ディ・マリアが緩急自在のドリブルで相手を抜き去って決めた好アシスト【ベスト・アシスト】

2020.11.25 21:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが決めたアシストだ。

◆ディ・マリアがドリブル突破から決めた丁寧なアシスト

2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入したディ・マリアは、主力として定着。欧州屈指のタレントが揃う攻撃陣の中でもエース級の活躍を見せている。

縦に速いドリブルと質の高いクロスやシュートを武器とするディ・マリアだが、2018年8月12日に行われたリーグ・アン開幕節のカーン戦では、ドリブル突破から見事なアシストを決めている。

1-0とPSGリードの35分、カウンターからチャンスを作ると、相手陣内でディ・マリアにボールが渡る。距離を詰めてくる相手DFに対し、絶妙に緩急をつけたドリブルで一瞬で抜き去ると、一気にボックス内右に侵入。フリーの状態から丁寧な横パスを出すと、ゴール前に走り込んだMFアドリアン・ラビオが合わせ、見事な追加点を決めた。

その後PSGがダメ押しの3点目を決め、3-0で完勝している。

コメント
関連ニュース
thumb

生粋の点取り屋レヴァンドフスキが見せたエレガントなヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたヒールアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIckV6dUlHOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2010年夏に加入したドルトムントで大ブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対王者バイエルンの絶対的エースとして活躍を続けている。 圧倒的な決定力でゴールを量産するレヴァンドフスキだが、ポストプレーも得意としており、2017年4月1日に行われたブンデスリーガ第26節のアウクスブルク戦では、素晴らしいアシストを決めている。 3-0とバイエルンリードの62分、バイエルンがボックス手前でショートパスを繋ぐと、ゴール前のレヴァンドフスキにパスが入る。そのままレヴァンドフスキがシュートするかと思われたが、ここで相手の意表を突くヒールパスを選択。ゴール左にパスが出ると、MFチアゴ・アルカンタラがこのボールになんとか触り、見事なゴールとなった。 試合はバイエルンが大量6ゴールを奪い、大勝を記録。レヴァンドフスキはハットトリックと2アシストで5得点に絡む圧巻の活躍を見せた。 2021.01.23 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アルバレスがゴール前の密集を切り裂くクロスで長友のインテル最後のゴールをアシスト!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアルゼンチンのベレス・サルスフィエルドに所属する元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレスがインテル時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アルバレスが長友をアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1UlhRekEwTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2011年夏にベレス・サルスフィエルドからインテルに移籍したアルバレス。公式戦90試合に出場し、14ゴール17アシストを記録した。 恵まれた体格と優れたテクニックを武器に活躍したアルバレスだが、2014年1月13日に行われたセリエA第19節のキエーボ戦では、見事なアシストを記録している。 試合開始早々にキエーボに先制を許して迎えた12分、インテルが反撃に出る。右サイドのスペースでアルバレスがパスを受けると、ドリブルでボックス内に仕掛けていく。縦への急加速で相手のマークを一瞬引きはがしたアルバレスは、中央にマイナスのクロスを上げる。 グラウンダーのクロスは、ゴール前の密集を上手く抜けていくと、ファーポストから中に入ってきたDF長友佑都が見事に合わせ、すぐに同点に追いついてみせた。 試合はそのまま1-1で終了。ちなみに長友のこのゴールは、インテルでの最後のゴールとなっている。 2021.01.22 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ディバラがミランとの大一番で披露した華麗なバックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディバラがキエーザに送った華麗なヒールパス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwWmlweUNMayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くして母国のインスティトゥートからパレルモに引き抜かれたディバラは、同クラブでブレイク。2015年夏にユベントスへ移籍し、ステップアップを果たしている。 今ではエースの一人としてユベントスの背番号「10」を背負うディバラだが、2021年1月6日に行われたセリエA第16節のミラン戦では、華麗なアシストでチームメイトのゴールをお膳立てしている。 0-0で迎えた18分、右サイドでボールを持ったFWフェデリコ・キエーザが、中央のディバラにパスを送ると、そのままボックス内に走り込む。相手からのプレスをいなしながらパスを受けたディバラは、ゴールに背を向けた体勢から、華麗な足さばきでヒールパスをキエーザの走路に送った。このパスに抜け出したキエーザがゴール左下に鋭いシュートを決め、見事な先制点が生まれた。 試合はその後ミランが追いつき、同点で前半を折り返したが、後半ユベントスが勝ち越しに成功。先制点を挙げたキエーザが2得点を挙げる活躍を見せ、3-1で大一番に勝利している。 2021.01.20 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“デンマークのアザール”ダムスゴーアが、単独で右サイドを攻略して決めた見事なアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はサンプドリアのデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーアが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ダムスゴーアの圧巻の単独突破<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLcHZTeFhybCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> デンマークの名門ノアシェランの下部組織で育ったダムスゴーアは、2017年に弱冠17歳でファーストチームデビュー。若くしてブレイクを果たすと、2020年夏から、日本代表DF吉田麻也も所属するサンプドリアに加入している。 鋭いドリブルと繊細なボールタッチを武器としており、“デンマークのアザール”とも呼ばれるダムスゴーアだが、2021年1月6日に行われたセリエA第16節のインテル戦では、見事な単独突破からアシストを記録している。 1-0とサンプドリアリードの38分、センターサークル右でダムスゴーアにボールが入る。すると、素早く前を向いたダムスゴーアがドリブルを開始。急加速で相手を置き去りにすると、最終ラインのDFに対しても裏街道で鮮やかに抜き去る。そのままボックス右深部まで侵入し、鋭いグラウンダーのボールを入れると、FWケイタ・バルデがこのパスに右足のシュートを合わせ、見事な追加点を奪った。 試合はこの後、インテルが1点を返したものの2-1でサンプドリアが逃げ切り勝利を収めている。 2021.01.19 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

クロースが香川真司の目の前で見せたボール奪取&絶妙アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆クロースが香川真司の目の前を通した絶妙アシスト<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMZDNndXZWSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ドイツの絶対王者バイエルンでプロデビューを果たしたクロースは、2014年にレアル・マドリーに加入。中盤の主力として大車輪の活躍を見せている。 正確無比なボールコントロールとパス精度で攻撃の起点になることも多いクロースだが、2020年1月29日に行われたコパ・デル・レイ ラウンド16のレアル・サラゴサ戦では、見事なアシストを記録している。 1-0とマドリーがリードして迎えた32分、マドリーが相手ボックス内まで侵入する。一度は相手にクリアを許したものの、ボックスの外へボールを運ぼうとする相手選手から、クロースが素早くボールを奪う。 再びマドリーが攻勢に回ると、クロースのパスがボックス内に入ってきたFWルーカス・バスケスにピタリと合い、バスケスがゴール右上にシュートを沈めて相手を突き放す2点目を挙げた。 このシーズン、サラゴサでプレーしていたMF香川真司も、クロースの華麗なパスに見ていることしかできず。マドリーの前に0-4で惨敗を喫している。 2021.01.10 14:00 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly