拓也「突破に向けて勝ち点を取らなくてはいけない」

2020.11.29 15:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
横浜F・マリノスのDF和田拓也が、上海上港戦を振り返った。

横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。

25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。
しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。

1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。

前節に続いての連続先発出場となった和田は「この間と違って前半からやりたいサッカーができたというのは、中2日で改善できた点かなと思います」とチームとして2日で内容は改善できたとコメントした。

しかし、2度追いかける展開となったことについては「ビハインドの流れがずっと続いたので、そうなるとこういった展開になるかなと」と語り、常に追いかける試合は難しいと語った。

残り2試合でグループステージ突破を目指すことになるが「突破に向けて勝ち点を取らなくてはいけないので、中2日ですけどしっかり良い準備をしたいと思います」と語り、12月1日に控える全北現代モータース(韓国)戦に向けて意気込みを語った。

関連ニュース
thumb

横浜FM、鹿児島に2年間武者修行に出ていたGK白坂楓馬の復帰を発表「連覇に貢献したいと思います!」

横浜F・マリノスは9日、鹿児島ユナイテッドFCのGK白坂楓馬(26)が期限付き移籍から復帰することを発表した。 白坂は横浜FMの下部組織育ちで、桐光学園高校から立命館大学を経てHonda FCへ入団。2021年に古巣の横浜FMに完全移籍も、そのまま鹿児島へと期限付き移籍していた。 鹿児島では2シーズン在籍し、J3通算39試合に出場。今シーズンは34試合に出場し正守護神としてプレーした。 白坂は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「やっと皆さまの前に帰ってくることができました。遠く鹿児島の地にいながらも、応援してくださったファン・サポーターの皆さま。ありがとうございました。僕が持つすべての力を横浜F・マリノスに注ぎ、連覇に貢献したいと思います!」 「中学時代に育てていただいたF・マリノスでプレーできる喜びと感謝を忘れず、日々取り組んでいきます」 「2年越しになりましたが、あらためてトリコロールファミリーの皆さまよろしくお願いします。シラと呼んでください!」 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様へ」 「2年前。プロ初生活が鹿児島に決まり、正直不安でした。行ったことないしどんなとこなのかもちろん分からない。ご飯は美味しいのかな~。人はどんな人がいるんだろ~。灰が振るって聞くけど大丈夫なのかな~。色々なマイナスな考えは鹿児島に来てすぐに間違ってたことに気づきました。人は温かい、ご飯は美味しい、温暖な地域、灰は、、、笑」 「すぐに鹿児島の虜になりこんな素敵なところなのかと感じたことをつい最近のように思います。ユナイテッドのファン・サポーターの方は僕に取ってプロ1年目の初めてのサポーターです」 「試合に出れてない自分のファンにたくさんの方がなってくださり、そんな自分を温かく応援してくださったこと。試合出てる時には共に熱く熱く最後まで応援してくださったこと。共に喜び、共に悔しがり、涙し。色々な感情を皆さんと共有させていただけたことを心の底から深く感謝しています。僕が鹿児島に残せる結果としてJ2に昇格させることだけを心に置いて2年間どんな時も戦ったことに変わりありません」 「しかし、昇格させることができないまま離れることになったことだけは本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。チームの皆さんにもたくさんお世話になりました。こんなに心優しく人を想える選手がたくさんいる鹿児島の一員として戦った2年間は財産です。大好きな選手達に囲まれて、切磋琢磨した日々は僕にとってかけがえのない日々ですし頼もしい先輩・同期、かわいい後輩達に囲まれた鹿児島での生活を忘れません」 「不安に思ってた2年前からでは考えられない今という幸せな空間を鹿児島でいただきました。鹿児島に来て父と母と呼べる存在に出会い。2人の兄と呼べる大好きな存在に出会い。プライベートでも面倒を見てくれる飲食店の方々にも支えられ、何不自由なくサッカーを取り組める環境を作ってくださった多くのスポンサー各社の皆様が応援してくださったおかげで僕の鹿児島での2年間は素敵な物になりました」 「僕のプロサッカー選手生命の最初の血液は鹿児島の血です。この血を流せたことを誇りに思います。横浜の地で新たなスタートを切ることに鹿児島のプライドを持って行ってきます。僕に携わってくださり、支えてくださった全ての皆様。本当に有難うございました!感謝!!」 2022.12.09 13:12 Fri
twitterfacebook
thumb

MF樺山諒乃介がサガン鳥栖へ完全移籍! 横浜FMと山形に別れ

サガン鳥栖は5日、MF樺山諒乃介(20)が横浜F・マリノスから完全移籍加入することを発表した。 2021年に横浜FMでプロデビューした樺山は、同年夏に育成型期限付き移籍でモンテディオ山形に加入。今年も夏から山形で武者修行し、J2では通算31試合に出場し4ゴールを記録した。 ただ、横浜FMではわずか12試合の出場に。来季からは心機一転、鳥栖でプレーすることを決断した。樺山は3クラブを通じてコメントを残している。 ◆サガン鳥栖 「横浜F・マリノスから加入することになりました樺山諒乃介です。サガン鳥栖という素晴らしいクラブでプレーできることを嬉しく思います。サガン鳥栖の為に全力で戦います!宜しくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「高校生の時からたくさんの素晴らしい事を経験させてもらい感謝しかありません。横浜F・マリノスの選手として日産スタジアムで活躍する事が一つの目標でした。その目標を達成できず悔しさが残りますが、この悔しさを糧に成長します!2年間という短い期間でしたがたくさんの応援をいただきありがとうございました!」 ◆モンテディオ山形 「半年間、昨年も合わせると1年間、この素晴らしいモンテディオ山形というクラブの一員として戦えたことを誇りに思います。二度目の加入で自分自身このクラブを昇格させるという強い覚悟を持って戦ってきました。結果的には悔しい結果になりましたが、最高のチームメイト、スタッフ、ファン、サポーターの皆さんと本気で昇格を目指して頑張れた事はこの先の自分のキャリアに活かしていきます!山形での生活本当に幸せでした!この恩は活躍して返します!沢山の愛をありがとうございました!!」 2022.12.05 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

重傷から復活期す宮市亮、J1王者の横浜FMと契約更新!

横浜F・マリノスは5日、日本代表FW宮市亮(29)と2023年度の契約を更新したと発表した。横浜FMの公式ツイッターではその旨とともに「来シーズンも共に戦おう」とのメッセージが添えられている。 中京大学附属中京高校から一気にアーセナル入りして欧州のフットボール界に飛び込み、オランダやドイツでもプレーした宮市。2021年7月に横浜FM入りし、Jリーグデビューを果たした。 そして、移籍2年目の今季はチームにも慣れ、Jリーグ初ゴールを決めたりと存在感。今年7月のEAFF E-1 サッカー選手権では代表に復帰したが、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。 チームは最終的に川崎フロンターレからJ1王座を奪還したが、今年8月上旬の手術で全治8カ月見込みと診断され、残りシーズンで全休。今季は公式戦21試合出場で3得点という数字だった。 2022.12.05 16:46 Mon
twitterfacebook
thumb

小林新体制の千葉、横浜FMから水戸へレンタル中のMF椿直起を完全移籍で獲得「J1昇格に最大限尽くす」

ジェフユナイテッド千葉は2日、MF椿直起(22)が横浜F・マリノスから完全移籍で加入することを発表した。 横浜FMの育成組織出身の椿は年代別の日本代表にも選出されてきたアタッカーで、高校1年時の2016年から3年連続で2種登録選手としてトップチームへ登録された。 2019年から正式に横浜FMのプロ選手となり、同年夏、翌年とギラヴァンツ北九州へと育成型期限付き移籍。2020年12月からはオーストラリアのメルボルン・シティFCへと期限付き移籍で加わり、2021年夏には再び北九州へ。今季は水戸ホーリーホックでの武者修行で、明治安田J2にて37試合3得点を記録していた。 移籍に際し、椿は各クラブへ以下のような言葉を残している。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「クラブの一員として戦えることをとても嬉しく思います。J1昇格という目標のために自分の力を最大限に尽くしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「自分をユースに誘っていただいてから今まで、本当にお世話になりました」 「あの素晴らしい日産スタジアムのピッチ、ファン・サポーターの前でプレーすることができず悔しいですが、たくさんの経験をさせてもらったこのクラブにとても感謝しています」 「チームは変わってしまいますが、少しでも気にかけてもらえるとうれしいです。ありがとうございました!」 ◆水戸ホーリーホック 「1年間という短い間でしたがありがとうございました」 「どんな状況であっても毎試合毎試合選手たちと同じくらい、それ以上に一緒に戦ってるファン・サポーターの皆さまにほんと感謝しています」 「チームは変わってしまいますが水戸ホーリーホックというクラブが大好きであるのは変わりません。活躍して成長した姿を見せられるように頑張ります。 ありがとうございました!」 2022.12.02 14:23 Fri
twitterfacebook
thumb

J1王者の横浜FMが大分の“ハマっ子”井上健太を獲得! 「『あいつは大分が育てた!』と誇ってもらえるように」

横浜F・マリノスは1日、大分トリニータからMF井上健太(24)の完全移籍加入を発表した。 井上は神奈川県生まれで、福岡大学を経由して2021年に大分でプロ入り。大学在学中の2020年から特別指定選手として大分でプレーするスピードが持ち味のアタッカーで、今季は明治安田生命J2リーグで34試合出場1得点の数字を収めたほか、ルヴァンカップでも6試合でプレーした。 来季から地元クラブで、しかもJ1王者でプレーする井上。クラブを通じて意気込みを語っている。 「大分トリニータから加入しました井上健太です。横浜市出身のハマっ子です。小学生の頃、よく母親と日産スタジアムに足を運んでいました。ファン・サポーターの大きな声援やピッチで躍動する選手の姿を見て、自分もプロサッカー選手になりたいと夢を持ちました。憧れのクラブ、横浜という街に自分らしく全力で貢献したいと思います。マリノスファミリーの皆さまよろしくお願いします」 一方、大分を通じては「大分トリニータに関わる全ての皆様へ」と題して、別れの挨拶をした。 「この度、横浜F・マリノスへ移籍することになりました。日の目も見なかった大学生の自分にこの世界に手を差し伸べてくれた西山GM、上本スカウト、本当にありがとうございました。トリニータでは、悔しいこと、嬉しいこと、仲間と勝利を分かち合えたこと、沢山の経験をさせてもらいました。全ての経験が幸せだったと感じています」 「J2に降格し、1年でのJ1復帰を成し遂げられなかったことは、大変申し訳ないと思っており僕の唯一の心残りです。共に戦う仲間達(サポーター)には、いつも迫力ある応援をしてもらい、『ここまで歯を食いしばってサッカーをしてきてよかった』と、心の底から毎試合思うことができました。本当にありがとうございました」 「そんな皆様に『あいつは大分が育てた!』と誇ってもらえるように自分の決断を信じて突き進んでいきたいと思います! 別れは悲しいですが、大分県民の温かさ、温泉、美味しいご飯、大分トリニータ、全てが大好きです!」 2022.12.01 13:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly