ファウルを受けたふりで罰金25万円、名手リベリが“ダイブ”で処分

2020.11.10 22:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリが、罰金処分を科された。セリエAの懲戒委員会は、セリエA第7節での出来事に対して処分を決定。パルマvsフィオレンティーナに出場していたリベリと、トリノvsクロトーネに出場していたクロトーネノMFミロシュ・ヴリッチに対し、2000ユーロ(約25万円)の罰金を科した。

◆バイエルン時代の切れ味はどこへ…

罰金処分の理由は「ダイビング」とのこと。「対戦相手のボックスでファウルを受けたふりをした」とし、重い処分が下されることとなった。

リベリは、今シーズンのセリエAでここまで5試合でプレーし2アシストを記録していた。
関連ニュース
thumb

フィオレンティーナMFエイセリック、トルコのカスムパシャに移籍

スュペル・リグのカスムパシャは23日、フランス人MFヴァランタン・エイセリック(29)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 モナコの下部組織出身である攻撃的MFのエイセリックは、ニース、サンテチェンヌを経て2017年にフィオレンティーナに加入。しかし、主力には定着できずナント、ヴェローナにレンタルに出されていた。 昨季はフィオレンティーナに復帰し、セリエAで16試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 2021.07.23 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

カジェホンとサッリ監督がラツィオで再会か

元スペイン代表FWホセ・マリア・カジェホンとマウリツィオ・サッリ監督が再会する可能性があるようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 カジェホンは昨夏にナポリからフィオレンティーナに加入。公式戦349試合で82ゴール78アシストというナポリでの成績から主力としての活躍が期待されたが、シーズンが終わってみればセリエA出場は20試合にとどまり、そのうち先発出場は6試合のみだった。 チームは不調に陥り、二度の監督交代を敢行するなど落ち着かなシーズンだった中、カジェホンが不遇をかこったのも事実。システム上ウインガーが使いづらかったというのもあるが、本人にとっては期待外れの1年だった。 そうした中、34歳の獲得の噂があがっているのが、昨夏にも獲得に動いたラツィオだ。同クラブでは先月、シモーネ・インザーギ監督がインテルに引き抜かれ、後任としてサッリ監督が着任。カジェホンはナポリでそのサッリ監督の寵愛を受けた一人だった。 どのチームにおいても自身の信念を貫いたサッカーを展開するサッリ監督にとって、そのスタイルを知るカジェホンの存在は重要になってくるかもしれない。なお、ラツィオではすでに、ナポリからアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイをフリーで獲得している。ヒサイもまたサッリ監督の手解きを受けた一人だ。 2021.07.23 15:34 Fri
twitterfacebook
thumb

新体制のフィオレンティーナ、チェルシーのザッパコスタに関心か

フィオレンティーナが、チェルシーのイタリア人DFダビデ・ザッパコスタ(29)の獲得を検討しているようだ。 ザッパコスタは2017年夏にトリノからチェルシーに加入。だが、実力不足で一向に出番が増えず、ここ2シーズンはローマとジェノアにレンタルに出されていた。 昨季のジェノアでは、新型コロナウイルス感染と負傷で後れを取ったものの、最終的にセリエA25試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。チェルシーとの契約は2022年まで残っているため、今夏にクラブに戻ってはいるが、おそらくトーマス・トゥヘル監督の構想に入っておらず、移籍が既定路線。 新しくフィオレンティーナの監督に就任したヴィンチェンツォ・イタリアーノ氏は[4-3-3]を志向する指揮官で、右サイドバックの頭数が足りないチームにおいて、セリエAでの経験が豊富なザッパコスタは打ってつけの人材なのだそう。 現段階では完全移籍かレンタルかは不明だが、完全移籍としてもそれほどの移籍金はかからないと見込まれている。 2021.07.17 15:33 Sat
twitterfacebook
thumb

元マンチェスター・シティのナスタシッチ、2部降格のシャルケからフィオレンティーナ復帰へ

シャルケのセルビア代表DFマティヤ・ナスタシッチ(28)のフィオレンティーナ復帰が近づいているようだ。移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 母国パルチザン出身のナスタシッチは、2011年夏にフィオレンティーナに加入。その1年後にマンチェスター・シティへ大きくステップアップし、安定した出場機会を得ていたが、2014年2月に負ったヒザのケガの影響で居場所をなくし、2015年1月にシャルケへローン。半年後に完全移籍した。 シャルケでは公式戦通算157試合に出場し主力として活躍したものの、昨季のチームはリーグ戦でわずか3勝という不甲斐ない成績に終わり、30年ぶりに2部降格。すでにDFシュコドラン・ムスタフィやMFナビル・ベンタレブなど多くの選手が退団しており、この度ナスタシッチも移籍する見通しとなった。 ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、古巣のフィオレンティーナが獲得に興味を示し、推定200万から300万ユーロの移籍金で合意に至った模様。移籍が発表されれば9年ぶりの復帰となる。 一方でフィオレンティーナも、ナスタシッチ到着に伴い、センターバック1名が売却される見込みとなっている。 2021.07.15 18:51 Thu
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ退団に打ちひしがれるリベリ「この2年間無下にされた気分」

先日にフィオレンティーナ退団が発表された元フランス代表FWフランク・リベリだが、まだ自分の中で消化し切れていないようだ。 数々の栄光を掴んだバイエルンでのキャリアを経て2019年夏にフィオレンティーナに加入したリベリ。38歳の身体に鞭を打ち、故障と復帰を繰り返しながらも、昨季はセリエA29試合に出場し、切れ味鋭いドリブルで2得点7アシストの記録を残した。 本人は残留を熱望しながらも、そんな思いとは裏腹に今月1日にクラブは退団を発表。元フランス代表FWはフリーの身となった。 リベリによると、クラブとはしばらく連絡がなく、ほとんど自然消滅の様な最後だったという。ひどく落ち込んだことを明かしながらも、イタリアでプレーを続ける意思を明確に示した。 「とても素敵な2年間だった。簡単ではなかったが、たくさんの人、美しい街、そしてファンの皆に会えたことを嬉しく思っている。フィオレンティーナでもう1年続けると思っていたから残念だよ」 「将来?まだわからない。本当はもう1年フィオレンティーナに残りたかった。でも3~4週間も何の音沙汰もなくて辛かったよ」 「誰からも連絡が来ず、見下されたような気分になった。全力を尽くしたこの2年間が認められていないような気がしたよ」 「それでも、僕はイタリアに残りたい」 2021.07.10 18:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly