リーグ戦でバルセロナに初勝利のシメオネ監督が歓喜「チームの努力にとても満足している」

2020.11.22 13:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、バルセロナ撃破を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。アトレティコは、21日に行われたラ・リーガ第10節でバルセロナと対戦。前半アディショナルタイムに単騎突破からMFヤニク・フェレイラ・カラスコが先制点を奪うと、その後はGKヤン・オブラクの好守もあり、1-0の勝利を収めて開幕からの無敗を継続した。

2011年にアトレティコの指揮官に就任して以降、リーグ戦18試合目にして初めてバルセロナに勝利したシメオネ監督。劣勢な展開ながらも、勝利した選手たちのハードワークを称えている。

「フットボールは1試合ごとであり、勝つことも負けることもある。最近のバルセロナ戦は、サウジアラビア(スペイン・スーパーカップ)で勝った直近のバルセロナ戦を超えることに近づいていた。ホームでは引き分け、ここではほとんど負けていた」

「今日、我々は勝たなければいけなかった。求められていた方法は何も変わらない。チームの努力にとても満足している」

「我々にとって何が有利だったのかを理解して、自分の立ち位置の決め方、攻撃と守備の両方をこなす方法を理解していた。前半に(マルコス・)ジョレンテのような素晴らしいパフォーマンスがあった。ゴールができて安心感が生まれた。2点目は奪えず、バルセロナは常にゴールに迫り、試合に勝利する寸前だった」

また、改善点について問われると、「昨シーズンよりも成長すること」が大事だと述べている。

「確かに我々が大切にしている最も重要なことは、昨シーズンから今シーズンにかけての選手の成長だ。我々はピッチ内ではるかに上手く取り組んでいる。チームが必要とするものを共有したい」

「昨シーズンから規則性のあったフェリペや、非常に重要な(レナン・)ロディまで全員が必要だ。我々はたくさんの試合が残っていてみんなが必要だ。サウール(・ニゲス)、(アンヘル・)コレア、(ジェフリー・)コンドグビア、ジョアン(・フェリックス)、(ジエゴ・)コスタの熱意。グループは私に熱意を生み出す。彼らと重要なものを探したいと思っている」
コメント
関連ニュース
thumb

スアレスが新型コロナ感染からついに復活! 陰性判定でトレーニング合流可能に

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが新型コロナウイルスからの回復を遂げたようだ。 スペイン『マルカ』によると、2週間の自主隔離を経て、3日午前の検査で陰性判定が下り、4日のトレーニングから合流できる見通しに。今週末の5日に本拠地で予定するラ・リーガ第12節のバジャドリー戦から出場可能だという。 スアレスは今月の代表活動に参加。13日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選のコロンビア代表戦こそ出場したが、その後の検査で陽性反応が示され、続く17日のブラジル代表戦も欠場を強いられた。 所属先のアトレティコに戻ってからもラ・リーガ第10節のバルセロナ戦を含む公式戦4試合を欠場しているスアレスだが、その間のチームが記録したゴール数はトータルで3得点。スアレスを欠いた攻撃陣は得点不足を露呈している。 そうしたアトレティコの状況を受け、バジャドリー戦での復帰が期待されるスアレスは今夏にバルセロナから加入して以降、公式戦9試合でプレー。ラ・リーガでチームトップタイの5得点を挙げるなど、持ち前の得点力を発揮している。 2020.12.04 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

CLやマドリード・ダービーなど大一番控えるアトレティコDFヒメネス、太もも負傷で年内終了へ

負傷したアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスは、今年中の復帰は見込めなくなってしまったようだ。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦に先発出場したヒメネスは、後半に相手FWエリック・マキシム・チュポ=モティングとの接触の際に右足を負傷。67分の時点で交代を余儀なくされていた。 スペイン『マルカ』によると、試合後にナバラ大学病院で検査を行ったところ、右太ももに損傷が見つかったとのこと。年内の復帰は難しいようだ。 シーズン開幕当初は新型コロナウイルス感染でチームへの合流が遅れていたヒメネス。今後はチャンピオンズリーグのグループ突破をかけたザルツブルク戦に加え、ラ・リーガではレアル・マドリーとのダービーや暫定首位のソシエダ戦のビッグマッチが控えているだけに、12月の離脱は大きな痛手となる。 2020.12.03 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

王者バイエルンに土壇場で追いつかれたアトレティコ、今節でのGS突破逃すもシメオネは満足感

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、バイエルン戦の内容を評価した。スペイン『アス』が伝えている。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第5節で王者バイエルンと対戦したアトレティコ。ここまで1勝1敗2分けと苦戦が続いていたが、他試合の結果次第ではバイエルン撃破で今節での決勝トーナメント進出が決められるチャンスだった。 すでに突破を決めているバイエルンが主力を温存して臨んだ中、26分にFWジョアン・フェリックスのゴールでアトレティコが先制する。前半はアトレティコが押し込み続けて試合を折り返すも、CL連勝記録継続を狙うバイエルンが後半から主力を投入したことで拮抗した試合展開に。 すると86分にPKを献上してしまい、途中出場のMFトーマス・ミュラーに沈められ1-1で試合終了。バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップしたものの、決勝トーナメント進出は最終節までお預けとなった。 シメオネ監督は試合後、特に前半のパフォーマンスに満足感を示した。 「チームは引き続き順調に良くなっていると感じている。確かにCLが頭痛の種となっているのは事実だ。引き分けた3試合はもっと良い結果が得られたかもしれないからね。だが、我々には力がなかった」 「前半は非常に良かった。素晴らしいゴールもあった。だが、後半20分までに2点目を奪うことができなかった。そして、相手にPKを決められ試合を振り出しに戻されてしまったのだ。来週の水曜日は我々にとって決勝戦となる」 9日に行われる最終節でザルツブルクとの一戦を残すアトレティコは、引き分け以上でグループステージ突破が決まる。 2020.12.02 16:15 Wed
twitterfacebook
thumb

CB不足のバルサ、アトレティコのブラジル代表DFフェリペに注目か

バルセロナが、アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフェリペ(31)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 主力のDFジェラール・ピケが右ヒザの大ケガで長らくの戦線離脱を強いられているバルセロナ。その他にもDFサミュエル・ユムティティやDFロナルド・アラウホも負傷中で、先日のリーグ戦でDFクレマン・ラングレも右足首を負傷するなど、センターバックで故障者が相次いでいる。 冬の移籍市場での補強が必須とみられる中、フリーのDFエセキエル・ガライやマンチェスター・シティのDFエリック・ガルシアの名前が候補として浮上中。さらに『アス』はアトレティコで控えに甘んじているフェリペも候補の1人だと主張している。 母国ブラジルでプレーしていた同選手は、2016年夏のポルト移籍で欧州入り。ポルトでは在籍3年で公式戦142試合に出場するなど主力として活躍し、その間にセレソンデビューも果たした。 アトレティコではDFホセ・ヒメネスの負傷離脱に伴い、加入1年目の昨季は公式戦36試合に出場したが、ディエゴ・シメオネ監督はヒメネスとDFステファン・サビッチをファーストチョイスとしており、3バックを試した先のバルセロナ戦では、3人目のセンターバックはフェリペではなくDFマリオ・エルモソだった。 バルセロナはそんな状況から獲得のチャンスがあると見込んでいるようだが、アトレティコ側には手放す意思はない模様。それでも31歳という年齢や、契約が2022年までとなっていることから、可能性は低くないと『アス』は踏んでいる。 2020.12.02 13:47 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ドローで主力温存バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップも突破は最終節にお預け《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第5節、アトレティコ・マドリーvsバイエルンが1日に行われ、1-1のドローに終わった。 グループ2位に位置するアトレティコ(勝ち点5)と、4連勝で2節を残しての首位通過を決めた王者バイエルン(勝ち点12)による強豪対決。 ここまで1勝1敗2分けと、絶好調のリーグ戦とは打って変わって難しい戦いが続くアトレティコ。数時間前に開催されたロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)と、レッドブル・ザルツブルク(勝ち点4)の試合がザルツブルクの勝利に終わったことで、今節での決勝トーナメント進出のチャンスを得た。王者相手にリベンジを狙う一戦ではバルセロナに完勝した一戦と同じメンバーで[5-3-2]の布陣を採用した。 一方、バイエルンは週末に控えるRBライプツィヒとのビッグマッチを睨んで守護神ノイアー、主砲レヴァンドフスキ、ミュラー、コマンらを温存。アレイ=ムビ、ミュージアラの若手コンビ、チュポ=モティングらを起用。さらに、今後のオプションか、アトレティコ対策か[3-4-2-1]の布陣に変更した。 試合は立ち上がりからモチベーションの面で大きく勝るホームチームが押し込む入りを見せる。ここ数試合で熟成を見せる新布陣の機能性が高く、前線で自由を謳歌するフェリックス、切れ味抜群のカラスコのコンビネーションを軸に左サイドから幾度も鋭い攻撃を仕掛ける。 一方、即席のスカッド、布陣のバイエルンは球際でも競り負ける場面が多くなかなかリズムに乗れない。それでも、立ち上がりから攻撃面で光るものを見せていたミュージアラを起点に幾つか良い形を作り、14分にはボックス内のサネにシュートチャンスも、左足のシュートを大きくふかしてしまう。 その後もアトレティコの時間が続く中、23分にはフェリックスの足裏を使った見事なパスに抜け出したカラスコが左のサイドネットを叩く際どいシュートを放つと、この直後にゴールが生まれる。26分、相手陣内右サイド深くでのスローインからマルコス・ジョレンテがゴールラインぎりぎりでマイナスに折り返す。これに反応したフェリックスがDFの前に身体を入れて見事な右足のダイレクトシュートを叩き込んだ。 その後はミュージアラが個人技でGKオブラクを脅かす場面を作ったものの、アトレティコが圧倒的に押し込んでいく流れは変わらず。ホームチームの1点リードで前半終了となった。 後半は立ち上がりこそバイエルンが押し込む流れとなったが、アトレティコがすぐさま押し返して拮抗した展開に。 CL連勝記録更新を目指すフリック監督は60分過ぎにニャブリ、ミュラーの主力2選手とクリス・リチャーズを一気に投入。対してアトレティコは筋肉系のトラブルに見舞われたヒメネスを下げてフェリペ、80分には逃げ切りを意識してコレアからエクトル・エレーラへの交代を図った。 主力の投入でより攻撃が活性化されたバイエルンは終盤にかけて押し込む状況が続くが、最後のところでアトレティコの堅守をこじ開けられない。だが、85分にはボックス内でニャブリのパスを足元で受けたミュラーがDFフェリペのファウルを誘い、土壇場でPKを獲得。これをミュラー自ら冷静に流し込み、王者の意地を見せる同点ゴールとした。 これで再びゴールが必要になったアトレティコはカラスコ、フェリックスに代えてロージ、レマルを投入してここから攻勢に出る。試合終了間際の右CKの場面ではファーに流れたボールにフリーのフェリペが飛び込むが、ここはうまくボールを触ることができず、試合はこのままタイムアップ。 この結果、バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップしたアトレティコだったが、今節での決勝トーナメント進出はならず。最終節では勝ち点2差のザルツブルク相手に引き分け以上の結果を残せれば、突破が決める。 アトレティコ・マドリー 1-1 バイエルン 【#アトレティコ】 フェリックス(前26) 【バイエルン】 ミュラー(後41[PK]) 2020.12.02 07:26 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly