チェルシーは今冬もライス連れ戻しに動く? ウェストハムは週給1600万円を用意か

2020.11.05 21:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーが今冬もウェストハムに所属するイングランド代表MFデクラン・ライス(21)獲得に動くようだ。イギリス『サン』が報じた。7歳からチェルシーのアカデミーに在籍していたライスは、2013年夏にウェストハムのユースに移籍。その後、2017年にファーストチームデビューを果たすと、安定したボール捌きと守備力を生かしてアンカーの主力に定着した。

ウェストハムではここまで公式戦117試合に出場して3ゴール4アシストをマークしている他、アイルランド代表歴があったものの2019年3月に国籍変更が認められ、イングランド代表としてこれまで10試合に出場している。

ウェストハムで大きく成長を遂げたライスに対しチェルシーは、今夏獲得に動いていたが実現せず。しかし、チェルシーはライスの獲得を諦められず、今冬の移籍市場で再び獲得に動くようだ。

移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏は、自身のポッドキャスト『Here We Go』でライスについて言及。「デクラン・ライスはまだチェルシーに行きたいと思っている。チェルシーは1月に彼の復帰に再挑戦すると思う。クラブはすでに彼と個人合意に至っている」と主張していた。

しかし、イギリス『サン』はこの主張を否定。チェルシーはまだ合意に達しておらず、さらには接触すらしていない可能性を報じている。

チェルシーにはアカデミー時代からの親友であるイングランド代表MFメイソン・マウントがおり、ライスはかつて復帰を望むコメントを残している。

一方で、ライスと2024年夏まで契約を結んでいるものの、流出危機となっているウェストハムは、昇給を検討。週給6万ポンド(約820万円)の現行給与から倍額にするオファーの準備を進めているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「私の決断ではない」低調チェルシー、ランパード監督が去就に言及「今は新しいチーム」

チェルシーのフランク・ランパード監督が、自身の去就についてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チェルシーは19日、プレミアリーグ第18節でレスター・シティと対戦。開始6分で先制を許すと、前半のうちに2点目を奪われる。 後半もチェルシーのパフォーマンスは上がらず。2-0で敗れてしまった。 チェルシーは直近のプレミアリーグ8試合で5敗目。首位争いをしていた中から大きく順位を下げることとなってしまった。 12月以降の低調ぶりに対して、ランパード監督の手腕が疑問視され、去就についての話が出始めている。 しかし、ランパード監督は、「自分が決めることではない」と語り、できることをすると語った。 「それは私の決断ではない。常にそこにあるものだ。常にいくつかのコントロールできないものがあることを理解している」 「コントロールできることは、もう一度やっていくこと、選手を高めていくこと、努力することだ」 「そのことについては、私は答えることができない」 今シーズンはドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、FWカイ・ハヴァーツなど大型補強。2億ポンド(約283億円)以上を費やしタイトル獲得を目指したこともあり、低調ぶりに不満が募るのは仕方がない。しかし、自身が現役だった良い時代と今は違うチームだと主張した。 「少し前に、私にとっての厳しさは増した。このクラブへの期待は正しくても間違っていても、常に高いものだ」 「今の我々のチーム、チームの年齢を見れば、もうそういった立場ではないことがわかる。我々のチームの構成を見れば、新しいチームだ」 「私はトランジションの話をし続けているが、あのようなパフォーマンスをすると、みんなが質問してくることは当たり前のことだ」 2021.01.20 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

完封負けに落胆するランパード監督「より良いチームに負かされた」

チェルシーのフランク・ランパード監督がレスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは19日、プレミアリーグ第18節でレスターと対戦。開始早々6分に先制されると、41分にもゴールを許し、2-0で完封負けを喫した。 試合後、ランパード監督は「我々はより良いチームに負かされた。彼らは我々よりも鋭く、多く走り、調子が良さそうだった」とコメント。敗戦を悔やみ、課題はボールを握っていない状況でのプレーだと振り返った。 「調子を落としていた。セットプレーからの失点、そして2失点目も(対応が)十分ではなかった。キレが足りない瞬間がかなりあったし、こういう時こそ、自分たちを省みなければならない。ランニングやスプリントのような基本的なことが重要だが、我々はそれができなかった」 「一番残念なのはここに来て試合に負けることだが、ボールを持っていないときの基本的な動きも大切だ。ボールを持っている時間は、少し(テンポが)遅いときもあったが、いくつかチャンスを作った。PKがあったと思ったが、そういったものに頼るつもりはない。我々は十分ではなかった」 また、ランパード監督はチームがスランプに陥っていると説明。そこから抜け出すことが必要だと語った。 「フルアム戦では素晴らしいプレーは無かったが、勝った。しかしそこから負けてしまったのだから、小さな一歩後退だよ。スランプに陥っているのが心配だ」 「以前のフォームからあっという間に今の調子になってしまった。いくつかの勝利はあったが、8試合のうち5試合の敗北は、我々にとって望んでいる結果ではない」 「ここから抜け出すにはキャラクターが必要だ。しかし、ドレッシングルームにいる選手たちががっかりしているからといって、それを否定しているわけではない。まだ若いチームだし、これが大きな教訓にもなる。もしそこを乗り越えて、自分たちは大丈夫だと感じたのなら、この穴から抜け出さなければならない」 2021.01.20 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーに完勝のレスターがリーグ3連勝で暫定首位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第18節、レスター・シティvsチェルシーが19日にキング・パワー・スタジアムで行われ、ホームのレスターが2-0で勝利した。 リーグ戦5試合負けなしで3位に浮上したレスター(勝ち点35)は今節の勝利で暫定首位浮上が可能に。難敵をホームで迎え撃ったこの一戦では2-0で快勝したサウサンプトン戦と同じメンバーを起用した。 一方、フルアム相手に苦戦しながらも1-0で競り勝ってリーグ4戦ぶりの白星を手にした7位のチェルシー(勝ち点29)は、その試合から先発4人を変更。アスピリクエタ、ジョルジーニョ、ジルー、ツィエクに代えてリース・ジェームズ、ハヴァーツ、ハドソン=オドイ、エイブラハムを起用した。 互いに集中した入りを見せたが、ホームのレスターが個の力でいきなりゴールをこじ開ける。6分、右CKの場面でショートコーナーからオルブライトンがマイナスの折り返しを入れる。ボックス中央のバーンズのシュートは当たり損ねて後方に流れるが、このこぼれ球に反応したエンディディの抑えの利いた左足のシュートが左ポストの内側を叩いて逆のサイドネットに決まった。 エンディディの強烈な一撃で先手を奪ったレスターは前がかる相手を自陣に引き込みながらロングカウンターで2点目を狙う。16分にはボックス手前のマディソンが強烈な左足のミドルシュートを放つが、クロスバーを掠めて2点目とはならず。 前半20分を過ぎると、一進一退の攻防が続く。32分にはプリシッチのパスに抜け出したハドソン=オドイがボックス右に持ち込んでニアを狙ったシュートを放つが、これは枠の右に外れる。直後にはレスターのカウンターからボックス右に抜け出したヴァーディがGKと一対一も、浮き球のシュートはGKメンディの好守に阻まれる。 互いにゴールを匂わせる攻撃を見せる中、38分にはボックス付近で仕掛けたプリシッチがDFエバンスに足をかけられてPKが与えられる。だが、VARのレビューの結果、倒れた位置がエリア外だったとの判定で直接FKに変わる。とはいえ、好位置で得たFKを名手マウントが直接狙うが、これは枠を捉え切れない。 すると、直後の41分にはGKシュマイケルのロングフィードのこぼれを回収したオルブライトンの浮き球に2選手が裏抜けを狙うと、手前のヴァーディは潰されるも、後方に控えていたマディソンが冷静に右足のシュートを流し込んだ。 効率よい攻めが光ったレスターの2点リードで折り返した試合は後半もホームチームが主導権を握る。立ち上がりの50分にはボックス左でフリーのジャスティンがヘディングシュートを狙うが、これは枠の左に外れる。さらに、57分にはロングカウンターからオルブライトンの斜めのスルーパスに抜け出したティーレマンスがボックス左でGKと一対一になるが、ここはGKメンディの好守に遭う。 一方、後半に入っても流れを掴めないチェルシーは67分にハヴァーツ、ハドソン=オドイを下げてヴェルナーとツィエクを同時投入。だが、この選手交代も攻撃を活性化させるまでには至らず。 危なげなく試合を運ぶレスターは試合終盤にかけてマディソン、オルブライトン、ヴァーディと主力を下げてアジョセ・ペレス、リカルド・ペレイラ、イヘアナチョの投入で試合を締めにかかる。 その後、86分にはツィエクの正確なFKからゴール前のヴェルナーがゴールネットを揺らしたが、これはわずかにオフサイドラインを越えており、VARの介入後も判定は覆らず。 そして、試合はこのまま2-0でタイムアップを迎え、チェルシーに完勝を収めたレスターがリーグ3連勝。マンチェスター・ユナイテッドを1ポイント差で抜いて暫定首位に浮上した。 2021.01.20 07:39 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランドの天才ファンタジスタ、ジョー・コールの吸いつくような極上トラップと豪快ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表MFジョー・コール氏がチェルシーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジョー・コールが見せた極上テクニック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxTWJxWnBUVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 育成の名門であるウェストハムのアカデミー出身のコール氏は、17歳でファーストチームデビューを飾ると、若き主将として活躍。2003年夏にはチェルシーに移籍し、多くのタイトルを勝ち取った。 卓越したテクニックとセンスを見せ、珍しいと言われる“英国産のファンタジスタ”として人気を博したコール氏だが、2008年1月23日に行われたEFLカップ準決勝、エバートンとの2ndレグでは、華麗なゴールを決めている。 0-0と拮抗した展開で迎えた69分、MFフローラン・マルダがハーフウェイライン付近でボールを受けると、裏のスペースへ走るコールにロングパスを送る。このパスをDFの裏で受けたコールは、見事なファーストタッチで後ろから飛んできたボールをトラップし、ピタリと足元に収めると、バウンドするボールを豪快なボレーシュート。強烈なシュートをニアポストに突き刺し、見事な先制点を奪った。 試合はこのゴールを守り切ったチェルシーが、1-0で勝利。2-1で勝利した1stレグとの合計スコアを3-1とし、決勝に駒を進めている。 2021.01.19 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー指揮官ランパード、タイトル争いは意識せず 「自分たち自身を考慮する必要がある」

チェルシーのフランク・ランパード監督は現時点でタイトル争いを意識していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チェルシーは19日にプレミアリーグ第18節でレスター・シティと対戦。7位と調子を落としているチェルシーとしては勝ち点6差で追う3位のレスターを直接叩き、上位進出への足がかりとしたいところだ。 ランパード監督はそのレスター戦に先駆けた会見で相手を称賛しつつ、警戒した。 「レスターは彼らのプレー、結果、そして得たリーグ内での順位によってタイトル争いに加わっている」 「我々は昨シーズン、終盤になんとか(レスターより)上位に食い込むことができたが、彼らは非常に良い選手、監督を持つ素晴らしいチームで、我々からしたら大きな関門だった」 また、現時点でタイトル争いを考慮する必要性はないと強調。良い結果を残していくことが最も重要だと説いた。 「彼らはタイトル争いに加わっていて、他にもそういったチームがある。しかし、現時点でタイトルレースは気にせず、自分たち自身を考慮する必要がある。勝利を収めることができれば、我々は望む場所に戻ることができる」 「我々がそこに入れるかどうかを無理に言いたくはないが、我々の立場は悪くない。今までは調子は悪かったが、良い結果を残せば現状を変えることができる。私が言いたいのは、状況はすぐに変えられるということだ」 2021.01.19 16:53 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly