PSGのエレーラがゴルフに挑戦!果敢にスイングするも飛んでいったのはボールではなく…

2020.10.23 19:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFアンデル・エレーラのゴルフの腕前がSNSで話題になっている。サッカー選手に人気の趣味の一つであるゴルフ。トッテナムのウェールズ代表FWガレス・ベイルなど、多くの選手が試合やトレーニングの合間を縫って没頭している。

最近では、バルセロナのU-21スペイン代表MFリキ・プッチが、そのゴルフの才能を披露したことが話題になるなど、普段からボールの扱いに慣れているサッカー選手は、ゴルフの腕前も達者なイメージがあるが、例外もあるようだ。

22日に、ブラジル代表FWネイマールが自身のインスタグラムのストーリーである映像を公開し、話題になっている。

その動画では、ネイマールの同僚であるエレーラが家の庭のゴルフ練習ブースで、アイアンを持った姿が映されている。前方に張られたネットに向かってぎこちないスイングでボールを打とうとしたエレーラだが、クラブはボールからかなり離れた地面をヒット。ボールの代わりに地面から大きな芝の塊がネットに飛んでいくという珍ショットとなってしまった。

これには動画を撮影していたネイマールも思わず大爆笑。その他のチームメイトからも笑いが生まれている。

この動画をツイッターでシェアしたアメリカ『ESPN』のツイートでも「Stick to football, Ander Herrera(エレーラ、サッカーだけやっときなよ笑)」とイジられる始末となっている。

ピッチ上では素晴らしいボール扱いを披露しているエレーラだが、やはりスポーツが変わると、ある程度の練習は必要なようだ。

◆エレーラの酷すぎるショットにネイマール大爆笑
コメント
関連ニュース
thumb

“伝説のファンタジスタ”ロナウジーニョがバルサで決めた、針の穴を通すようなスーパーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョが決めたキャリアベストゴールの1つ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHdHEycEh1eCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファンから愛された。 キャリアを通して、思わず息を吞むようなゴールを数多く決めたロナウジーニョ氏だが、2005年5月8日に行われた、ラ・リーガ第35節のバレンシア戦では、自身のキャリアの中でもベストゴールの一つを決めている。 0-0で迎えた28分、右サイドからのクロスをボックスの外で受けたロナウジーニョは、ボールをコントロールし、ゴールを確認すると、助走を取らずに右足を一振り。狙いすまされたシュートは、浮き上がるような弾道でゴール右上の角に一直線に飛んでいき、見事なスーパーゴールが決まった。 ロナウジーニョのゴールで先制に成功したバルセロナは、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.11.28 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アウトサイドでもクロス精度落ちず!パストーレの技ありアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はローマの元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆パストーレの技ありアウトサイドクロス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNWXQybTh4SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年夏にパレルモからPSGに加入したパストーレは、才能あるMFとして活躍。スター軍団の1人として多くのタイトルをもたらした。 抜群のテクニックで、華麗なプレーを多く見せるファンタジスタタイプのパストーレだが、2018年4月15日に行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦でも、華麗なアシストを記録している。 序盤からPSGがモナコを攻め、3-0とリードして迎えた27分、ボックス手前でMFユリアン・ドラクスラーがボールを持つと、ドリブルでボールをキープしながら左へ流れる。すると、大外からオーバーラップしてきたパストーレが、ドラクスラーとの見事なワンツーで左サイド深部に抜け出し、右足のアウトサイドでダイレクトのクロスを上げる。このボールに、ゴール前に走り込んだMFジオバニ・ロ・チェルソが頭で合わせ、見事なゴールが生まれた。 これで4点目を挙げたPSG。試合はさらに追加点を奪ったPSGが7-1の大勝を収めている。 2020.11.28 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

来夏契約満了のアラバ代理人がチェルシー、PSGと交渉へ

移籍市場に精通するドイツ人ジャーナリストのクリスティアン・フォーク氏によると、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の代理人を務めるピニ・ザハヴィ氏はチェルシーとパリ・サンジェルマン(PSG)との交渉に臨むようだ。 バイエルンとの契約が今季限りとなっているアラバ。長らく延長交渉が取り沙汰されたが、会長のヘルベルト・ハイナー氏が先日にオファーの取り下げを明かした。一方では最高経営責任者(CEO)のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が慰留を望むコメントを残した中で、スペイン移籍を望んでいるとされているアラバには、レアル・マドリーやバルセロナからの関心が伝えられている。 しかし、財政難に苦しむ両クラブともに高額なサラリーを受け取るアラバを雇う余裕がないとされており、そこでザハヴィ氏は、コロナ禍において資金に余裕があると見られるチェルシーやPSGとの交渉を優先して行う意向のようだ。 バイエルンとの契約更新に関して、メディアに報じられた給与額を否定しなかったクラブに対し「失望し、傷ついた」と公で口にしたアラバ。しかしながら、契約延長の可能性はまだ残されているようだ。 2020.11.28 15:03 Sat
twitterfacebook
thumb

なんでゴール前に両SBが!?ムニエがアウベスへ送った直角アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムニエがゴール前でアウベスに送った直角アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTR0lTbmpNQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ベルギーで頭角を現したムニエは、2016年夏にPSGに入団。右SBとしてスタメンに定着し、多くのタイトルを勝ち取ったチームを最終ラインから支えた。 190cmと大柄な体格ながら、ハードワークができるSBとして攻守に存在感を発揮したムニエだが、2017年12月13日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのラウンド16、ストラスブール戦では、攻撃参加から見事なアシストを決めている。 2-1とPSGリードの62分、右サイドでボールを持ったムニエは中央のFWエディンソン・カバーニにボールを預け、ボックス内へ。カバーニからパスを受けたMFマルコ・ヴェッラッティのスルーパスにムニエが抜け出すと、相手DFを引きつけたタイミングで中央へパス。同じく前線に攻撃参加してきたDFダニエウ・アウベスがこのパスに合わせ、両SBのコンビでゴールを決めてみせた。 相手を突き放す追加点を挙げたPSGは、4-2でストラスブールを撃破している。 2020.11.27 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ会長選出馬のルソー氏、ネイマール連れ戻しが公約の1つに! 「メッシ」の名をつけるスタジアム新名称案も

来るバルセロナ会長選挙に出馬表明したエミリ・ルソー氏がパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWネイマール(28)の連れ戻しを公約の1つに掲げた。スペイン『アス』が伝えている。 今夏に大エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを巡る退団騒動に揺れたバルセロナは先月、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が辞任。会長選挙は来年1月24日に予定されているといわれる。 その候補の1人であるビクトル・フォント氏やトニ・フレイシャ氏が相次いでネイマールとの再契約に否定的な考えを示しているが、ルソー氏は自身が会長選を制した場合、連れ戻しを計画しているようだ。 元バルセロナ副会長のルソー氏は2017年夏に史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約272億7000万円)の移籍金でパリに旅立ち、今夏も復帰の可能性が取り沙汰されたネイマールの連れ戻し意欲を示した。 「我々は2人のトッププレーヤーとの契約を狙っているが、その1人がネイマールだ。彼をバルセロナに連れ戻すために働いている。彼がクラブを相手に起こした(契約内容を巡る)訴訟を取り下げればだがね」 また、「当選すれば、チャビ(・エルナンデス)や(アンドレス・)イニエスタ、(カルレス・)プジョルを頼り、強固な繋がりを作りたい」と黄金期に主力として活躍したOBたちを復帰させるプランも口した。 さらに、もう1つの公約として、「スタジアムの名称をカンプノウ-レオ・メッシに変更したい。そのための投票を行う」と、スタジアムの名称にメッシの名をつける案も提示している。 なお、会長選にはルソー氏のほか、上述したフォント氏、フレイシャ氏、元会長のジョアン・ラポルタ氏、ルイス・フェルナンデス氏、ジョルディ・ファーレ氏が出馬するとみられる。 2020.11.27 15:15 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly