【J1注目プレビュー|第28節:浦和vsG大阪】川崎Fの命運を握る一戦、G大阪は浦和を下し待ったをかけるか

2020.11.22 10:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第28節】
2020年11月22日(日)
16:00キックオフ
浦和レッズ(9位/45pt) vs ガンバ大阪(3位/55pt)
[埼玉スタジアム2002]◆残り3試合のホームゲーム全勝へ【浦和レッズ】


前節はアウェイでヴィッセル神戸を相手に0-1で勝利。4試合ぶりの勝利を手にした。

前々節では横浜F・マリノスとアウェイで対戦し6-2と大敗。成す術なく良いようにやられての敗戦だったが、しっかりと中3日でバウンスバック。無失点で勝利を収めた。

神戸に押され気味の試合だったが、徐々にペースを取り戻すと、終盤にらしい攻撃を見せ、マルティノスの決勝ゴールで勝利した。

上位進出の可能性はわずかながら残っている状況。ホームに戻っての一戦では、当然勝利を目指して戦う。残り試合が少なくなり、来季を見据えた戦いも始まる中、しっかりと勝利を収めることができるか。

結果として川崎Fの優勝を後押しすることにはなるが、残り3試合となったホームゲームで1つでも多くの勝利を届けたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔
MF:マルティノス、長澤和輝、青木拓矢、汰木康也
FW:武藤雄樹、興梠慎三
監督:大槻毅

◆勝てなければ即終了、意地を見せるか【ガンバ大阪】

前節はホームでベガルタ仙台を相手に0-4と完敗。最下位相手に屈辱的な黒星を喫することとなった。

12戦無敗で2位の座まで登り詰めたが、思わぬつまづきに遭ってしまったG大阪。各ポジションの軸となる選手が不在、さらに経験の少ない若手を先発させるなどの奇策が完全に裏目に出た。

個人のパフォーマンスこそ悪くなかったが、チームとして機能させるには柱が足りなすぎた印象。ケガなどの理由もあるが、宮本恒靖監督が勝負に出すぎた感もあった。

さらに、その敗戦により川崎Fの優勝がグッと近づくことに。21日の試合で大分トリニータが1-0で勝利したために優勝はお預けとなったが、自分たちが浦和に勝たなければ即終了。次節は王者との対戦にすり替わってしまう。

目指すものはハッキリしたはず。今節も浦和に勝利して優勝を阻止し、ミッドウィークの直接対決でも勝利を収め、優勝を決めさせないこと。そのためにも、必勝で浦和戦に臨みたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢
MF:小野瀬康介、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋
FW:パトリック、宇佐美貴史
監督:宮本恒靖
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:横浜FMvs広島】ジュニオール・サントスを止める!? 古巣に牙を剥く!?

【明治安田生命J1リーグ第2節】 2021年3月7日(日) 13:00キックオフ 横浜F・マリノス(0pt/18位) vs サンフレッチェ広島(1pt/8位) [日産スタジアム] 開幕戦で王者の川崎フロンターレに敗れた横浜FMと、ホームでベガルタ仙台に土壇場で追いつかれた広島が対戦。互いに初勝利を目指す。 ◆ホームで今季のリーグ戦初勝利を【横浜F・マリノス】 開幕戦はアウェイで王者川崎フロンターレを相手に戦った横浜FM。しかし、前半は全く良いところなく2失点を喫すると、後半に盛り返しを見せるも2-0で敗れ黒星スタートとなっていた。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップではベガルタ仙台を相手に1-0で勝利を収めていた横浜FM。リーグ戦でもその勢いを持って今季初勝利を目指したい。 川崎F戦では3バックのシステムを採用し、[3-4-3]でスタートした横浜FMだが、守備強度が低く、選手たちのポジショニングもあまり良くなかったために成す術がなかった。 ルヴァンカップでは[4-4-2]に近い形をとり、アンカーにDF岩田智輝を置いたことで安定感が増していたが、リーグ戦では昨シーズンまで採用していた[4-3-3]になると予想される。 何れにしても可変システムであることに変わりなく、選手たちの立ち位置も試合の流れで大きく変わってくることが考えられるが、まずはホームで今季初勝利を記録しておきたい。 警戒すべきは、昨シーズンのチームメイトであったFWジュニオール・サントス。その特徴、得点能力の高さは誰よりも知っているはずだ。DFチアゴ・マルチンスとのマッチアップも見ものだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:オビ・パウエル・オビンナ DF:岩田智輝、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:マルコス・ジュニオール、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆エースは古巣対決、昨季の本拠地で連発なるか【サンフレッチェ広島】 開幕戦はホームにベガルタ仙台を迎えた一戦。1-0でリードして勝利かと思われたが、終了間際にFW赤﨑秀平にゴールを許し、1-1の引き分けに終わっていた。 ミッドウィークではYBCルヴァンカップをホームで戦い、清水エスパルス相手にゴールレスドロー。2試合連続ドローとなり、煮え切らない結果となってしまった。 試合巧者であり、内容も大きく崩れない戦いを続けている広島だが、裏を返せば決め手に欠ける試合を続けていることに。昨シーズンなかなか順位が上がらなかった理由は、今シーズンも継続してしまっている。 特に攻撃面ではなかなかゴール数が伸びず、決定機を作り出す機会も増えて来ない。攻撃の迫力に欠けてしまっている状況からはいち早く脱したいところだ。 もっとも、ルヴァンカップはターンオーバーを敷いており、リーグ戦ではまたレギュラーメンバーがピッチに立つはず。期待すべきは、やはりFWジュニオール・サントスだろう。 昨シーズンまでの本拠地である日産スタジアムでのプレー。開幕戦で早速ゴールを決めているエースが、古巣相手にゴールを重ねるか。こちらも初勝利が欲しい一戦となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ、ジュニオール・サントス 監督:城福浩 2021.03.07 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:名古屋vs札幌】堅守速攻かアタッキングフットボールか、共に開幕連勝を目指す

【明治安田生命J1リーグ第2節】 2021年3月6日(土) 16:00キックオフ 名古屋グランパス(3pt/5位) vs 北海道コンサドーレ札幌(3pt/2位) [豊田スタジアム] 今シーズンのホーム開幕戦になる名古屋が札幌を迎えての一戦。互いに開幕戦を勝利した中で迎える戦いはどちらに軍配が? ◆待ちわびたホーム開幕戦【名古屋グランパス】 開幕戦はアウェイでアビスパ福岡と対戦。マテウスが躍動しリードした中、オウンゴールを与えるも1-2でしっかりと勝利を収めた。 しかし、ミッドウィークには前倒しで行われる予定だった第11節のガンバ大阪戦が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者がG大阪内で出たために突然の中止に。チームは公開練習を行い、今節がホーム開幕戦となる。 その名古屋は今シーズンも堅守がベース。福岡にはほとんどチャンスを作らせない試合運びを見せ、オウンゴールの失点に留めた。 札幌は開幕戦で攻撃陣が爆発したが、その勢いをしっかりと止められるか。試合が中止になったことで1週間空いたこと、そして移動がないことを生かし、しっかりと連勝を収めたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、齋藤学 FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆爆発した攻撃陣が堅守に挑む【北海道コンサドーレ札幌】 開幕戦ではホームに横浜FCを迎え5-1と快勝を収めた札幌。攻撃陣が爆発し、いきなり強さを見せつけた。 ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップではアビスパ福岡と対戦。この試合ではドウグラス・オリヴェイラが2ゴールを記録し、2-3で勝利。攻撃陣の好調ぶりは継続している。 リーグ戦とメンバーを入れ替えて臨んだルヴァンカップでもしっかりと勝利を収めたことで、チームにも自信がついたはず。アウェイでの連戦となる中で、開幕戦にような戦いを見せたい。 相手は堅守を武器とする名古屋。札幌としては中盤での攻防で上回り、圧力をかけて攻撃を仕掛けたいところだろう。稲垣、米本のボランチコンビをいかに突破するのかがカギとなりそうだ。 両ウイングバックにシャドーの2人がどう絡んでいくのか。堅守を打ち破ることができれば、さらに飛躍のシーズンとなるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:金子拓郎、駒井善成、宮澤裕樹、ルーカス・フェルナンデ MF:小柏剛、チャナティップ FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.03.06 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:FC東京vsC大阪】初勝利欲しいFC東京、大久保嘉人は3戦連発なるか

【明治安田生命J1リーグ第2節】 2021年3月6日(土) 14:00キックオフ FC東京(1pt/8位) vs セレッソ大阪(3pt/4位) [味の素スタジアム] ホーム開幕戦となるFC東京が、2試合を終えて1勝1敗のセレッソ大阪を迎える一戦。タイトル獲得を目指す両者が2節で激突する。 ◆攻撃の改善はできたか【FC東京】 開幕戦はアウェイでの浦和レッズ戦で1-1のドローに終わったFC東京。チーム状態という点では、浦和の方に分があったように見えたが、低調なパフォーマンスながら勝ち点1を持ち帰ったことは大きい。 決定打に欠けた試合となった要因は、やはり選手のコンディションの部分と言えるだろう。昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で負ったケガから復活も万全の状態ではなかったディエゴ・オリヴェイラを始め、どこかキレのない選手が散見された。 そんな中、迎えたミッドウィークのYBCルヴァンカップでは、浦和戦の11人を全て変更して戦い、昇格組の徳島ヴォルティスに勝利した。若い力が光った結果である一方で、長谷川健太監督としてはメンバー選びが難しくなる一戦だったとも言える。 今節の相手は昨シーズン4位でリーグ戦を終えたC大阪。復帰したFW大久保嘉人が爆発中であり、攻撃的なサッカーをこの2試合は披露している。しっかりと守らなければいけない相手であり、難敵であることは間違いない。 いかにボールを奪ってから正確な攻撃を仕掛けられるか。浦和戦では見られなかった前線でのタメをどう作るのか注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:東慶悟、アルトゥール・シルバ、安部柊斗 FW:渡邊凌磨、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 ◆攻撃面は◎、そのまま押し切るか【セレッソ大阪】 開幕戦では柏レイソル相手にホームで快勝、前倒しで行われたミッドウィークの第11節の川崎フロンターレ戦ではリードしながらも逆転を許して敗れたC大阪。3戦目のFC東京相手には、再び勝利を目指す。 この2試合、復帰した大ベテランのFW大久保嘉人が躍動。古巣の川崎F戦では2ゴールを記録し、チームを勝利に導くかと思われたが、逆転を許して敗れてしまった。 レヴィー・クルピ監督を迎えてかつての攻撃サッカーを取り戻したC大阪は、攻撃の迫力こそ増したものの、やはりマテイ・ヨニッチが抜けた守備には若干不安定さが見て取れる。 さらに、中盤の強度も昨シーズンに比べて弱まった印象。ボールを奪えてからいかに効率的に攻撃を行うかがポイントだけに、プレスを回避されてしまった後のカバーリングが課題となりそうだ。 FC東京も攻撃力に長けた選手が揃っているだけに、ミスは命取りになる。川崎F戦の二の舞にならないように、攻撃でも守備でも強度を見せてしっかりと戦えるかがカギとなる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:藤田直之、原川力 MF:坂元達裕、清武弘嗣、高木俊幸 FW:大久保嘉人 監督:レヴィー・クルピ 2021.03.06 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:仙台vs川崎F】1年越しのホーム勝利なるか? 王者川崎Fは3連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第2節】 2021年3月6日(土) 14:00キックオフ ベガルタ仙台(1pt/8位) vs 川崎フロンターレ(6pt/1位) [ユアテックスタジアム仙台] ホーム開幕戦となる仙台が、王者・川崎フロンターレを迎える一戦。昨シーズン未勝利のホームで勝利なるか。 ◆久々のホーム戦勝利へ【ベガルタ仙台】 開幕戦ではサンフレッチェ広島とのアウェイゲームに臨んだ仙台。ビハインドのまま試合は進んだが、終了間際にFW赤﨑秀平が値千金のゴールを奪い、1-1のドローとなった。 敗戦濃厚だった試合で勝ち点1を、さらにアウェイゲームで獲得した仙台。ホーム開幕戦となる一戦では、王者を迎えての戦いとなる。 2020シーズンはホームで1勝もできず、ファン・サポーターに笑顔を与えられなかった仙台。最後にホームで勝ったのは2019年11月30日の大分トリニータ戦であり、なんとしても松露を挙げたいところだ。 思えば10年前、躍進した仙台は開幕戦で広島と、そして第2節で川崎Fと対戦していた。東日本大震災に見舞われたシーズンだったが、仙台は強さを見せて希望を与えた。今年は昨年から続くコロナ禍での試合。状況は違えど、しっかりと勝利して元気を与えたい。 試合は川崎Fが主導権を握ることは変わらないだろうが、仙台はどこまで粘りを見せられるか。キャプテンのDFシマオ・マテを出場停止で欠くことは大きな痛手だが、開幕戦でも素晴らしいセーブを連発していたGKヤクブ・スウォビィクらを中心に、守備で粘りを見せてもらいたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:蜂須賀孝治、アピアタウィア久、平岡康裕、秋山陽介 MF:吉野恭平、上原力也 MF:マルティノス、関口訓充、氣田亮真 FW:赤崎秀平 監督:手倉森誠 ◆強さ見せつけた逆転勝利、開幕3連勝へ【川崎フロンターレ】 開幕戦では横浜F・マリノスに完勝、ミッドウィークの第11節セレッソ大阪戦では、ビハインドからの逆転勝ちとここまで強さを見せている川崎F。アウェイの地での初戦にも注目が集まる。 富士ゼロックス・スーパーカップを含め、3試合で8得点を記録。守備陣は4失点を喫しているが、しっかりとチームの特徴である攻撃陣が結果を残し、公式戦3連勝を飾っている。 開幕から2試合は同じメンバーを先発に並べたが、この先の超過密日程を考えればターンオーバーもあるだろう。今節はメンバーを入れ替えることが予想される。 それでも、昨シーズン同様に選手層は厚く、クオリティを維持したまま戦うことは可能。むしろ、出場機会が限られる選手たちの奮起が期待されるところだ。 選手交代でも流れを変えてきた昨シーズンの戦いがあるだけに、1年越しのホーム戦勝利を目指す仙台を相手に王者がどう対応するのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、旗手怜央 MF:田中碧、塚川孝輝、脇坂泰斗 FW:遠野大弥、小林悠、三笘薫 監督:鬼木達 2021.03.06 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:名古屋vsG大阪】開幕戦明暗の昨季3位と2位が激突!

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2021年3月3日(水) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/3pt) vs ガンバ大阪(15位/0pt) [豊田スタジアム] ◆本拠地開幕戦も白星なるか【名古屋グランパス】 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1k287s13599bn1j5mg948zji5o" async></script></div> 昨季3位と2位の両雄がACL参戦に伴い、前倒しで相対する一戦。5年ぶりのJ1参戦となる福岡のホームに乗り込み、2-1の白星を掴み取った名古屋が神戸に0-1で敗れ、黒星スタートを切ったG大阪をホーム開幕戦で迎え撃つ構図となる。 名古屋からすれば、G大阪は昨季の直接対決で1分け1敗に終わり、2位争いで後塵を拝した相手。11年ぶりのリーグ優勝を目指す今季も上位争いのライバルとして立ちはだかってきそうなだけに、直接対決で上回っていきたいところだ。 そんな名古屋は開幕ゲームで福岡を1点差で退けたが、内容面で見ればスコア以上に試合を支配。今季初の公式戦ということもあり、完璧でないにせよ、昨季からの成熟度や新戦力のフィット感を確認する面でも手応えを掴めた戦だった。 先の福岡戦から中2日のG大阪戦に向けた注目ポイントの1つはターンオーバーの有無。とりわけ、阿部浩之が福岡戦でベンチ外になるなど、積極補強で厚みを増す攻撃陣の先発メンバーは気になる。万全を期して、本拠地開幕戦に挑みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、齋藤学 FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆最適な人選を探りながら初勝利目指す【ガンバ大阪】 2位躍進の昨季からさらなる復権を睨み、今季から[4-3-3]の新システムで攻撃的な戦いを目指すG大阪だが、先の神戸戦も落として、FUJI XEROX SUPER CUP 2021の川崎F戦に続く黒星。公式戦連敗スタートで今節を迎える。 神戸戦は川崎F戦を負傷欠場した宇佐美貴史や昌子源を先発起用して臨んだが、ボールの奪いどころが定まらず、後手を踏んで神戸ペースに。前半の飲水タイム後から押し返したが、後半終盤に一本のロングフィードから守りを崩された。 今節はその一戦から中3日。キャンプ途中から合流した新戦力のフィット具合や最適解を探る段階にある人選など改善すべき点が多いが、宮本恒靖は少ない時間のなかでどこまで修正を施して今節に挑めるかがカギの1つになりそうだ。 レアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベス、チュ・セジョンら新戦力の起用法も含め、新布陣を機能させる人選を模索しながら、名古屋のホームに乗り込むG大阪。いきなりのアウェイ連戦でもあるが、今季公式戦初勝利を手にできるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:井手口陽介、山本悠樹、倉田秋 FW:小野瀬康介、パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2021.03.03 14:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly