2列目でポジションを争うMF三好康児、自身の特徴は「ボールを触ってリズムを作るところ」

2020.10.11 18:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は11日、オランダのユトレヒトで7日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前にMF三好康児(アントワープ)がメディアの取材に臨んだ。9日に行われたカメルーン代表戦では出場機会がなかった三好。現在の自身のコンディションについては「コンディションは非常に良い状態できています。プレシーズンで少し怪我があったので少し出遅れましたが、そこからコンディションが上がって、すごく良い状態です」とコンディションは良い状況だと語った。

東京五輪世代も含め、2列目には多くのライバルが揃っている。その中で三好が特徴としているのは「僕の特徴はボールを触ってチャンスを作っていくところ」とコメント。「色々な特徴を持った選手がいますが、それぞれストロングなポイントがありますし、僕は左利きというのもありますが、ボールを触ってリズムを作ったり、個人で仕掛けたりできるので、そこが自分のポイントかなと思います」とし、ボールタッチをすることで攻撃のリズムが作れると特徴を語った。

そのプレーは、横浜F・マリノスにレンタル移籍していた間に特徴的に見られ、ボックスに近いところでボールを触りながら、他の選手との関係で崩すシーンはよく見られた。そのプレーはアントワープに行っても変わらないものの、より成長できていると実感しているようだ。

「海外に移籍してポジション争いから色々な経験をするなかでケガもありましたし、予期せぬ部分から色々な経験をしました。そういったものを含めて、自分の中で経験の中で、たくましさだったり、色々なものを自分の中で整理してプレーするというたくましさは成長できたと思います」

「それを今年は結果で出して、より自分を認めてもらって、より上のレベルに行くのが大事な一年になミラレム。去年を踏まえて今年は自信を持ってできると思います」

しっかりと手応えを感じている三好だが、海外移籍で戸惑ったこともあったという。

「自分の表現の仕方というか、1年目は海外でやっている中でコミュニケーションだったり1人で海外に来て戸惑うことも少しありましたが、1年を経て、今年はより自信を持って、何をすればいいとか、どう表現すれば周りがわかってくれるかは明確になっています。自信を持ってプレーや普段の生活を過ごしていければと思います」

日々たくましくなっていっている三好だが、ベルギー移籍によってプレースタイルにも影響はあったとのこと。「日本でやっている時とは違って、なかなか後ろからしっかりビルドアップしないチームもある。アントワープは今までロングボールの多いチームで、前線に起点となるアフリカの選手がいたりする中で、自分が生きたり、どうアピールするかを考えさせられている」とチームのスタイルが違うとコメントした。

また、「自分はボールを触ってリズムを作ったり特徴を出せるので、そういった選手にも自分がボールを受けれるポジションを取ったり、コミュニケーションをとってどういうところでボールを欲しいと要求したり、自分が生きる中でどう周りを使うべきかは理解ができてきている」と、しっかりとアジャストできているとコメント。「個人としては連携で崩すのは得意ですが、海外の色々な選手とやる中で、その選手に合わせるプレーを自分も選択するのが必要になる」と語り、「色々なことを想定しなくてはいけない」と、選択肢を増やすことが大事であると語った。

コートジボワール戦では普段のプレーからヒントになることもあるとのこと。「相手にするとなると、相手はフィジカルでストロングな部分がある」とアフリカ人選手の特徴を語り、「日本代表として戦う部分では、個人で負けないところは大事ですが、日本の特徴は連携やボールを持った中で崩していく、連携、連動で崩すのは特徴なので、そこを共有して相手を崩していくのはイメージできる部分」と、日本らしい戦い方で崩したいと意気込んだ。また、自身のプレーでは「個人の部分ではゴールを狙いながらプレーをして、得点が一番大事になる。常に狙っていければ」と語り、ゴールを目指すとした。
コメント
関連ニュース
thumb

11月に日本代表と対戦するパナマ代表メンバーが発表!ロシアW杯メンバーは8名《国際親善試合》

パナマサッカー協会(FPF)は26日、11月の日本代表戦に向けたパナマ代表メンバー24名を発表した。 パナマ代表を率いるトーマス・クリスチャンセン監督は、主に海外組を招集。ヨーロッパリーグ(EL)に出場しているLASKリンツのDFアンドレス・アンドラーデや2018年のロシア・ワールドカップメンバーでもあるFWエドガル・バルセナス(ジローナ)、FWガブリエル・トーレス(インディペンディエンテ・デル・バジェ)らを招集。国内組は2名となった。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 パナマ代表は11月13日にオーストリアのグラーツで日本代表と対戦。2試合目の相手はまだ発表されていない。今回発表されたパナマ代表メンバー24名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆パナマ代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・メヒア</span>(ナシオナル/ウルグアイ) <span style="font-weight:700;">マルコス・アレン</span>(アトレチコ・サンルケーニョ/スペイン) <span style="font-weight:700;">オルランド・モスケラ</span>(ブルサスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ハロルド・カミングス</span>(ウニオン・エスパニョーラ/チリ) <span style="font-weight:700;">オスカル・リントン</span>(スリマ・ワンダラーズ/マルタ) <span style="font-weight:700;">ミゲル・ムリージョ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">フィデル・エスコバル</span>(アルコルコン/スペイン) <span style="font-weight:700;">セサル・ブラックマン</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">エリック・ダビス</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">アンドレス・アンドラーデ</span>(LASKリンツ/オーストリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">オマル・ブラウン</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) <span style="font-weight:700;">アブディエル・アヤルサ</span>(シエンシアーノ/ペルー) <span style="font-weight:700;">アルベルト・キンテロ</span>(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー) <span style="font-weight:700;">ビクトル・グリフィス</span>(サントス・デ・グアピレス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">フアン・ダビド・テハダ</span>(タンパベイ・ローディーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アニバル・ゴドイ</span>(ナッシュビルSC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アルマンド・クーペル</span>(ハポエル・テルアビブ/イスラエル) <span style="font-weight:700;">イルビング・グディニョ</span>(マルベーリャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アダルベルト・カラスキージャ</span>(カルタヘナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ホセ・ルイス・ロドリゲス</span>(ルーゴ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エドガル・バルセナス</span>(ジローナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ガブリエル・トーレス</span>(インディペンディエンテ・デル・バジェ/エクアドル) <span style="font-weight:700;">ホルマン・アギラール</span>(サン・カルロス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">ホセ・ファハルド</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) 2020.10.27 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島FW染野唯月が10月に続きU-19日本代表候補キャンプを離脱、腰痛のため

日本サッカー協会(JFA)は26日、U-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加していた鹿島アントラーズのFW染野唯月が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、染野は腰痛のために離脱するとのこと。代わりの選手は招集しないとのことだ。 染野は10月のトレーニングキャンプにも召集されていたが、その際は右足関節の痛みがあるとして不参加に。2カ月続けての離脱となってしまった。 U-19日本代表候補は、ガンバ大阪のFW唐山翔自がチーム事情により離脱が発表されていた。 2020.10.26 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪FW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

日本サッカー協会(JFA)は25日、ガンバ大阪が25日、所属するFW唐山翔自のU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。理由はチーム事情のため。代替招集はない。 キャンプは25〜28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで実施。先日に現役を引退した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。 2020.10.25 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補が発表!横浜FCの斉藤光毅や鳥栖の松岡大起、C大阪の西川潤らが招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は23日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、明治安田生命J1リーグでも出場機会を得ているFW斉藤光毅(横浜FC)やMF小田裕太郎(ヴィッセル神戸)、MF松岡大起(サガン鳥栖)などが招集。また、J2リーグでプレー経験を積んでいるMF山本理仁、MF藤田譲瑠チマ(ともに東京ヴェルディ)やMF谷内田哲平(京都サンガF.C.)らも招集されている。 トレーニングキャンプは25日から28日まで千葉県内で実施。先日就任した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。今回発表されたU-19日本代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-19日本代表候補メンバー ※10/26追記 GK 藤田和輝(アルビレックス新潟) 鈴木彩艶(浦和レッズユース) 野澤大志ブランドン(FC東京) DF 成瀬竣平(名古屋グランパス) 大畑歩夢(サガン鳥栖) 西尾隆矢(セレッソ大阪) 三原秀真(愛媛FC) 木村誠二(FC東京) 加藤聖(V・ファーレン長崎) バングーナガンデ佳史扶(FC東京) 馬場晴也(東京ヴェルディ) 畑大雅(湘南ベルマーレ) 鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 佐古真礼(東京ヴェルディユース) MF 本田風智(サガン鳥栖) 松岡大起(サガン鳥栖) 小田裕太郎(ヴィッセル神戸) 武田英寿(浦和レッズ) 松橋優安(東京ヴェルディ) 谷内田哲平(京都サンガF.C.) 山本理仁(東京ヴェルディ) 藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ) 成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 田中聡(湘南ベルマーレU-18) 三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪) 斉藤光毅(横浜FC) <span style="text-decoration: line-through;">染野唯月(鹿島アントラーズ)</span>※腰痛のため離脱 西川潤(セレッソ大阪) <span style="text-decoration: line-through;">唐山翔自(ガンバ大阪)</span>※チーム事情により不参加 2020.10.23 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表が11月にメキシコに続きパナマとも対戦、森保一監督「粘り強さ、しぶとさをピッチで出す」

日本サッカー協会(JFA)は22日、11月の国際親善試合でパナマ代表と対戦することを発表した。 10月にオランダ遠征を行い、カメルーン代表とコートジボワール代表と対戦した日本代表。11月はオーストリアへ遠征し、メキシコ代表と対戦することがすでに発表されていた。 今回はもう1試合の相手として、パナマが決定したとのこと。試合は11月13日(金)の23時15分から行われるとのこと。フジテレビ系列で生中継される。 すでに発表されていた17日(火)のメキシコ代表戦と合わせて、グラーツにあるグラール・リーベナウ・シュタディオンで行われるとのこと。シュトゥルム・グラーツの本拠地としても使われているスタジアムだ。なお、今回もリモートマッチとなる。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 今回の対戦決定について、森保一監督はJFAを通じてコメントしている。 「メキシコに続き、2018FIFAワールドカップロシアにも出場した強豪・パナマと対戦できることが決まり、ご尽力いただいた皆さんに感謝します」 「パナマとは2018年に対戦しましたが、フィジカルが強く、前への推進力があり、ホイッスルが鳴るまであきらめずにプレーをし続ける粘り強さを持つチームという印象を抱いています」 「我々もそれに負けない粘り強さ、しぶとさをピッチで出し、勝利という結果を残したいと思います」 2020.10.22 16:15 Thu
twitterfacebook