横浜FMが大学No.1の呼び声高い筑波大学DF角田涼太朗を確保! 2022シーズン加入内定で、今季は特別指定選手に

2020.10.09 10:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスは9日、筑波大学蹴球部のDF角田涼太朗(21)が2022シーズンより加入することを発表した。なお、今シーズンはJFA・Jリーグ特別指定選手としても承認されたとのことだ。

埼玉県出身の角田は浦和レッズのジュニアユース出身。181cmの左利きセンターバックで、サイドバックでもプレーできる万能型。前橋育英高校から筑波大学へと進学していた。

前橋育英高校時代には2017年度の全国高校サッカー選手権大会で優勝。また、U-18日本代表、U-20日本代表歴もある。

筑波大学でも能力の高さを発揮し、足元の技術や対人守備の強さなどに定評があり、大学No.1ディフェンダーとの評価も得ていた。

角田はクラブを通じてコメントしている。

「この度、横浜F・マリノスに加入することになりました、筑波大学の角田涼太朗です。横浜F・マリノスという、歴史と伝統のあるクラブに加入出来ることに大きな喜びを感じています。また、これまで私を支えてくださった多くの方々への感謝の気持ちで一杯です。結果で恩返しが出来るように、謙虚さを忘れず日々努力を続けていきます」

「一流のプロサッカー選手になれるように、観ている人の心に残り、夢と希望を与えるようなプレーが出来るように、精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

異例の守護神トレード、鳥栖が横浜FMのGK朴一圭を期限付きで獲得「これからも前を向いて挑んでいきます」

サガン鳥栖は25日、横浜F・マリノスのGK朴一圭(30)が期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2020年10月25日~2021年1月31日までとなり、横浜FMとの公式戦には出場できない。背番号は「40」とのことだ。 朴一圭は、2014年に朝鮮大学校から藤枝MYFCへと入団。正守護神として明治安田J3で2シーズンプレー。2016年からはFC琉球に移籍し、正守護神としてプレーした。 2019年にJ3からJ1へと移籍を果たすと、持ち前の足元の技術の高さでアンジェ・ポステコグルー監督に重宝され、正守護神として明治安田J1で25試合に出場しJ1優勝に大きく貢献。しかし、今シーズンは中断期間中に右手骨折の負傷を負っていたものの、明治安田J1で12試合に出場。直近2試合のリーグ戦に出場していた。 横浜FMは鳥栖からGK高丘陽平を完全移籍で獲得したばかりで、異例の守護神トレードとなった。 朴一圭は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖のファン・サポーターの皆さん、この度、横浜F・マリノスから加入することになりました朴一圭です。一日でも早くチームの勝利に貢献できるように全力で頑張りますので応援よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「この度、サガン鳥栖へ期限付き移籍することになりました。急なご報告になってしまったことを申し訳なく思っています」 「まず、J3でプレーをしていた自分にJ1でプレーする機会を与えてくれたF・マリノス、そしてボスにとても感謝しています。また、サッカーに集中出来るようにサポートし支えてくれたスタッフの方々、チームメイトのみんな、本当にありがとうございました。このクラブに来る前までは、伝統あるF・マリノスでサッカーができるとは夢にも思っていませんでした。そしてF・マリノスに来たからこそ素晴らしい経験を得ることができました」 「シーズン半ばで移籍をすることになりますが、これまで応援してくださったファン、サポーターの皆さんの支えがあったからこそ、僕のF・マリノスでの日々がありました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。僕をF・マリノスファミリーとして温かく迎え入れてくれてありがとうございました」 「J1でプレーする機会を与えてくれたF・マリノスのためにも、挑戦する姿勢、諦めない気持ちを強く持ち、僕はこれからも前を向いて挑んでいきます」 2020.10.25 19:16 Sun
twitterfacebook
thumb

守勢だった横浜FMが後半4発で完勝! 決定力不足露呈のFC東京は今季初の連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第28節のFC東京vs横浜F・マリノスが24日に味の素スタジアムで行われ、4-0で横浜FMが勝利した。 上位争いを演じるFC東京だが、前節は横浜FCに完封負け。2試合ぶりの勝利を目指す今節はその一戦からスタメンを3名入れ替え、4試合ぶりに渡辺を起用したほか、中村拓海と三田が名を連ねた。 一方、横浜FMは2-1で勝利した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを7選手変更の大幅 なターンオーバー。GK朴一圭が2試合連続でゴールマウスを守り、中盤と前線の選手を総入れ替え。喜田と扇原が2ボランチを組み、トップ下にはマルコス・ジュニオールを配置した。 試合序盤から狙い通りのカウンターを中心に攻撃を仕掛けたFC東京が主導権を握る展開に。10分にはバイタルエリア右でFKを獲得すると、キッカーの三田がインスイングのクロスを供給。ゴール前の森重がヘディングシュートを放ったものの、枠を捉えることはできなかった。 19分に田川が至近距離からGK朴一圭を強襲するシュートを放ったFC東京は26分、左サイド敵陣深くでボールを受けた永井が緩急を付けたドリブルで相手を振り切ってからクロスを送る。ファーサイドに走り込んだフリーの三田がボレーシュートを放ったが、ふかしてしまう。 横浜FMにボールを持たれるものの、素早いプレスで攻撃の形を作らせないFC東京。縦に速い攻撃を仕掛けるなかで、前半アディショナルタイムにはボックス右に走り込んだディエゴ・オリヴェイラからのクロスをボックス中央の安部がフリーでシュートを放つが、ジャストミートはしなかった。 後半立ち上がりの50分にも永井に単騎突破を許してからシュートを放たれるなど、守勢の展開が続く横浜FMだが、一気に畳みかける。まずは54分、マルコス・ジュニオールからのパスを収めたエリキがボックス右外で粘ってから中へパス。ボックス中央でボールを受けたジュニオール・サントスが体勢を崩しながらも、ゴール右に流し込んで先制に成功した。 さらにその2分後には前田がボックス中央手前のマルコス・ジュニオールにボールを預ける。このトラップは流れたが、DF森重に当たったボールがボックス中央のジュニオール・サントスの足元へ。対峙したアルトゥール・シルバをかわして右足シュートをゴール左に蹴り込んで追加点を手にした。 チャンスを決めきれなかった代償を払ったFC東京にさらなるピンチ。63分にアルトゥール・シルバがボールとは関係ないところで松原を肘で倒してしまい、レッドカードを提示される。1人少ない状況で30分近くプレーしなければいけないことになった。 その後、FC東京は前掛かりになるも、決定的なチャンスを作れないまま時間だけが過ぎていく。逆に横浜FMは後半アディショナルタイム、オナイウからのパスに反応した水沼が相手の背後をついてボックス右からクロス。クリアを試みた渡辺のオウンゴールを誘発して試合を決定づける3点目。 試合終了間際にはカウンターの流れからエリキにもゴールが生まれた横浜FMが4-0で圧勝。今季最多タイの4ゴールで連勝を達成した。一方、前半からのチャンスを仕留めきれず、自滅する形となったFC東京は今季初の連敗となった。 FC東京 0-4 横浜F・マリノス 【横浜FM】 ジュニオール・サントス(後9) ジュニオール・サントス(後11) OG(後46) エリキ(後50) 2020.10.24 17:07 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:FC東京vs横浜FM】大型連戦明けの東京と上位に食らいつきたい横浜FM、ストロングポイントを出せるのは

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年10月24日(土) 15:00キックオフ FC東京(3位/47pt) vs 横浜F・マリノス(7位/41pt) [味の素スタジアム] ◆必殺カウンターでしたたかに勝てるか【FC東京】 前節は1週間前、アウェイで横浜FCと対戦し1-0で敗れた。 8月から続いていた19連戦が終了。ミッドウィークに試合がない週を久々に過ごし、激戦を戦い続けた選手たちにとっては束の間の休息となったに違いない。 試合を振り返り修正することもままならなかったなか、首位の川崎フロンターレには離される形となったが、上位を守り続けてきたことはチームとして自信になっているはずだ。 この先にはYBCルヴァンカップの決勝、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えており、チームとしては本当に束の間の休息に。今一度スタートを切るための良い期間になったはずだ、 横浜FMは相性も悪くなく、今季は第4節で1-3とアウェイで勝利。ハイラインの裏を突くカウンターでしっかりとチャンスを仕留めていきたい。 チームとしてはこの先待ち受ける戦いに向けても、ここでシーズン初の連敗を喫するわけにはいかない。良い形でリスタートしたいところだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、アルトゥール・シルバ、安部柊斗、田川亨介 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ、ジョアン・オマリ ◆可変システムで相手を撹乱させ連勝を【横浜F・マリノス】 前節はホームに名古屋グランパスを迎えしっかりと2-1で勝利。連覇が消滅した後の試合でしっかりとバウンスバックを見せた。 名古屋戦では終始押し込む展開を見せ、久々先発のMF天野純や左サイドで起用されたDF小池龍太らが躍動して見せた。 これまで突き詰めてきたスタイルを守りつつ、システムを大きく変えて連戦を戦っている横浜FM。もう一段上のレベルに行くためには、やはり結果を出し続けるしかない。 選手とシステムを入れ替えてもなお結果を残し続けられるか。来シーズンのACL出場のためにも上位対決は負けられない。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:朴一圭 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.10.24 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMがマルコス・ジュニオールの第二子誕生を報告 「嬉しい気持ちでいっぱい」

横浜F・マリノスは23日、ブラジル人FWマルコス・ジュニオール(27)の第二子誕生をクラブ公式サイトで報告した。 第二子となる男児は19日に誕生。マルコス・ジュニオールは「第二子となる子ども生まれ、嬉しい気持ちでいっぱいです。これからもファン・サポーターの皆さんと家族へ活躍する姿を見せることができるよう、ますます頑張っていきたいと思います」とコメントした。 加入初年度の昨季に続いて今季も攻撃陣をリードするマルコス・ジュニオールはここまで明治安田生命J1リーグ23試合に出場。ブラジル人FWエリキと並ぶチームトップの11ゴールを記録している。 2020.10.23 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

異例の補強、横浜FMが鳥栖の正守護神・高丘陽平を完全移籍で獲得「ワクワクしています」、ACLとJリーグで2チーム編成の可能性

横浜F・マリノスは23日、サガン鳥栖のGK高丘陽平(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 この時期の移籍は過去にない異例の事態。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、今シーズンのJリーグは特別に第3登録ウインドーを設置。10月30日まで選手を登録することが可能となっており、この移籍が実現した。 高丘は、地元神奈川県の横浜市出身。横浜FCの下部組織で育ち、2013年5月にユース所属ながら2種登録選手としてトップチームに登録。2014年に正式昇格した。 昇格3年目の2016年に天皇杯でデビュー。2017年は明治安田J2で41試合に出場するも、翌年は出場機会を失い3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍。2019年から鳥栖へ完全移籍していた。 2019年は明治安田J1で24試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンは新加入のGK守田達弥とのポジション争いもある中、明治安田J1で16試合に出場、ルヴァンカップで1試合に出場していた。 横浜FMは11月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている状況。隔離期間などを考え2チームを編成しなければいけない可能性もあり、朴一圭、梶川裕嗣、中林洋次の3人体制だったGK陣を補強したとみられる。 高丘は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスに関わるすべての皆さま、はじめまして。この度、サガン鳥栖から移籍加入してきました高丘陽平です。まずはF・マリノスでプレーする機会を与えてくださった関係者の皆さまに感謝をいたし 「ます歴史と伝統あるこのクラブの一員になれた事をうれしく思います。チームの方向性、スタイルを一日も早く理解し、チームの勝利に貢献出来る様に精進していきます。素晴らしいファン・サポーターの皆さまの前でプレーが出来る事にワクワクしています!皆さま、これから宜しくお願いいたします!!」 ◆サガン鳥栖 「この度横浜F・マリノスに移籍する事になりました。シーズンも残り2ヶ月を切ったタイミングでの移籍という事もあり、僕自身熟考の末、決断致しました」 「2018年3月末にサガン鳥栖に加入してから2年7ヶ月間本当に充実した日々を過ごす事ができました。初めての移籍で不安を抱えながらクラブハウスに来た思い出がつい昨日の事の様に感じます。試合に出た時、出られない時、様々な状況の中で沢山の方々に支えて頂いて今の自分があります。本当に感謝しています」 「今回コロナの影響でファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、鳥栖で出逢い支えて下さった全ての皆様に直接挨拶できない事は残念ではありますが、今後自分がより飛躍し活躍する事で恩返しをしていきたいと思っています」 「サガン鳥栖に来ることができて自分のキャリアの分岐点になりました。サッカー選手としても1人の人間としても成長させて頂きました。このクラブでプレーできた事を誇りに思います」 「このクラブに対して何か残す事ができたのかどうか自分では分かりませんが、何か皆様に感じるものを魅せる事ができていれば幸いです」 「最後になりますがファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、社長をはじめクラブ関係者の皆様、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、メディカルスタッフ、チームメイトの皆様ありがとうございました!」 「そして鳥栖に来て出逢った全ての皆様ありがとうございました!お世話になりました!また逢いましょう!」 2020.10.23 10:08 Fri
twitterfacebook