サンテチェンヌ、今冬にレスターで構想外のFWスリマニ獲得に動く

2020.11.18 15:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンテチェンヌがレスター・シティで構想外となっているアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)の獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』が報じている。

サンテチェンヌは今シーズンのリーグ・アンで開幕3連勝と好スタートを切ったが、現在は泥沼の6連敗中で7試合白星から遠ざかっている。その大きな要因が、直近6試合でわずか2ゴールという深刻な得点力不足にある。


サンテチェンヌは今夏の移籍市場においてエースストライカーの獲得に動き、スタッド・レンヌのセネガル代表FWエムバイェ・ニアン(25)の獲得に迫っていたが、多くの仲介人の介入などの影響もあって失敗に終わっていた。

そして、得点力不足解消を切に願うクラブは今冬のメインターゲットとして、クロード・ピュエル監督の教え子でもあるスリマニの獲得に動いているようだ。

2016年夏にスポルティング・リスボンから鳴り物入りでレスターに加入したスリマニだが、思うような活躍を見せることはできず。以降、レンタル先のニューカッスル、フェネルバフチェでも目立った数字は残せなかった。

それでも、昨シーズンにレンタル加入したモナコでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリーグ戦が早期打ち切りとなった中、18試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復調の兆しを見せていた。

しかし、レンタルバックした今シーズンのレスターではブレンダン・ロジャーズ監督が求めるセンターフォワードのプロフィールを持っていないこともあり、ここまでのリーグ戦で途中出場での19分のプレータイムしか与えられていない。そのため、レスターとの契約が2021年夏までとなっている中で、今冬の退団は決定的と見られている。

そういった状況もあり、現時点でサンテチェンヌは有力な新天地候補となっているが、移籍実現に向けてはスリマニサイドが大幅な減俸を受け入れる必要があるという。

『レキップ』によると、スリマニがレスターで受け取っている現行の給与は月給38万ユーロ(約4700万円)程度だという。これに対して、サンテチェンヌが提供可能な給与は年俸150万ユーロ(約1億8500万円)程度と大きな開きがあるようだ。

ただ、スリマニが出場機会を求めて減俸を受け入れる可能性は十分にあると同メディアは主張している。

関連ニュース
thumb

鮮やかな中央突破からの豪快ミドル!サンテチェンヌの新星が決めた美しいゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はサンテチェンヌのフランス人FWアルノー・ノルダンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ノルダンの美しいミドルシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRSzlzSGFsNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> サンテチェンヌユースで育ったノルダンは、2016年に18歳でトップチームデビュー。レンタル移籍を経て定位置を掴みつつある。 期待の若手選手として活躍するノルダンだが、2020年12月16日に行われたリーグ・アン第15節のボルドー戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、カウンターからサンテチェンヌがチャンスを作る。右サイドでノルダンがボールを持つと、中央のMFデニス・ブアンガとパス交換をしながらノルダンも中央へ侵入。ブアンガからのリターンパスを受け、見事なダブルタッチでマークを外すと、その流れでペナルティーアーク手前からミドルシュート。左足で放たれたカーブのかかったシュートは、ゴール左上に決まり、見事な先制ゴールとなった。 試合はその後ボルドーが追いついたものの、サンテチェンヌが後半に勝ち越し、2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title="【鮮やかな豪快ミドル】サンテチェンヌの新星が決めた美しいゴール"></span> 2021.02.23 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ニアポストをぶち抜く!無名時代のオーバメヤンがサンテチェンヌで決めた豪快ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オーバメヤンの変わらぬ決定力<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjc3NSYUlTeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、リールやモナコへのレンタル移籍を経て2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブで頭角を現し、2013年夏にドルトムントに移籍すると、一気にスターダムを駆け上がった。 サンテチェンヌでは、公式戦97試合で41ゴールを記録し、ブレイクのきっかけを掴んだオーバメヤンだが、2013年2月2日に行われたソショー戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた23分、サンテチェンヌが右サイドからチャンスを作ると、DFフランソワ・クレールがオーバメヤンへクロスを送る。ボックス手前右でオーバメヤンがパスを受けると、ファーストタッチでボックス内に侵入し、少し浮いたボールに対してボレーシュート。強烈なシュートはGKのニアポストを抜いてゴール右上に突き刺さった。 このゴールで主導権を握ったサンテチェンヌが、2-1で試合に勝利している。 <span data-sg-movie-id="802" data-sg-movie-title="【そこを抜くか!】無名時代のオーバメヤンがサンテチェンヌで決めた豪快ボレー"></span> 2021.02.18 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

GKの手を弾いてゴールイン!グングン曲がる横滑りFK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、サンテチェンヌのフランス人MFロマン・アムマが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆グングン曲がる横滑りカーブFK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxRjJPVWwxUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2012年夏にカーンからサンテチェンヌに加入したアムマは、前線の主力として活躍。公式戦291試合に出場している。 通算58ゴールをマークし、得点源としても活躍するアムマだが、2021年2月7日に行われたリーグ・アン第24節のメス戦では、素晴らしいFKを決めている。 0-0で迎えた14分、ボックス手前右の位置でサンテチェンヌがFKを得ると、キッカーはアムマ。右足から放たれた鋭いシュートは、壁の頭上を越えて左へグングンカーブしていくと、ゴール左隅へ。GKが必死のセーブを試みるも、シュートはこの手を弾きながらポストに跳ね返ってゴールイン。見事な先制直接FKとなった。 試合は序盤のリードを守ったサンテチェンヌが、そのまま1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="766" data-sg-movie-title="【横滑りカーブFK】グングン曲がってGKの手を弾きながらゴールイン!"></span> 2021.02.11 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫勇也の元“相棒”モデストがサンテチェンヌにレンタル 8年ぶりの母国復帰

サンテチェンヌは1日、ケルンのフランス人FWアントニー・モデスト(32)を買い取りオプションなしのレンタルで獲得したと発表した。契約期間は今季終了までとなる。 ニースでプロデビューのモデストはレンタル先のアンジェでシーズン20得点を挙げ、頭角を現わすと、2010年夏にボルドー入り。しかし、目立った活躍ができず、ブラックバーン(イングランド2部)や、バスティア(フランス3部)へのレンタルを経て、2012年夏からホッフェンハイムに完全移籍加入した。 ドイツに活躍の場を移したモデストはすぐさま適応してみせ、2015年夏に古豪のケルンに移籍。日本代表FW大迫勇也とのデュオで得点を量産し、2016-17シーズンにはクラブにとって25年ぶりとなるヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に大きく貢献した。 そのシーズン後の2017年夏、3500万ユーロ(現レートで約44億4000万円)の高額な移籍金を残して中国の天津権健足球倶楽部に旅立ったが、家族をヨーロッパに残してきたことやクラブとの関係悪化を理由に退団となり、2018年11月からケルンに復帰。今季は負傷もあり、公式戦9試合の出場で1得点にとどまった。 2021.02.02 15:14 Tue
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのDFドゥビュシーがサンテチェンヌで決めた劇的決勝弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はサンテチェンヌの元フランス代表DFマテュー・ドゥビュシーが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドゥビュシーが決めた決勝ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwSkVUWnp2ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門リールの下部組織で育ち、頭角を現したドゥビュシーは、2013年1月にニューカッスルに加入。その後アーセナルでもプレーするなど、実績を積んだ後に2018年1月にサンテチェンヌに加入し、母国フランスに復帰している。 ベテランDFとして現在はチームの主将も務めるドゥビュシーだが、2018年4月14日に行われたリーグ・アン第33節のストラスブール戦では、劇的なゴールで勝利に貢献している。 拮抗した展開となった試合の中、0-0のまま迎えた82分、サンテチェンヌが左サイドからチャンスを作る。左サイド深くにドリブルで侵入したFWケヴィン・モネ=パケがボックス内にパス。このボールに合わせようとしたMFロマン・アムマは空振りしてしまうものの、パスがそのままゴール前に通ると、逆サイドから攻撃参加していたドゥビュシーが合わせ、見事なゴールを決めた。 試合は、ドゥビュシーのこのゴールが唯一の得点となり、1-0でサンテチェンヌが勝利している。 2021.01.16 10:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly