スカッとゴール!誰も予想できない天才カッサーノのイマジネーション

2020.10.26 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2020年10月26日にご紹介するのは、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリア時代に決めたゴールです。

◆カッサーノの天才ぶりが分かる予想外なロングシュート

◆ここがスカッと!
ゴールキックからわずか4タッチ目でのスーパーゴール。悪童の閃きが光るアイデアに関心です。

◆誰も予想できない天才の発想
カッサーノ氏のデビューは1999年。当時セリエAだったバーリでプロデビューを果たし、1年半後にセリエAチャンピオンだったローマに引き抜かれました。そこからスターダムを駆け上がるかと思われましたが、度重なる問題行動で多くのクラブを転々とすることになります。

それでもそのスキルは本物。サンプドリア時代の2010年3月21日に行われたセリエA第29節のユベントス戦では、見事なゴールを決めています。

ゴールレスで迎えた77分、サンプドリアはGKマルコ・ストラーリのゴールキックをMFダニエレ・マンニーニが落とし、これにカッサーノが反応します。ギリギリのところでボールを拾い、やや体勢を立て直すと、そのまま相手の意表を突くロングシュートを。これを相手GKアントニオ・キメンティが手に当てるもボールはそのままゴールに吸い込まれました。

ゴールキックからわずか4タッチでのこのゴールが決勝点となり、カッサーノがその才能をまじまじと見せつけました。なお、ユベントスのGKキメンティはこの失点への怒りから試合後に拳でテーブルを殴り、右手の指を骨折してしまうというエピソードもありました。
コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール!バルセロナ時代のデコが魅せた洗練されたハーフボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月27日にご紹介するのは、今からちょうど16年前に元ポルトガル代表MFデコ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆チャビからデコ!バルサ1年目の技ありシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtZXlKT3o0WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! やや難しいバウンドのボールをトラップで収めると、バウンドしたところを的確にハーフボレー。無駄なく洗練されたゴールです。 ◆バルセロナの心臓 ブラジル生まれのデコ氏は、19歳当時にポルトガルに渡ってからその才能を開花させていきます。1999年にはジョゼ・モウリーニョ監督率いるポルトでチャンピオンズリーグ制覇も貢献すると、その後バルセロナに移籍します。 バルセロナでもスター軍団の中で、“バルセロナの心臓”と呼ばれる活躍を披露。2004年11月27日に行われたラ・リーガ第13節のヘタフェ戦では、見事なゴールを決めています。 バルセロナ1点リードで迎えた22分、MFチャビ・エルナンデスがヘタフェの左サイドを突破します。 DFを引き付けたチャビは、中央を並走していたデコにマイナスのパスを出すと、デコはジャンプしながらのトラップで上手くボールを収め、そのまま2バウンド目の直後に抑えの利いたハーフボレーシュートを放ちます。GKが取りづらい低いシュートは、セーブされることなくゴールネットを揺らしました。 デコ氏はバルセロナ在籍の4年間で自身2度目となるCL制覇、2度のラ・リーガ優勝に大きく貢献しています。 2020.11.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! “稀代のファンタジスタ”ロナウジーニョが見せた魔法のようなオーバーヘッドシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月26日にご紹介するのは、今から約14年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョの遊び心とテクニックが詰まった華麗なるバイシクルゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqbXFiUmtyQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 稀代のファンタジスタであるロナウジーニョ氏が全盛期に挙げたゴールの一つです。クロスを胸で落とすと、体を反転させながらオーバーヘッドシュート。まさに魔法のようなゴールでした。 ◆ロナウジーニョにしかできない芸当 2003年夏に加入したバルセロナでキャリアの全盛期を過ごし、5シーズンに渡ってクレ(バルセロナサポーターの愛称)たちを魅了したロナウジーニョ氏。 数多くのスーパーゴールを決めましたが、2006年11月25日に行われたラ・リーガ第12節のビジャレアル戦で見せたアクロバティックなゴールもその一つです。 本拠地カンプ・ノウでビジャレアル相手に試合を優勢に進めていたバルセロナは、ロナウジーニョのPKなどで3-0と危なげなく試合を進めます。 そして迎えた試合終了間際の88分、ボックスの外でボールを持ったMFチャビ・エルナンデスが、裏へ動き出していたロナウジーニョへクロスを上げます。相手のマークからするりと抜け出したロナウジーニョはボックス内でボールを胸トラップし、ボールを高く上げます。すると、ゴールに完全に背を向けたかと思うと、右足で意表を突くオーバーヘッドシュート。上手くタイミングを外して放たれたシュートはGKの頭上を超え、見事にゴールネットを揺らしました。 まさに当時のロナウジーニョ氏にしかできない芸当でした。 2020.11.26 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!鋭いドリブルからのロングループシュート!緩急が抜群なチェルシー時代のウィリアンが圧巻

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月25日にご紹介するのは、アーセナルのブラジル代表MFウィリアンが今からちょうど3年前に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆GKも予想外!? ウィリアンがドリブル突破からそのまま決めたロングループシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyaVZVUEs1ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ドリブル突破からボックス内に侵入すると、そのままほとんどゴールを確認することなくループシュート。鋭いドリブルからのロングループシュートという緩急抜群のゴールでした。 ◆クロスにも見えたが 今シーズンからアーセナルでプレーするウィリアンですが、2013年から昨シーズンまで7年間はチェルシーでプレー。公式戦339試合で63ゴール62アシストを記録しました。 中でも2017年11月25日のプレミアリーグ第11節のリバプール戦では、見事なゴールを決めています。 この試合でベンチスタートだったウィリアンは、0-1と1点ビハインドの83分に投入されます。そのわずか2分後、敵陣内、ボックスの外中央でボールを受けたウィリアンは、相手DFラグナル・クラバンと対峙すると、右に流れながらボックス内に侵入していきます。 すると、ボックス右端に入ったところで、軽く右足を振り抜くと、ふわりと浮いたボールは、相手GKシモン・ミニョレの頭上を越えてそのままゴール左隅へと吸い込まれてしまいました。この同点弾で試合は1-1の引き分けに終わっています。 クロスにも見えたループシュートでしたが、本人は試合後のインタビューでシュートを狙ったと明言。相手の意表を突くループシュートでチームの危機を救っています。 2020.11.25 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!驚異の身体能力!エッシェンの逆足ランニングボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月24日にご紹介するのは、元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンがチェルシー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆バルセロナを追い込むエッシェンのセーブ不能な左足ジャンピングボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCZDRLM3hRZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 高く上がったボールに対し、後ろから走り込んだエッシェンが急に画角に入ると、そのまま左足ジャンピングボレー。エッシェンの体重が乗った一撃はドライブシュートのように落ち、ゴールへと吸い込まれました。 ◆驚異の身体能力 その類稀な身体能力から「バイソン(野牛)」の愛称で親しまれたエッシェン。ヒザをケガするまでは、圧倒的なフィジカルで中盤を支配していました。 チームのエンジンとして中盤を豊富な運動量でカバーしたエッシェンですが、2009年5月6日に開催されたチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、スタンフォード・ブリッジでのバルセロナ戦では、素晴らしいゴールも決めています。 前半9分、チェルシーは敵陣左サイド深くでMFフローラン・マルダがボールをキープし、MFフランク・ランパードへとパスを出します。パスを受けたランパードは、一度DFアシュリー・コールに預け、再びリターンパスを貰うと、ボックス内に入ったところでクロスを狙いますが、これは相手DFヤヤ・トゥーレのブロックに遭います。 しかし、高く上がったこぼれ球は、ボックス外に出ると、そこに走りこんだエッシェンが、勢いそのままに左足でジャンピングボレーを炸裂。しっかりとボールの芯をとらえたシュートは、鋭く落ちながらクロスバーの下を叩き、ゴールネットを揺らしました。 この試合は、後半アディショナルタイムにバルセロナのMFアンドレス・イニエスタのスーパーゴールが決まり、アウェイゴールの差でバルセロナが決勝へ進出しましたが、バルセロナを窮地に追いやる見事なシュートでした。 2020.11.24 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ボックス外からのオーバーヘッド…!滅多にお目にかかれないメクセスのスーパーゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月20日にご紹介するのは、元フランス代表DFフィリップ・メクセス氏が今から約8年前に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆GK棒立ち!武闘派DFメクセスが決めた豪快オーバーヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBTFpuRTVlcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ボックス外からのオーバーヘッドシュートというかなりレアなゴールです。サッカー界の歴史の中でも有数のスーパーゴールです。 ◆咄嗟の判断で 現役時代には度々の暴力行為で退場処分を受けていた武闘派として知られているメクセス氏ですが、その身体能力の高さも折り紙つきでした。 ミラン時代の2012年11月21日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ、アンデルレヒト戦では、オーバーヘッドで見事なゴールを決めています。 1-0とリードして迎えた後半27分、MFリッカルド・モントリーボがFKから浮き球のクロスを送ると、ファーサイドのボックスぎりぎりの位置で胸トラップしたメクセスは、エリア外からそのままオーバーヘッドキックを敢行します。 ボールは美しい弧を描きゴールへ向かうと、相手GKは完全に意表を突かれ反応できず、そのままゴールネットを揺らしました。 このゴールはメクセス氏にとってミランでの初得点。試合後のインタビューでは、「何も考えてはいなかったんだ。やってみたらうまくいった。少しラッキーだったことは認める」と咄嗟の判断だったことを明かしています。 2020.11.20 07:00 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly