幻ゴールのヘンダーソン「無情な判定だね」 ファン・ダイクと交錯した相手守護神からの謝罪も明らかに

2020.10.18 13:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦後、自身の幻ゴールに対する心境を語り、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを負傷交代に追い込んでしまった相手選手の謝罪を明かした。プレミアリーグ連覇を目指すリバプールは代表ウィーク明けの初戦で開幕から無傷の4連勝で首位を走る宿敵エバートンと激突。2-7の衝撃的なスコアで敗北したアストン・ビラとの前節を払拭する結果が求められたが、2度のリードを守り切れず、2-2のドローに終わった。

この試合にフル出場した主将のヘンダーソンは2-2の後半アディショナルタイムにゴールネットを揺らしたが、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)判定でセネガル代表FWサディオ・マネのオフサイドを取られ、幻に。際どい判定に賛否の声が挙がっている。

ヘンダーソンは試合後、イギリス『BT Sport』で自身のゴール取り消し判定に肩を落としつつ、来週からスタートするチャンピオンズリーグ(CL)の戦いに目を向ける姿勢を示した。

「(判定は)無情だね。僕らは勝利に値した。パフォーマンスに関してはすごく満足している。3ポイントを手にできなかったのは残念だが、ポジティブにとらえて、前に進む。常に何が大事なのかを意識する僕らは次の試合、アヤックス戦のことを考えている」

また、ファン・ダイクと交錯したエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードとの試合後におけるやりとりの一部を明らかに。「ジョーダンは試合後に詫びに来た。ヴィルヒルへの伝達を頼まれたよ」と話している。
コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループD展望】一昨季王者リバプールにアヤックスとアタランタが挑む!初出場ミッティランには関門に

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。21日に第1節を迎えるグループDは、一昨シーズンの王者リバプールや、そのシーズンにベスト4入りしたアヤックス、さらには昨季のベスト8アタランタなど、リバプールを本命に、以下2チームがどこまで勝ち点を積めるかという展開が予想される。本戦初出場のデンマーク王者ミッティランにとっては非常に厳しいグループとなってしまったが、どこまで食い下がれるか。 ◆編集部予想 ◎本命:リバプール ○対抗:アタランタ △連下:アヤックス ☆大穴:ミッティラン ◆GS突破は至上命令! 見据えるはビッグイヤーのみ~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループDの大本命に位置付けられるリバプール。一昨シーズンに同大会を制覇し、昨シーズンには30年ぶりにイングランドの頂に立った。現フットボール界の最強チームとの呼び声も高い中、今季リーグ戦では、第4節のアストン・ビラ戦で2-7という歴史的大敗を喫する一幕も。 燃え尽き症候群も指摘する声もあるが、今夏はバイエルンからMFチアゴ、ウォルバーハンプトンからFWジョッタを獲得し、不動のメンバーに新たな風が吹き込むことになった。とりわけチアゴは、改めて二冠以上を目指すチームに百戦錬磨の経験値を与えるとともに、リバプールに欠けていた生粋のパサーとして、チーム内外から大きな期待が寄せられている。 しかし懸念材料はDFファン・ダイクの怪我。直近のプレミアリーグのエバートン戦で足を挟まれる形でヒザを負傷。手術を余儀なくされ、離脱期間は半年以上とも言われており、グループステージはおろか、たとえ勝ち進んでも決勝トーナメントもろくに戦えない困難な状況になってしまった。実際にエバートン戦ではファン・ダイクの交代以降、クロスへの対応ミスから失点を重ねており、オランダ代表DFの不在は大きな戦力ダウンになることが証明されている。 ◆2年目のCL挑戦、昨季のベスト8超えなるか~アタランタ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アタランタは智将ガスペリーニ監督の下、初出場だった昨シーズンにベスト8進出という偉業を成し遂げた。ラウンド16ではバレンシアを合計スコア8-4で粉砕。準々決勝では決勝まで進んだパリ・サンジェルマン(PSG)に敗れてしまったものの、堂々の成績を残しイタリアに凱旋した。そして、今季のセリエAでも勢力は衰えず、開幕3試合までで13ゴールと自慢の攻撃陣が躍動し、快調なスタートを切っている。 今夏の移籍市場の動きとしては、主力MFパシャリッチを完全移籍に切り替えたほか、攻撃的MFのミランチュクや、FWサム・ラマースを補強。前者はハムストリングのケガで未デビューのままだが、後者はリーグ戦4試合で途中出場しており、2ゴール決めている。そのほか、ユベントスからDFロメロ、サンプドリアからDFデパオリをレンタルしている。 一方で、DFカルダーラが左ヒザの手術で10月から最大3カ月の離脱が決定。昨年の初出場から2大会連続の参加となるアタランタ。マンチェスター・シティやディナモ・ザグレブと同居した前回大会よりも厳しい戦いが予想されるが、果たして昨季の成績を超えることは出来るだろうか。直近のナポリ戦で1-4の大敗を喫したことは気がかりだが、初戦のミッティラン戦で良いスタートを切りたいところだ。 ◆新たな才能を見出し、2年前の再現を~アヤックス~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2シーズン連続でエールディビジを制覇し、11大会連続の出場となったアヤックス。上述したように一昨シーズンの同大会ではベスト4という見事な成績を残したが、当時のメンバーはごっそり引き抜かれ、今夏もMFツィエクやMFファン・デ・ベーク、DFデストを放出。明らかに2年前からは戦力ダウンしている。 それでも、今夏は新たな若手新戦力を補強。同組のミッティランとデンマークで鎬を削るノアシェランから獲得したガーナ代表MFモハメド・クドゥスは、昨季はティーンエイジャーながらリーグ戦21試合で9ゴールを記録。アヤックス加入後の今季も、3試合で1ゴール3アシストを記録している。また、ブラジルのサンパウロからは、U-23ブラジル代表FWアントニーを獲得。オランダではすでに5試合で3ゴールを挙げており、大器を予感させている。 なお、チームはここまでエールディビジ5試合を終えて4勝1敗と上々の滑り出し。大会初戦のリバプール戦が、現アヤックスの力量を計る試金石となりそうだ。 ◆初出場のデンマーク王者、強豪3チームを前に劣勢模様~ミッティラン~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 大会初出場のミッティラン。昨季は26勝4分け6敗という成績で、2位のコペンハーゲンに勝ち点差「14」つけ、2シーズンぶりのリーグ優勝を成し遂げた。率いたのは昨年8月に就任したブライアン・プリスケ監督。現役時代にはデンマーク代表でもプレーした人物で、前任者の解任に伴いアシスタントコーチから昇格すると、1年目でリーグ制覇に導いた。 注目選手は、今夏に4年ぶりに復帰したデンマーク代表MFピオネ・シスト。この4年間はセルタに在籍し、通算135試合で18ゴール14アシストをマークした。今季はここまで5試合で2ゴール1アシストを記録中だ。また、各年代の同代表に名を連ねてきた22歳のMFアンドレス・ドレイヤーも必見。右ウイングから切り込むドリブラーで、今季はここまで2ゴール2アシストの成績を残している。 だが、やはりこのグループでは実力が劣るのは事実。予選では見事に2回戦から3連勝で本戦出場を決めたが、まずは1勝することが目標か。 2020.10.21 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

CBに不安抱えるリバプール… CLアヤックス戦のマティプ欠場を明言

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が元カメルーン代表DFジョエル・マティプの離脱を明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは、17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦(2-2のドロー)で守備の要であるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷。検査の結果、右ヒザ前十字靭帯の損傷と診断され、手術を受けることとなった。 現時点で本職としてプレーできるのは、マティプとイングランド代表DFジョー・ゴメスしかいない状況となり、すでに薄かったセンターバックに不安を抱えることとなっている。 そんななか、21日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でアヤックスと対戦するリバプールだが、クロップ監督は前日会見の席でマティプの欠場を明言。それでも、24日に行われるプレミアリーグ第6節のシェフィールド・ユナイテッド戦での起用を示唆した。 「我々は多くの選手を連れてきているが、来られていない選手もいる。ジョエル(・マティプ)はここにいないプレーヤーのひとりだ」 「彼がエバートン戦でフル出場したが、続けてプレーすることはないだろうということは、彼のこれまでを見れば明らかだ」 「彼をイングランドに置いてきたが、彼が週末にプレーする可能性は十分にあるよ」 2020.10.21 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

CL初戦控えるリバプール、ワイナルドゥムがファン・ダイク離脱の影響を語る「彼が重要な存在なのはピッチの内だけではない」

リバプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが21日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)開幕節アヤックス戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 一昨シーズンのチャンピオンであるリバプールは昨シーズン、悲願のプレミアリーグ優勝を果たしたが、チャンピオンズリーグではラウンド16敗退という不本意な結果に終わった。今季はチャンピオンズリーグでも良い成績を残したいリバプールだが、17日のプレミアリーグ第5節エバートン戦でチームのディフェンスリーダー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷し、最大8カ月の長期離脱が決定。チームの未来には暗雲が立ち込めている。 ワイナルドゥムはチームメイトであるファン・ダイクの負傷による影響を問われると、「ヴィルヒルはチームにとって本当に重要な選手だ」とコメント。ファン・ダイクの重要性について語った。 「彼が重要な存在なのはピッチの内だけではない。ピッチ外でも大きなパフォーマンスを見せてくれた。彼はチームのリーダーであり、彼が加入してきてからはチームとして本当に良い結果を残してきた」 「ヴィルヒルがいなくても良いパフォーマンスができることを示すのは僕ら次第だ。今までは対処する必要がなかった状況だけど、それが今の僕らがしなければならないことなんだ」 また、ワイナルドゥムはアヤックス、アタランタ、ミッティランと同居するグループDについて問われると、開幕節で対戦するアヤックスについて言及。簡単なグループではないことを強調した。 「僕が思うにこのグループは難しい。アヤックスのことはよく知っているよ。良いサッカーをするチームだ。チャンピオンズリーグではあらゆることが起こりうる」 「これまでの数年間、アウェーでの試合は僕たちにとって非常に厳しいものだったけど、それでも何とか次のラウンドに進出してきたと思う。僕たちにはその経験があるし、何を期待されているかを知っている」 2020.10.21 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷離脱のファン・ダイクを「妻が刑務所の夫を待つように待つ」 クロップから温かい励ましの言葉

リバプールのユルゲン・クロップ監督がクラブ公式サイトでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに対するサポートを誓った。 ファン・ダイクは17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦に先発したが、序盤に相手のイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードと交錯して負傷交代。翌日にクラブから右ヒザの前十字じん帯損傷による手術が明らかにされた。 離脱期間こそ明らかになっていないが、長期の離脱が囁かれるファン・ダイク。そのファン・ダイクがすでに自身のSNSで復帰に向けた始動を明らかにしたなか、クロップ監督も温かい励ましのメッセージとともに、フォローを約束した。 「私はこの仕事に長く携わっているからわかる。私もケガを負ったことがある。正しければ、同じケガだ。そうじゃなければ、色々言われるだろうがね。これからすべてが始まるが、もちろん、我々は彼と繋がっている。我々は彼の隣にいる。彼もそれをわかっている。良き妻が刑務所の夫を待つように、我々も彼の帰りを待つ。その間、彼ができるだけ簡単に戻ってこられるように我々もすべてをする」 また、復帰時期にも言及。期限を設けない姿勢を示すと、長期離脱にという結果も想定内だったと述べた。 「いくつかのことが明らかになっているわけで、しばらくはチームを離れるだろう。正直、選手はそれぞれだから、時期を設定したくない。ヴィルヒルはヴィルヒル。どんな期限も設定したくない。長くプレーできないだろう。そういう状況だ。あの試合後、こういう状況を予想した。特に、あのチャレンジを見直したときにね。最初はベンチから見たが、見直すと、長期離脱は明らかだった」 2020.10.20 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ウルブス主将コーディ、古巣リバプール復帰を笑顔で否定「ここでプレーすることを愛している」

ウォルバーハンプトンで主将を務めるイングランド代表DFコナー・コーディ(27)が、リバプール復帰の噂を否定した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リバプールのユースチーム出身であり、かつては「スティーブン・ジェラードの後継者」としてクラブから高い期待をかけられていたコーディ。2014年夏にリバプールを退団してからも同クラブのファンであり続けており、リバプールOBのキャラガー氏らとも良好な関係を築いている。 リバプールは、17日に開催されたマージーサイド・ダービーでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷。手術を受けることが決定しており、この先クラブが苦境に立たされているのは間違いない。 キャラガー氏はこうした状況を踏まえ、「ユルゲン・クロップ監督はファン・ダイクの穴埋めとしてコーディに注目している」とコメントしていた。 そのコーディは、19日に行われたプレミアリーグ第5節リーズ・ユナイテッド戦にフル出場すると、集中した守りを見せ1-0の勝利に貢献。試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演すると、ジェイミー・キャラガー氏が語ったリバプール移籍の噂を笑い飛ばした。 「(キャラガー氏に対して)僕にそんなことを言うなんて信じられないよ。いや、少しも(移籍するつもりは)ないよ」 「僕がどんな人間か知っていると思うけど、ウォルバーハンプトンでプレーすることを愛している。今日はリーズ相手に素晴らしい試合をして勝つことができた」 コーディはイングランド代表でも存在感を高めており、8日に開催されたウェールズとの国際親善試合では、代表初ゴールを記録。インタビューのなかで代表についても触れており、自分をここまで成長させてくれたクラブへの感謝を語っている。 「イングランド代表での経験は全てが素晴らしかった。それもクラブが僕に大きな信頼を寄せてくれたからこそだ。代表として過ごした2つのキャンプはアメイジングだったよ」 9月30日に、ウォルバーハンプトンとの間で5年間の契約延長にサインしたコーディ。キャラガー氏の望みとは裏腹に、今後も忠誠を誓ったクラブでの活躍が見られそうだ。 2020.10.20 11:55 Tue
twitterfacebook