前半で交代のレアルDFセルヒオ・ラモスが負傷か?クラシコに向けた予防措置とも

2020.10.18 11:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが負傷したようだ。

マドリーは17日、ラ・リーガ第6節で昇格組のカディスと対戦。前半からチャンスを作るも決め切れないでいると、16分にアンソニー・ロサーノのゴールで先制を許しそのまま0-1で敗戦。今季初黒星となった。

この試合に先発したセルヒオ・ラモスだったが、ハーフタイムで交代。スペイン『マルカ』によれば、1週間後に行われるバルセロナとの“エル・クラシコ”に向けた予防措置として交代させたとのことだ。

試合後、ジネディーヌ・ジダン監督は「小さなことだと良いが、厄介なものであり、明日にでも対処し、正確に状態を確認する。些細なことであるといいが」とコメント。詳しい状況はまだ分からないものの、軽傷であることを望んだ。

マドリーは、21日にチャンピオンズリーグ第1節でシャフタール・ドネツクと対戦。24日にはバルセロナとの“エル・クラシコ”が控えており、シャフタール戦もセルヒオ・ラモスを休ませる可能性があるようだ。

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! エース不在の“エル・クラシコ”でベイルが見せた理不尽なまでの加速とトップスピード

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月24日にご紹介するのは、トッテナムに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルがレアル・マドリー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ベイルが圧倒的なスピードでピッチ外から相手DFをぶちぬく<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzS0dkMkw2MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 文句のつけようがない圧倒的な個の力。ベイルの爆発的なスピードが爽快です。 ◆C・ロナウド不在の“エル・クラシコ”でベイルが魅せる 近年のケガの多さやクラブを軽視する言動からジネディーヌ・ジダン監督とサポーターの信頼を失い、クラブを追われるように古巣トッテナムへとレンタルで加入しているベイルですが、2014年4月16日に行われたコパ・デル・レイ決勝、バルセロナとの“エル・クラシコ”では多くの人々の記憶に残るスーパーゴールを決めています。 エースとして君臨してきたクリスティアーノ・ロナウドはヒザと太腿を痛め欠場という中、1-1で迎えた試合終了間際の後半40分にその時が訪れます。 ハーフウェイライン付近の左サイドでDFファビオ・コエントランの縦パスを受けたベイルは、ボールを持つと大きく蹴り出し突破を試みますが、相手DFマルク・バルトラがプレスをかけに来るとベイルはピッチ外へ押し出されてしまいます。 距離を見ればピッチ内にいるバルトラが外へ押し出されているベイルより圧倒的に有利な状況でしたが、二人のスプリント勝負でベイルが超人的なスプリント見せると、バルトラを寄せつけずボールを確保。そのままゴールへ爆速で直進し、最後はGKマヌエル・ピントの股を抜くゴールを決めて値千金の決勝点を記録しました。 このゴールには、スタンドで観戦していたC・ロナウドも大喜び。ベイルは自身の圧倒的な個の力を全世界に見せつけ、クラブ史上19度目となるコパ・デル・レイ優勝をチームにもたらしました。 24日には、早くも今シーズン最初の“エル・クラシコ”が開催されます。2020-21シーズンを占う大事な一戦は、要注目です。 2020.10.24 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがクラシコに向けた招集メンバー発表!セルヒオ・ラモスが復帰

レアル・マドリーは23日、翌日にカンプ・ノウで行われるバルセロナとのエル・クラシコに向けた招集メンバーを発表した。 ジネディーヌ・ジダン監督は、前節カディス戦で左ヒザを負傷し、直近のチャンピオンズリーグ・シャフタール戦を欠場していたDFセルヒオ・ラモスを招集。一方でMFエデン・アザール、MFマルティン・ウーデゴール、DFダニエル・カルバハル、DFアルバロ・オドリオソラらは引き続き欠場となる。 前節カディスに不覚を取ったレアル・マドリーは、3勝1分け1敗スタートとなった中、同じく前節ヘタフェに敗れて2勝1分け1敗スタートとなったバルセロナに挑む。発表されたメンバーは以下の通り。 ◆レアル・マドリー招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK ティボー・クルトワ アンドリー・ルニン ルイス・ロペス DF エデル・ミリトン セルヒオ・ラモス ラファエル・ヴァラン ナチョ・フェルナンデス マルセロ フェルラン・メンディ MF トニ・クロース ルカ・モドリッチ カゼミロ フェデリコ・バルベルデ イスコ FW カリム・ベンゼマ マルコ・アセンシオ ルーカス・バスケス ルカ・ヨビッチ ヴィニシウス・ジュニオール ロドリゴ・ゴエス</span> 2020.10.23 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナがクラシコに向けた招集メンバー発表!ジョルディ・アルバが復帰

バルセロナは23日、翌日にカンプ・ノウで行われるレアル・マドリーとのエル・クラシコに向けた招集メンバーを発表した。 指揮官として初のクラシコに臨むロナルド・クーマン監督は、ハムストリングを痛めて公式戦ここ2試合を欠場していたDFジョルディ・アルバを招集。 開幕2連勝スタートとしたものの、前節ヘタフェに敗れてリーグ戦ここ2試合を1分け1敗と勝ち点を伸ばせずにいるバルセロナ。同じくカディスに敗れて今季初黒星を喫したレアル・マドリーとのクラシコで3試合ぶりの勝利を目指す。今回発表された招集メンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ネト</span> <span style="font-weight:700;">イニャキ・ペーニャ</span> <span style="font-weight:700;">アルナウ・テナス</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">セルジニョ・デスト</span> <span style="font-weight:700;">ジェラール・ピケ</span> <span style="font-weight:700;">ロナルド・アラウホ</span> <span style="font-weight:700;">クレマン・ラングレ</span> <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span> <span style="font-weight:700;">セルジ・ロベルト</span> <span style="font-weight:700;">ジュニオル・フィルポ</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span> <span style="font-weight:700;">カルレス・アレーニャ</span> <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span> <span style="font-weight:700;">リキ・プッチ</span> <span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span> <span style="font-weight:700;">ペドリ</span> <span style="font-weight:700;">フレンキー・デ・ヨング</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span> <span style="font-weight:700;">マルティン・ブラースヴァイト</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span> <span style="font-weight:700;">ウスマーヌ・デンベレ</span> <span style="font-weight:700;">フランシスコ・トリンコン</span> <span style="font-weight:700;">アンス・ファティ</span> 2020.10.23 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アセンシオにはバルサ行きの可能性もあった! レアル移籍を決めた理由とは

レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWマルコ・ アセンシオに、バルセロナでのキャリアの可能性もあったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2014年夏にマジョルカの下部組織からトップ昇格したアセンシオ。その年にセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で36試合に出場して6得点8アシストをマークすると、早くもマドリーの目にとまり、2015年夏に移籍が実現した。 ここまで公式戦通算149試合に出場し、今季もケガによる欠場を除けば全試合でピッチに立っているアセンシオだが、マドリー加入前にはバルセロナからのオファーもあったようだ。 「バルセロナでプレーすることもできた。だけど、マドリーははじめから信じられないほどの興味を示してくれた。それで僕の心は固まったよ」 「マドリーに『ノー』と言うことなんてできないさ。多くのクラブが興味を示してくれたけど、僕の願いはマドリーで成功を収めることだ」 24日のラ・リーガ第7節でカンプ・ノウで行われるバルセロナとのクラシコに臨むアセンシオ。昨夏のプレシーズンで大怪我を負って厳しいシーズンを過ごしたが、現在のコンディションについて「いい感じだよ。調子を取り戻して来ている」と大一番での活躍に自信をのぞかせた。 2020.10.23 19:41 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第7節プレビュー】今季最初のエル・クラシコ! EL衝撃デビューの久保に初先発の機会あるか?

【ラ・リーガ第7節プレビュー】今季最初のエル・クラシコ! EL衝撃デビューの久保に初先発の機会あるか? インターナショナルマッチウィーク明けの初戦となった先週末開催の第6節ではアトレティコ・マドリーが唯一白星を飾った一方、レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャの3強が揃って、0-1のスコアで今季初黒星を喫する波乱の一節となった。 チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが開幕し、強豪クラブにとっては厳しい過密日程がスタートした中、今節最大の注目カードはバルセロナとマドリーによる“エル・クラシコ”だ。 バルセロナは前節、ヘタフェの芝とファウルを辞さないハードなプレーに苦しみ、やや不運な形で与えたPKが決勝点となり、クーマン新体制で初黒星を喫した。代表ウィーク明けのコンディション不良は明らかだったが、最前線で起用されたFWグリーズマンの低調さなど、攻撃面での課題も改めて浮き彫りとなった。それでも、CL初戦となったホームでのフェレンツヴァローシュ戦ではハンガリー王者相手にDFピケの退場はあったものの、FWアンス・ファティとFWペドリの17歳コンビのゴールなど攻撃陣が5ゴールを奪い、5-1の快勝。きっちりバウンスバックを示して今季最初のクラシコに弾みを付けている。 一方、昇格組カディス相手に低調なパフォーマンスに終始し、ホームで敗れる屈辱を味わった昨季王者マドリー。同じくホームで戦ったCL初戦のシャフタール戦ではカピタン不在の守備陣が崩壊し、前半だけで3失点。後半に入ってMFモドリッチの鮮烈ミドル、途中投入のFWヴィニシウスのゴールで1点差に迫るも、試合終了間際のMFバルベルデの劇的同点ゴールがオフサイドで取り消しとなり、2-3で敗戦。ホームで公式戦連敗という最悪な形でカンプ・ノウに乗り込むことになった。 その2強の潰し合いを期待して上位浮上を目指すアトレティコ、セビージャはベティス、エイバルと対戦。前節、セルタを相手にFWスアレス、MFカラスコのゴールで2-0の勝利を収めたアトレティコだが、CL初戦では王者バイエルンに敵地で0-4の衝撃的な敗戦を喫した。得点を奪えなかったことはしょうがないとしても、欧州屈指の鉄壁を誇る守備陣が比較的あっさりと大量失点を喫したことは気がかりだ。もちろん、バイエルンのパフォーマンスが異次元だったことに間違いはないが、ベティスを相手にいかなるプレーを見せてリバウンドメンタリティを示すか。 セビージャは前節、前半のMFジョルダンの退場が響きグラナダに敗戦。ただ、CL初戦ではチェルシーとのアウェイゲームを0-0のドローと上々の結果を持ち帰っている。今季ここまでを見ると、DFクンデとDFジエゴ・カルロスのセンターバックコンビを中心に守備面の安定感が際立つ一方、攻撃ではリーグ初戦のカディス戦での3ゴールを最後に、一度も複数得点を挙げられていない。下位相手の取りこぼしを減らす上では攻撃面の改善が急務。今季リーグ戦未だノーゴールのMFオカンポスの奮起に期待したい。 一方、対戦相手のエイバルではMF乾貴士、FW武藤嘉紀の活躍に期待。0-0のドローに終わった前節のオサスナでは共に先発出場を飾った中、乾が切れ味鋭いドリブル突破で攻撃を牽引した一方、武藤は消化不良のパフォーマンスで後半序盤にベンチに下がっていた。乾に関しては課題のフィニッシュの精度、武藤には守備面での献身性だけでなく、ゴールスコアラーとして決定機に絡む仕事を求めたい。 その他の日本人選手ではELで衝撃のデビューを飾ったビジャレアルのMF久保建英に注目だ。前節のバレンシア戦では途中出場からMFパレホの決勝点をお膳立ても、試合終盤に2枚のイエローカードをもらって無念の退場に。その後、2枚目の警告に関してビジャレアルの異議申し立てが実り、今節の出場停止は取り消しとなったが、本人にとっては複雑な一戦となった。だが、移籍後初先発を飾ったELのスィヴァススポル戦では前半序盤に味方のシュートのこぼれ球を押し込んで加入後初ゴールを挙げると、その後も2アシストを記録する圧巻の活躍をみせ、5-3の勝利に大きく貢献した。 そして、積極アピールに成功した中で臨む今節はマドリー撃破で勢いに乗るカディスとのアウェイゲームに臨む。スィヴァススポル戦でフル出場していることを考えると、再びベンチスタートの可能性が高いかもしれないが、各ポジションの主力に負傷者が出ていることもあり、エメリ監督からリーグ初先発のチャンスを与えられる可能性も十分にあるはずだ。 また、ウエスカのFW岡崎慎司は首位のレアル・ソシエダ相手に戦列復帰が期待される。今週に入って練習の一部には復帰を果たしており、先発の可能性は限りなく低いものの、ベンチ入りはあるかもしれない。 《ラ・リーガ第7節》 ▽10/23(金) 《28:00》 エルチェ vs バレンシア ▽10/24(土) 《23:00》 バルセロナ vs レアル・マドリー 《25:30》 オサスナ vs アスレティック・ビルバオ セビージャ vs エイバル 《28:00》 アトレティコ・マドリー vs ベティス ▽10/25(日) 《22:00》 バジャドリー vs アラベス 《24:00》 カディス vs ビジャレアル 《26:30》 ヘタフェ vs グラナダ 《29:00》 レアル・ソシエダ vs ウエスカ レバンテ vs セルタ 2020.10.23 19:30 Fri
twitterfacebook