“のぞき”は許されない、VARを盗み見たスアレスがスポーツマンシップに反してイエローカード

2020.11.04 12:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが珍しい形でイエローカードを貰った。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。アトレティコは3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でロコモティフ・モスクワとアウェイで対戦し、1-1で引き分けた。

◆スアレスがアトレティコ戦で決めたベストゴール3つ



この試合に先発で出場したスアレスは前半24分にイエローカードを提示されているが、その理由は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を“覗き見”したことだった。

21分、相手のクロスボールをクリアにかかったボックス内のエクトル・エレーラが不可抗力で手にボールを当ててしまい、VARによるチェックが入った。

主審がフィールド外に設置されたモニターで映像をチェックしていると、おもむろに近づいたスアレスが主審の肩越しに覗き見。白線が引かれたレフェリーレビューエリアには踏み入らなかったものの、直後に「スポーツマンシップに反する行為」としてイエローカードを提示されていた。

なお、VARの末に、エレーラのプレーはPK判定となり、アトレティコはこのPKをアントン・ミランチュクに決められ同点とされ、試合はそのまま1-1で終了していた。

◆VARを”のぞく”スアレス
関連ニュース
thumb

バルサ、クラシコ用のスペシャルユニをアトレティコ戦でも着用

バルセロナは、8日に行われるアトレティコ・マドリー戦でスペシャルユニフォームを着用することを発表した。 このユニフォームは今季の4thユニフォームで、バルセロナカラーである「ブラウグラナ(青とえんじ)」に、カタルーニャ州旗の「セニェーラ(赤と黄色のストライプの旗)」を組み合わせたものとなる。 ファーストチームはアトレティコ戦で着用するほか、女子チームはコパ・デ・ラ・レイナ(カップ戦)決勝で着用するとのことだ。 このユニフォームは上部が通常のバルサカラーのストライプとなっており、えんじの部分に黄色いストライプがグラデーションで入っていくというものだ。 このデザインは、クラブのルーツとカタルーニャに関連するアイデンティティとともに、クレ(バルサファン)のキャラクターとバルサの選手であることの誇りを強調しようとするデザインとなっている。 なお、このユニフォームは、4月10日に行われたレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”で特別に着用されたものだが、優勝を争う大一番のアトレティコ戦でも着用することとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】笑顔で特別ユニをお披露目するバルサの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFWlFZYTU0WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.04 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

土壇場の相手PK失敗に救われたアトレティコが薄氷のウノセロ勝利! 首位キープで次節バルセロナ戦!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第34節、エルチェvsアトレティコ・マドリーが1日にエスタディオ・マヌエル・マルティネス・バレーロで行われ、アウェイのアトレティコが0-1で勝利した。 前節、アスレティック・ビルバオに競り負けて首位陥落の危機もグラナダのアシストで最上位を維持したアトレティコ(勝ち点73)は、降格圏の18位に沈むエルチェ(勝ち点30)を相手に2戦ぶりの白星奪取を狙った。 シメオネ監督はアスレティック戦から先発5人を変更。サスペンション明けのホセ・ヒメネスがフェリペに代わって復帰したほか、中盤から前ではコケ、サウール、エレーラに代わってレマル、スアレス、コンドグビアが起用された。 トリッピアーとカラスコを両ウイングバックに配置した変則の[3-5-2]の布陣で臨んだアトレティコは、立ち上がりから相手を押し込んでいく。 開始12分にエルモソ、コレアとの見事な連携でボックス中央に抜け出したスアレスに最初の決定機が訪れるが、右足のシュートは枠の左に外れる。さらに、16分にはサビッチのスルーパスに抜け出したマルコス・ジョレンテがボックス右で折り返したボールをスアレスがゴールネットへ流し込むが、ここはVARのレビューの結果、ジョレンテのラストパスが出た段階でスアレスがオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは取り消しとなった。 早い時間帯の先制を逃すも、引き続き押し込んでジョレンテ、レマルと際どいミドルシュートを浴びせかけると、20分過ぎに先制に成功する。23分、左サイド深くで仕掛けたカラスコがそのままボックス内に持ち込んで丁寧なマイナスの折り返しを入れると、中央に遅れて走り込んできたジョレンテが右足ダイレクトシュート。DFの腕にディフレクトしたボールがゴール左隅に決まった。 前半の内にゴールをこじ開けたアトレティコだが、以降もカラスコとレマルのコンビネーションで優位性を保つ左サイドを起点に幾度も鋭い仕掛けで追加点に迫る。前半終了間際にはボックス内でコレアが放ったシュートがマルコーネの腕に当たって一度はPKが与えられるが、VARのレビューの結果、ノーハンドと判定が覆り2点目を奪うまでには至らなかった。 後半も引き続き主導権を握るアトレティコだが、攻撃がやや停滞する。早い時間帯に2点目を奪って試合を決め切りたいシメオネ監督は57分にレマルを下げてフェリックスを投入。すると、交代直後の63分にはコレアのスルーパスに抜け出したスアレスが左ポストに当てた自らのシュートのこぼれをタップイン。だが、これは最初の抜け出しの場面でオフサイドを取られた。 この決定機直後にはコレアに代えてカピタンのコケをピッチに送り出し、ウノセロでの締めくくりも意識し始めたアトレティコは、ロングボールやセットプレーでワンチャンスを狙うエルチェの攻撃を危なげなく撥ね返していく。 その後、82分にホセ・ヒメネス、スアレスを下げてフェリペ、サウールを同時投入したアトレティコは、85分に相手の右CKからビクトル・ロドリゲスの頭での折り返しに反応したゴール右のバラガンに決定的なシュートを許すが、これは枠を外れて事なきを得た。 だが、試合終了間際にはアトレティコに最大の試練が訪れる。トリッピアーのハンドで与えたFKの場面でクロスに競り合ったジョレンテが左腕でボールをブロックしてしまい、痛恨のPK献上。 これを決められれば、勝ち点2を失い首位転落の可能性も出てきたが、キッカーのフィデルが左隅を狙って蹴ったシュートは左ポストを叩き、相手のシュートミスに救われた。 そして、苦しみながらも代名詞のウノセロで勝ち切ったアトレティコが首位をキープして次節3位のバルセロナとの首位攻防戦に臨むことになった。 2021.05.02 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

トレイラは来季居場所なし? アーセナルもアトレティコも嫌、ボカ移籍を公言も現実は厳しいものに

アーセナルからアトレティコ・マドリーへとレンタル移籍中のウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(25)だが、望みが叶う可能性は少ないようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 トレイラは、ペスカーラやサンプドリアでプレーすると、2018年のロシア・ワールドカップでの活躍もあり2018年7月にアーセナルへと完全移籍。しかし、アーセナルでの扱いに不満を示すと、今シーズンからはアトレティコ・マドリーへとレンタル移籍で加入した。 しかし、アトレティコでも自身の実力を認めてもらえず、ディエゴ・シメオネ監督のファーストチョイスになれない状況に。ここまでラ・リーガで19試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグでも5試合に出場しているが、ほとんどがわずかなプレータイムに終わっていた。 アトレティコは、トレイラの買い取りオプションを行使する気は無く、残り5試合となった今シーズン中にその考えを変えさせる活躍難しいとみられている。 一方で、アーセナルでプレーを続ける気は本人になく、出ていきたいとコメント。また、3月に新型コロナウイルスで母親を亡くしたことをきっかけに、母国に近い南米に戻りたいという意思を示し、幼少期からファンだったボカ・ジュニアーズへの移籍希望を公言していた。 トレイラは「ボカに移籍するためにベストを尽くす。父は泣きながら、ボカでプレーする時が来たと言っていた。母がなくなり、すぐに代理人に伝えたのは『ヨーロッパには戻りたくない。ボカでプレーしたい』ということだった」とコメント。「若くして国フォーデンぽ出た。家族や家の近くにいることに惹かれる。ヨーロッパではそんなことはない」と、南米に戻りたいとしていた。 アーセナル、そして今季所属のアトレティコにも不満を持つトレイラ。母の死を受けて自身の欲求が強くなっての発言だが、父親は至って冷静。トレイラの願望は難しいものだと、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でコメントし、息子の要求を一蹴している。 「ルーカスのボカへの移籍はかなり難しいものになるだろう。その件に関するニュースはない。全ては、息子がラ・ボンボネーラ(ボカ・ジュニアーズの本拠地)でプレーしたいという願望でしかないが、そのためにクラブではいくつか問題を起こしてしまった」 父親によれば、トレイラのボカ移籍を要求したことが全くもってプラスに働かないとのこと。「アーセナルがローンで求める金額を、ボカが払えるかどうかわからない。息子は来年アーセナルでプレー者しないだろう。ただ、ボカでもなければ、行き先はイタリアかフランスになるはずだ。もちろん叶わぬ夢となるが、喜びをもたらすどころか、ボカのフロントに対して問題を起こさせてしまった」とし、軽率な発言だったと指摘した。 2021.05.01 18:51 Sat
twitterfacebook
thumb

グラナダ戦で退席処分のクーマン監督、2試合のベンチ入り禁止で大一番のアトレティコ戦を指揮できず…

ラ・リーガは4月30日、バルセロナのロナルド・クーマン監督に対し、2試合のベンチ入り禁止処分を下した。 バルセロナは4月29日のラ・リーガ第33節グラナダ戦で勝利していれば首位奪還となったが、痛恨の逆転負けを喫していた。 その試合で同点に追い付かれた直後の63分、主審は第4審判を侮辱したとしてクーマン監督を退席処分にしていた。 クーマン監督は侮辱したことを否定しているが、2試合のベンチ入り禁止処分が下り、2ポイント差の次々節首位アトレティコ・マドリーとの大一番で指揮を執れないことが決まってしまった。 2021.04.30 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第34節プレビュー】四つ巴の優勝争い! 格下相手に取りこぼし回避できるか

先週末に行われた第32節ではアトレティコ・マドリーとレアル・マドリーが勝ち点を取りこぼし、バルセロナとセビージャが勝利を収めたことで、優勝争いは四つ巴の大混戦となっている。 前節、FWグリーズマンのドブレーテの活躍によって10人のビジャレアルに2-1の逆転勝利を収めた3位バルセロナ(勝ち点71)だが、29日に行われたグラナダとの第33節延期分ではまさかの1-2の敗戦を喫して、アトレティコ(勝ち点73)を抜いての首位浮上のチャンスを逃した。 そして、次節にアトティコとの直接対決を控える中、バウンスバックを図る今節は指揮官クーマンの古巣である14位のバレンシア(勝ち点36)と、難所メスタージャで激突する。直近5戦未勝利のバレンシアだが、前回対戦では2-2のドローで試合を終えており、決して油断できない相手だ。ただ、直近9戦連続で失点を重ねており、FWメッシを起点に押し込んで打ち勝ちたい。 前節、アスレティック・ビルバオに競り負けて首位陥落の危機もグラナダのアシストで最上位を維持したアトレティコは、降格圏の18位に沈むエルチェ(勝ち点30)を相手に2戦ぶりの白星奪取を狙う。アスレティック戦ではFWスアレス、FWフェリックスが途中出場で負傷明けからの試運転を果たしており、DFホセ・ヒメネスがサスペンション明けで復帰する守備の修正と共に両エースの復活の一発に期待したいところだ。 その2強と競る2位のレアル・マドリー(勝ち点71)は前節にベティスとの上位対決を0-0のドローで終え、厳しい勝ち点逸に。また、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグではホームで1-1のドローと微妙な結果に終わっている。来週にロンドンでの決勝進出を懸けた2ndレグ、週末にセビージャとの上位対決という重要な連戦を控える中、今節は11位のオサスナ(勝ち点40)とのホームゲームに臨む。DFカルバハルが再離脱となったものの、DFセルヒオ・ラモス、DFメンディに関しては復帰の目途が立っているが、ジダン監督はいかなるメンバー構成で勝ち点3必須の一戦に挑むか。 前節、グラナダに競り勝って破竹のラ・リーガ5連勝を飾った4位のセビージャ(勝ち点70)はクラブ史上最速での来季CL出場権を獲得。さらに、これまで三つ巴と言われ続けた覇権争いに食い込んできた。レアル・マドリーとの直接対決を前に6連勝を狙う今節は、9位のアスレティック(勝ち点42)をホームで迎え撃つ。主砲エン=ネシリの連続ゴールはストップもMFラキティッチ、FWオカンポスとその他の主力に久々のゴールが生まれた点はチームとしてプラス材料だ。 残留争いが続く日本人選手所属の3チームでは5連敗で16戦未勝利の最下位エイバル(勝ち点23)が、16位のアラベス(勝ち点31)との残留争い直接対決に挑む。前節、FW武藤嘉紀が7戦ぶりの戦列復帰を果たしたことで、MF乾貴士と共に2人のサムライにはチームを残留に導く仕事が求められる。 また、MF久保建英は出場なしに終わるも、前節のウエスカ戦で8戦ぶりの白星を挙げた15位のヘタフェ(勝ち点34)は、7位のビジャレアル(勝ち点49)を相手に連勝を目指す。古巣対戦となる久保は自身を冷遇したエメリ監督を相手に決定的な仕事を見せつけられるか。 最後に直近の3連敗で降格圏の19位に転落したウエスカ(勝ち点27)は、5位のレアル・ソシエダ(勝ち点53)を相手に連敗ストップを狙う。前節、途中出場も見せ場なしに終わったFW岡崎慎司には格上相手に攻守両面で決定的な仕事を期待したい。 《ラ・リーガ第34節》 ▽4/30(金) 《28:00》 セルタ vs レバンテ ▽5/1(土) 《21:00》 エイバル vs アラベス 《23:15》 エルチェ vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 ウエスカ vs レアル・ソシエダ 《28:00》 レアル・マドリー vs オサスナ ▽5/2(日) 《21:00》 バジャドリー vs ベティス 《23:15》 ビジャレアル vs ヘタフェ 《25:30》 グラナダ vs カディス 《28:00》 バレンシア vs バルセロナ ▽5/3(月) 《28:00》 セビージャ vs アスレティック・ビルバオ 2021.04.30 19:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly