ディエゴ・マラドーナ氏が急逝…先月60歳の誕生日を迎えたフットボール界の巨星墜つ

2020.11.26 02:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏(60)が25日に急逝した。『ロイター通信』など世界各国の主要メディアが伝えている。先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。

◆全盛期のマラドーナがナポリで見せたスーパーゴール集

しかし、『ロイター通信』によると、マラドーナ氏は25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で心停止を起こし、その後死亡が確認されたという。

アルヘンティノス・ジュニアーズでプロキャリアをスタートしたマラドーナ氏は、ボカ・ジュニアーズ、バルセロナ、ナポリ、セビージャ、ニューウェルズ・オールドボーイズを渡り歩き、1997年に古巣ボカで現役を引退。

現役引退後はアルゼンチン代表やアル・ワスル(UAE)やドラドス・デ・シナロア(メキシコ)、直近は母国のヒムナシア・ラ・プラタの指揮官を歴任。

卓越した左足の技術、創造性、得点感覚を武器に、クラブキャリアにおいてはナポリで2度のセリエA優勝、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)などのタイトルを獲得。

また、アルゼンチン代表では通算91試合に出場し、34ゴールを記録。準々決勝のイングランド代表戦での“神の手”ゴール、5人抜きのドリブルがハイライトとなった1986年メキシコ・ワールドカップ(W杯)では優勝に導く圧巻の活躍を披露。

また、多くの個人賞を総なめにし、ブラジル、オランダのレジェンドであるペレ氏やヨハン・クライフ氏らと並び、歴代最高の選手として常に候補に挙がるなど、フットボール界のレジェンド中のレジェンドとの評価を確立していた。

関連ニュース
thumb

メッシのサインを体に貰ったGKが直後にタトゥースタジオ直行「夢が叶った」

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属するアルゼンチン人GKフランシスコ・ラニエリが夢を叶えた。イギリス『サン』が伝えている。 いつも通りフロリダのトレーニング場で練習に励んでいたインテル・マイアミだが、偶然アメリカでトレーニングキャンプを行っていたアルゼンチン代表と顔を合わせることに。その中にはもちろんFWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)の姿もあり、選手たちは大いに喜んだ。 中でもラニエリは大喜び。自身の左腕にメッシのサインを貰うと、そのまま2ショットも撮影し、満面の笑みを浮かべていた。 そして、ラニエリは大胆な行動に。貴重なサインを失いたくないと思ったアルゼンチン人GKはなんとそのままタトゥースタジオに直行。永遠の思い出として体に刻み込んだのだ。 そのラニエリは自身のインスタグラムを更新。メッシへ感謝の思いを綴っている。 「人生最高の日。昨日夢を叶えた。憧れの選手たちと、代表チームと、ピッチを共にした」 「私のアイドルであり、史上最高の選手、ピッチ内外で活躍する素晴らしい人物、私のお手本となる人物に出会った。あなたにお会いし、私の腕にサインすることを承諾してくれたときの感動は言葉にできない」 「レオ、あなたは私の夢を叶えてくれた。毎日、自分の腕を見るたびに、あなたに会ったときの感動を思い出すだろう。あなたの素晴らしさを言葉にすることはできない」 「多くの犠牲を払い、多くのものを捨てて、昨日のような夢を生きるために。このスポーツが私に与えてくれるチャンス 今まで以上に何事も継続することが大切だ」 <span class="paragraph-title">【動画&写真】「LEO」の文字がハッキリ分かるラニエリの出来立てタトゥー(8枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci_KiGdpMvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci_KiGdpMvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci_KiGdpMvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Francisco Ranieri(@franranieri04)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.28 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

35戦無敗中のアルゼンチン代表、スカローニ監督が2026年W杯まで契約更新

アルゼンチンサッカー連盟(AFA)のチキ・タピア会長が、リオネル・スカローニ監督(44)との契約更新を発表した。 スカローニ監督は、母国のニューウェルズ・オールドボーイズやエストゥディアンテスでプレーし、その後海を渡ってヨーロッパに挑戦。デポルティボ・ラ・コルーニャやウェストハム、ラシン・サンタンデール、ラツィオ、マジョルカ、アタランタでプレー。2015年7月に引退した。 アルゼンチン代表としても活躍していた中、引退後は指導者となり、セビージャではホルヘ・サンパオリ監督の下でアシスタントコーチに就任。その後、サンパオリ監督とともにアルゼンチン代表のアシスタントコーチに就任すると、2018年7月からはU-20アルゼンチン代表の監督に就任。すると、直後の8月からA代表の監督を任された。 初の監督業が代表チームという経歴となったスカローニ監督。しっかりと南米予選を勝ち抜き、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得するなど結果を残し、2021年のコパ・アメリカでは見事に優勝を果たし、タイトルをもたらしていた。 そのスカローニ監督は、27日に行われたジャマイカ代表との国際親善試合で、35試合無敗を達成。これは、アルゼンチン史上最長記録を更新しており、イタリア代表が2018年10月から2021年10月までに記録した37試合に迫っている状況となっている。 タピア会長は自身のツイッターにスカローニ監督との2ショットを掲載し、2026年のW杯まで指揮を任せることを発表した。 「2026年のワールドカップまで、アルゼンチン代表の監督として、リオネル・スカローニが続けることに合意したことを伝えることができ、誇りに思う」 「我々は代表チームという総合的なプロジェクトに賭けている。しばらくはスカローニが務める」 <span class="paragraph-title">【写真】会長と監督が肩組み2ショットで契約延長を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Me enorgullece contarles que hemos arreglado la continuidad de Lionel Scaloni como DT de Argentina hasta el mundial de 2026. Seguimos apostando al proyecto integral de selecciones. Hay Scaloneta para rato!! <a href="https://t.co/64Cvg6EmSN">pic.twitter.com/64Cvg6EmSN</a></p>&mdash; Chiqui Tapia (@tapiachiqui) <a href="https://twitter.com/tapiachiqui/status/1574957118293442560?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 12:57 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシが2戦連続2ゴールのアルゼンチン、2試合続けての3-0快勝! これで35戦不敗《国際親善試合》

アルゼンチン代表が27日にジャマイカ代表との国際親善試合を3-0の快勝で飾った。 来たるカタール・ワールドカップ(W杯)に向けて、今月のインターナショナルマッチウィークをアメリカで過ごすアルゼンチン。23日にマイアミで国際親善試合のホンジュラス代表戦を3-0で勝利した後、予行演習の第2戦としてニュージャージーでジャマイカと対戦した。 W杯メンバーが決まる前の最終戦ではメッシがベンチスタートに。先発はホンジュラス戦から8選手が入れ替わり、ゴールマウスをエミリアーノ・マルティネスが守り、ディ・マリアとロ・チェルソもスタートから出場した。 先のホンジュラス戦に続いて、この試合でも主導権を握ったアルゼンチンは13分に先制。タグリアフィコのパスをボックス左で受けたラウタロが左足折り返すと、ゴール前のフリアン・アルバレスが左足でプッシュした。 リードしたアルゼンチンは55分にメッシが入ってからも攻勢を続けるが、長らく1-0のまま推移。その戦況が終盤まで続くが、86分にメッシがバイタルエリア中央から左足ミドルをゴール右にねじ込み、追加点を奪取する。 これで2戦連発のメッシだが、続く89分にバイタルエリア中央でのFKから左足で直接ネットを揺らして、2試合連続の2ゴール。アルゼンチンもホンジュラス戦に続く3-0の快勝となり、35試合不敗でW杯を迎えることとなった。 アルゼンチン代表 3-0 ジャマイカ代表 【アルゼンチン】 フリアン・アルバレス(前13) メッシ(後41、後44) <span class="paragraph-title">【動画】メッシの圧巻ミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0hRdjmQ-keE";var video_start = 52;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシもビビる! 大胆不敵なファンがゴール後に乱入、自分の背中に直筆サインを要求

このところ大きな問題となっているファンによる試合中のピッチ侵入だが、また新たなことを考える者が現れた。 事件が起きたのは27日に行われたアルゼンチン代表vsジャマイカ代表のフレンドリーマッチだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた大事な親善試合。アルゼンチンは3-0で勝利を収めたが、試合の終盤に事件は起きた。 この試合ではエースのFWリオネル・メッシがベンチスタート。1-0で迎えた56分にFWラウタロ・マルティネスと交代でピッチに入る。 すると86分にメッシはバイタルエリアからのミドルシュートでネットを揺らしゴール。アルゼンチンに2点目を与える。 するとこのゴールの直後、1人のファンが乱入。メッシの背後からダッシュで接近すると、メッシも思わず驚く事態に。上半身裸の男性は、メッシにペンを渡すと、背中にサインを要求した。 困惑しながらもサインしようとしたメッシだが、追いかけてきた警備員が男を取り押さえることに。サインはもらえないまま、男は拘束されることとなった。 なお、メッシはこの騒動にも動じず、89分にはボックス手前で獲得したFKを直接鎮め、3-0での勝利貢献していた。 <span class="paragraph-title">【動画】大胆な男にメッシもビックリ!自分の体に直筆サインを求める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0hRdjmQ-keE";var video_start = 108;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ロドリゴ・パラシオが40歳で現役引退…伊4部でバスケット選手に転身

元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(40)が現役引退を発表した。 直近までセリエBのブレシアでプレーしていたパラシオは26日に現役引退を発表した。さらに、今後はイタリアのバスケットボールリーグの4部に所属するポリスポルティーヴァ・ガレニャーノで、バスケットボール選手としてプレーすることを電撃発表した。 母国アルゼンチンのウラカン、CAバンフィエルド、ボカ・ジュニアーズで活躍したパラシオは、2009年にジェノアへ加入し、イタリアでのキャリアをスタート。 これまでジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。2021年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。その後、昨夏にブレシアへ新天地を求め、自身初のセリエBでは33試合6ゴール4アシストの数字を残していた。 2005年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では通算27試合に出場し、3ゴールを記録。2度の出場を果たしたワールドカップでは、2014年のブラジル大会で5試合に出場し、準優勝に貢献していた。 2022.09.28 00:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly