久保の“EL日本人最年少得点”に同世代のAZ菅原がインスタ上で“待った”!「おれの方が若い時に決めてるっぽいよ」

2020.10.23 19:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポル(トルコ)とホームで対戦し、5-3で勝利した。この試合に先発フル出場を果たした日本代表MF久保建英は、13分に移籍後初ゴールを記録し、定位置獲得に向けて大きなアピールに成功した。弱冠19歳ながらEL初ゴールをマークした久保。このゴールを受け、一部メディアでは“EL日本人最年少得点”との報道がされていたが、これにある選手から待ったがかかっている。

この記録に待ったをかけているのは、日本代表にも初招集された、AZの日本代表DF菅原由勢だ。

AZは同じく22日、ELグループF第1節のナポリ戦で、1-0と強豪相手に金星を挙げていた。

この試合にフル出場した菅原は自身のインスタグラム(yukinarisugawara)に「ナポリに勝ったのはデカい!」とのキャプションとともにチームフォトを投稿。これに久保がハートの絵文字で反応すると、そのコメントに返信する形で「ちなみに最年少ゴール、おれの方が若い時に決めてるっぽいよ。」と返していた。

2019年7月に名古屋グランパスからレンタルでAZに加入した菅原(2020年7月に完全移籍)は、2019年10月24日に行われた、ELグループL第3節のアスタナ戦で自身のEL初ゴールを記録している。

久保より1歳年上の菅原だが、2000年6月28日生まれの菅原のこのゴールは、19歳3カ月26日での得点ということになる。一方、2001年6月4日生まれの久保にとってスィヴァススポル戦の得点は、19歳4カ月18日での得点ということになり、菅原のゴールの方がわずかに若い時に決めている。

初先発初ゴールを決めた久保と、欧州の強豪ナポリ相手に金星を飾った菅原。両選手とも将来の日本代表を背負っての活躍が期待される若手選手だが、SNS上での微笑ましいやり取りにも注目だ。

◆久保と菅原のインスタ上での微笑ましいやり取り
この投稿をInstagramで見る

Yaaaaaaaaaaaaa ナポリに勝ったのはデカい!#az #UEL

YukinariSugawara(@yukinarisugawara)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

スペイン記録的な豪雪でアトレティコvsビルバオが延期に

ラ・リーガは9日、同日予定されていたリーグ第18節のアトレティコ・マドリーvsビルバオが悪天候の影響で延期となったことを発表した。 現在、スペインでは首都マドリードを中心に50年ぶりと言われる記録的な豪雪に見舞われており、現地の報道では12月31日には車道約30本が通行止めとなるなど、交通面でも大きな影響を及ぼしている。 アトレティコの本拠地、ワンダ・メトロポリターノで行われるはずだった今回の一戦は、マドリードにあるバラハス空港が運航停止となったため、ビルバオの面々が渡航できなくなったことで延期が決定。また、スタジアム自体もピッチに雪が降り積り、試合を行える状態にないと伝えられている。 また、スペイン『アス』によると、9日開催のオサスナ戦に臨むレアル・マドリーの選手たちも、オサスナのホームタウンであるパンプローナまで3時間も飛行機の中に閉じ込められたという。予報ではパンプローナも降雪と言われているが、試合は予定通り行われるとのことだ。 なお、アトレティコvsビルバオの代替日は決まり次第発表されるようだ。 2021.01.09 19:31 Sat
twitterfacebook
thumb

久保退団のビジャレアルが圧巻のゴールショーでリーグ連勝! 暫定3位に浮上《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第18節、セルタvsビジャレアルが8日にバライードスで行われ、アウェイのビジャレアルが0-4で快勝した。 この試合の直前にMF久保建英がレンタル契約を打ち切り、ヘタフェ移籍が決定したビジャレアルだが、チーム自体は直近公式戦連勝中と好調を維持。暫定ながら3位浮上のチャンスを得て臨んだ8位セルタとのアウェイゲームでは、今冬の新戦力キャプーがデビューを飾り、前線はモイ・ゴメス、フェル・ニーニョ、ジェラール・モレノのトリデンテとなった。 試合は立ち上がりから一方的な展開となる。開始5分、相手陣内でのボール奪取からパレホのスルーパスに抜け出したジェラール・モレノが冷静にGKとの一対一を制し、幸先良く先制に成功する。 さらに14分には相手GKのパスミスを右サイドで奪ったトリゲロスのクロスをゴール前でフリーのモイ・ゴメスが冷静に流し込む。続く19分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのパレホがゴール前に入れたクロスが誰にも触れることなく、GKの手前でワンバウンドしてゴール右隅に吸い込まれた。 相手GKのミスもあって一気にリードを3点に広げたアウェイチームは以降も完璧に試合の主導権を掌握。31分にはハーフウェイライン付近の右サイドでボールを収めたジェラール・モレノのスルーパスに抜け出したフェル・ニーニョが難なくGKとの一対一を制し、試合を決定づける4点目を奪い切った。 結局、4点リードで試合を折り返したビジャレアルは後半も引き続き試合の主導権を握る。省エネモードで追加点こそ奪えないものの、イアゴ・アスパスを欠いて迫力不足のセルタの攻撃をきっちり撥ね返し続ける。 試合終盤には出場機会の少ない選手たちにプレー機会を与える完璧な試合運びでこのまま4-0のスコアを維持して試合を締めくくった。 敵地で完勝のビジャレアルは2021年の公式戦全勝を継続すると共に、暫定ながら順位を3位に上げた。 2021.01.09 07:17 Sat
twitterfacebook
thumb

「タケに敬意を表するが…」エメリ監督が退団希望の久保建英に言及「このユニフォームを着たい選手にフォーカス」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、退団を希望している日本代表MF久保建英について言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。 久保は、レアル・マドリーからレンタル移籍で今シーズン加入。ラ・リーガで開幕から13試合連続で出場していたが、2020年の最後の3試合で出場機会なし。さらに、年が明けてからのラ・リーガのレバンテ戦、コパ・デル・レイのサモラ戦でメンバー外となっていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2TGtqTzdDMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> レバンテ戦後には、エメリ監督が久保が出場機会を求めて退団を希望しているという旨を明かし、すでに戦力外となっている状況だ。 また、ヘタフェへの移籍が近いとされていたが、現時点で発表はない状況。そんな中、久保について問われたエメリ監督が言及。チームで戦いたい選手だけが必要だと語った。 「私は試合と、ここで一緒に頭を抱えている人もいる」 「タケに敬意を表するが、私はビジャレアルとここに居たい選手、競争したい、プレーしたい、勝利したい、黄色のユニフォームを身につけたいと思っている選手にフォーカスを当てなければいけない」 すでに戦力外と見ている久保のことは考えないとの姿勢を示した。 一方で、加入が噂されるヘタフェのアンヘル・トーレス会長は久保について言及。「我々はレアル・マドリーに尋ねている。彼らが見直すならば彼は来るだろうし、そうでなければ、我々は持っている選手を手放す必要がある。問題はない。全て時間の問題だ」とコメント。久保の移籍を求めていると語った。 2021.01.08 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルやセビージャが順当に3回戦進出! セルタ&ヘタフェが3部相手にまさかの敗戦…《コパ・デル・レイ》

久保建英の所属するビジャレアルは5日、コパ・デル・レイ2回戦でセグンダ(2部)に所属するサモラCFと対戦し4-1で勝利した。久保はベンチ入りしなかった。 3日前に行われたレバンテ戦を2-1で勝利したビジャレアルは、その試合からジェレミ・ピノ以外の先発10人を変更。今冬の去就が注目される久保はこの試合もベンチ外となっている。 試合は立ち上がりから地力で勝るビジャレアルが攻勢に出ると、20分にバッカ、23分にピノ、29分にチュクウェゼと立て続けに決定機を迎えたが、相手GKの好セーブなどに阻まれ、ゴールをこじ開けられない。 それでも攻め続けるビジャレアルは31分、チュクウェゼのスルーパスでDFの裏に抜け出したバッカが飛び出したGKを冷静にかわし、無人のゴールにシュートを流し込み、先制に成功した。 さらにビジャレアルは、44分にフォイスのロングパスをボックス左で受けたピノがカットインからシュートをゴール左隅に突き刺した。前半終了間際にカルロス・ラモスのゴラッソでサモラに1点を返されたが、2-1で前半を終えた。 後半も先にスコアを動かしたのはビジャレアルだった。73分、モイ・ゴメスの左CKから途中出場のフェル・ニーニョがヘディングシュートを叩き込んだ。 さらに試合終了間際の88分にも、途中出場のダニ・ラバがゴールネットを揺らし、4-1でタイムアップ。快勝したビジャレアルが3回戦に駒を進めた。 また、セビージャは同日にコパ・デル・レイ2回戦でセグンダB(3部)に所属するリナレスとアウェイで対戦し2-0で勝利した。 セビージャは前半アディショナルタイムにオスカル・ロドリゲスのゴールで先制すると、後半開始早々の47分に相手のオウンゴールで追加点。 結局、試合はそのまま2-0で終了。セビージャが危なげなく3回戦進出を決めた。その他、5日開催の試合結果は以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ2回戦 結果(5日開催) UDイビサ(3部) 5-2 セルタ コルドバFC(3部) 1-0 ヘタフェ サモラFC(2部) 1-4 ビジャレアル リナレス(3部) 0-2 セビージャ UDマルベーリャ(3部) 2-3 バジャドリー ADアルコルコン(3部) 2-1 サラゴサ(2部) 2021.01.06 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アラバ獲得目前報道のマドリー、ビジャレアルCBに興味…契約解除は約63億円

レアル・マドリーが、ビジャレアルに所属するスペイン代表DFパウ・トーレス(23)に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 来季以降の守備強化として、バイエルンに所属するオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の獲得が迫っていることが盛んに報じられているマドリー。今夏に契約満了となるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(34)の去就に関係なく、さらなる守備強化を目論んでいるという。 スペイン代表でもS・ラモスとコンビを組んでいるパウ・トーレスには5000万ユーロ(約63億1000万円)の契約解除金が存在している模様。ただ、日本代表MF久保建英が昨夏にビジャレアルへ移籍したこともあり、両クラブの関係は良好で、適正価格で獲得できる可能性があるようだ。 また、アーセナルのミケル・アルテタ監督も同選手に熱視線を送っているものの、マドリーからのオファーの方がより魅力的に映るとみられている。 ビジャレアル下部組織出身のパウ・トーレスは、足下の技術に優れ、ビルドアップ能力が魅力的なセンターバック。今シーズンはここまでのラ・リーガ全17試合に出場し2ゴールと攻撃面でも貢献している。 2021.01.05 21:00 Tue
twitterfacebook