ヘルタ入りのゲンドゥージが明かす移籍経緯 「プレー時間が僕の最優先事項だった」

2020.10.10 08:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンのU-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(21)が今夏の移籍劇に言及した。ゲンドゥージは2018年夏にロリアンからアーセナルに加入して、初年度から公式戦48試合(1得点2アシスト)に出場。翌シーズンも公式戦34試合(3アシスト)の出番を手にしたが、新型コロナウイルスによる中断明けの今年6月20日に行われたプレミアリーグ第30節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で愚行を働いて以降、1分たりともピッチに立てず、今夏にシーズンローンという形でヘルタ移籍が決定した。

代表ウィーク明け後の新天地デビューが予想されるゲンドゥージは8日に行われたU-21フランス代表の一員として戦ったU-21リヒテンシュタイン戦後、フランス『Canal+』で移籍の経緯を明かした。

「アーセナルでの時間が終わったというわけじゃない。僕は今年、ただただプレー時間が必要で、それこそが最も大事だった。まだ21歳で若いから、プレー時間が僕の最優先事項だったんだ」

「そういうわけで、ヘルタ・ベルリンに行った。壮大なリーグで自己表現ができると思っている。彼らは大きな野心を持ったすごく良いチームだ。だから、シーズンローンでの移籍を決めた」

「あのチームのために全力を尽くす。プレータイムが必要で、プレーが必要で、ピッチ上で楽しむことも必要だった。今年の僕のすべきことだ」
コメント
関連ニュース
thumb

頭部負傷後プレー続行のD・ルイス、エデルソンが懸念表明「頭のケガは即交代すべき」

マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンは、頭部を負傷したウォルバーハンプトンのFWラウール・ヒメネスとアーセナルのDFダビド・ルイスを心配している。クラブ公式サイトが伝えた。 ヒメネスとD・ルイスは、11月29日に行われたプレミアリーグ第10節の試合中に頭部同士が激突。その場に倒れたヒメネスはただちに交代となり、病院に運ばれた後で頭蓋骨骨折が発表された。一方で、D・ルイスは頭部から血を流しながらもプレーを続行。ハーフタイムに交代となるまで、30分程度プレーした。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ウォルヴァーハンプトン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o9e55sv2ud3a19f9r3nxum1ng" async></script></div> この痛ましい出来事について、D・ルイスの同胞でありヒメネスとはベンフィカ時代のチームメイトだったエデルソンが、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節ポルト戦の試合前会見で、「見ていてとても心配だった」と心境を明かしている。 「事故的なものだったと思う。頭と頭がぶつかる、非常に困難なものだった。この瞬間には、すべての配慮とケアがとても重要になる」 また、かつてリバプールのFWサディオ・マネに頭を蹴られ、負傷退場した経験を持つエデルソンは、負傷後もD・ルイスがプレーをし続けたことについて、大きな疑問を抱いたと語っている。 「頭はデリケートな部分だし、特別な注意が必要になる体の部位だ。頭に打撃があったときは、選手がプレーを続けることができるかどうか関係なく、交代するべきだと思う。その時は大丈夫だと感じても、試合終了後には変わっているかもしれない」 「お互い意図的なものではなかったと思うし、彼らはボールを奪い合いに行っただけだ。しかし、僕たちは頭部負傷のリスクについて知っている。ヒメネスが一刻も早く戻ってくることを願っているよ」 2020.12.01 16:27 Tue
twitterfacebook
thumb

3回戦組み合わせ決定!躍進の8部マリンはトッテナムと激突、王者アーセナルはニューカッスルと対戦《FAカップ》

11月30日、2020-21シーズンのFAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。2019-20シーズンはアーセナルが制した大会だが、その3回戦の組み合わせが決定した。 プレミアリーグで3戦未勝利と調子の出ない王者・アーセナルは、クジ運も悪く3回戦ながらプレミアリーグのクラブと対戦。ニューカッスルを迎えることが決定した。 また、昨シーズンファイナリストのチェルシーは4部のモアカムと対戦することが決定。プレミアリーグ王者のリバプールは、プレミアリーグのアストン・ビラとの対戦が決まった。 その他、プレミアリーグ勢の対戦はウォルバーハンプトンvsクリスタル・パレスが組まれた。また、マンチェスター・シティは2部のバーミンガム、マンチェスター・ユナイテッドは2部のワトフォードと対戦。トッテナムは1回戦から勝ち上がった8部のノーザンプレミアリーグ・ディヴィジョン1・ノースウェストに所属するマリンと対戦。マリンは3回戦まで勝ち上がった2つ目の8部クラブとなった。 3回戦は2021年1月8日〜11日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 ハダースフィールド(2部) vs プリマス(3部) サウサンプトン vs シュルーズベリー・タウン(3部) チョーリー(6部) vs ダービー・カウンティ(2部) マリン(8部) vs トッテナム ウォルバーハンプトン vs クリスタル・パレス ストックポート・カウンティ(5部) vs ウェストハム オールダム(4部) vs ボーンマス(2部) マンチェスター・ユナイテッド vs ワトフォード(2部) スティヴネイジ(4部) vs スウォンジー(2部) エバートン vs ロザラム・ユナイテッド(2部) ノッティンガム・フォレスト(2部) vs カーディフ(2部) アーセナル vs ニューカッスル バーンズリー(2部) vs トランメア・ローバーズ(4部) ブリストル・ローバーズ(3部) vs シェフィールド・ユナイテッド ボレアム・ウッド(5部) vs ミルウォール(2部) ブラックバーン(2部) vs ドンカスター・ローバーズ(3部) ストーク・シティ(2部) vs レスター・シティ ウィコム(2部) vs プレストン・ノースエンド(2部) クローリー(4部) vs リーズ・ユナイテッド バーンリー vs MKドンズ(3部) ブリストル・シティ(2部) vs ポーツマス(3部) QPR(2部) vs フルアム アストン・ビラ vs リバプール ブレントフォード(2部) vs ミドルズブラ(2部) マンチェスター・シティ vs バーミンガム(2部) ルートン・タウン(2部) vs レディング(2部) チェルシー vs モアカム(4部) エクセター・シティ(4部) vs シェフィールド・ウェンズデイ(2部) ノリッジ(2部) vs コベントリー(2部) ブラックプール(3部) vs WBA ニューポート・カウンティ(4部) vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン チェルトナム(4部) vs マンスフィールド(4部) 2020.12.01 09:37 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で頭部を衝突し意識を失って運ばれたFWヒメネスは頭蓋骨骨折で手術

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスだが、頭蓋骨骨折の重傷を負ったことが判明した。クラブ公式サイトが伝えた。 ウォルバーハンプトンは29日、プレミアリーグ第10節でアーセナルと対戦。ヒメネスは先発出場を果たしたが、前半5分にアーセナルが得たFKで元ブラジル代表DFダビド・ルイスがヘディングシュート。しかし、その際にヒメネスの頭部と強く接触していた。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ウォルヴァーハンプトン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o9e55sv2ud3a19f9r3nxum1ng" async></script></div> ピッチ上に倒れたヒメネスは意識不明の状態。そのままストレッチャーに乗せられて退場していた。 病院で意識を取り戻したとされていたヒメネスだが、頭蓋骨を骨折していたことが判明。手術を受けたとクラブが発表した。 「ラウール(・ヒメネス)は昨夜ロンドンの病院で手術を受け、経過は良好です」 「それ以降、彼はパートナーのダニエラと会い、現在休んでいる。彼は回復するまでの数日の間、観察下に置かれる予定です」 「クラブは、アーセナルのメディカルスタッフ、NHSの救急医療隊員、病院のスタッフ、外科医が技術と早期対応が助けになったことに感謝したいと思います」 「クラブはラウールと彼の家族に、新たな情報が出される前に、プライバシーの一定の期間とプライバシーが守られることを求めます」 今シーズンのヒメネスは、ここまで10試合に出場しチーム最多の4ゴールを記録。先日の日本代表戦にも出場し、先制ゴールを記録していた。 2020.11.30 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ラウール・ヒメネスの意識が回復 アーセナル戦でD・ルイスと頭部衝突のアクシデント

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが意識を取り戻したようだ。 ヒメネスは29日に行われたプレミアリーグ第10節のアーセナル戦に先発出場したものの、開始早々の5分、CK時に、アーセナルのDFダビド・ルイスと激突し、プレー続行不可能となると、そのまま交代していた。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ウォルヴァーハンプトン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o9e55sv2ud3a19f9r3nxum1ng" async></script></div> 衝突後のヒメネスは全く動けなかったため、心配も大きかったが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ヒメネスは直行した病院で意識を取り戻したとのことだ。 ウォルバーハンプトンの公式ツイッターは次のようにコメントしている。 「ラウール・ヒメネスの負傷に対する支援のメッセージをみんなに感謝します。私たちの医療チームは状況を注意深くみています」 また、ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督もコメント。検査中ではあるが、一旦は無事なことを明かした。 「彼は今検査をしているが、意識はある。問題の大きさの中では大丈夫な方だ」 「チームメイトの反応で、みんながレッドカードに値すると言っていた。彼らがそう言うのは、それが深刻だからだ。それは誰にとっても悪い瞬間だった」 「両チームと選手、アーセナルの選手は彼のことを心配しており、すべてがうまくいくことを願っている」 「彼は話しているし、意識もある。しかし、今は適切な評価をしなければならない。ただ、彼は守られている」 また、エース負傷のアクシデントがありながらも、アーセナルに2-1で勝利したチームをたたえている。 「今日はとても誇りに思っている。いつもそうだが、特に今日は、このチームが意志や信念を示した。本当に良かった」 2020.11.30 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ホーム3連敗の14位アーセナル、アルテタは「いつかはクビになるもの」と解任恐れず

アーセナルのミケル・アルテタ監督がホーム3連敗を喫してしまったチームを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルは29日に行われたプレミアリーグ第10節でウォルバーハンプトンと対戦。リーグ12位と低迷し、ホーム連敗中だったアーセナルにとって、何とか浮上のきっかけを掴みたい一戦になった。 試合は開始5分でアクシデントが両チームを襲う。CK時にDFダビド・ルイスと相手FWラウール・ヒメネスが激突し、ヒメネスはプレー続行が不可能に。その後、先制を許したアーセナルは直後に追いつくものの、前半の半ばに再び失点して、そのまま1-2のスコアで敗戦した。 ここ3試合で白星から遠ざかり、ホーム戦3連敗で順位も暫定14位までさらに落として、いよいよ厳しい状況になってきたアルテタ監督は試合後のインタビューでチームが十分な質を保てていないと認めた。 「またしても悔しい夜になってしまった。ホームで負けるのは痛い。敗因は違っても、これで(ホームでは)3連敗だ。前半、ウルブズに2本のシュートを浴び2失点を喫してしまった。我々はだいたいの場面で効率が良かったと思うし、負けに値したとは思わない。勝つ可能性だってあったんだ」 「これが今日の我々のレベルだ。我々は誰にでも勝つ力があるが、余裕がなく負けることもある。もちろん、もっとゴールを奪いたいと思っているよ」 「今日は相手よりもはるかに多くの時間試合を支配したが、1-2で負けた。クオリティ、効率性、持ち運びの質、決定力については、もっと一貫性を持ち、より良いものにしなければならない。それが我々の目の前にある課題だ」 結果が出ず、内容も改善の兆しも見られない現状では、アルテタ監督の去就に影響が出てくる恐れもある。しかし、インタビューで解任の可能性について聞かれたアルテタ監督は、恐れはないと語った。 「監督になると決めた時から、いつかはクビになったり、クラブを去ったりする日が来ると思っていた。それが契約を結んだ日か、1カ月後か、半年後か、1年後かはわからない。だから、そのことを心配するつもりはないさ」 「私の唯一の関心事は、選手たちから最高を引き出し、クラブに最高の貢献をして、どんどん良くなっていくことだ。いつかクビを切られるとわかってはいるが、それがいつになるかはわからないよ」 2020.11.30 13:03 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly