八戸DF近石哲平が負傷 右ヒラメ筋挫傷で全治4週間

2020.11.13 13:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
ヴァンラーレ八戸は13日、DF近石哲平の負傷を報告した。クラブの発表によると、トレーニング中に負傷した近石は右ヒラメ筋挫傷と診断。全治は4週間を要する見込みとのこと。


2018年6月に八戸に加入した近石は昨シーズン、明治安田生命J3リーグに31試合出場して3得点をマーク。今シーズンはここまでJ3リーグに12試合出場している。
関連ニュース
thumb

八戸、在籍14年目のMF新井山祥智が脱臼で全治6週間

ヴァンラーレ八戸は18日、MF新井山祥智の負傷を発表した。 クラブの発表によると、新井山は沖縄キャンプ中の14日に行われたFC琉球とのトレーニングマッチで負傷したとのことだ。 新井山は八戸市内で検査を受けた結果、右肩鎖関節脱臼と診断。全治は6週間とのことだ。 新井山は八戸大学から2008年に入団。八戸一筋でプレーし、2020シーズンは明治安田J3で31試合に出場して2ゴールを記録していた。 2021.02.18 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸退団のMF村瀬勇太がFCマルヤス岡崎へ完全移籍「オファーしていただき感謝しています」

ヴァンラーレ八戸は18日、退団が決定していたMF村瀬勇太(31)がFCマルヤス岡崎に完全移籍することを発表した。 村瀬は2012年に流通経済大学から松本山雅FCに入団後、藤枝MYFCやラインメール青森、奈良クラブを渡り歩き、2020年に八戸に加入していた。 2020シーズンは明治安田生命J3リーグ7試合に出場していた。 村瀬はクラブを通じてコメントしている。 「マルヤス岡崎に関わる全ての皆様、初めまして。ヴァンラーレ八戸から加入しました村瀬勇太です。この状況の中、オファーしていただき感謝しています」 「サッカーができる喜びを1日1日噛み締めながら、自分自身も成長していけるようにチームのために頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2021.01.18 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

八戸退団のGK金子優希がJFLの奈良クラブに移籍! 「昇格のために全力で闘います」

ヴァンラーレ八戸は16日、GK金子優希(24)がJFLの奈良クラブに加わると発表した。 金子は鹿島アントラーズジュニアユース出身で、鹿島学園高校、仙台大学を経て、2019年に八戸入り。2020シーズンは明治安田J3で4試合に出場し、Jリーグデビューを果たしていたものの、11月30日に契約満了が発表されていた。 新シーズンから奈良でプレーする金子はクラブを通じて意気込みを語っている。 「初めまして。ヴァンラーレ八戸から加入することになりました、金子優希です。奈良クラブの勝利、昇格のために全力で闘います。ファン、サポーターのみなさん、共に闘いましょう!よろしくお願いします!」 2021.01.16 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

八戸でトップチームの選手1名がコロナ感染

ヴァンラーレ八戸は15日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症陽性判定を受けたことを報告した。 クラブの発表によると、当該選手は13日にPCR検査を受け、翌14日に陽性の判定を受けた。発熱などの症状はみられなかったが、12日に行った抗原検査でも陽性反応が出ていたようだ。 現在はオフシーズンのため、市保健所の調査において、濃厚接触者として検査の対象となっている者はクラブ内にはいないとのこと。また、当該選手の多賀多目的運動場やフットサルアリーナ八戸などの施設利用もないようだ。 2021.01.15 18:18 Fri
twitterfacebook
thumb

八戸が桃山学院大学のDF小林大智の加入内定を発表「恩返しできるように努力します」

ヴァンラーレ八戸は15日、桃山学院大学のDF小林大智(21)の加入内定を発表した。 大阪府出身の小林は、岡山県の作陽高校から桃山学院大学へと進学。180cm、73kgのセンターバックだ。 小林はクラブを通じてコメントしている。 「2021シーズンからヴァンラーレ八戸に加入することになりました桃山学院大学の小林大智です。ヴァンラーレ八戸という素晴らしいクラブで幼い頃からの夢であったプロサッカー選手として、プレーできることをとても誇りに思います」 「また、これまで自分に関わってくださった方々に感謝し、恩返しできるように努力します。そして、1日でも早くヴァンラーレ八戸に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2021.01.15 12:17 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly