徳島、修徳高校の大森博が来季加入内定 「ヴォルティスの勝利に1日でも早く貢献できる選手に」

2020.10.29 17:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは29日、修徳高校に在学するMF大森博(18)の2021シーズン新加入内定を発表した。大森は身長186cm、体重70kgのMF。加入内定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「来シーズンより徳島ヴォルティスに加入します修徳高校の大森博です。幼い頃からの目標であったプロサッカー選手のキャリアを徳島ヴォルティスでスタートすることができ、大変嬉しく思います。今までお世話になった全ての方々に感謝し、徳島ヴォルティスの勝利に1日でも早く貢献できる選手になるため、全力で頑張ります。アツい応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

首位・徳島が快勝で4ポイントのリード! 長崎、劇的弾献上でチャンス活かせず…《J2》

明治安田生命J2リーグ第36節の11試合が25日に各地で行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは、首位の徳島ヴォルティスと18位のFC町田ゼルビアが対戦。ボールを保持してプレッシャーを掛けてくる徳島に、町田は前半終了間際に吉尾が2枚目のイエローを受けて退場。残りの半分を10人で戦うことに。 数的有利で引き続き優勢に試合を運ぶ徳島が54分に先制する。左サイドの小西のFKを、岸本が難しい体勢ながらも頭で叩きつけて今季初ゴールを奪う。さらにその5分後、右CKのクリアボールを西谷がボックス右手前から弾丸シュート。これがゴール左へ突き刺さり2点目をマークする。 町田は82分に平戸のミドルシュートで徳島ゴールに迫ったが、GK上福元の好守に阻まれた。逆に後半アディショナルタイムには途中出場の河田のゴールで徳島に追加点。結局、3-0でホームの徳島が勝利を収めて首位をキープした。 味の素フィールド西が丘で行われた東京ヴェルディvsアビスパ福岡は、1-1のドローに終わった。今季初の4連勝を目指す7位の東京V(勝ち点51)と、前節の引き分けにより3位のV・ファーレン長崎(勝ち点66)との勝ち点差が「3」に縮まった2位の福岡(勝ち点69)による重要な一戦。 立ち上がりから互いに攻め合うオープンな状況が続くが、10分を過ぎた辺りから相手のプレッシャーを上回るパススピードとポジション取りの優位性により、ホームの東京Vがペースを掴む。 19分には中盤での藤田のボール奪取からカウンターに転じてボックス左で福村が上げた浮き球のクロスをファーに飛び込んだセンターバックの高橋が頭で合わすが、これはGKセランテスの好守に遭う。さらに、21分にはボックス手前右でパスを受けた若狭が左足のミドルシュートを放つが、これは左ポストを叩いた。 なかなかプレスが嵌らず、守勢が続く福岡だが、飲水タイム明けとなった25分過ぎからプレッシャーのスピードを上げて徐々に相手のボール回しに圧力がかかるようになる。さらに、セカンドボールを拾って押し込む形を作り出したが、シンプルなサイドからのクロス、ボックス内でのコンビプレーは相手守備に撥ね返されて先制点を奪うまでには至らず。 0-0のイーブンで折り返した試合は後半も立ち上がりはオープンな展開に。50分には中盤でのボールの奪い合いを制した福岡に最初の決定機。山岸のスルーパスに抜け出した遠野が左に持ち出してGKマテウスをかわすが、ボックス左で放った左足のシュートは腰を捻り切れず、左のサイドネットを叩く。 その後はややホームチームの流れの中で均衡が破れる。66分、投入されたばかりの佐藤が右に流れて浮き球の縦パスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出した小池がボックス右からマイナスの折り返し。ニアで端戸が引っ張って空いた後方に走り込んだ山下の右足シュートが決まる。 しかし、すぐさま反撃に転じた福岡は失点からわずか1分後に左サイドを崩してボックス左ライン際の山岸が折り返すと、DF福村のクリアがゴール前の味方DFに当たる形でネットが揺れた。 拮抗した展開から打って変わってわずか1分間で2ゴールが生まれるオープンな展開となった試合は、球際でバチバチとやり合う白熱の攻防が続く。互いに選手交代を使ってプレー強度を落とさず。とりわけ、福岡は前線からの猛烈なプレスで一気にペースを掴みにかかる。 その後、後半アディショナルタイムまでどちらに転んでもおかしくない好勝負が繰り広げられたが、互いに身体を張った守備を前に2点目を奪うまでには至らず。東京Vは今季初の4連勝を、福岡は2戦ぶりの白星を逃がす痛み分けの結果となり、首位に4ポイントのリードを許した。 また、3位のV・ファーレン長崎は、17位の松本山雅FCを相手に41分にボックス中央手前からの玉田のシュートで先制。しかし、試合終了間際に与えたFKから塚川にヘディングシュートで土壇場ゴールを奪われて1-1のドロー。2位の福岡が足踏みした中でチャンスを活かせなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第36節 ▽11/25(水) 東京ヴェルディ 1-1 アビスパ福岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-0 ツエーゲン金沢 水戸ホーリーホック 2-2 ギラヴァンツ北九州 ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 愛媛FC</span> 京都サンガF.C. 1-1 ヴァンフォーレ甲府 ファジアーノ岡山 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 栃木SC</span> レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-0 FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 1-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 3</span>-0 FC琉球 2020.11.25 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格優勢の徳島と福岡が白星逃す…長崎が貴重な勝ち点3で食らいつく《J2》

明治安田生命J2リーグ第35節の10試合が21日に各地で行われた。 サンガスタジアム by KYOCERAでは、10位・京都サンガF.C.と首位・徳島ヴォルティスが対戦した。徳島のペースで試合が進んでいた中で、30分に3連敗中の京都が先制に成功する。前線からの連動した守備でフィールド中央でボールを奪うと、庄司が鋭い縦パスをボックス内へ供給。これをワンタッチで反転した仙頭が左足でゴール右隅に決め切った。 同点を目指す徳島は後半開始早々にチャンス。右サイドの杉森のクロスにファーサイドで清武が左足で合わせたが、枠を捉えられなかった。一方京都は57分に追加点。ヨルディ・バイスのインターセプトからカウンターを発動。ピッチ中央の仙頭から鋭い縦パスが前線に送られると、これを受けたピーター・ウタカがボックス右に侵入し強烈なシュートでネットを揺らした。 終盤まで1点も返せず、敗戦の様相を呈してきた徳島は、80分の左CKの場面で決定機を迎える。左から上がったクロスを福岡が逸らし、石井がヘディングシュート。ここは枠を捉えられず、終了間際にクロスのこぼれ球に反応した押谷のミドルシュートは枠に富んだが、GK清水に処理されて試合終了。2-0でホームの京都が5連勝中の徳島を下した。 2位のアビスパ福岡は、ベスト電器スタジアムで7位のモンテディオ山形と激突。福岡は10分に右サイドからのエミル・サロモンソンのクロスにフアンマ・デルガドが頭で合わせたが、GK藤嶋の好守に遭う。すると、その2分後に失点。自陣内でフィフティフィフティのボールを松本に回収されクロスを上げられると、GK村上がファンブル。これをヴィニシウス・アラウージョに押し込まれた。敗戦は許されない福岡は67分に同点に。山岸のシュートのこぼれ球を途中出場したばかりの木戸が押し込む。81分には石津のシュートで山形ゴールに迫ったが反撃もここまで。1-1の引き分けに終わった。 3位に位置し昇格圏内フィニッシュを目指して上位を追走する長崎は、フクダ電子アリーナで15位のジェフユナイテッド千葉と対戦。前半、両チームにチャンスがあった中で0-0で試合を折り返して迎えた51分に長崎が先制点を挙げる。フィールド中央を持ち上がった氣田のスルーパスに抜け出した名倉がボックス中央へ侵入して左足でネットを揺らした。結局、これが決勝点となり1-0でホームの長崎が勝利。この結果、首位の徳島を筆頭に、勝ち点差「5」の中で2位の福岡と3位の長崎がひしめき合うことになった。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽11/21(土) 大宮アルディージャ 0-0 FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジュビロ磐田 ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 徳島ヴォルティス 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 ファジアーノ岡山 FC琉球 1-1 ギラヴァンツ北九州 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> ▽11/22(日) 《14:00》 東京ヴェルディ vs レノファ山口FC 2020.11.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎5連勝ならずで昇格圏内が遠ざかる… 徳島は5連勝達成で2位と3pt差をキープ《J2》

明治安田生命J2リーグ第34節の10試合が15日に各地で行われた。なお、ニンジニアスタジアムで予定されていた愛媛FCvsヴァンフォーレ甲府は、愛媛の選手に新型コロナウイルス感染者が出たことで、12月9日に延期されている。 2位に位置するV・ファーレン長崎は、トランスコスモススタジアム長崎で18位のFC琉球と対戦した。なかなか攻撃の形ができない中、20分に阿部のミドルシュートを許したがGK高木和が右手一本で処理。攻撃では28分にエジガル・ジュニオのミドルシュートで迫ったが、なかなか琉球攻略の糸口を掴めない。44分にはボックス手前左で与えたFKを直接枠に飛ばされるも、ここでもGK高木和が好セーブをみせ、ゴールレスで試合を折り返した。 選手交代でテコ入れを図る長崎は61分にカウンターを発動。自陣右サイドでボール奪取し素早く前線へ。大竹、エジガル・ジュニオと繋がったボールが敵陣中央の氣田へ渡ると、対峙するDFをワンフェイクでかわしてボックス左から低弾道のシュートを放つが、GK田口に処理された。 攻めあぐねる長崎は69分に被弾。小泉にボックス左へスルーパスを許すと、パスを受けた池田のマイナス方向への折り返しを河合に合わせられて先制を許した。 85分には分厚い攻撃を展開した長崎だが、最後にゴール前の混戦からフィニッシュに持ち込んだビクトル・イバルボもGK田口の好守に遭い敗戦。連勝は「4」で止まり、昇格圏との差を縮めることができなかった。 首位・徳島ヴォルティスは、NDソフトスタジアム山形で7位・モンテディオ山形と激突。28分に藤田のクロスのこぼれ球を回収した小西が、ボックス内の垣田とのワンツーでゴール前に侵入。最後は左足でゴール左隅に蹴り込んだ。以降、固い守備を構築する徳島はGK上福元の好セーブも飛び出すなど無失点に抑え、1-0で勝利。5連勝を収め、2位とのポイント差を「3」でキープした。 維新みらいふスタジアムでレノファ山口FCと対戦した2位のアビスパ福岡は、前半の石津の負傷によって投入された増山が74分に決勝点を挙げる。左CKをエミル・サロモンソンが入れると、GK山田がファンブルし、そのこぼれ球に反応した増山がシュート。一度はGK山田に阻まれるも跳ね返りを落ち着いて左足で蹴り込み、アウェイの福岡が1-0で白星を手に。敗れた長崎との勝ち点差を「5」とした。 ◆明治安田生命J2リーグ第34節 ▽11/15(日) ファジアーノ岡山 1-1 ジュビロ磐田 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 ツエーゲン金沢 FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 松本山雅FC</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 栃木SC ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 東京ヴェルディ</span> 2020.11.15 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

首位・徳島が今季初の4連勝! 4試合連続無失点中の栃木下す 上位チームは軒並み白星《J2》

明治安田生命J2リーグ第33節の11試合が11日に各地で行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは、首位・徳島ヴォルティスと8位・栃木SCが対戦。低い位置からビルドアップしていく徳島に対して、栃木が前線からひっかけに掛かる。5分にジエゴのロングスローからチャンスを作った徳島だが、序盤から栃木のハイプレスに苦しみ自陣で奪われる場面が散見される。ボール支配率を譲るもリズムを掴む栃木は、18分にFKから徳島ゴールを脅かす。敵陣右サイドから明本がクロスを入れると、ゴール前で混戦に。その中で溝渕がシュートを放ったが、GK上福元に処理された。 時間が流れるにつれて徐々に栃木のプレスに慣れてきた徳島は後半立ち上がりにネットを揺らす。53分、西谷の横パスをボックス左手前で受けた渡井がドリブルで縦に仕掛けてクロスを入れる。これが相手DFのオウンゴールを誘って先制に成功した。 ビハインドを負った栃木は63分に決定機を迎える。左CKがニアに上がり、田代が頭で逸らして狙うもGK上福元の好守に阻まれる。67分にも西谷のクロスに走り込んだ明本が合わせにいったが、ゴールは生み出せず。 首位らしい試合運びを披露する徳島は75分に投入されたばかりの垣田が追加点。敵陣右サイド深くから岸本の高精度クロスに走り込みヘディングシュートで押し込んだ。ダメ押し弾を狙う徳島は83分に西谷がボックス左から中へ切り込み強烈なシュートもクロスバー直撃。それでも、4試合連続無失点の栃木から2ゴールを奪い、今季初の4連勝を達成した。 3位のV・ファーレン長崎はホームで11位のファジアーノ岡山と激突。長崎は16分に華麗なパスワークから最後にボックス内で氣田がネットへ突き刺して幸先よく先制する。さらに38分にも氣田。相手のパスをカットすると、ボックス左からディフェンスの股下を通して2点目を挙げる。波に乗る長崎は後半立ち上がりにも、カイオ・セザールのパスを受けた富樫が押し込む。その後も79分にエジガル・ジュニオ、85分にビクトル・イバルボが得点を重ね、結局、5-0で長崎が大勝し、4連勝とした。 2位のアビスパ福岡は18位のFC琉球に3-1で勝利。上位チームは軒並み白星を挙げて勝ち点3を積み上げた。 ◆明治安田生命J2リーグ第33節 ▽11/11(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-1 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 1</span>-0 レノファ山口FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-0 水戸ホーリーホック 松本山雅FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 3</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 5</span>-0 ファジアーノ岡山 ジュビロ磐田 1-1 アルビレックス新潟 2020.11.11 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

主将岩尾のPK弾で東京Vに競り勝った徳島が3連勝で首位キープ!《J2》

明治安田生命J2リーグ第32節、東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスが7日に味の素スタジアムで開催され、アウェイの徳島が1-2で勝利した。 直近1敗4分けで11位に位置する東京Vと、直近3勝1分けで首位を堅持する徳島によるポゼッションスタイルをベースとするチーム同士の一戦。 立ち上がりから相手の後方からの組み立てにけん制を掛け合う中、一進一退の攻防が続く。しかし、局面で質の高いダイレクトプレーをみせ、ホームチームのプレッシャーをかいくぐり始めた徳島が前半半ばに先制に成功する。18分、相手を押し込んでボックス右で短くなったクリアを拾った藤田征が正確なクロスを供給。ニアで垣田が2人のDFを引き付けて空いたファーに入り込んだ清武が冷静に右足ボレーで流し込んだ。 その後も互いに共通点を感じさせるビルドアップ、崩しを見せるが、球際の激しさ、プレー精度で勝るアウェイチームが主導権を握る。30分には相手守備陣の連係ミスを突いた垣田の高い位置でのボール奪取から前向きの西谷がミドルシュートを狙うが、ここはGKマテウスの守備範囲。 このまま徳島の1点リードで前半終了かに思われたが、ホームチームがワンチャンスを生かして追いつく。43分、中盤でルーズボールを奪い切った藤田譲瑠チマが中央の端戸にボールを預けて駆け上がる。そして、端戸からのリターンパスをボックス手前右で受けた藤田譲瑠チマの正確な右足のシュートがゴール左下隅に決まり、元守護神・上福元の守るゴールをこじ開けた。 徳島ペースも1-1のイーブンで折り返した試合。後半立ち上がりは東京Vの前からの守備が嵌る。47分には高い位置で相手のパスをカットした奈良輪がボックス左から右足のミドルシュートを狙うが、これは巻き切らずに枠の右へ外れる。さらに、59分には左CKの二次攻撃から藤田譲瑠チマの右クロスをニアの若狭が頭で合わすが、これはシュートに角度を付けられず、枠を捉え切れない。 後半に入って守勢が続く徳島は62分、藤田征、垣田に代えて岸本、河田を同時投入する2枚替えを敢行。さらに、内田に代えて田向を投入し、岸本と田向のフレッシュな両サイドバックを起点に盛り返していく。77分には河田が鋭い反転からミドルシュートを放つが、これは枠の右に外れる。 一方、首位チーム相手に今季初の逆転勝利を目指す東京Vは快足FW山下に加え、80分には山本、松橋とユース育ちの若手2選手を同時投入。すると、その途中投入の選手たちを中心に再び攻撃が活性化されると、84分には山本、佐藤優とボックス付近から続けて際どいシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。 試合終盤にかけても緊迫した攻防が続く中、勝ち越しに成功したのは徳島。85分、裏へ抜け出した西谷がボックス左で相手DF2枚の間を浮き球で抜こうとした際、ボールがDFの手に当たってPKが与えられる。これを主将の岩尾が冷静にゴール左隅へ蹴り込んだ。 その後、試合終了間際の92分には東京VのFKの場面で佐藤優がゴール前に入れたボールがDF福岡の頭に当たってゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションの端戸がプレーに関与したとの判定でゴールは認められず。そして、東京Vとの接戦を制した徳島が3連勝で首位キープに成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第32節 ▽11/7(土) 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> ▽11/8(日) 《14:00》 栃木SC vs 京都サンガF.C. 大宮アルディージャ vs ヴァンフォーレ甲府 ジェフユナイテッド千葉 vs モンテディオ山形 アルビレックス新潟 vs ギラヴァンツ北九州 ツエーゲン金沢 vs 水戸ホーリーホック ジュビロ磐田 vs 愛媛FC ファジアーノ岡山 vs FC町田ゼルビア アビスパ福岡 vs 松本山雅FC 《16:00》 FC琉球 vs レノファ山口FC 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs V・ファーレン長崎 2020.11.07 18:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly