フリーのウィルシャー、どこへ? 「スペイン、イタリア、ドイツ…」

2020.10.30 13:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)がイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで自身の今後に言及した。

若くして入団したアーセナルで度重なる故障に泣き、才能を燻らせたウィルシャーは2018年からウェストハムでプレー。アーセナルと同じロンドンに拠点を置くクラブで心機一転を図ったが、再びケガに悩まされ、今月初旬に今季まで残る契約を双方合意で解消して退団した。

「彼と喧嘩をしたわけじゃない。正直に話してくれた彼には感謝している。ウェストハムには多くの友人がいて、個人的な恨みもない。今も多くの選手とやり取りをしているが、ただただ出ていかなければならなかったんだ。特に、年齢的にもプレーせず、1年間を過ごすのは無理だった」
ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督との軋轢による退団をそう否定したウィルシャー。いまだ決まっていない去就についても触れ、「代理人とは2、3日おきに話をしている。まだ話し合っているところだが、時間をかけるつもりはない」と述べると、国外挑戦に前向きな発言を残した。

「ラ・リーガ、イタリア、ドイツは僕にとって、良い変化になるだろう。多くのイングランド人選手がそんなにプレーしていない場所だからね」

「僕はいつもラ・リーガを観て、いつも考えてもいた。ラ・リーガがお気に入りで、イングランドの試合よりテクニカル。自分の能力を発揮できる場所だと思う」

「MLSに行くには若過ぎるとは思っていない。『スカイ・スポーツ』でも放送され、リーグもずいぶんと改善された。機会が巡ってくるのなら、オープンだ」

「僕は重要な一員であるのを感じられるクラブでプレーしたいと思っている。試合に出たいだけなんだ。自信を取り戻して笑顔が戻ったとき、シーズンの25〜30試合でプレーしたい」

「子どもの頃からやってきたフットボールをプレーするだけさ。僕はそれがまだできる感覚がある。みんなが間違っているのを証明したい。今、大事なのはクラブを見つけ、試合に出場して、良いプレーをすること。監督の構想に入っていけるはずだ」


関連ニュース
thumb

レスター戦で負傷交代のズマがヒザを手術…PL再開初戦のアーセナル戦は欠場か

ウェストハムのフランス代表DFクル・ズマがヒザの手術を受けてたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ズマは12日に行われたプレミアリーグ第16節のレスター・シティ戦に先発。しかし、前半15分にヒザを負傷しDFナイーフ・アゲルドとの交代を余儀なくされていた。 今回の報道によれば、ズマはレスター戦後にヒザの手術を受けたとのこと。なお、離脱期間などは明かされておらず、カタール・ワールドカップ後のプレミアリーグ再開となる12月26日のアーセナル戦間に合うかは不透明となっている。 2022.11.27 00:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、W杯でモロッコ代表FWエン=ネシリを注視? セビージャは売却躊躇せず

ウェストハムが、セビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(25)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 エン=ネシリはマラガの下部組織出身で、レガネスを経て2020年1月にセビージャへ加入。今季はラ・リーガ10試合0得点と不調だが、モロッコ代表では主力を担い、カタール・ワールドカップ(W杯)初戦のクロアチア代表戦でも先発出場していた。 ウェストハムは今夏にエン=ネシリへの関心を寄せるも、オファーを出すには至らず。それでも、スペイン『Estadio Deportivo』によると、現在もリストアップしており、W杯でのプレーぶりを注視している段階だという。 一方、セビージャは放出に前向き。エン=ネシリのパフォーマンスに納得していないと考えられる上、苦しい財政状況が続いているため、2025年6月まで契約を残す控えストライカーの売却には躊躇する理由がないとされている。 2022.11.24 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、イングランド代表MFライスへの関心を強化... W杯で注視する方針に

レアル・マドリーが、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 イングランド代表としてカタールW杯に臨むライス。21日の初戦からスタメンに名を連ねる可能性が高く、半世紀以上にわたって優勝から遠ざかるサッカーの母国が覇権を取り戻すには、圧倒的な存在感で中盤を引き締めるこの23歳が不可欠と言われる。 所属するウェストハムでは若くして主将を務め、契約を2024年6月まで残すことから移籍こそ実現していないものの、ここ数年来、マンチェスター・シティやユナイテッド、チェルシーらを始めとするメガクラブからの接触が途絶えることはない。 マドリーも以前からライスに注目してきたが、優先度は低く、過去の移籍市場では静観。しかし、ゼネラル・マネージャー(GM)を務めるホセ・アンヘル・サンチェス氏の指示の下、ここに来て急速に関心を強めており、W杯でのプレーぶりを評価する方針に至ったという。 2022.11.21 20:03 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯直前に負傷交代のマディソンは問題なし! ロジャーズ監督「彼は大丈夫」

ひと足先にドレッシングルームに消えていったレスター・シティのイングランド代表MFジェームズ・マディソンだが、大した問題ではなかったようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 12日にプレミアリーグ第16節が行われレスターは、アウェイでウェストハムと対戦。立ち上がりの8分にマディソンのゴールで先制したレスターは、後半にもバーンズがゴールネットを揺らし、公式戦3連勝を達成した。 そんな中、カタール・ワールドカップ(W杯)のイングランド代表に選出されたマディソンが25分に右ヒザを負傷。ピッチに座り込むと、そのままデニス・プラートとの交代を余儀なくされた。 カタールW杯まで時間があまりない中で、イングランド代表に影響しうるケガが懸念されたが、試合後にブレンダン・ロジャーズ監督が払拭したという。 「彼は大丈夫だ。ヒザの裏側に違和感を覚えたようだが、筋肉に損傷は見られなかった。彼は続けたがったが念のために交代させた。ワールドカップに出場する選手にとっては大変な日だから、我々は彼を守りたいと思ったんだ」 2022.11.13 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハムDFズマが猫虐待を改めて猛省、周囲に感謝

ウェストハムのフランス代表DFクル・ズマが、猫虐待事件を改めて反省している。 今年2月、兄弟のヨアンが撮影した動画から飼い猫への虐待が発覚したズマ。直ちに猛烈な非難を浴びる事態となり、世間ではズマの引退を求める声も少なくなかった。 その後、英国動物虐待防止協会(RSPCA)が起訴した裁判が6月に結審し、ズマには180時間の奉仕活動と、猫の飼育を5年間禁止する命令が下された。 この度、ウェストハムの公式インタビューに登場した28歳は、改めて犯した罪を謝罪。周りからの大きな助けに感謝の意を表した。 「僕にとっても、家族にとっても難しい1年だった。僕は本当に悪いことをしてしまった。そのことを改めて謝罪する」 「知ってしまった人たちも大変だったと思うし、本当に申し訳ないと思っている。とても反省しているよ。今は家族と一緒に前に進んで行こうとしているところだ」 「そこから学んだこと、それが最も大切なんだ。もちろん、周りにいるたくさんの人たちに励まされ、フットボールに集中できる環境にしてくれた。この幸せの中にずっといられるよう頑張るよ」 「チームメイトやスタッフ、クラブのみんな、そしてファンからのサポートは、本当に素晴らしいものだった。彼らのおかげで試合に集中することができて、ピッチ上で常にベストを尽くすことができたんだ」 「このクラブは僕の家族のようなものだ」 2022.11.05 21:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly