元横浜FMのウーゴ・ヴィエイラ、札幌加入でJリーグ復帰! 背番号は「9」に決定

2020.10.29 15:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌は29日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「9」に決定している。ポルトガルやスペイン、フランス、ロシアを渡り歩き、2015年にツルヴェナ・ズヴェズダで年間最優秀選手に輝いたウーゴ・ヴィエイラは2017年から横浜F・マリノスでプレー。在籍2年間でJ1リーグ通算59試合23得点の数字を残したが、2018シーズン終了後に契約満了で退団した。

その後、スィヴァスシュポルを経て、今年1月に古巣のジル・ヴィセンテに復帰。プリメイラ・リーガ11試合の出場で1得点をマークしたが、ルイ・アウメイダ新体制の今季は出番を得られず、今月6日に2021年までの契約を双方合意で解消して、フリーの状況だった。

Jリーグ復帰のウーゴ・ヴィエイラはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメント。意気込みを語っている。

「この度北海道コンサドーレ札幌に加入することになったウーゴ ヴィエイラです。世界で最高の国、そして素晴らしいクラブに戻ることになり幸せに思っております! 早く札幌のユニフォームを着て、皆さんの前で活躍出来る事を楽しみにしています! よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:広島vs札幌】1つでも上を目指し戦う広島、札幌はチーム一丸で連勝なるか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月28日(土) 14:00キックオフ サンフレッチェ広島(7位/47pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/34pt) [エディオンスタジアム広島] ◆7戦無敗、1つでも上の順位へ【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイで湘南ベルマーレに1-1のドロー。スタメン11人を入れ替えて臨む大胆な采配を見せたが、勝ち切ることができなかった。 10月31日の第25節ベガルタ仙台戦に続き、選手を一気に入れ替えて臨んだ試合。安定した戦いは見せられたものの、決め手を欠いた感は否めない試合だった。 これで7戦無敗となり、着実に上位の背中を追っているが、残り4試合での2位は厳しいものに。それでも少しでも上の順位でシーズンを終えることが目標だろう。 J1屈指の安定感を見せながら勝てない理由はやはりゴール。特に先制を許すと追いつけても勝ち切れない試合が多く、まずは先にゴールを決めたいところ。今節は主力組に戻すことが見込まれ、しっかりと勝ち点3を取りきりたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:茶島雄介、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:浅野雄也、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 ◆キーマン離脱もチーム一丸で勝利を【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに清水エスパルスを迎え5-1で圧勝。チームとして残り少ない試合へ勢いづく勝利となった。 しかし、その大勝を喜び切れない問題が。キーマンであったMF荒野拓馬が今季絶望となる重傷を清水戦で負ってしまう緊急事態となった。 中盤、そして最前線で守備のスイッチャーとなっていた荒野。その離脱は大き過ぎる痛手であり、チャナティップもケガの治療で帰国した。 離脱者もいる中で、しっかりとチームとして戦うことができるか。新型コロナウイルスに感染していた菅大輝も前節復帰し、ここはチーム一丸となるタイミングだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、宮澤裕樹、高嶺朋樹、菅大輝 MF:金子拓郎、駒井善成 FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2020.11.28 11:52 Sat
twitterfacebook
thumb

清水戦で負傷の札幌MF荒野拓馬、左腓骨骨折および左足首靱帯損傷で手術

北海道コンサドーレ札幌は25日、MF荒野拓馬の手術を発表した。 荒野は、21日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節の清水エスパルス戦に先発出場。しかし、試合中にMFヘナト・アウグストと交錯した際に負傷。そのままピッチを後にしていた。 クラブの発表によると、荒野は左腓骨骨折および左足首靱帯損傷と診断。25日に札幌市内の病院で手術を行い、無事に完了したとのことだ。 なお、全治については明かされていない。 荒野は今シーズンの明治安田J1で28試合に出場し5得点を記録。チームの中心として活躍していた。 2020.11.25 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌がチャナティップの帰国を正式発表、合流は来年1月「しっかり治療して、いい体を作る」

北海道コンサドーレ札幌は、タイ代表MFチャナティップがタイに帰国することを発表した。 クラブの発表によると、24日(火)の活動を最後にチャナティップは帰国。25日(水)に日本を出発し、治療とリハビリをタイで行うとのことだ。また、このままシーズンオフに入り、チームへの合流は来年1月の予定とのことだ。 チャナティップは11月11日(水)に行われた明治安田生命J1リーグ第33節のFC東京戦で負傷。右ハムストリング肉離れと診断されていた。 タイサッカー協会(FAT)が24日に先行して発表していたが、正式にクラブからも発表された。 チャナティップはクラブを通じてコメントしている。 「今年、けがの影響で最後までチームに貢献できず、チームにもサポーターの皆さんにもお詫びしたいと思います。来年に向けてより良い準備のために、先にタイへ帰ります」 「残りシーズンはタイにいますが、しっかり治療して、いい体を作って、来年、チームの皆とともに戦いたいと思います。よろしくお願いします。ラスト4試合、チームみんなの力で、サポーターに勝利が届けられるように祈っています」 今シーズンのチャナティップは、度重なるケガにも悩まされ、ここまでJ1リーグ18試合の出場にとどまっていた。 2020.11.25 17:43 Wed
twitterfacebook
thumb

右足負傷のチャナティップが治療ためタイへ帰国…タイサッカー協会がSNSで発表

タイサッカー協会(FAT)は24日、北海道コンサドーレ札幌に所属するMFチャナティップ・ソングラシンがケガの治療のため帰国したことを公式ツイッター(@Changsuek_TH)で発表した。 FATは空港でのチャナティップの写真と共に「チャナティップはケガの治療のためにタイへ帰国し、北海道コンサドーレ札幌での今シーズンの戦いを終えた」と、帰国の経緯を明かした。 チャナティップは11日、敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第33節のFC東京戦で右足を負傷。その後、同14日に右足ハムストリングの肉離れと診断されたことがクラブから発表されたが、全治期間は明かされていなかった。 今シーズンのチャナティップは、度重なるケガにも悩まされ、ここまでJ1リーグ18試合の出場にとどまっていた。 2020.11.25 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌FWジェイがJ1通算2万3000ゴール目のメモリアルゴール!チームの大勝に花を添える

21日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節の北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルスにおいて、J1リーグ戦通算2万3000ゴールが決まった。 メモリアルゴールを記録したのは札幌のFWジェイ。3-1で迎えた64分、福森の浮き球のパスに反応したルーカス・フェルナンデスがボックス内左でノールックで浮き球のパス。これをジェイがダイレクトで蹴りこ込むと、ゴール右にシュートは吸い込まれた。 札幌の選手がメモリアルゴールを記録するのは、今回が初。今シーズンは8月19日の第11節でサンフレッチェ広島のDF野上結貴が2万2500ゴール目を記録していた。 <div style="font-size:13px;" id="cws_ad"><span style="font-weight:700;">◆J1メモリアルゴール達成者</span><br /><span style="font-weight:700;">1ゴール:マイヤー</span>(ヴェルディ川崎)<br /> vs横浜マリノス/1993年5月15日<br /><span style="font-weight:700;">500ゴール:水沼貴史</span>(横浜マリノス)<br /> vs名古屋グランパス/1993年12月1日<br /><span style="font-weight:700;">1,000ゴール:メディナベージョ</span>(横浜マリノス)<br /> vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日<br /><span style="font-weight:700;">1,500ゴール:城彰二</span>(ジェフユナイテッド市原)<br /> vs清水エスパルス/1995年4月5日<br /><span style="font-weight:700;">2,000ゴール:エジソン</span>(ベルマーレ平塚)<br /> vsヴェルディ川崎/1995年8月12日<br /><span style="font-weight:700;">2,500ゴール:江尻篤彦</span>(ジェフユナイテッド市原)<br /> vsベルマーレ平塚/1995年11月15日<br /><span style="font-weight:700;">3,000ゴール:三浦泰年</span>(ヴェルディ川崎)<br /> vsセレッソ大阪/1996年8月28日<br /><span style="font-weight:700;">3,500ゴール:高木琢也</span>(サンフレッチェ広島)<br /> vs京都パープルサンガ/1997年5月3日<br /><span style="font-weight:700;">4,000ゴール:横山貴之</span>(セレッソ大阪)<br /> vsガンバ大阪/1997年8月23日<br /><span style="font-weight:700;">4,500ゴール:レディアコフ</span>(横浜フリューゲルス)<br /> vsジェフユナイテッド市原/1998年4月25日<br /><span style="font-weight:700;">5,000ゴール:バジーリオ</span>(柏レイソル)<br /> vsコンサドーレ札幌/1998年9月23日<br /><span style="font-weight:700;">5,500ゴール:佐藤一樹</span>(横浜F・マリノス)<br /> vs鹿島アントラーズ/1999年4月24日<br /><span style="font-weight:700;">6,000ゴール:鈴木秀人</span>(ジュビロ磐田)<br /> vsサンフレッチェ広島/1999年11月7日<br /><span style="font-weight:700;">6,500ゴール:長谷川祥之</span>(鹿島アントラーズ)<br /> vs川崎フロンターレ/2000年7月1日<br /><span style="font-weight:700;">7,000ゴール:久保竜彦</span>(サンフレッチェ広島)<br /> vsセレッソ大阪/2001年5月12日<br /><span style="font-weight:700;">7,500ゴール:久保山由清</span>(清水エスパルス)<br /> vsジェフユナイテッド市原/2001年11月3日<br /><span style="font-weight:700;">8,000ゴール:崔龍洙</span>(ジェフユナイテッド市原)<br /> vs名古屋グランパス/2002年9月14日<br /><span style="font-weight:700;">8,500ゴール:ヴァスティッチ</span>(名古屋グランパス)<br /> vsベガルタ仙台/2003年5月18日<br /><span style="font-weight:700;">9,000ゴール:斎藤大輔</span>(ジェフユナイテッド市原)<br /> vsヴィッセル神戸/2004年3月13日<br /><span style="font-weight:700;">9,500ゴール:安貞桓</span>(横浜F・マリノス)<br /> vsヴィッセル神戸/2004年9月23日<br /><span style="font-weight:700;">10,000ゴール:前田雅文</span>(ガンバ大阪)<br /> vs名古屋グランパス/2005年5月8日<br /><span style="font-weight:700;">10,500ゴール:今野泰幸</span>(FC東京)<br /> vs鹿島アントラーズ/2005年11月12日<br /><span style="font-weight:700;">11,000ゴール:アンドレ</span>(京都パープルサンガ)<br /> vs清水エスパルス/2006年7月23日<br /><span style="font-weight:700;">11,500ゴール:田中佑昌</span>(アビスパ福岡)<br /> vs川崎フロンターレ/2006年11月18日<br /><span style="font-weight:700;">12,000ゴール:ウェズレイ</span>(サンフレッチェ広島)<br /> vsヴィッセル神戸/2007年6月23日<br /><span style="font-weight:700;">12,500ゴール:マルキーニョス</span>(鹿島アントラーズ)<br /> vs東京ヴェルディ/2008年3月16日<br /><span style="font-weight:700;">13,000ゴール:巻誠一郎</span>(ジェフユナイテッド千葉)<br /> vs東京ヴェルディ/2008年9月14日<br /><span style="font-weight:700;">13,500ゴール:鄭大世</span>(川崎フロンターレ)<br /> vs浦和レッズ/2009年5月10日<br /><span style="font-weight:700;">14,000ゴール:中山博貴</span>(京都パープルサンガ)<br /> vs浦和レッズ/2009年11月28日<br /><span style="font-weight:700;">14,500ゴール:赤嶺真吾</span>(ベガルタ仙台)<br /> vs大宮アルディージャ/2010年8月22日<br /><span style="font-weight:700;">15,000ゴール:辻尾真二</span>(清水エスパルス)<br /> vs大宮アルディージャ/2011年5月22日<br /><span style="font-weight:700;">15,500ゴール:ラフィーニャ</span>(ガンバ大阪)<br /> vs横浜F・マリノス/2011年9月18日<br /><span style="font-weight:700;">16,000ゴール:藤田直之</span>(サガン鳥栖)<br /> vsガンバ大阪/2012年5月25日<br /><span style="font-weight:700;">16,500ゴール:永井謙佑</span>(名古屋グランパス)<br /> vsジュビロ磐田/2012年11月17日<br /><span style="font-weight:700;">17,000ゴール:鈴木大輔</span>(柏レイソル)<br /> vs清水エスパルス/2013年7月17日<br /><span style="font-weight:700;">17,500ゴール:家長昭博</span>(大宮アルディージャ)<br /> vs川崎フロンターレ/2014年3月15日<br /><span style="font-weight:700;">18,000ゴール:興梠慎三</span>(浦和レッズ)<br /> vsアルビレックス新潟/2014年9月23日<br /><span style="font-weight:700;">18,500ゴール:塩谷司</span>(サンフレッチェ広島)<br /> vsアルビレックス新潟/2015年5月23日<br /><span style="font-weight:700;">19,000ゴール:高山薫</span>(湘南ベルマーレ)<br /> vsアルビレックス新潟/2015年11月7日<br /><span style="font-weight:700;">19,500ゴール:遠藤康</span>(鹿島アントラーズ)<br /> vsヴァンフォーレ甲府/2016年7月17日<br /><span style="font-weight:700;">20,000ゴール:金子翔太</span>(清水エスパルス)<br /> vs川崎フロンターレ/2017年4月21日<br /><span style="font-weight:700;">20,500ゴール:エウシーニョ</span>(川崎フロンターレ)<br /> vsセレッソ大阪/2017年9月30日<br /><span style="font-weight:700;">21,000ゴール:齊藤未月</span>(湘南ベルマーレ)<br /> vsヴィッセル神戸/2018年7月22日<br /><span style="font-weight:700;">21,500ゴール:興梠慎三</span>(浦和レッズ)<br /> vs松本山雅FC/2019年3月9日<br /><span style="font-weight:700;">22,000ゴール:遠藤溪太</span>(横浜F・マリノス)<br /> vs名古屋グランパス/2019年8月24日<br /><span style="font-weight:700;">22,500ゴール:野上結貴</span>(サンフレッチェ広島)<br /> vsFC東京/2020年8月19日<br /><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">23,000ゴール:ジェイ</span>(北海道コンサドーレ札幌)<br /> vs清水エスパルス/2020年11月21日</div> 2020.11.21 22:55 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly