元アルゼンチン代表DFパレハが現役引退…セビージャでEL3連覇を経験

2020.11.12 14:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アルゼンチン代表DFニコラス・パレハ(36)が現役を引退した。同選手が9日に自身の公式『インスタグラム』で明かした。2019年夏にメキシコのアトラスを退団して以降、1年以上に渡ってフリーの状況が続いていたパレハだが、今月9日にスパイクを脱ぐ決断をしたことを正式に表明した。

「今日、僕はずっと書きたくなかった幾つかの文章を書かなければならない。ここまで再びフットボールをプレーするためにヒザのケガと戦ってきたけど、残念なことに最近になってまた手術を受ける必要があることを知らされたんだ」

「そういった個人的な事情と、コロナウイルスを経験している現在の世界的な状況を考えると、新たな手術を行い、リハビリを続けていくことは非常に困難なことだと考えたんだ。そして、プロフットボーラーからの引退を決断したよ」

「プロとしての初めての契約にサインしてからのこの18年間、もちろんとても大変な時期もあったけど、子供の頃に思い描いたほとんどの夢を叶えることができたし、とても幸せな日々だったよ」

母国のアルヘンティノス・ジュニアーズでキャリアをスタートしたパレハは、アンデルレヒト、エスパニョール、スパルタク・モスクワを経て2013年夏にセビージャへレンタル加入。その翌年に完全移籍し正式にセビージャの一員となった同選手は、在籍5年間で公式戦120試合に出場。キャプテンを務めるなど、クラブのヨーロッパリーグ3連覇にも貢献していた。

また、2008年の北京オリンピックの優勝メンバーの一人でもあったパレハは、2010年11月に行われたブラジル代表とのフレンドリーマッチで唯一となるA代表キャップを刻んでいた。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーに大敗のセビージャ、ロペテギは完敗認める「2失点目が非常に痛かった」

セビージャのフレン・ロペテギ監督がチャンピオンズリーグ(CL)での大敗を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 2日に行われたCLグループE第5節において、セビージャはホームでチェルシーと対戦。すでに決勝トーナメント進出は決まっているセビージャは、この試合に勝利すれば首位浮上となる一戦だった。 しかし、公式戦5連勝の勢いで臨んだはずのこの試合では、相手FWオリヴィエ・ジルーを止められず、4失点。攻撃でもボール支配率こそ優位に立ったものの、決定的なシーンをなかなか作り出せず、無得点のまま0-4のスコアで大敗した。 試合後のインタビューに応じたロペテギ監督は敗北を素直に認め、対戦相手のチェルシーを称えている。 「チェルシーは勝利に値するよ。このスコアは内容を反映していないと思うが、我々のスタートは悪かったと思う。相手は序盤に得点を奪ったことで、その後チームの状態が上がっていった。我々は同点のチャンスを活かせなかったことで、2失点目という罰を受けたね」 「何よりも2失点目が我々には非常に痛かった。選手を投入してチームを救わなければとベンチで考えていたが、その瞬間に2失点目が来てしまったんだ」 「チェルシーはCLで勝ち抜くことを目的として、設計されたチームなんだ。試合開始から走り続けていたし、我々は大きなダメージを与えられた」 この敗戦によりセビージャはグループ2位が確定したが、それでもロペテギ監督はチームが成し遂げたことを誇り、週末のリーグ戦に向け準備していくと語った。 「72時間以内に再び試合が控えている。勝ったときも負けたときも、言うことは変わらないさ。我々は既に決勝トーナメント進出を決めているんだ。CLベスト16の一角に入るのは、重要なことだと思うよ。ヨーロッパにおいてそれは容易ではなく、望んでも達成できないチームが数多くあるからね」 2020.12.03 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ相手に4ゴールのジルーを絶賛するランパード「究極のプロフェッショナル」

チェルシーのフランク・ランパード監督がチャンピオンズリーグ(CL)の勝利を喜ぶと共に、殊勲のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 2日に行われたCLグループE第5節において、チェルシーはアウェイでセビージャと対戦。すでに決勝トーナメント進出は決定しているチェルシーにとって、この試合は首位通過をかけた一戦となった。 試合はジルーのゴールで開始早々にチェルシーが先制したものの、その後は一進一退の攻防になる。しかし、54分にジルーが追加点を決めると、その後は一方的な展開に。74分に3点目をマークしてハットトリックを達成したジルーは83分にもPKを決める大活躍。試合は4-0のスコアでチェルシーの圧勝となっている。 この結果、チェルシーのグループステージ首位通過が決定。試合後の会見に臨んだランパード監督は、勝利に満足感を示しつつこの日全ゴールを叩き出したジルーを称えた。 「CLのレベルで、しかも本当に良い相手と対戦して4ゴールを決められたのだから、素晴らしいパフォーマンスだった。最後の1点はPKだったが、チームとして質の高いゴールと、ジルーの個人技はとても良かったと思う。彼がスタンディングオベーションを受けるのは当然のことだし、私も喜んでいるよ」 「ジルーは究極のプロフェッショナルだ。だからこそ、フランス代表でもCLでも結果を残せているんだと思う。私がここにやってきたとき、彼は常にスタメンというわけではなかったにもかかわらず、選手としてのポジティブさを感じることができた」 「彼は若い選手や、常時プレーできない選手、20人以上の選手たちにとっても素晴らしい存在だ。良いトレーニングを続け、試合に出たときには今夜のようなパフォーマンスを見せてくれる。今夜のような状況で、本当に、本当に完璧なパフォーマンスを見せてくれた」 また、ランパード監督はグループステージ首位通過に満足しつつ、ラウンド16で敗退した昨季の経験から、CL決勝トーナメントではレベルが跳ね上がることも理解していると語っている。そのうえで、今のチームは昨季より強くなっていると自信を見せた。 「今の状況には満足しているが、次のステージでレベルが上がるのは明らかだ。嬉しいことに決勝トーナメント進出が決定したし、早い段階でグループのトップに立つこともできた。これは自信につながるけど、レベルは上がり競争も激しくなるだろうね」 「去年の経験でそれを知ることができた。でも、我々は改善を感じているよ。シーズンの初めから、新加入の選手たちには慣れるまでの時間が必要で、若い選手は成熟していくとわかっていた。今、彼らの成熟が伝わってきているよ」 2020.12.03 12:21 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャとの首位攻防戦でジルーが躍動! 敵地で4ゴールを奪ったチェルシーが首位通過を決める《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節のセビージャvsチェルシーが2日に行われ、0-4でチェルシーが勝利した。 CL3連勝中でグループEの首位に立つチェルシーは、スコアレスドローに終わった直近のトッテナム戦のスタメンからGKメンディとコバチッチ以外の9人を変更。[4-3-3]の布陣で3トップにはハドソン=オドイ、ジルー、プリシッチが並んだ。 一方、こちらもCL3連勝でグループ2位につけるセビージャは、辛勝した直近のウエスカ戦のスタメンから攻撃陣を中心に7人変更。エン=ネシリを最前線に置き、2列目に右からフランコ・バスケス、オスカル、イドリシと並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 首位攻防となった一戦は早い時間に動く。8分、中盤でパスを受けたハヴァーツがドリブルでボックス手前まで持ち上がりラストパス。これをボックス右で受けたジルーがトラップで相手マークを外し、ゴール左隅にシュートを突き刺した。 その後は一進一退の展開が続く中、チェルシーは27分にドリブルでボックス左から侵入したプリシッチに決定機が訪れたが、シュートは飛び出したGKヴァツリークのセーブに阻まれた。 迎えた後半、先にスコアを動かしたのはリードするチェルシー。54分、バイタルエリア中央で受けたコバチッチが素早く前線へラストパス。このパスでボックス中央から侵入したジルーが飛び出したGKの脇を抜く右足のチップキックでゴールネットを揺らした。 リードを広げたチェルシーは、74分にも右サイドをドリブルで持ち上がったカンテのクロスをニアのジルーが頭で流し込み、ハットトリックを達成。さらに83分には、ボックス内でジルーが倒されて獲得したPKをジルー本人が決め、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま0-4でタイムアップ。ジルーの4発で首位攻防戦を快勝したチェルシーが、グループ首位通過を決めた。 また、同日に行われたグループE第5節のFCクラスノダールvsレンヌは、71分にベリの決めたゴールを守り抜いたFCクラスノダールが1-0で勝利。レンヌをかわして3位に浮上している。 2020.12.03 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のウエスカ、セビージャ相手に善戦も終盤被弾で今季初勝利遠く…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、ウエスカvsセビージャが28日に行われ、アウェイのセビージャが0-1で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は72分からプレーした。 岡崎が戦列復帰を果たした前節のオサスナ戦を1-1のドローで終えた19位のウエスカは、7位のセビージャをホームに迎えた一戦で今季初白星を目指した。その中で先発復帰も期待された岡崎はベンチからのスタートとなった。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント進出を決めて勢いに乗るアウェイのセビージャが主導権を握る状況が続く。 ウエスカを自陣深くに押し込んで内、外を織り交ぜた攻撃で揺さぶりをかける。その中でムニルやオカンポスがフィニッシュまで持ち込むが、きっちり中を固める相手の守備をこじ開けるまでには至らず。結局、前半に相手を大きく上回る7本のシュートを放ったが、唯一の枠内シュートとなったルーク・デ・ヨングのヘディングシュートは難なくGKにキャッチされるなど、決め手を欠く展開となった。 後半も引き続き押し込む入りを見せたセビージャはセットプレーの流れからジエゴ・カルロス、クンデと早速シュートシーンを作り出す。 対するウエスカは60分、右サイドのマフェオからの斜めのパスに対してラファ・ミルが絶妙なスルー。これでうまく浮いたサンドロ・ラミレスがボックス内に抜け出して飛び出したGKを右に持ち出してかわす。だが、その後のタッチが長くなり、絶好のシュートチャンスをフイにした。 後半半ばを迎えて拮抗した状況が続く中、72分には岡崎がオンティベロスと共にピッチに送り出される。しかし、同じくラキティッチやエン=ネシリとフレッシュな選手を投入したセビージャの攻勢に晒されると、73分ち76分にオカンポス、ムニルに続けて決定機を許す。だが、ここはGKアンドレス・フェルナンデスが見事な連続セーブでチームを救った。 これでピンチを脱したかに思われたウエスカだが、一瞬の隙を突かれてゴールをこじ開けられる。83分、ボックス手前でボールを持ったオカンポスにそのままドリブルで運ばれてボックス右ライン際から折り返されると、ニアに飛び込んだエン=ネシリに右足で流し込まれた。 その後、最後の交代カードで守備的なグデリを投入し、逃げ切りを図るアウェイチームに対して攻勢を仕掛けていく。91分にはボックス左に抜け出したガランの折り返しがDFに当たってゴール前にこぼれると、これを岡崎が右足アウトで押し込みにかかるが、相手DFのブロックに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、セビージャに競り負けたウエスカはまたしても今季初白星を逃がすことになった。なお、今季初の3連勝となったセビージャは暫定ながら5位に順位を上げている。 2020.11.29 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ムニルのラストプレー間際弾で競り勝ったセビージャがグループステージ突破!《CL》

セビージャは24日、チャンピオンズリーグ(CL) グループE第4節でFCクラスノダールとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 前節クラスノダール戦を10人となった中、エン=ネシリのドブレーテの活躍で逆転勝利を飾ったセビージャ。勝利すればグループステージ突破となる中、ヘスス・ナバスの出場停止を受けて[3-5-2]を採用した。 1分け2敗の3位クラスノダールに対し、2トップにL・デ・ヨングとムニル、右にオカンポス、左にエスクデロ、中盤アンカーにフェルナンド、3バックの中央にグデリを据えたセビージャが4分に先制する。 右サイドをオカンポスが仕掛けてクロスを上げると、ルーズボールをペナルティアーク右のラキティッチがボレー。強烈なシュートがゴール左に決まった。 その後も主導権を握るセビージャは17分、ムニルがミドルシュートで牽制すれば、29分にはFKからジエゴ・カルロスが際どいヘディングシュートを浴びせた。 前半半ば以降もロコモティフに反撃の隙を与えなかったセビージャが1点をリードしたまま後半へ折り返した。 迎えた後半立ち上がり、クンデの好守でピンチを凌ぎリードを保ったセビージャだったが、56分に追いつかれる。後半から入ったヴァンデルソンにボックス右からシュートを蹴り込まれた。 その後は一進一退の攻防となった中、セビージャは72分にエン=ネシリを投入。そして、終盤にかけてはセビージャが攻勢に出ると、83分にはゴールエリア左まで侵入したイドリシがシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 それでもラストプレー間際となった追加タイム5分、ボックス右でエン=ネシリのパスを受けたムニルがシュートをねじ込んで劇的勝利。2位以上が確定し、グループステージ突破を果たしている。 2020.11.25 04:55 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly