武藤4戦ぶり先発のエイバルがヘタフェとドロー…乾は今季初めて出場なし《ラ・リーガ》

2020.11.23 00:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第10節、エイバルvsヘタフェが22日にイプルーアで行われ、0-0のドローに終わった。なお、エイバルのFW武藤嘉紀は先発出場し77分までプレー。MF乾貴士は今季初めて出場なしに終わった。
 
前節、ウエスカ戦をドローで終えた16位のエイバルは3試合ぶりの白星を目指して10位のヘタフェと対戦した。ウエスカ戦で2試合ぶりのフル出場となった乾は今季初めてベンチスタートとなり、武藤が4戦ぶりにスタメンを飾った。
 
共に[4-4-2]の布陣を採用し、立ち上がりから球際でのデュエルを強調した戦いを見せる両チーム。その中で先に決定機を迎えたのはホームのエイバルだった。
 
12分、左サイドのブライアン・ヒルを起点にボックス手前でボールを受けたエドゥ・エスポジトがワンタッチパスをゴール前に通す。これに反応したキケ・ガルシアのシュートはGKソリアの好守に遭うも、こぼれ球が再びキケ・ガルシアの足元に。だが、すかさず放った右足のシュートはクロスバーを叩いた。
 
立ち上がりの絶好機を逸したエイバルだが、その後も左サイドで切れ味鋭い仕掛けを見せるブライアン・ヒルがサイドで優位性を作り出し、キケ・ガルシアが幾度もフィニッシュに絡んでいく。その中で2トップの一角に入った武藤は自ら決定機に絡む場面はないが、前線からの献身的な守備と持ち味のキープ力で上々のプレーを見せる。
 
前半半ばから終盤にかけてはヘタフェが押し返して中盤での潰し合いが目立つ展開に。その流れの中で40分過ぎにキケ・ガルシア、クチョ・エルナンデスと互いに際どい枠内シュートを打ち合うが、いずれも両守護神の好守に阻まれ、前半は0-0で終了した。
 
後半は前半以上に動きの少ないこう着状態が続く。互いに攻撃の形はあるものの、相手の守備の集中力の高さに加え、攻撃の精度の低さが目立つ。
 
そういった中、エイバルベンチは75分過ぎに武藤を下げてセルジ・エンリクを投入。だが、この交代直後の78分にはボックス右に抜け出したハイメ・マタに際どいシュートを浴びるなど、やや劣勢の時間が続く。
 
その後、87分にはエイバルに後半最大の決定機。ブライアン・ヒルの左クロスをゴール前のセルジ・エンリクが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このプレーの流れでGKに不必要なファウルを犯したキケ・ガルシアが2枚目の警告で退場となってしまった。
 
これを受けて引き分けやむなしの戦いを見せたエイバルはヘタフェの攻撃を無失点で凌ぐことに成功したが、前後半のチャンスの数を考えれば、悔やまれる0-0のドローとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

乾フル出場&武藤途中出場のエイバル、岡崎欠場のウエスカに劣勢もドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第9節、ウエスカvsエイバルが7日に行われ、1-1で引き分けた。ウエスカのFW岡崎慎司は欠場し、エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は65分から出場している。 5分け3敗のウエスカと2勝2分け4敗のエイバルによる日本人対決。負傷からの復帰が噂された岡崎が今節も欠場となった中、乾が[4-2-3-1]のトップ下で開幕から9試合連続スタメンとなった。 オープンな展開で立ち上がった中、ウエスカは12分にFKの流れからミケル・リコがネットを揺らすも、その前にシオバスにハンドがあったとしてノーゴールに。 前がかるウエスカがゴールに迫る中、36分にはミケル・リコが立て続けに決定的なシュートを浴びせるも、GKドミトロビッチとゴールカバーに入ったパウロ・オリベイラの好守に阻まれた。 しかし38分、劣勢のエイバルが先制する。左CKからニアサイドのパウロ・オリベイラがうまくヒールで逸らし、ファーサイドのブルゴスが押し込んだ。 迎えた後半開始3分、エイバルはCKの流れでボックス内のパウロ・オリベイラがモスケラに倒されてPKを獲得しかけるが、VARの末にファウルはなかったとして判定が覆った。 追加点を奪い損ねたエイバルは乾を中心に前からプレスをかけるも、徐々にウエスカに決定機を許していく。 65分に武藤が2トップの一角に入り、キケ・ガルシアとコンビを組んだエイバルに対し、ウエスカが67分に同点とする。右サイドからのペドロ・ロペスのクロスをラファ・ミルがヘディングシュートで決めた。 1-1となって以降はウエスカが主導権を握る中、武藤が全くボールに触れないエイバルは凌ぐ時間が続く。結局、試合は1-1のまま終了。劣勢を強いられたエイバルだったが、勝ち点1を持ち帰っている。 2020.11.07 23:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第9節プレビュー】岡崎復帰で乾&武藤と日本人対決へ! 不振バルサはベティス戦

先週末に行われた第8節ではマドリード勢が揃って快勝を収めた一方、バルセロナとセビージャが再び取りこぼして明暗分かれる結果となった。 2020年最後のインターナショナルマッチウィークを控える中で開催される今節はFW岡崎慎司擁するウエスカと、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁するエイバルの日本人対決に注目だ。 開幕から5戦未勝利と苦戦が続くウエスカは、前節のレアル・マドリー戦でも前半30分過ぎまでは格上を相手に堂々たるパフォーマンスを見せたものの、個の力の差を見せつけられて最終的に1-4で敗戦。内容面はそこまで悪くないだけに生みの苦しみが続いている。そういった中、今節ではチームに泥臭さとゴールをもたらすことが期待される岡崎の戦列復帰が見込まれる。先月の代表戦前のエルチェ戦でハムストリングを負傷して以降、直近3節を欠場してきたが、現在はチームトレーニングに復帰しており、満を持してこのエイバル戦で復帰することになる。 対するエイバルは前節、序盤戦で主役となりつつある昇格組カディスを相手に0-2の敗戦を喫し、4戦ぶりの黒星となった。開幕からスタメン出場を続けている乾は同試合でも先発を飾ったが、チームのシステム変更の煽りを受けて前半終了時にベンチに退く悔しい一戦に。武藤に関しては試合終盤に途中出場も、見せ場を作れず、ポジション奪取に向けてはもの足りない一戦となった。乾と岡崎の出場が濃厚な中、武藤に早い段階で出番が訪れれば、ラ・リーガ史上初となる日本人3選手によるピッチ上の競演も期待されるところだ。 前節、ウエスカを破ってリーグ連勝中の2位マドリーは、直近3敗1分けで13位に低迷するバレンシアとのアウェイゲームで3連勝を狙う。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦ではFWロドリゴ、FWヴィニシウスの若手ブラジル人コンビの活躍により、2度のリードを追いつかれた接戦を3-2 で勝ち切って初白星を挙げており、チーム状態は良好だ。その勢いに乗って敵地メスタージャで不振の相手を撃破したい。 6戦2失点という持ち味の堅守に加え、ここに来てFWスアレスとFWフェリックスの2トップ、脇を固めるMFマルコス・ジョレンテなど、攻撃陣の充実ぶりが光る4位のアトレティコは、前節オサスナを3-1で下して今季初のリーグ3連勝を飾った。4連勝を狙う今節は5戦無敗で同勝ち点で並ぶ5位のカディスという難敵と対戦する。ミッドウィークのCLではロコモティフ・モスクワを相手に内容では圧倒も、1-1のドローに終わっており、堅守を特長とするカディス相手にはフェリックスを中心に決め切る勝負強さが求められる。 直近4戦未勝利と苦しい船出となっている12位のバルセロナは、7位のベティスをホームに迎え撃つ一戦で5戦ぶりの白星を狙う。前節のアラベス戦では後半半ばに退場者を出したアラベスの粘りの守備をこじ開けられず、痛恨の1-1のドローに。また、CLではディナモ・キエフ相手に2-1の勝利を収めたものの、ホームゲームとしてはもの足りない内容での辛勝となった。ここまで4勝4敗と出入りは激しいものの、確かな実力を持つベティスとの試合では流れの中でノーゴールが続くエースFWメッシの活躍に期待したい。 MF久保建英を擁する3位のビジャレアルは、ファウルを辞さないハードなプレーと堅守が売りの8位ヘタフェとのアウェイゲームで連勝を狙う。前節のバジャドリー戦では今季未勝利の格下相手に前半奪った2点のリードを最後まで守り切り、危なげない勝利に。また、直近のヨーロッパリーグ(EL)では豪雨によるピッチコンディション不良でキックオフが1時間遅れるアクシデントに見舞われた中、マッカビ・テルアビブを相手に4-0の圧勝。その試合で先発フル出場した久保は正確なクロスで2点目をアシストするなど、上々のパフォーマンスを披露した。ただ、中2日でのランチタイムキックオフということもあり、途中出場の可能性が高そうだ。 その他では4強を抑えて首位に立つ絶好調のレアル・ソシエダがホームに6位のグラナダを迎える上位対決。リーグ3連敗の中、直近のCLでFCクラスノダールに数的不利を撥ね返す劇的な逆転勝利を掴んだセビージャがオサスナ相手に連敗ストップを目指す一戦に注目だ。 《ラ・リーガ第9節》 ▽11/6(金) 《29:00》 エルチェ vs セルタ ▽11/7(土) 《22:00》 ウエスカ vs エイバル 《24:15》 バルセロナ vs ベティス 《26:30》 セビージャ vs オサスナ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs カディス ▽11/8(日) 《22:00》 ヘタフェ vs ビジャレアル 《24:15》 レアル・ソシエダ vs グラナダ 《26:30》 レバンテ vs アラベス バジャドリー vs アスレティック・ビルバオ 《29:00》 バレンシア vs レアル・マドリー 2020.11.06 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

乾&武藤出場のエイバル、好調カディスの堅守を破れず完敗…《ラ・リーガ》

エイバルは30日、ラ・リーガ第8節でカディスと対戦し0-2で敗戦した。エイバルのMF乾貴士は前半のみプレー、FW武藤嘉紀は82分からプレーした。 前節セビージャから金星を挙げたエイバルは、その試合と同じスタメンを採用。乾は左MFで開幕6試合連続のスタメンとなった。 リーグ戦4試合無敗中のカディスに対し、立ち上がりから攻勢に出るエイバルは3分に敵陣でボールを奪ったブライアン・ヒルがドリブルでボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、これは枠の上に外れた。 一進一退の展開が続く中、エイバルは33分に決定機。右サイドを持ち上がったセルヒオ・アルバレスのクロスをゴールエリア左横に走り込んだ乾が頭で合わせたが、このシュートはGKレデスマの右足ブロックに防がれた。 先制のチャンスを逃したエイバルは、36分に失点を許す。A・フェルナンデスのスルーパスで左サイドを抜け出したエスピノがボックス左からクロスを上げると、中央のネグレドがヘディングシュートでゴール左隅に流し込んだ。 反撃に出たいエイバルだったが、再びスコアを動かしたのはカディス。39分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとネグレドのスルーパスに抜け出したサルビがボックス右から侵入。冷静にGKドミトロビッチの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 迎えた後半、2点を追うエイバルは乾とパペ・ディオプを下げてセルジ・エンリクとエスポジトを投入。しかし、開始早々にチャンスを迎えたのはカディス。46分、ネグレドのミドルシュートのこぼれ球に反応したロサーノがGKをかわしてシュートを流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 後半もボールを支配するエイバルだが、堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。78分には、カジョルのパスで右サイド深くまで駆け上がったポソのクロスがDFにディフレクトしゴールに向かったが、これもGKレデスマに弾かれた。 ゴールが遠いエイバルは、82分にキケ・ガルシアとブルゴスを下げて武藤とラファ・ソアレスを投入。すると88分、ソアレスの左クロスのこぼれ球をボックス左手前のエスポジトがダイレクトクロス。これがゴール前の武藤に繋がるも、相手DFの素早い寄せにシュートを打てず決定機を逃してしまう。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。終始ボールを支配したエイバルだったが、最後までカディスの牙城を破れず4試合ぶりの黒星を喫した。 2020.10.31 07:07 Sat
twitterfacebook
thumb

キケ・ガルシア弾で逃げ切ったエイバル、セビージャの要塞で今季2勝目を飾る!乾はフル出場で勝利に貢献《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節のセビージャvsエイバルが24日にサンチェス・ピスファンで行われ、0-1でエイバルが勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀はベンチ入りも出場機会はなかった。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のチェルシー戦ををドローで終えたセビージャは、その試合から先発を5人変更。GKブヌやL・デ・ヨング、スソ、オカンポスらに代えてGKヴァツリーク、ムニル、エン=ネシリ、オリベル・トーレスらを先発で起用した。 一方、ここまで1勝2分け3敗で15位に位置するエイバルは、ゴールレルで終えた前節のオサスナ戦から先発を3人変更。武藤やアティエンサ、ビガスに代えてポソ、パペ・ディオプ、パウロ・オリベイラを先発で起用した。乾は7試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続いた一戦は、互いにアタッキングサードでの精彩を欠き、30分を過ぎても枠内シュートゼロ。そんな中、セビージャは34分にボックス右手前でパスを受けたムニルが反転から強烈なミドルシュートでエイバルゴールに迫ったが、これはGKドミトロビッチが弾き出した。 対するエイバルは、最初の枠内シュートで先制する。41分、パペ・ディオプのスルーパスのスルーパスに反応したキケ・ガルシアがボックス中央右から侵入すると、飛び出したGKのニアサイドにシュートを突き刺した。 1点を追うセビージャは、後半からセルジ・ゴメスを下げてオカンポスを投入。グデリをセンターバックに下げて試合に臨んだ。一方のエイバルは、62分にK・ロドリゲスを下げてセルジ・エンリクをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、セビージャは70分にオスカルとエン=ネシリを下げてスソとカルロス・フェルナンデスを投入。両サイドから攻撃を組み立てるセビージャだが、自陣ボックス中央を固めるエイバルの守備を攻略できず、なかなかシュートまで持ち込めない。 対するエイバルは86分、ボックス右手前でボールを受けた乾が相手GKとDFの間を狙ったクロスを供給。これにセルジ・エンリクが飛び込んだが、わずかに届かない。 後半アディショナルタイム、セビージャに最後のチャンスが生まれる。93分、ヘスス・ナバスの左クロスを飛び込んだカルロス・フェルナンデスがヘディングシュートで合わせたが、このシュートはGKドミトロビッチの好セーブに阻まれ、万事休す。 結局、試合は0-1のままタイムアップ。キケ・ガルシア弾で逃げ切ったエイバルが、要塞“サンチェス・ピスファン”でセビージャを下し今季2勝目を飾った。 2020.10.25 03:40 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル、乾が攻撃を牽引もオサスナとゴールレスドロー…武藤は負傷交代《ラ・リーガ》

エイバルは18日、ラ・リーガ第6節でオサスナと対戦し、0-0で引き分けた。 ここまで5試合を消化し、1勝1分け3敗と厳しいスタートを切ったエイバル。代表マッチウィークを挟んだ2週間前に行われた前節のバジャドリー戦でが今季初白星だった。今節は前節退場となったディオプが出場停止。乾と武藤の日本人コンビは3試合連続で揃って先発出場を果たした。 立ち上がりから劣勢を強いられるエイバルは、ロングボールから再三ピンチを迎える。16分にはサイドチェンジからチャンスメイクされ、ガジェゴに決定的なヘディングシュートを許す。 対するエイバルは20分過ぎに乾がドリブルでボックス左に侵入しシュートへ。これがチーム初シュートとなった。さらに乾は得意のドリブル突破から立て続けにシュート。枠に飛んだがGKに防がれた。 その後も乾を中心に攻撃を組み立てるエイバルだが、ゴールレスで後半へ。その立ち上がり、ロングボールをボックス左で受けた乾のマイナスの折り返しを、セルヒオ・アルバレスがダイレクトシュート。綺麗な攻撃だったが、ここはGKの正面に。 そんな中、52分に武藤が足を痛めてセルジ・エンリクと交代。見せ場が作れないまま、無念の交代となった。 後半半ばにかけては互いにチャンスが作れない時間帯が続く。すると70分に乾も交代。セビージャからレンタルで加わったブライアン・ヒルがデビューを果たした。なお、同じくセビージャからレンタルしたポソはこの試合で先発デビューしている。 一向に攻勢に出られないエイバルだったが75分、乾のいた左サイドで起用されたブライアン・ヒルがファーストプレーでシュートへ。得意の左足から放たれたシュートはGKセルヒオ・エレーラに弾かれ、さらにはポストに嫌われた。ヒルはセンタリングからもチャンスメイク。U-19スペイン代表の投入で勢いがつき始めた。 終盤まで0-0で進んだ中、88分にオサスナのモンカジョラが2枚目のイエローカードで退場に。数的優位となったエイバルは、ヒルが3本目のシュートを放つも、最後までネットを揺らせず試合終了。ゴールレスドローに終わった。 2020.10.18 20:58 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly