異例の守護神トレード、鳥栖が横浜FMのGK朴一圭を期限付きで獲得「これからも前を向いて挑んでいきます」

2020.10.25 19:16 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は25日、横浜F・マリノスのGK朴一圭(30)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2020年10月25日~2021年1月31日までとなり、横浜FMとの公式戦には出場できない。背番号は「40」とのことだ。

朴一圭は、2014年に朝鮮大学校から藤枝MYFCへと入団。正守護神として明治安田J3で2シーズンプレー。2016年からはFC琉球に移籍し、正守護神としてプレーした。

2019年にJ3からJ1へと移籍を果たすと、持ち前の足元の技術の高さでアンジェ・ポステコグルー監督に重宝され、正守護神として明治安田J1で25試合に出場しJ1優勝に大きく貢献。しかし、今シーズンは中断期間中に右手骨折の負傷を負っていたものの、明治安田J1で12試合に出場。直近2試合のリーグ戦に出場していた。

横浜FMは鳥栖からGK高丘陽平を完全移籍で獲得したばかりで、異例の守護神トレードとなった。

朴一圭は両クラブを通じてコメントしている。

◆サガン鳥栖
「サガン鳥栖のファン・サポーターの皆さん、この度、横浜F・マリノスから加入することになりました朴一圭です。一日でも早くチームの勝利に貢献できるように全力で頑張りますので応援よろしくお願いします」

◆横浜F・マリノス
「この度、サガン鳥栖へ期限付き移籍することになりました。急なご報告になってしまったことを申し訳なく思っています」

「まず、J3でプレーをしていた自分にJ1でプレーする機会を与えてくれたF・マリノス、そしてボスにとても感謝しています。また、サッカーに集中出来るようにサポートし支えてくれたスタッフの方々、チームメイトのみんな、本当にありがとうございました。このクラブに来る前までは、伝統あるF・マリノスでサッカーができるとは夢にも思っていませんでした。そしてF・マリノスに来たからこそ素晴らしい経験を得ることができました」

「シーズン半ばで移籍をすることになりますが、これまで応援してくださったファン、サポーターの皆さんの支えがあったからこそ、僕のF・マリノスでの日々がありました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。僕をF・マリノスファミリーとして温かく迎え入れてくれてありがとうございました」

「J1でプレーする機会を与えてくれたF・マリノスのためにも、挑戦する姿勢、諦めない気持ちを強く持ち、僕はこれからも前を向いて挑んでいきます」
コメント
関連ニュース
thumb

長沢駿が4戦連発の仙台、押し込まれながらも鳥栖を下す《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1で仙台が勝利した。 前節はアウェイで柏レイソルの1-2で勝利を収めた鳥栖。スタメンは1名変更し、チアゴ・アウベスに代えて本田風智を起用した。 対する仙台は前節はホームで鹿島アントラーズ相手に1-3で敗戦。そこから4名が変更。柳貴博、兵藤慎剛、赤崎秀平、石原崇兆が外れ、飯尾竜太朗、佐々木匠、イサック・クエンカ、長沢駿が起用された。 ここ7試合負けがない鳥栖。最下位の仙台との下位対決となったが、序盤から主導権を握ったのは鳥栖だった。 まずは9分、小屋松のスルーパスに抜け出した林が華麗なタッチで流し込むが、これはわずかにオフサイドとなりゴールは認められない。 28分には仙台がチャンス。右サイドを突破した飯尾がクロスを送ると山田がシュートもGK朴一圭がセーブする。 対して29分、鳥栖はボックス付近で細かくパスをつなぐと、最後は原川がボックス手前からミドルシュート。しかし、GKがセーブする。 前半アディショナルタイムにも鳥栖がチャンス。ボックス左に侵入した林がシュート。これは右ポストを叩くも、跳ね返ったボールがGKに当たってゴールへ。しかし、間一髪戻った平岡がなんとかクリアし、ゴールを許さない。 ゴールレスで迎えた後半。鳥栖は52分に林がドリブルで強引に持ち込みボックス内右からシュート。しかし、これは枠を外れる。 57分には仙台がチャンス。イサック・クエンカが粘ってボックス内から折り返すと、最後は山田が詰めるがこれは原がブロックする。 このままゴールレスドローかと思われた78分に仙台がワンチャンスをものにする。ボックス手前から松下が右サイドの浜崎へパス。浜崎はボックス右から鋭いクロスを送ると、中央で豪快にヘッドでたたき込み、押されていた仙台が先制に成功する。 先制を許した鳥栖は小屋松と森下を下げて豊田陽平、相良竜之介を投入。2種登録の相良はJ1デビュー戦となった。 鳥栖はトップに入った豊田をターゲットにロングボールを供給。デビュー戦となった相良も積極的にシュートを放つなど良い動きを見せて同点を目指す。 90分には樋口がボックス左から鋭いクロス。これに相良がダイレクトでボレーを放つが、GKがなんとかセーブして得点を許さない 最後まで決定力を欠いた鳥栖に対し、仙台はしっかりとゴール前でブロックを敷いて守りきりタイムアップ。アウェイでの連勝を飾った。 サガン鳥栖 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 長沢駿(後33) 2020.11.25 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖が3週間ぶり復活の柏を撃破! 林&本田弾で7戦無敗に《J1》

明治安田生命J1リーグ第28節の柏レイソルvsサガン鳥栖が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、2-1で鳥栖が勝利した。 ネルシーニョ監督をはじめ、チーム内でクラスターが発生した柏。YBCルヴァンカップ決勝も延期となり、3週間ぶりの公式戦となる。最後に行われたのは10月31日の清水エスパルス戦で、直近5試合は1勝2分け2敗となっている。 一方、引き分けが多いながらも6試合無敗の鳥栖は1週間ぶりのリーグ戦。1-1の引き分けに終わった前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンは3名変更されている。 久々の試合となる柏に対して、試合勘のある鳥栖が良い試合の入りを見せる。12分にスローインの流れから左サイドを突破した林がマイナスにクロス。ニアサイドでフリーのチアゴ・アウベスが反応したが、空振りに終わる。 だが、そのチアゴ・アウベスが17分に本田と負傷交代。それでも21分には、原川のパスを敵陣中央左で膨らんで受けた林が対峙したDFを振り切ってGKと一対一の局面に。しかし、シュートはキム・スンギュに止められた。 ここまで前線のオルンガにボールを集められず、良さを出せない柏だったが37分に決定機。クリスティアーノが自陣からボールを持ち運んでボックス右へスルーパスを送る。北爪が反応し右足でシュートを放つも、的確な飛び出しを見せたGK朴一圭に阻まれた。 前半同様に後半も柏陣内に押し入る鳥栖。すると53分、柏のビルドアップミスを樋口が奪い、ボックス右へ侵入。その折り返しをゴール前でフリーとなっていた林が押し込んで先制に成功した。 さらに鳥栖は66分、中野のパスを受けた原川がボックス左からクロス。ニアサイドで反応した本田が放ったシュートは相手DFに当たったものの、こぼれ球に自ら反応して追加点を手にした。 攻撃の手を緩めない鳥栖は68分、自陣最終ラインからボールを丁寧に繋ぎ、ボールはボックス内の小屋松の下へ。対峙した相手DFをいなしてから左足シュートを放ったが、GKキム・スンギュの好セーブに遭い、試合を決定づけることはできず。 ここまで防戦一方の柏は87分、ボックスボックス右手前から北爪がクロスを送ると、ニアサイドの呉屋がフリック。最後はファーサイドのオルンガが足の裏で押し込んで1点差に詰め寄る。 その後、柏は後半アディショナルタイムに猛攻。ラストプレーの場面では山下がヘディングシュートで相手ゴールに迫ったが、同点ゴールを奪うことはできず。 最終的に鳥栖が2-1で柏に勝利。7試合負けなしとした。一方、敗れた柏は久しぶりの公式戦となったものの、復帰戦を白星で飾れず、2試合未勝利となっている。 柏レイソル 1-2 サガン鳥栖 【柏】 オルンガ(後42) 【鳥栖】 林大地(後8) 本田風智(後21) 2020.11.21 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:柏vs鳥栖】復活の柏、3日の準備でどこまで仕上げたか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年11月21日(土) 15:00キックオフ 柏レイソル(10位/41pt) vs サガン鳥栖(15位/26pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆全てが狂った中、どう立て直すか【柏レイソル】 チーム内で新型コロナウイルスのクラスター発生という事態に見舞われた柏。YBCルヴァンカップ決勝を目前に控えた中でのよもやの事態は大きな混乱を招いた。 ネルシーニョ監督をはじめ選手5名、スタッフ11名が感染。活動は停止し、トレーニングに戻ったのは18日のことだった。 中断期間も感染を予防する意味で体外試合を回避していたものの、シーズン終盤での感染はショックも大きいはず。ただ、重症者もでずに迎える鳥栖戦は、3日間の準備期間しかない状況で訪れた。 感染者も明かされていないため、誰がどんな状態でスターティングメンバーに名を連ねルカは不明。それでも、しっかりと積み上げてきているスタイルを存分に発揮し、勝利で復帰戦を飾りたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、大南拓磨、山下達也、古賀太陽 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆経験者はクラスター後のパフォーマンスに警戒【サガン鳥栖】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、1-1のドローに終わった鳥栖。これで6戦無敗となったが、勝利がなかなか遠い。 前節はフィニッシュの精度を欠き、得意のパスサッカーを披露するも1ゴールだけ。今節はしっかりとゴールを決めて勝利を手にしたいところだ。 同じくクラスターに見舞われた経験のある鳥栖は、柏の状況は最も理解できるだろう。また、相手の状況が全く分からないという部分も不安材料として残る。 鳥栖は再開後2勝1分けと好スタートを切っており、選手たちのモチベーションの高さが柏にあることも織り込み済み。その中で、いかに自分たちのスタイルを守ってプレーを続けられるか。柏の勢いに飲まれないことが重要になる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:朴一圭 DF:森下龍矢、宮大樹、エドゥアルド、中野伸哉 MF:小屋松知哉、松岡大起、樋口雄太、本田風智 FW:趙東建、チアゴ・アウベス 監督:金明輝 2020.11.21 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、終盤に猛攻も逆転できず…5戦無敗中の鳥栖と1-1の痛み分け《J1》

明治安田生命J1リーグ第27節の北海道コンサドーレ札幌vsサガン鳥栖が14日に札幌ドームで行われ、1-1の引き分けに終わった。 直近のFC東京戦で0-1の惜敗を喫した札幌はその試合からスタメン2名変更。負傷のチャナティップと出場停止の荒野が欠場となり、ドウグラス・オリヴェイラとアンデルソン・ロペスを起用した。 一方、5試合無敗の鳥栖は3-0で完勝を収めた前節のベガルタ仙台戦からスタメンを3名入れ替え。原、大畑、豊田を外して、宮、中野、趙東建を配置している。 札幌が序盤から主導権を握った試合は15分までシュートシーンが生まれない静かな序盤に。そのなかで札幌は19分、アンデルソン・ロペスがボックス手前中央でDFエドゥアルドに倒されてFKを獲得。キッカーの福森がゴール左にシュートを飛ばすも、GK朴一圭に防がれた。 25分にアンデルソン・ロペスのパスを受けたルーカス・フェルナンデスがフィニッシュまで持ち込んだ札幌は、その4分後にもバイタルエリア右でボールを奪ったアンデルソン・ロペスがカーブの掛かった左足シュートを放つも、どちらも枠を捉えることができない。 一方、劣勢な試合展開となっていた鳥栖も31分と35分にチアゴ・アウベスが立て続けにゴールに迫るなど、徐々に盛り返していく。40分には自陣からカウンターを転じると、最後は趙東建のパスを受けた森下がボックス手前中央やや右寄りの位置から強烈なシュートを放ったが、GK菅野の好守に遭った。 ゴールレスで折り返した後半立ち上がりは鳥栖が後方から丁寧にボールを繋いで攻撃の糸口を探していく。53分にDFキム・ミンテのミスを趙東建が奪ってすぐさまシュート。これはGK菅野のファインセーブで防がれてしまう。 それでも、これで得た56分の右CKから鳥栖がスコアを動かす。樋口がアウトスイングのボールを供給すると、ファーサイドでボールを収めたチアゴ・アウベスが左足シュート。一度は相手DFに防がれたものの、こぼれ球を自ら拾って左足シュートを放つと、最後はゴール前の金子にボールが当たってゴールに吸い込まれた。 58分にも鳥栖の小屋松にポスト直撃のシュートを浴びるなど、相手の勢いに押される札幌は60分にジェイと白井を投入。すると63分、ジェイとのワンツーでルーカス・フェルナンデスがボックス中央へ。その切り返しがボックス中央のジェイの足元に転がると、左足コントロールショットをゴール左に流し込み、札幌が追い付いて見せる。 その後、互いに選手を交代しながら時間は推移。札幌は84分に白井がボックス中央手前から決定的なシュートを放つも、GK朴一圭のファインセーブに阻まれる。さらに、90分にはジェイの落としを受けた早坂がボックス右から右足シュートを放つも、左ポストに嫌われてしまう。 後半アディショナルタイムは札幌が猛攻を仕掛けるも、逆転するまでには至らず。最終的に1-1の引き分けに終わり、札幌は連敗を阻止。鳥栖は6試合無敗としている。 北海道コンサドーレ札幌 1-1 サガン鳥栖 【札幌】 ジェイ(後18) 【鳥栖】 チアゴ・アウベス(後11) 2020.11.14 16:16 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第27節:札幌vs鳥栖】ハマるか札幌のマンツーマンディフェンス、今季初連勝目指す鳥栖はどう回避する!?

【明治安田生命J1リーグ第27節】 2020年11月14日(土) 14:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(13位/30pt) vs サガン鳥栖(15位/25pt) [札幌ドーム] ◆明暗分かれた上位連戦、成果は【北海道コンサドーレ札幌】 前節はミッドウィークにFC東京と対戦し、アウェイで1-0と敗戦を喫した。前々節は首位の川崎フロンターレをシャットアウトして勝利しただけに、一気に波に乗りたいところだったが、カウンター一撃に沈んだ。 川崎Fを苦しめていたボールの出所を封じるマンツーマンディフェンスがどこまで機能するのかが気になる所だったが、永井謙佑の走力を生かして裏にボールを蹴られる展開に。守備がハマらずに主導権を握ることができなかった。 今節の相手である鳥栖はポゼッションを高め、後方からビルドアップを仕掛けてくるチーム。スタイルを変えてくるとは思えないだけに、川崎F戦の再現を目指したい所だろう。 しかし、今節はその守備のキーマンであるMF荒野拓馬が出場停止で不在。また、ケガ人も出ている状況だけに、どう機能させられるかがポイント。違う戦術をとることも考えられるが、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の選択に注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、高嶺朋樹、宮澤裕樹、白井康介 MF:金子拓郎、駒井善成 FW:アンデルソン・ロペス 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:荒野拓馬 ◆良い流れを継続して初の連勝を【サガン鳥栖】 前節はアウェイでベガルタ仙台と対戦し、0-3で完勝。4連続ドローから1つ前進し、10試合ぶりの白星を手にすることができた。 しかし、相手の仙台のパフォーマンスが低調で、素直に喜べないところもあるだろう。チームとしての完成度の差を見せつけた部分はプラス材料だが、やはり局面での脆さもまだ抱えている状況だ。 それでも、最近出場機会を増やしているチアゴ・アウベスに初ゴールが生まれ、ユース出身の本田風智がJ初ゴールを含む2得点を記録するなど明るい材料は多い。 今節の札幌はポゼッション相手を封じるのが得意なチーム。鳥栖としては札幌の守備にハマらずに回避するパフォーマンスを見せることができるか。プレス回避だけではなく、前線のターゲットを使ったロングボールを併用していくことが勝利への道になるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:朴一圭 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、大畑歩夢 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:豊田陽平、チアゴ・アウベス 監督:金明輝 2020.11.14 11:03 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly