久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。

現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。

また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

セクシーな女性との写真が出回ったルーニー、警察は捜査せず「犯罪は起きていない」

ホテルでの女性との写真が出回り、トラブルに巻き込まれているダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督。しかし、警察は動かないようだ。 事の発端は24日に発生。サルフォード・シティとの親善試合後、2人の男性の友人とともにマンチェスターで過ごしていたルーニー監督は、ナイトクラブを訪れていたという。 その後、友人たちとともに女性が宿泊しているホテルへ。そのホテルでルーニー監督は眠ってしまったようだが、その際に複数の写真が撮影されていたとのことだ。 これらの写真はSNSで出回っており、「Mooney Rooney(居眠りルーニー)」のキャプションとともに、ホテルの一室で眠るルーニー監督と下着姿の若い女性が写っていた。 他にも、「Sleepy Wayne(眠そうなウェイン)」のキャプションとともに寝ているルーニーのすぐ近くのベッドで寝ている薄着の女性と、カメラに向かってピースサインを向ける女性が映った写真のほか、ナイトクラブで女性とキスするルーニーの姿が収められた写真があった。 ルーニー監督は代理人を通じて、この写真の件に関して警察へと苦情を申し立てたが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると警察は特に捜査を始めることはないと決めたとのことだ。 チェシャー警察は声明を発表し、捜査を行わないとした。 「7月26日月曜日、チェシャー警察は、ネット上に出回っている複数の画像について、恐喝の可能性があると報告を受けた」 「署員は関係者に話を聞き、犯罪が行われていないことを確認した。また当事者は、これ以上、この問題に関わりたくないと言っている」 いらぬ写真が出回ってしまったルーニー監督だが、脇が甘かったのも事実。チームは選手が足りないという窮地に追い込まれ、開幕を間近に控えているが、この画像でのいじりはピッチで返すしかなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ネットに出回ったルーニーと若い女性の写真の数々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is harassment &amp; intrusion of privacy, imagine genders were switched &amp; Wayne Rooney was a female &amp; this was a man taking &amp; sharing these pictures <br><br>This needs to be investigated by the police not only by Coleen Rooney <br><br>But you’re not ready for that conversation. <a href="https://t.co/jVxXx7gyWF">pic.twitter.com/jVxXx7gyWF</a></p>&mdash; Mr B (@mrbhalili) <a href="https://twitter.com/mrbhalili/status/1419265955998445570?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | NEW: Old Photos have emerged of Wayne Rooney having a mad one <a href="https://t.co/lTt9aYRfHJ">pic.twitter.com/lTt9aYRfHJ</a></p>&mdash; Football For All (@FootballlForAll) <a href="https://twitter.com/FootballlForAll/status/1419278352913948673?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.28 09:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーニーが半裸の女性たちとホテルで熟睡している写真が流出…本人は警察に通報

ダービー・カウンティ(イングランド2部)のウェイン・ルーニー監督(35)が女性トラブルに見舞われた。イギリス『サン』が伝えている。 問題となっているのはSNSなどで出回ってしまった複数の写真。そこには「Mooney Rooney(居眠りルーニー)」のキャプションとともに、ホテルの一室で眠りこけるルーニーと下着姿で尻を突き出した若い女性の姿が映っていた。 他にも、「Sleepy Wayne(眠そうなウェイン)」のキャプションとともに寝ているルーニーのすぐ近くのベッドで寝ている薄着の女性と、カメラに向かってピースサインを向ける女性が映った写真のほか、ナイトクラブで女性とキスするルーニーの姿が収められた写真があった。 『サン』によるとルーニー監督は24日に行われたサルフォード・シティとの親善試合後、2人の男性の友人とともにマンチェスターで過ごしていた模様。ナイトクラブを訪れた後、友人たちとともに、女性たちが泊っているホテルに向かったという。 また、女性の1人はインスタグラムのフォロワーが1万3000人いるインフルエンサーのテイラー・ライアンさん(21)ということだ。ただ、ルーニー監督は女性たちと関係を持ってはいないだろうとのことだ。 なお、ルーニー監督はこの事態を受けて、寝ている間に恥ずかしい写真を撮られたとしてすでに警察に通報しているという。 現役時代から喫煙や不倫などスキャンダルが多かったルーニー監督。現在はコリーン夫人との間に4人の息子をもうけているが、再びの女性トラブルとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】ネットに出回ったルーニーと若い女性の写真の数々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is harassment &amp; intrusion of privacy, imagine genders were switched &amp; Wayne Rooney was a female &amp; this was a man taking &amp; sharing these pictures <br><br>This needs to be investigated by the police not only by Coleen Rooney <br><br>But you’re not ready for that conversation. <a href="https://t.co/jVxXx7gyWF">pic.twitter.com/jVxXx7gyWF</a></p>&mdash; Mr B (@mrbhalili) <a href="https://twitter.com/mrbhalili/status/1419265955998445570?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | NEW: Old Photos have emerged of Wayne Rooney having a mad one <a href="https://t.co/lTt9aYRfHJ">pic.twitter.com/lTt9aYRfHJ</a></p>&mdash; Football For All (@FootballlForAll) <a href="https://twitter.com/FootballlForAll/status/1419278352913948673?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.26 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョーイ・バートン氏、妻への暴行容疑に対して無罪を主張

フットボールリーグ2(イングランド4部)のブリストル・ローヴァーズを率いる元イングランド代表MFのジョーイ・バートン氏(38)が妻に対する暴行容疑に関して無罪を主張した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 バートン氏は今年6月2日にロンドン南西のキュー地区の住宅地で発生した女性に対する暴行容疑で逮捕され、後に起訴されていた。 そして、同氏は7月26日午前にウィンブルドン治安判事裁判所にオンラインの形で出廷した。 警察の発表では女性に関する詳細は伏せられていたが、今回被害を訴えた女性がバートン氏の妻であるジョージア夫人であることが判明した。 ジョージア夫人の証言によると、バートン氏と夫人は2人の友人と共に住宅を訪れた際、建物の外で口論に発展。その場で同氏は夫人の喉を掴んだり、頭部を蹴るなどの暴行を加え、夫人は鼻から流血。その後、布陣自ら警察に通報し、夫の拘束を求めていたとのことだ。 ただ、バートン氏は今回の暴行容疑に関して無罪を訴えており、12月16日にウィンブルドン治安判事裁判所で行われる裁判までは無条件で保釈されることになった。 また、今回の事件に関するケース・マネジメント・ヒアリングは11月17日に設定されている。 バートン氏は現役時代にマンチェスター・シティ、ニューカッスル、QPR、マルセイユ、レンジャーズ、バーンリーで活躍。現役引退後は2018年からフットボールリーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンを率い、今年からブリストル・ローヴァーズの新指揮官に就任したばかりだった。 なお、現役時代からピッチ内外で素行不良が目立った武闘派は、これまで暴行罪などで幾度も逮捕されていた。 2021.07.26 21:08 Mon
twitterfacebook
thumb

東京五輪開会式で不適切な表現の韓国テレビ局、ルーマニアのオウンゴールに「ありがとう」のテロップで社長が謝罪

韓国のテレビ局『MBC』のパク・ソンジェ社長が記者会見を行い、東京オリンピックの中継に関する件について謝罪した。韓国『朝鮮日報』が伝えている。 『MBC』は23日の東京五輪開会式で参加国を紹介する際、ウクライナの説明としてチェルノブイリ原発事故の画像を使用。他にもエルサルバドル選手団の紹介では同国が法定通貨に採用するビットコインの写真を使用した。さらにマーシャル諸島については「アメリカの元核実験場」、ハイチに対しては「大統領暗殺で政情が不安定」などと説明し、国内外から批判が殺到していた。 これを受けて『MBC』は24日に、「オリンピックの中継で発生した今回の事案の深刻性を認識し、映像資料の選定と字幕の整理、検閲プロセス全体について徹底的に調査した後、その結果に基づいて厳正な措置を取ります。さらに、スポーツ番組の制作システムを根本的に再度見直し、同じようなことが再び発生しないようにいたします」と謝罪声明を発表した。 しかし、その翌日の25日に行われた男子サッカー グループB第2戦のU-24ルーマニア代表vsU-24韓国代表の一戦では、27分にルーマニアのMFマリウス・マリンのオウンゴールにより韓国が先制すると、「ありがとう、マリン」というテロップを流し、新たな火種を生んでいた。 この問題が国内外で大きくなったことを受け、パク・ソンジェ社長は記者会見を実施。オリンピック精神を毀損したとして謝罪した。 「MBCは世界を覆うコロナ禍の状況で、世界的な親交と連帯、団結というオリンピック精神を毀損しました。オリンピック中継で各国を紹介していた過程で、過剰な字幕と軽率な字幕を使用しました。心に傷を負った国々と失望した視聴者に対し、MBC最高のコンテンツ責任者として頭を下げて謝罪申し上げます」 「この4日間は私が社長に就任してから最も苦しい時間でした。コンテンツの検閲システムに問題がありました。徹底的に責任を問い、そして責任を負います。内部審議規定を強化し、事故再発を防ぐために努力し、大々的な刷新作業に乗り出します 」 「コンテンツを製作する際、文化的多様性、人権、平等を認識するよう、全社的に意識の改善を行います。国民の信頼を失った場合、すべてが水の泡になるということをよく知っています。骨身を削る努力で、私たちは視聴者の信頼を取り戻せるように努力します」 また、ルーマニアをはじめ、無礼を働いてしまった国に対してはそれぞれへの謝罪を行っていると明かした。 「ルーマニア、ウクライナなど私たちがミスを犯した国の大使館に謝罪の言葉を伝えました。ほとんどの大使館職員が新型コロナウイルスの感染拡大により在宅勤務中のため、メールで送りました。ただし、ハイチ大使館は、韓国から既に撤退しているため、まだ謝罪の言葉を伝えられていません。今日この場に参加していなかった海外メディアにも、今後謝罪文と謝罪映像を配信できるようにしていきます」 立て続けの失態で信頼を失った『MBC』。よくない形で世界から注目を集めている状況だが、ここから挽回することはあるだろうか。 <span class="paragraph-title">【画像】「ありがとう、マリン」のテロップが画面に映し出された場面</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ko" dir="ltr">또 실수한 엠비시….<br><br>&lt;엠비시&gt;는 전반전이 끝난 후 중간 광고 화면에 자책골을 기록한 상대 팀의 마리우스 마린 선수를 향한 “고마워요 마린”이라는 자막을 삽입해 물의를 빚었다.<br><br>오후 3시 박성제 사장이 올림픽 중계방송과 관련한 대국민 사과 기자회견을 열 예정이다.<a href="https://t.co/T42CNgB2bc">https://t.co/T42CNgB2bc</a></p>&mdash; 한겨레 (@hanitweet) <a href="https://twitter.com/hanitweet/status/1419530420383719424?ref_src=twsrc%5Etfw">July 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.26 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョーイ・バートンが女性への暴行罪で起訴…

フットボールリーグ2(イングランド4部)のブリストル・ローヴァーズを率いる元イングランド代表MFのジョーイ・バートン氏(38)が女性に対する暴行容疑で起訴されたことがわかった。イギリス『BBC』が報じている。 『BBC』が報じるところによれば、今回の事件は今年6月2日にロンドン南西のキュー地区の住宅地で発生したという。 そして、地元警察は今回の事件に関して以下のような声明を発表している。 「ウィドネスに住むジョセフ・バートン、38歳は暴行容疑で起訴され、7月26日の月曜日にウィンブルドン治安判事裁判所に出廷する」 「この容疑は6月2日水曜日にキューの住宅地で女性が頭部外傷を負った事件に関連している。なお、この事件でロンドンの救急隊は出動しなかった」 「38歳の男性は6月2日に逮捕され、さらなる調査が行われるまで保釈され、その後起訴された」 なお、バートン氏が監督を務めるブリストル・ローヴァーズは指揮官の起訴を受け、短い声明を発表している。 ローバーズは日曜日に短い声明を発表し、マネージャーが関与している容疑を認識していることを示した。 「フットボールクラブは、7月26日月曜日に行われる予定のジョーイ・バートン監督が関与する法廷審問を認識しています」 「ただ、係争中の法的手続きがあるため、現時点でクラブはこれ以上コメントすることができません」 バートン氏は現役時代にマンチェスター・シティ、ニューカッスル、QPR、マルセイユ、レンジャーズ、バーンリーで活躍。現役引退後は2018年からフットボールリーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンを率い、今年からブリストル・ローヴァーズの新指揮官に就任したばかりだった。 なお、現役時代からピッチ内外で素行不良が目立った武闘派は、これまで暴行罪などで幾度も逮捕されていた。 2021.07.26 14:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly