モーゼスの新天地がスパルタク・モスクワに決定!チェルシーが1年間のレンタル移籍を正式発表

2020.10.16 06:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーは15日、元ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(29)がロシアのスパルタク・モスクワへ1年間のレンタル移籍で加入したことを発表した。2012年にチェルシーに加入して以降、アントニオ・コンテ体制を除き主力に定着できていないモーゼス。昨シーズンは前半戦をフェネルバフチェで過ごし、今年1月からは恩師コンテ監督が率いるインテルへいずれもレンタル移籍で加入していた。

インテルでは公式戦20試合5アシストと右サイドのバックアッパーとしてまずまずの活躍を見せたものの、インテルは1000万ユーロ(約12億5000万円)に設定されていた買い取りオプションの行使を見送り、シーズン終了をもって保有元のチェルシーに復帰していた。

しかし、チェルシーでは今月に発表されたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの登録メンバーから外れるなど、完全な構想外となっていた。

モーゼスの加入するスパルタク・モスクワは、今季ここまでのリーグ戦で首位のゼニトと同勝ち点の2位につけている。
コメント
関連ニュース
thumb

モーゼスの新天地はロシアに! スパルタク・モスクワ行き迫る

元ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(29)の新天地はロシアになるようだ。 2012年にチェルシーに加入して以降、アントニオ・コンテ体制を除き主力に定着できていないモーゼス。昨シーズンは前半戦をフェネルバフチェで過ごし、今年1月には恩師コンテ監督が率いるインテルへいずれもレンタル移籍で加入していた。 インテルでは公式戦20試合5アシストと右サイドのバックアッパーとしてまずまずの活躍を見せたものの、インテルは1000万ユーロ(約12億5000万円)に設定されていた買い取りオプションの行使を見送り、シーズン終了をもって保有元のチェルシーに復帰していた。 ただ、今月に発表されたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの登録メンバーを外れるなど、完全に構想外となっており、今後の去就に注目が集まっていた。 そういった中、『Sport-Express』などロシアの複数メディアは、スパルタク・モスクワがモーゼスの獲得に動いていると報道。さらに、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』も、同選手が近日中にイタリアのローマでメディカルチェックを受診し、その後にロシアに向かうと主張している。 2020.10.09 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルク、スパルタク・モスクワからMFフース・ティルをレンタルで獲得

フライブルクは3日、スパルタク・モスクワからオランダ代表MFフース・ティル(22)をレンタル移籍で獲得した。背番号は「14」を着用する。 AZの下部組織出身のティルは、2016年にトップチームに昇格すると3シーズンで公式戦96試合に出場し28ゴール12アシストを記録。2019年の夏に加入したスパルタク・モスクワでは、主戦場の攻撃的MF以外にもセントラルMFやセカンドトップとしてプレーし、昨季は公式戦23試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。今季もここまでリーグ戦3試合に出場していた。 フライブルク加入の決まったティルは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「フライブルクは家族のようなクラブで、その一員になれたことを嬉しく思っているよ。ブンデスリーガはテンポが早く、自分のプレースタイルに合っていると思っている。だから、今回のオファーを悩むことはなかったよ」 2020.09.04 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

“ロシアの次期守護神候補”マクシメンコが見せたスーパーストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロシア注目の若手GKマクシメンコが見せたスーパーセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSejBhMHUxTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、スパルタク・モスクワのロシア人GKアレクサンドル・マクシメンコが見せたスーパーセーブだ。 ロシアの強豪クラブ、スパルタク・モスクワの下部組織で育ったマクシメンコ。ロシア代表の各年代代表でプレーしたマクシメンコは、2018年に20歳でプロデビューを果たし、ロシアの若手GKとして注目を集めている。 そんなマクシメンコは、2019年10月19日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第13節のルビン・カザン戦で素晴らしいセーブでチームを救っている。 強豪クラブ同士の好カードとなったこの試合では、序盤にアウェイのルビン・カザンにチャンス。ルビン・カザンがスパルタク・モスクワ陣内左でFKを得ると、速く、低いクロスがボックス内に入る。 ボックスでワンバウンドしたボールは、ゴール正面へ走り込んだFWビダル・オルン・キアルタンソンが頭で合わせる。ゴール左隅へ入るかに見られたボールだったが、マクシメンコが素早い反応を見せると、ギリギリでスーパーストップ。コーナーキックに逃れることに成功した。 決定機を阻止したスパルタク・モスクワ。試合はこの後も両者に得点は生まれず、0-0の引き分けに終わっている。 2020.08.07 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元ロシア代表FWココリンがスパルタク・モスクワへ、今年まで暴行容疑で謹慎

スパルタク・モスクワは2日、ゼニトの元ロシア代表FWアレクサンドル・ココリン(29)の獲得を発表した。契約期間は2023年までの3年間で、1年の延長オプションがついているという。 ココリンは、ディナモ・モスクワやアンジ・マハチカラでプレー。2016年1月からはゼニトでプレーしていたが、2018年10月9日に官僚を暴行していた。 <div id="cws_ad">◆ココリン、ゼニトでのベストゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPVGJjVUlyNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 事件は、韓国系の出自で産業貿易省の官僚のデニス・パク氏ら2人と、モスクワの高級カフェで居合わせたココリンが、同じくロシア代表で活躍していたMFパベル・ママエフとともに、酒に酔っていた影響もあって椅子を用いて民族差別的動機による暴行を加えたもの。被害に遭ったパク氏が警察を呼ぶ前に医療機関に助けを求めるほど、過激なもので、ココリンには1年半以上の禁錮刑が課される事態となり、事件以降は公式戦の出場はない状態が続いていた。 2020年2月からはレンタル移籍先のFKソチでプレー。ロシア・プレミアリーグで10試合に出場し7ゴール3アシストを記録していた。 ロシア代表としても48試合で12ゴールを記録しているココリンは、2012年と2016年のユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップでもプレーした。 2020.08.02 23:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトが元ドイツ代表FWシュールレと契約解消 今季はロシアに活躍の場を求める

元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレ(29)がドルトムントと契約解除に至った。 シュールレは2009年にマインツでプロデビュー後、レバークーゼンやチェルシー、ヴォルフスブルクを渡り歩き、2016年にドルトムント入りしたが、徐々に序列を下げ、2018年にレンタルでフルアムへ。今季から再びのレンタルでスパルタク・モスクワに活躍の場を移した。 そのシュールレと2021年まで残っている状況だったドルトムントだが、15日に両者合意による契約解消をアナウンス。ドルトムントで公式戦通算51試合8得点10アシストの数字を残したシュールレはクラブ公式サイトを通じて、感謝の言葉を贈っている。 「振り返ってみると、浮き沈みの激しい時間だったが、公私ともに多くの貴重な経験ができた。監督に感謝する。クラブだけでなく、特別なファンの将来がベストなものになることを祈っている」 2020.07.15 20:20 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly